京都大賞典2021予想|過去の傾向とデータ分析

京都大賞典【GⅡ】
2021/10/10(日)
阪神競馬場・芝2400m

過去8年分の京都大賞典のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。今年は阪神開催となるため参考データとしてご覧ください。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

京都大賞典 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 アリストテレス
2番人気 キセキ
3番人気 ステイフーリッシュ
4番人気 モズべッロ
5番人気 ヒートオンビート

参考:netkeiba.com

予想オッズでは昨年の菊花賞2着、今年のAJCCを優勝しているアリストテレスが1番人気。2番人気には宝塚記念で5着に入ったキセキ、3番人気にはオールカマー5着のステイフーリッシュが推されています。

4番手以下は大阪杯でコントレイル、グランアレグリアに先着したモズベッロ、コース実績があり目黒記念で2着に入ったヒートオンビート、京都記念で3着に入ったダンビュライトなどが続きます。

京都大賞典 コース&血統分析

阪神芝2400m【3勝クラス以上】参考データ

阪神芝2400mの特徴

阪神芝2400mは外回りコースを使用。スタート位置は芝2000mと同じですが3コーナーから外回りコースに進み、直線は474mと長いのが特徴です。

直線で2回、向こう正面で1回の計3回の上り坂があり非常にタフなコースです。そのためペースはスローになりやすく、直線が長いこともあり最後の瞬発力勝負となる事が多いです。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝2400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

京都大賞典 父系統別データ

  • キングカメハメハ系【6-2-3-27】
  • サンデーサイレンス系【4-3-4-34】
  • ステイゴールド系【3-3-3-27】
  • ディープインパクト系【3-1-4-15】
  • ハーツクライ系【2-3-3-16】

ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ルーラーシップなどサンデー系、キングカメハメハ系のリーディング上位種牡馬の成績は安定しています。ノーザンダンサー系は2着の多さが目立ちます。

神戸新聞杯ではディープインパクト産駒がやや抜けていますが、4~5歳だとハーツクライ産駒やステイゴールド系の成績が良いのが特徴です。

京都大賞典 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-5-3-41】
  • デピュティミニスター系【4-3-3-10】
  • ロベルト系【3-1-1-24】
  • グレイソヴリン系【3-0-1-5】
  • ダンジグ系(欧)【1-2-1-2】

ノーザンダンサー系かグレイソヴリン系の成績が良く、稍重以上になると特に欧州ノーザンダンサー系を母父に持つ馬の好走が目立ちます。個別ではクロフネ、フレンチデピュティ、シンボリクリスエスあたりが好調。

京都大賞典 傾向データ①

阪神芝2400m【3勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-3-1-1513.6%31.8%
2枠1-4-2-174.2%29.2%
3枠4-5-1-1714.8%37.0%
4枠2-3-3-207.1%28.6%
5枠3-3-3-2010.3%31.0%
6枠2-1-3-256.5%19.4%
7枠0-0-4-280.0%12.5%
8枠5-1-3-2514.7%26.5%

真ん中から内の成績が安定しており外枠は割引き。小頭数ならそれほど影響はありませんが、馬番12~16番は(1-1-1-28)と苦戦しており他頭数の外枠は抑えまで。

また父サンデー系はデータ通り内寄りに入った方が好調ですが、父キングカメハメハ系は1~2枠に入ると不振。小頭数ですが2018年御堂筋S1着のホウオウドリーム、2016年神戸新聞杯2着のミッキードリームなど真ん中から外寄りにかけての好走が目立ちます。

馬番データ

  • 偶数馬番【11-6-10-81】
  • 奇数馬番【9-14-10-86】

馬番では1~5番の複勝率がやや高く、3番が(4-5-1-10)、5番が(1-4-3-12)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-1-2-1510.0%25.0%
先行9-10-4-4513.2%33.8%
差し9-6-10-5711.0%30.5%
追込0-3-3-490.0%10.9%
マクリ0-0-1-10.0%50.0%

外回りで直線も長く脚質の影響は小さいコースです。今回対象にしたのは20レース分ですが、レースの上がり3位以内が(17-17-12-21)と道中折り合っての末脚勝負。

前走上がり3F

  • 5位以内【16-18-15-81】
  • 6位以下【4-1-5-85】

前走上がり順位は5位以内だった馬と6位以下だった馬では大きな差があります。今年の登録馬ではアイアンバローズ、ステイフーリッシュ、ヒートオンビート、ヒュミドール、ベレヌス、ロードマイウェイが前走上がり5位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-1-0-160.0%6.3%
440-4592-2-3-256.3%21.9%
460-4794-5-4-378.0%26.0%
480-4996-4-5-489.5%23.8%
500-5196-6-6-2912.8%38.3%
520-2-2-2-1211.1%33.3%

馬体重が500kg以上になると複勝率、回収値は安定します。480kg未満になると回収値は単複共に40前後となっているため、人気薄を狙うなら馬格がある馬がお勧めです。

京都大賞典 傾向データ②

京都大賞典 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-2-325.0%62.5%
2番人気1-1-3-312.5%62.5%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気1-5-2-164.2%33.3%
7-9番人気0-1-0-230.0%4.2%
10番人気-2-0-0-306.3%6.3%

GⅠ馬の秋初戦になることも多く基本的には人気馬優勢です。京都開催時は中穴以下で好走しているのはコース実績馬が多かったため、穴狙いなら阪神巧者か。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-1-98.3%25.0%
栗東7-7-7-697.8%23.3%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関東馬の出走は多くありませんが、特に関東関西を意識する必要は無さそうです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-10.0%0.0%
4歳2-4-2-149.1%36.4%
5歳4-3-2-2113.3%30.0%
6歳1-0-2-113.8%15.4%
7歳-1-0-2-224.0%12.0%

4~5歳馬の成績が良く6歳以上で好走した6頭はいずれも重賞勝ち馬。また当日6番人気以下+6歳以上は(1-0-0-36)なので、高齢馬は当日人気に推されていれば。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-5-4-26】
  • 乗り替わり【5-3-4-54】

コースデータからはルメール騎手、デムーロ騎手、福永騎手、岩田康騎手あたりが好調。

生産者データ

  • ノーザンF【3-2-5-29】
  • 社台F【0-2-2-7】

ノーザンF生産馬は4歳が(0-0-1-6)、5歳が(2-2-1-5)と4歳馬は人気の割に不振です。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
53.00-0-0-10.0%0.0%
54.01-1-0-99.1%18.2%
55.00-0-0-40.0%0.0%
56.03-5-2-554.6%15.4%
57.01-2-4-96.3%43.8%
58.03-0-2-242.9%71.4%

京都開催時は斤量を背負った馬が圧倒的な成績を残しており、当日3番人気以内+57kg以上は(4-1-6-4)複勝率73.3%。また前走から斤量増になる馬は勝ち切れません。

前走との斤量差

  • +斤量【0-1-2-19】
  • 増減無【5-2-2-19】
  • -斤量【3-5-4-42】

前走から斤量増で好走した3頭はいずれも前走1着。

京都大賞典 前走データ

京都大賞典 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ5-4-6-2113.9%41.7%
GⅡ0-1-1-170.0%10.5%
GⅢ2-1-0-228.0%12.0%
リステッド0-0-0-10.0%0.0%
オープン1-1-0-146.3%12.5%
3勝0-1-1-10.0%66.7%
2勝0-0-0-10.0%0.0%

GⅠ組・特に宝塚記念組が好成績。オープン特別以下から好走した4頭中3頭は4歳馬で、5歳馬は前走GⅠだと(4-2-2-3)と堅実です。

主な前走

  • 宝塚記念【5-1-5-10】
  • 丹頂S【1-1-0-7】
  • 新潟記念【1-1-0-8】
  • 鳴尾記念【1-0-0-2】
  • 天皇賞・春【0-2-0-7】

前走距離

  • 1600m【0-0-1-1】
  • 1800m【0-0-0-2】
  • 2000m【2-4-0-26】
  • 2200m【5-1-5-13】
  • 2400m【0-0-1-2】
  • 2500m【0-0-1-8】
  • 2600m【1-1-0-9】
  • 3000m~【0-2-0-12】

前走場所

  • 東京【0-0-2-11】
  • 中山【0-0-0-7】
  • 京都【0-2-0-8】
  • 阪神【6-2-6-14】
  • 札幌【1-2-0-16】
  • 函館【0-1-0-4】
  • 新潟【1-1-0-10】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-616.7%50.0%
2番人気1-1-0-514.3%28.6%
3番人気1-0-0-712.5%12.5%
4番人気0-1-2-100.0%23.1%
5番人気1-0-1-612.5%25.0%
6-9番人気2-1-2-246.9%17.2%
10番人気-1-3-1-204.0%20.0%

GⅠ・GⅡ組は人気不問。前走がGⅢ以下だった馬は上位人気だった馬が優勢です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-2-2-78.3%41.7%
2着1-1-0-810.0%20.0%
3着2-1-0-720.0%30.0%
4着0-0-1-40.0%20.0%
5着1-0-1-810.0%20.0%
6-9着1-4-1-203.8%23.1%
10着-2-0-3-246.9%17.2%

前走6着以下から巻き返しているのはほぼGⅠ組。ただし4歳馬は前走3着以内で(2-3-2-4)、4着以下で(0-1-0-9)と好走馬優勢です。アイアンバローズ、ヒートオンビート、ベレヌスが前走3着以内、アリストテレス、ディアマンミノルが4着以下です。

京都大賞典 データまとめ

買いデータ

父ハーツクライ系、ステイゴールド系
母父ノーザンダンサー系、グレイソヴリン系
馬番1~5番
前走GⅠ(特に宝塚記念)の5歳馬
当日3番人気以内+斤量57kg以上

消しデータ

馬番12~16番
前走上がり6位以下
人気薄+馬体重480kg未満
当日6番人気以下+6歳以上
前走4着以下の4歳馬

京都大賞典 予想

1週前の登録時点での予想です
◎キセキ
○アイアンバローズ
▲ヒートオンビート
△アリストテレス
△ダンビュライト
△ヒュミドール

キセキはコース成績の良いルーラーシップで3歳時に神戸新聞杯2着の実績があります。代替開催ですが宝塚記念からのローテは問題なく、馬格もあるのは好材料。阪神は相性が良く、また直線が長い外回りコースも向きます。開幕週なのである程度ペースは流れて欲しい所。

アイアンバローズは4月の白鷺特別を2.24.8で快勝。オルフェーヴルはコース成績の良い種牡馬で、母父ノーザンダンサー系もこのコースでは時計が速くなっても対応可能な血統。前走上がり順位や着順などは京都開催時のデータに照らし合わせると十分好走可能です。

ヒートオンビートも同じく前走好走の4歳馬。目黒記念ではウインキートスに出し抜かれた形になりましたが阪神実績もあり、友道厩舎はこのコースでは複勝率60%前後と非常に相性の良いコースです。

アリストテレスは年明けのAJCCを勝っていますがエピファネイア産駒は古馬になって人気以上に走る産駒が少なく、宝塚記念やプリンシパルSの内容からも高速馬場だとやや不安。

他ではキセキと同じルーラーシップ産駒でGⅡまでなら期待できるダンビュライト、オルフェーヴル×母父グレイソヴリン系で距離が2400mに伸びるのは歓迎なヒュミドール。あとは開幕週だけに恐らく内有利が予想されるので枠順次第。

テキストのコピーはできません。