京都牝馬ステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

京都牝馬ステークス【GⅢ】
2021/2/20(土)
阪神競馬場・芝1400m

過去5年分の京都牝馬Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

京都牝馬S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ギルデッドミラー
2番人気 リバティハイツ
3番人気 リリーバレロ
4番人気 シャインガーネット
5番人気 ビッククインバイオ

参考:netkeiba.com

抜けた実績を持つ馬がおらずかなりの混戦模様ですが、予想オッズ1番人気はNHKマイルC3着、アーリントンC2着の実績を持つギルデッドミラー。

2番手には同コースのフィリーズレビュー勝ちの実績を持つリバティハイツ、3番手には条件戦を連勝中のリリーバレロが推されています。

以下昨年のファルコンS勝ち馬シャインガーネット、全4勝中3勝が1400mのビッククインバイオ、阪神Cでは0.5秒差の6着に逃げ粘ったイベリスなどが続いています。

京都牝馬S コース&血統分析

阪神芝1400m オープンクラスを集計

阪神芝1400mの特徴

阪神芝1400mは内回りコースを使用。スタート位置は1200mから200m分直線で後ろに下がります。コーナーまでの距離が長くなることで内枠が揉まれる可能性が低くなるため、内枠が有利なコースです。

2歳戦では先行有利ですが3歳以上になるとクラスが低くても差し馬の成績が比較的良いコースです。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

京都牝馬S 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【28-22-23-216】
  • キングマンボ系【3-4-2-44】
  • ミスタープロスペクター系【2-3-3-40】
  • リファール系【2-0-0-8】
  • エンドスウィープ系【1-3-5-34】

牝馬のみで見てもサンデー系が強く、ミスプロ系は2~3着までが多いのが特徴です。ディープインパクト、ダイワメジャー、キングカメハメハ、ハーツクライ、キングヘイローあたりが好成績。

ロードカナロア産駒はヤマカツマーメイドがフィリーズレビューで2着に入っていますが、牝馬のみだと(0-1-0-11)とあまり成績は良くありません。

京都牝馬S 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-11-4-109】
  • グレイソヴリン系【5-6-0-21】
  • ミスタープロスペクター系【5-2-5-62】
  • デピュティミニスター系【4-5-5-30】
  • ロベルト系【4-2-2-29】
  • カーリアン系【3-2-0-12】

グレイソヴリン系やボールドルーラー系などナスルーラ系は牝馬のみで見ると複勝率30%前後と頭一つ抜けた成績。他にはロベルト系、デピュティミニスター、カーリアン系が好成績。

個別では母父グラスワンダーがヤマカツマーメイド、ダイアナヘイロー、メイショウマンボを輩出、他にはアグネスタキオンやフレンチデピュティ、デピュティミニスター、タイキシャトル、カーリアンあたりが狙い目。

京都牝馬S 傾向データ①

阪神芝1400m オープンクラスを集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠9-7-3-5212.7%26.8%
2枠6-0-7-588.5%18.3%
3枠5-5-8-546.9%25.0%
4枠3-6-6-584.1%20.5%
5枠3-5-3-663.9%14.3%
6枠5-4-6-676.1%18.3%
7枠6-6-7-786.2%19.6%
8枠8-10-4-797.9%21.8%

内回りコースを使用するため、コースデータからは外の7~8枠はやや不振。馬番1~6番、または10~13番くらいから好走馬が多く生まれています。

馬番データ

  • 偶数馬番【25-20-26-246】
  • 奇数馬番【20-23-18-266】

馬番では6番だけが(7-6-7-23)複勝率46.5%と断トツの成績。2019年のフィリーズレビュー以降、今回対象にしたレースでは7戦連続で馬券に絡んでおり、フィリーズレビュー12番人気3着のナイントゥファイブなど人気薄も含まれます。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ8-1-6-2918.2%34.1%
先行10-17-18-1186.1%27.6%
差し19-14-12-1997.8%18.4%
追込8-11-8-1664.1%14.0%

人気馬は位置取りによる成績の差はありません。2018年の阪神Cを11番人気で逃げ切ったダイアナヘイローなど人気薄を狙うなら前に行ける馬。人気薄+前走4角5番手以下は複勝率が低く、2~3着狙いまで。

前走4角位置(当日6番人気以下)

  • 4番手以内【9-5-13-137】
  • 5番手以下【3-9-6-242】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4393-7-5-763.3%16.5%
440-45912-8-6-1009.5%20.6%
460-47914-10-16-1397.8%22.3%
480-4999-10-9-927.5%23.3%
500-5196-5-7-677.1%21.2%
520-1-3-1-382.3%11.6%

ある程度馬格がある馬の勝率が高く、牝馬でも440kg未満の馬は勝ち切れません。特に良馬場時は小柄な馬は割引き。

京都牝馬S 傾向データ②

京都牝馬S 過去5年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-0-0-180.0%80.0%
2番人気0-0-0-50.0%0.0%
3番人気0-0-1-40.0%20.0%
4-6番人気0-3-2-100.0%33.3%
7-9番人気1-2-0-126.7%20.0%
10番人気-0-0-2-350.0%5.4%

1400mに距離変更となってからの5年間で1番人気馬は4勝。ただし2年連続で13番人気馬が3着に入るなど人気通りには決まりづらいレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-3-0-165.0%20.0%
栗東4-2-5-516.5%17.7%

関東馬は出走数が少なく人気馬も多くありませんが、2019年9番人気1着のデアレガーロなど回収値は高めです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-3-1-236.9%20.7%
5歳3-2-1-2011.5%23.1%
6歳0-0-3-190.0%13.6%
7歳-0-0-0-50.0%0.0%

4~5歳が拮抗しており6歳以下は割引き。6歳で3着に入った3頭は過去2走以内に1着がありました。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-2-2-22】
  • 乗り替わり【2-3-3-45】

継続騎乗は当日3番人気以内で(3-0-1-4)、4番人気以下で(0-2-1-18)と継続騎乗優勢。

生産者データ

  • 社台F【2-1-1-15】
  • ノーザンF【1-3-0-13】

前走との斤量差

  • +斤量【3-2-2-35】
  • 増減無【1-3-0-23】
  • -斤量【1-0-3-9】

前走から斤量が+2.0~2.5kgとなる馬が(3-1-1-5)と好成績。

京都牝馬S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-0-325.0%25.0%
GⅡ1-0-0-712.5%12.5%
GⅢ2-1-2-256.7%16.7%
リステッド0-1-0-30.0%25.0%
オープン1-0-0-195.0%5.0%
3勝0-3-3-80.0%42.9%
2勝0-0-0-50.0%0.0%

1着に重賞組、2~3着に3勝クラス組が入ることが多いのが特徴。3勝クラス組は2019年13番人気3着のアマルフィコーストなど人気薄の好走が目立ちます。

主な前走

  • ターコイズS【2-1-1-14】
  • 京都金杯【1-0-1-2】
  • スワンS【1-0-0-1】
  • エリザベス女王杯【1-0-0-0】
  • 節分S【0-1-0-0】

前走距離

  • 1200m【0-1-0-25】
  • 1400m【1-1-3-12】
  • 1600m【3-3-2-24】
  • 1800m【0-0-0-1】
  • 2000m【0-0-0-5】
  • 2200m【1-0-0-0】

前走場所

  • 東京【0-2-0-1】
  • 中山【2-3-1-24】
  • 京都【3-0-3-22】
  • 阪神【0-0-1-12】
  • 中京【0-0-0-6】

前走枠順

  • 1~4枠【4-3-5-32】
  • 5~8枠【1-2-0-34】

また京都開催時のデータですが、前走で内枠だった馬が好成績。

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-2-0-100.0%16.7%
2番人気0-0-0-60.0%0.0%
3番人気1-1-3-312.5%62.5%
4番人気0-0-0-40.0%0.0%
5番人気3-1-0-437.5%50.0%
6-9番人気1-1-2-145.6%22.2%
10番人気-0-0-0-240.0%0.0%

前走クラス関係なく下位人気だった馬も好走していますが、前走10番人気以下は割引き。また前走6番人気以下の4歳馬も割引きです。

4歳馬

  • 5番人気以内【2-3-1-10】
  • 6番人気以下【0-0-0-13】

ギルデッドミラーが前走5番人気以内の4歳馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-3-2-912.5%43.8%
2着1-1-1-316.7%50.0%
3着0-0-0-60.0%0.0%
4着0-0-0-10.0%0.0%
5着0-0-1-100.0%9.1%
6-9着2-1-1-179.5%19.0%
10着-0-0-0-200.0%0.0%

前走2着以内だった馬の複勝率が高く、前走下位から巻き返しているのは重賞組。ただし前走1秒以上負けていると3着以内がありません。

前走オープン特別

  • 2着以内【1-1-0-1】
  • 3着以下【0-0-0-21】

今年のオープン特別組はいずれも前走3着以下です。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.9秒差以内【3-2-3-38】
  • 1.0秒差以上【0-0-0-19】

カリオストロ、アイラブテーラー、メイショウショウブ、メイショウケイメイ、アンリミットが前走で1秒以上敗れています。

京都牝馬S データまとめ

買いデータ

ディープインパクト、ダイワメジャー産駒
母父ナスルーラ系、ロベルト系、デピュティミニスター系
馬番6番
当日3番人気以内+継続騎乗
前走から斤量が+2.0~2.5kgになる馬
クラス問わず前走2着以内

消しデータ

当日6番人気以下+前走4角5番手以下(2~3着まで)
440kg未満(2~3着まで)
近2走で1着が無い6歳以上馬
前走6番人気以下の4歳馬
前走オープン特別で3着以下
前走1秒差以上負け

京都牝馬S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎イベリス
○アイラブテーラー
▲リバティハイツ
△カリオストロ
△シャインガーネット
△ブランノワール

イベリスはアーリントンCなど阪神コースでは人気以上に走ることが多く、父ロードカナロアと母父ボールドルーラー系は共にコース成績の良い配合。登録馬を見ても前はそれほど激しくはならなそうで、展開面も向きそうです。

アイラブテーラーは前走はゲートを出なかったことによる大敗で、まともに走れば舞子特別など阪神芝1400mでは(2-1-0-0)でいずれも上がり最速。京阪杯2着など実績もあり、人気落ちが予想される今回は狙い目。

リバティハイツはフィリーズレビュー勝ちの実績を持ちシルクロードSも10番人気4着など牡馬相手でも近走は大きく敗れてはいません。ただ恐らく引退レースになりそうで、斤量を考えても無理はさせない可能性は高そうです。

他では2歳時の万両賞を5馬身差で圧勝するなど阪神コース替わりで期待できるカリオストロ、休み明けのターコイズSを一叩きされて臨むシャインガーネット、ロードカナロア産駒だけに1400mへの距離短縮は面白そうなブランノワール

テキストのコピーはできません。