京都新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析

京都新聞杯【GⅡ】
2021/5/8(土)
中京競馬場・芝2200m

過去8年分の京都新聞杯のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

2021年GⅠ
高松宮記念/桜花賞/天皇賞春的中!

天皇賞・春は2列目までに挙げた
①ワールドプレミア③カレンブーケドール⑫ディープボンドの大本線決着!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

京都新聞杯 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ディープモンスター
2番人気 ルペルカーリア
3番人気 レッドジェネシス
4番人気 マカオンドール
5番人気 ヴェローチェオロ

参考:netkeiba.com

予想オッズではすみれS勝ち、皐月賞7着の実績を持つディープモンスターが抜けた1番人気。2番人気にはレコードの毎日杯で4着のルペルカーリア、3番手にはゆきやなぎ賞を0.7秒差で圧勝したレッドジェネシスが推されています。

4番手以下は大寒桜賞勝ちのマカオンドール、ひめさゆり賞勝ちのヴェローチェオロ、大寒桜賞3着のワイドエンペラーなどが続きます。

京都新聞杯 コース&血統分析

中京芝2200m 過去8年(2勝クラス以上)を集計

中京芝2200mの特徴

中京芝2200mは直線入り口あたりからのスタート。芝2000mよりもコーナーまでの距離が長く直線の上り坂もあるため、先行争いはあまり激しくならずペースが落ち着きやすいのが特徴です。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

主に2勝クラス以下で使われるコースですが、昨年は神戸新聞杯が行われました。またここを勝った馬はムスカテールやパフォーマプロミス、リオンリオンなど後に2200m以上の重賞で活躍する馬も多く見られます。

重賞ナビ

中京競馬場・芝2200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

京都新聞杯 種牡馬別データ

  • ディープインパクト【8-1-4-29】
  • キングカメハメハ【5-1-4-20】
  • ハーツクライ【2-5-4-14】
  • ルーラーシップ【1-3-1-6】
  • メイショウサムソン【1-2-0-7】

昨年の神戸新聞杯はコントレイルが制しましたが、ディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒が成績上位。ハーツクライやルーラーシップ産駒は勝ちきれないものの複勝率は45%前後と優秀です。

昨年はエピファネイア産駒のアリストテレスが2勝クラスの小牧特別を勝ちましたが、スクリーンヒーローやグラスワンダーなどロベルト系は全体的に相性が良いコースです。

京都新聞杯 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【15-10-5-70】
  • ロベルト系【4-5-5-24】
  • ボールドルーラー系【2-2-0-7】
  • ノーザンテースト系【2-2-0-11】
  • レッドゴッド系【1-1-2-5】

サンデー系、ロベルト系、ナスルーラ系の複勝率が高く回収値も単複共に100超え。個別では重賞を人気薄で好走したミスマンマミーア、ロバートソンキーの母父サンデーサイレンス、日経新春杯勝ちのショウリュウイクゾの母父キングカメハメハ、アリストテレスの母父ディープインパクトが好成績。

他にはシンボリクリスエス、フジキセキ、ダンスインザダーク、クロフネあたりも好調です。

京都新聞杯 傾向データ①

中京芝2200m 過去8年(2勝クラス以上)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-0-3-367.1%14.3%
2枠5-4-1-3311.6%23.3%
3枠1-5-5-322.3%25.6%
4枠3-4-3-366.5%21.7%
5枠4-3-4-417.7%21.2%
6枠5-8-7-368.9%35.7%
7枠6-5-9-469.1%30.3%
8枠9-7-4-5212.5%27.8%

良馬場時は外寄りの6~8枠は勝率10%・複勝率30%前後と安定していますが、小頭数のレースが多かった影響もあり馬番で見ると成績が良いのは6~11番あたり。

馬番データ

  • 偶数馬番【23-19-14-146】
  • 奇数馬番【13-17-22-166】

日経新春杯で13番人気2着のミスマンマミーア、神戸新聞杯14番人気3着のロバートソンキーは共に3枠5番でしたが、6番人気以下+馬番5~7番の好走が近年目立っており、紐荒れ狙いなら抑えておきたいです。

人気関係なく見ても6番は(7-3-5-21)複勝率41.7%、7番は(1-3-10-21)複勝率40.0%とこの2つがやや抜けた成績で、他には8番、11番、2番あたりが好成績。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-5-3-258.3%30.6%
先行12-13-14-7610.4%33.9%
差し13-12-14-1029.2%27.7%
追込6-5-3-1025.2%12.1%
マクリ2-1-2-716.7%41.7%

レースの上がり1位馬の成績が(20-10-5-8)複勝率80%以上と高く、上がり順位が着順に直結しやすいコースです。

今年の日経新春杯では先行したアドマイヤビルゴやヴェロックス、昨年の神戸新聞杯では同じく先行したグランデマーレ、ディープボンドが敗れています。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4392-2-2-227.1%21.4%
440-4598-4-6-5411.1%25.0%
460-4799-8-12-867.8%25.2%
480-4997-8-9-796.8%23.3%
500-5196-12-4-459.0%32.8%
520-4-2-3-2611.4%25.7%

人気馬は馬格の影響はありませんが、4番人気以下だと500~519kgの成績が目立ちます。

京都新聞杯 傾向データ②

京都新聞杯 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-425.0%50.0%
2番人気2-1-1-425.0%50.0%
3番人気1-1-0-612.5%25.0%
4-6番人気1-0-5-184.2%25.0%
7-9番人気1-3-1-194.2%20.8%
10番人気-1-1-1-442.1%6.4%

1番人気馬は3年連続で4着以下。中京開催で傾向が変わる可能性はありますが、2018~2019年は11番人気のアドマイヤアルバ、レッドジェニアルが連対するなど穴馬も狙えるレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-0-0-40.0%0.0%
栗東8-8-8-917.0%20.9%

関東馬の出走はほぼありません。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
-2戦0-0-1-110.0%8.3%
3戦1-2-1-126.3%25.0%
4戦1-1-1-165.3%15.8%
5戦4-1-4-1715.4%34.6%
6戦0-2-1-120.0%20.0%
7戦2-2-0-276.5%12.9%

近年はキャリア5戦以下の好走が目立ちます。キャリア4戦以下は前走1着で(0-1-0-22)、2着以下で(2-2-3-17)と前走敗れている馬の方が好成績。

またキャリア5戦で優勝した6頭中5頭は前走1着馬。唯一キャリア5戦以上+前走2着以下で優勝したのは昨年のディープボンドで前走皐月賞。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-2-3-40】
  • 乗り替わり【3-6-5-55】

生産者データ

  • 社台F【3-1-2-6】
  • ノーザンF【1-4-4-23】

ノーザンF生産馬より社台F生産馬の相性が良いレースで近年もファルコニア、レッドジェニアル、ステイフーリッシュが好走しています。ゲヴィナー、サトノマジェスタ、ハートオブアシティ、プルミエロールの4頭が社台F生産馬。

京都新聞杯 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-0-910.0%10.0%
GⅡ0-1-1-50.0%28.6%
GⅢ3-0-3-527.3%54.5%
オープン0-1-1-110.0%15.4%
1勝4-6-3-427.3%23.6%
未勝利0-0-0-220.0%0.0%

前走GⅢ、特に毎日杯組の成績が良く1勝クラス組で優勝しているのは前走2000m以上。

主な前走

  • はなみずき賞【2-2-0-10】
  • 毎日杯【2-0-2-4】
  • 皐月賞【1-0-0-9】
  • アザレア賞【1-0-0-4】
  • 共同通信杯【1-0-0-0】
  • スプリングS【0-1-1-4】

前走距離

  • 1600m【0-1-1-3】
  • 1800m【3-2-4-31】
  • 2000m【3-3-1-42】
  • 2200m【0-1-2-6】
  • 2300m【1-0-0-0】
  • 2400m【1-1-0-10】

前走場所

  • 東京【2-0-0-2】
  • 中山【1-2-2-22】
  • 京都【0-2-1-17】
  • 阪神【5-4-4-46】
  • 中京【0-0-1-0】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-5-1-229.7%29.0%
2番人気1-2-3-164.5%27.3%
3番人気2-0-1-916.7%25.0%
4番人気0-0-1-40.0%20.0%
5番人気1-1-1-89.1%27.3%
6-9番人気0-0-1-240.0%4.0%
10番人気-1-0-0-118.3%8.3%

前走下位人気でも好走しているのは基本的に前走オープンクラス。前走オープンクラス組は4番人気以内だった馬の複勝率が高めです。

前走オープンクラス

  • 4番人気以内【3-2-4-8】
  • 5番人気以下【1-0-2-22】

前走1勝クラス(2000~2400m)

  • 5番人気以内【4-4-2-17】
  • 6番人気以下【0-0-0-11】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-4-0-439.6%17.3%
2着0-1-2-40.0%42.9%
3着0-0-1-100.0%9.1%
4着1-1-2-610.0%40.0%
5着0-0-1-90.0%10.0%
6-9着0-2-2-140.0%22.2%
10着-2-0-0-918.2%18.2%

前走オープンクラスは着順不問、1勝クラス組は2着以内が好成績です。

前走1勝クラス(2000~2400m)

  • 2着以内【3-3-1-14】
  • 3着以下【1-1-1-14】

京都新聞杯 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト、キングカメハメハ産駒
母父サンデー、ロベルト、ナスルーラ系
馬番6~11番
キャリア5戦以上+前走1着
社台F生産馬

消しデータ

1枠
キャリア6戦以上
キャリア4戦以下+前走1着
前走未勝利戦
前走6番人気以下

◎7週連続重賞的中の予想サイト

雨で波乱期待も人気馬決着の高松宮記念
3強を完封!レイパパレが逃げ切った大阪杯
終わってみれば阪神JF1~2着馬決着の桜花賞
1番人気ダノンザキッドが飛び波乱の皐月賞
牝馬3頭が参戦、阪神開催で難解な天皇賞・春

皆さんはいくつ的中させる事ができましたか?
実はこの5つのG1をすべて【無料情報】で的中させているのがこのサイト。

◎天皇賞・春はカレン本命で的中!
↓実際に配信された無料買い目です。


牝馬カレンブーケドールを自信の本命!
そして印を打った6頭が1~6着という安定感抜群の予想でした。

◎春の重賞は7週連続的中!


重賞以外も含めると3月から8週連続で無料情報が的中しています!
この7週の収支は+348,420円!
買い目は無料で閲覧できるのでご安心を!

リンク先のページ内【無料登録】からメール登録のみで買い目が確認出来ます。

京都新聞杯 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎レッドジェネシス
○マカオンドール
△ヴェローチェオロ
△ルペルカーリア
△ワイドエンペラー

レッドジェネシスはコース相性の良いディープ産駒でゆきやなぎ賞は4馬身差の圧勝。直近5年に絞ると川田騎手、友道著教師は共にコース成績上位で、新馬戦から福永騎手や川田騎手が終いを活かす競馬を教え込んでいるのも好印象。

マカオンドールは母父ネヴァーベンド系で前走は出世レースの大寒桜賞で1着。キャリア8戦は近年好走馬が少ないものの2走前の水仙賞は青葉賞3着のレッドヴェロシティの2着など戦ってきた相手のレベルは高くここでも期待。

他には梅花賞ではディープモンスターから0.2秒差の2着に好走してるヴェローチェオロ、キレ勝負では分が悪いものの前走の走破時計は優秀なルペルカーリア、大寒桜賞3着のワイドエンペラー

テキストのコピーはできません。