毎日杯2021予想|過去の傾向とデータ分析

毎日杯【GⅢ】
2021/3/27(土)
阪神競馬場・芝1800m

過去8年分の毎日杯のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

毎日杯 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 グレートマジシャン
2番人気 シャフリヤール
3番人気 ルペルカーリア
4番人気 ダディーズビビッド
5番人気 ロジローズ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは新馬戦・セントポーリア賞と2戦2勝のディープインパクト産駒グレートマジシャンが1番人気。2番手にはこのレースを勝ったアルアインの全弟シャフリヤールが推されています。

3番手以下はシーザリオの仔で中京の未勝利戦を解消したルペルカーリア、こうやまき賞勝ちのダディーズビビッド、東京マイルの未勝利戦を好タイムで勝ったロジローズなどが続きます。

毎日杯 コース&血統分析

阪神芝1800mの特徴

阪神芝1800mは外回りコースを使用。スタート後の直線距離が長くコーナーを2つしか回らないため逃げ粘るのは難しく、決め手のある差し馬が好成績を挙げています。

スピードや瞬発力を必要とするコースでリーディング上位種牡馬の成績が良いのが特徴です。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

毎日杯 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-7-36】
  • ダンジグ系【1-0-0-3】
  • ロベルト系【1-0-0-5】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-3】
  • キングマンボ系【0-1-1-10】

ディープインパクト産駒は当日2番人気以内で(3-4-2-2)、3番人気以下で(0-0-2-9)と人気馬は堅実。予想オッズからはグレートマジシャン、シャフリヤールの2頭が該当。

コースデータからはダイワメジャーの成績も良く、直近3年間ではオルフェーヴル、エピファネイア、リオンディーズ、キズナ産駒も好調。

毎日杯 母父系統別データ

  • キングマンボ系【2-0-2-6】
  • サンデーサイレンス系【1-0-1-21】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-7】
  • デピュティミニスター系【0-3-1-4】
  • ダンジグ系【0-1-1-5】

母父キングマンボ系はブラストワンピースやミュゼエイリアンなど父非サンデー系で2勝。母父デピュティミニスター系はウーリリやギベオンなど父ディープとの相性が良いのが特徴です。父はキズナですがダディーズビビッドが母父デピュティミニスター系。

毎日杯 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-1-0-437.5%50.0%
2枠0-4-0-50.0%44.4%
3枠1-0-1-810.0%20.0%
4枠0-1-1-100.0%16.7%
5枠2-2-2-616.7%50.0%
6枠0-0-1-110.0%8.3%
7枠1-0-0-146.7%6.7%
8枠1-0-3-116.7%26.7%

過去8年で10頭立て以下が4年と小頭数になることも多いレースですが、枠順では1~2枠、5枠に好走馬が固まっています。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-5-3-34】
  • 奇数馬番【5-3-5-35】

馬番では1番(3-1-0-4)、2番(0-2-2-4)、5番(0-2-2-4)が複勝率50%。また当日3番人気以内+1~5番は(3-5-3-1)、6番以降は(3-1-2-6)と内枠に入った人気馬は堅実です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-712.5%12.5%
先行3-2-4-1910.7%32.1%
差し1-3-1-194.2%20.8%
追込3-2-3-249.4%25.0%
マクリ0-1-0-00.0%100.0%

直線部分が長く紛れの少ないコースなので脚質は不問。決め手勝負になりやすいコースなので上がりの速さが着順に直結します。

前走上がり3F

  • 1~3位【5-6-5-40】
  • 4~5位【1-1-0-16】
  • 6位以下【2-1-3-11】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-50.0%0.0%
440-4590-2-0-210.0%8.7%
460-4792-2-4-197.4%29.6%
480-4994-2-3-1715.4%34.6%
500-5190-2-1-60.0%33.3%
520-2-0-0-166.7%66.7%

馬格のある馬の成績が良く460kg未満は割引き。460kg未満で2着に入ったのは昨年1番人気のアルジャンナ、2014年3番人気のエイシンブルズアイ。当日4番人気以下+460kg未満は(0-0-0-24)

有力馬ではシャフリヤールが前走時448kg。全兄アルアインは3歳春の時点で500kg以上の馬体を持っていたので、それと比べるとやや厳しい部分もありそうです。

前走との馬体重差

  • +体重【2-1-1-11】
  • 増減無【4-0-2-7】
  • -体重【2-7-5-50】

毎日杯 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-137.5%87.5%
2番人気2-2-1-325.0%62.5%
3番人気1-2-2-312.5%62.5%
4-6番人気1-2-2-194.2%20.8%
7-9番人気1-0-1-214.3%8.7%
10番人気-0-0-0-220.0%0.0%

過去8年では8番人気以下は(0-0-0-37)と3着以内が無く、当日3番人気以内に押された馬は非常に堅実です。単勝オッズ2.9倍以内だと(4-2-0-0)と連対率100%。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-2-0-530.0%50.0%
栗東5-6-8-636.1%23.2%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬は出走数は少ないものの成績が良く前走東京だと(3-1-0-1)、それ以外だと(0-1-0-4)。今年はグレートマジシャン、ロジローズ、ディープリッチ、イースタンワールドが前走東京だった関東馬。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦0-1-0-50.0%16.7%
2戦2-2-1-228.6%71.4%
3戦1-2-2-135.6%27.8%
4戦2-3-2-1210.5%36.8%
5戦3-0-1-1218.8%25.0%
6戦-0-0-2-250.0%7.4%

キャリア2戦馬の成績が抜群ですが、キャリア2戦以下で好走したのは全て社台系の生産馬。キャリア6戦以上で3着に入った2頭はいずれも当日3番人気以内でした。

グレートマジシャン、シャフリヤール、プログノーシス、ルペルカーリア、ロジローズがキャリア2戦以下+社台系生産馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-2-1-26】
  • 乗り替わり【5-6-7-43】

当日3番人気以内はどちらでも差はなく、4番人気以下+継続騎乗は(0-0-0-23)と3着以内がありません。

生産者データ

  • ノーザンF【2-6-2-16】
  • 社台F【2-1-2-7】

ノーザンF生産馬は2着が多いのが特徴ですが、このレースで優勝したノーザンF生産馬はブラストワンピース、アルアインの2頭でどちらも同年GⅠを制しています。

毎日杯 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-10.0%0.0%
GⅡ1-0-2-220.0%60.0%
GⅢ4-4-2-1516.0%40.0%
オープン0-0-1-50.0%16.7%
1勝3-3-3-288.1%24.3%
未勝利0-0-0-120.0%0.0%
新馬0-1-0-50.0%16.7%

年明けの重賞を使ってきた馬が中心ですが、近年は1勝クラス組の成績が良く3年連続で1勝クラス組が優勝しています。

前走コースでは東京や京都・阪神の外回りなどワンターンで直線の長いコースを使ってきた馬が優勢。内回り・小回りコースでは中山芝2000m(全て弥生賞)、京都芝1600m(内)は抑えられます。

主な前走

  • 共同通信杯【3-0-1-1】
  • 弥生賞【1-0-2-1】
  • シンザン記念【1-0-0-4】
  • ゆりかもめ賞【1-0-0-1】
  • きさらぎ賞【0-2-1-5】

前走距離

  • 1200m【0-0-0-1】
  • 1400m【0-0-0-3】
  • 1600m【2-3-1-18】
  • 1800m【4-4-4-30】
  • 2000m【1-1-2-9】
  • 2200m【0-0-1-3】
  • 2400m【1-0-0-2】

前走場所

  • 東京【4-2-1-6】
  • 中山【1-0-2-6】
  • 京都【2-4-3-21】
  • 阪神【1-2-2-27】
  • 中京【0-0-0-2】
  • 小倉【0-0-0-6】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-6-2-130.0%38.1%
2番人気5-2-2-731.3%56.3%
3番人気1-0-1-711.1%22.2%
4番人気0-0-2-80.0%20.0%
5番人気0-0-0-90.0%0.0%
6-9番人気2-0-1-199.1%13.6%
10番人気-0-0-0-50.0%0.0%

2着が多い前走1番人気、1着が多い前走2番人気とやや特殊な傾向ですが、基本的には前走人気馬優勢。前走4番人気以下で馬券に絡んだのは全て前走重賞組です。

前走1番人気はグレートマジシャン、プログノーシス、ルペルカーリアの3頭。前走2番人気はシャフリヤール、ロジローズの2頭。

前走重賞

  • 4番人気以内【3-4-3-8】
  • 5番人気以下【2-0-1-10】

前走5番人気以下で優勝した2頭はいずれも関東馬で前走共同通信杯。シャフリヤールが前走重賞で4番人気以内です。

前走1勝クラス

  • 1番人気【0-2-0-6】
  • 2番人気【3-1-2-2】
  • 3番人気以下【0-0-1-20】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-2-317.9%18.4%
2着0-3-1-80.0%33.3%
3着0-1-2-70.0%30.0%
4着2-0-2-816.7%33.3%
5着1-1-0-416.7%33.3%
6-9着2-1-0-720.0%30.0%
10着-0-0-1-30.0%0.0%

重賞組は着順不問。1勝クラス組で優勝しているのは1着馬ですが、2着だった馬も2~3着狙いとしては問題ありません。

前走1勝クラス

  • 1着【3-1-2-12】
  • 2着【0-2-1-3】
  • 3着以下【0-0-0-13】

毎日杯 データまとめ

買いデータ

当日2番人気以内のディープインパクト産駒
当日3番人気以内+馬番1~5番
単勝オッズ2.9倍以内
前走東京コースの関東馬
前走1勝クラスで2番人気だった馬

消しデータ

当日4番人気以下+460kg未満
当日8番人気以下
キャリア2戦以下+非社台系生産馬
当日4番人気以下+継続騎乗
前走1勝クラスで3番人気+3着以下

毎日杯 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎グレートマジシャン
○シャフリヤール
▲ロジローズ
△プログノーシス
△レヴェッツァ

グレートマジシャンはノーザンF生産馬でキャリア2戦、前走東京を使っている関東馬で馬格も480kg前後と強調要素が多め。兄弟はキレが足りない産駒が多いので本質的には皐月賞やダービー向きではなさそうですが、前走は加速ラップで差し切っているのでここでもあっさりなら先が楽しみです。

シャフリヤールはアルアインの全弟という血統で大体説明がつきますが、共同通信杯2着のヴィクティファルスがスプリングSを制したことからも前走のレースレベルは高かったと思われます。こちらもキャリア2戦のディープ産駒で勝率が高い前走2番人気に該当。ただし兄に比べ馬格に欠ける点が気になります。

ロジローズはグレートマジシャンと同じく前走東京の関東馬。前走は2ハロン目から11秒台のラップを刻む流れで勝ちタイムも上々。予想オッズでは4~5番手なので前走より馬体は増えて欲しい所です。

他ではキャリア1戦で中1週と常識的には厳しいですが、新馬戦の内容とディープ産駒という血統から素質は高そうなプログノーシス、小頭数になりそうなので良馬場ならドゥラメンテ産駒のレヴェッツァ

テキストのコピーはできません。