マーチステークス予想|過去の傾向とデータ分析

マーチステークス【GⅢ】
2020/3/29(日) 中山競馬場・ダート1800m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

ハンデ戦ということもあり荒れることが多いダート重賞。昨年は8番人気サトノティターンが優勝、2~3着には10番人気以下の2頭が入り、3連単は120万馬券になりました。

それでは2020年マーチSのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

マーチS 登録馬

2走前のポルックスSを4馬身差で圧勝し、ダートでは11戦して全て3着以内と安定感抜群のスワーヴアラミスが1番人気予想。

武蔵野S2着、フェブラリーS5着と重賞好走実績を持つタイムフライヤー、初ダートの仁川Sで2着に入ったクリンチャーや前走オープン特別勝ちのメイショウワザシ、ワイルドカードなどが続きます。

マーチS コース分析

中山ダ1800mの特徴


中山ダート1800mはスタート後すぐに直線の急坂を駆け上がり、その後1コーナーの終わりまでが上り坂となります。

向こう正面からは下り坂となり、最後にもう一度直線の急坂を上るというタフな条件になるため、スピードよりもスタミナを含めた総合力が問われるコースになっています。

マーチS 種牡馬系統別データ

  • ロベルト系【3-1-1-12】
  • キングマンボ系【2-1-1-13】
  • サンデーサイレンス系【1-3-3-40】
  • ボールドルーラー系【1-1-0-2】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-4】

ロベルト系は昨年8番人気1着のサトノティターンをはじめ3着以内に入った5頭中4頭が6~8番人気。また3勝は全てシンボリクリスエス産駒です。

他にはキングカメハメハやカネヒキリも相性が良いレースです。

マーチS 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-1-2-25】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-19】
  • デピュティミニスター系【1-1-2-6】
  • ロベルト系【1-1-0-6】
  • リファール系【1-0-1-3】

父系ではロベルト系が人気薄での好走ばかりでしたが、母父ではミスプロ系が穴血統。3着以内に入った5頭全てが6番人気以下でした。

5番人気以内ならロベルト系、リファール系、デピュティミニスター系、ダンジグ系あたりが安定しています。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・ダート1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

マーチS 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-1-1-60.0%25.0%
2番人気2-2-1-325.0%62.5%
3番人気1-0-1-612.5%25.0%
4-6番人気2-3-1-188.3%25.0%
7-9番人気2-0-1-218.3%12.5%
10-番人気1-2-3-491.8%10.9%

1番人気の成績が悪く、昨年は⑧ー⑪ー⑫人気での決着。ハンデ戦ということもあり非常に荒れやすいレースです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-2-140.0%12.5%
2枠2-2-1-1112.5%31.3%
3枠0-1-1-130.0%13.3%
4枠1-1-1-136.3%18.8%
5枠1-0-0-156.3%6.3%
6枠1-1-1-136.3%18.8%
7枠0-1-1-140.0%12.5%
8枠3-2-1-1018.8%37.5%

成績が良いのは2枠と8枠ですが、近年は2018年のロワジャルダンや2017年にインカンテーションなど2枠の穴馬がよく馬券に絡んでいます

馬番データ

  • 偶数枠【5-3-4-51】
  • 奇数枠【3-5-4-52】

15番(2-2-0-4)、4番(2-1-1-4)の成績が目立ち、それ以外は過去8年では満遍なく馬券に絡んでいます。

6番人気以下

  • 偶数枠【4-2-2-37】
  • 奇数枠【1-1-2-38】

過去8年では5番人気以内だと奇数枠、6番人気以下は偶数枠の複勝率が高め。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-1-0-711.1%22.2%
先行3-3-4-1910.3%34.5%
差し2-3-4-374.3%19.6%
追込2-0-0-394.9%4.9%
マクリ0-1-0-10.0%50.0%

昨年はサトノティターンが4角12番手から差し切りましたが、基本的には追い込みは不振。

前走4角位置

  • 4番手以内【6-3-4-43】
  • 5番手以下【2-4-4-60】

前走東京+4角4番手以内が(3-1-0-1)。昨年のサトノティターン、2017年のインカンテーション、アルタイルと穴馬がこのパターンで好走しています。今年はタイムフライヤーが該当。

また前走4角5番手以下+前走から1.0~1.5kg減になる馬が(1-4-2-12)複勝率36.8%。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-3-4-17】
  • 3~5位【0-2-1-19】
  • 6位以下【3-2-1-48】

前走上がり1~2位は複勝率39.3%と安定しています。アシャカトブ、クリンチャー、スワーヴアラミス、ナムラアラシ、ワイルドカードの5頭が前走上がり2位以内。

マーチS 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳1-2-2-243.4%17.2%
5歳2-1-2-188.7%21.7%
6歳4-4-1-2511.8%26.5%
7歳-1-1-3-362.4%12.2%

6歳馬の成績が良く、特に関東馬だと(4-2-0-6)複勝率50%。ローズプリンスダム、ワイルドカードの2頭が該当します。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦5-3-2-429.6%19.2%
栗東3-5-5-594.2%18.1%
地方0-0-1-20.0%33.3%

関東・関西はそれほど意識する必要は無さそうです。

騎手データ(継続騎乗)

  • 前走5着以内【3-3-3-16】
  • 前走6着以下【0-0-0-13】

騎手データ(乗り替わり)

  • 前走5着以内【1-4-4-35】
  • 前走6着以下【4-1-1-39】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4590-1-0-10.0%50.0%
460-4791-1-1-165.3%15.8%
480-4992-0-4-335.1%15.4%
500-5193-2-3-317.7%20.5%
520-2-4-0-207.7%23.1%

480kg未満の馬はやや割引きで、好走したのは5番人気以内だった馬が多めです。

前走との馬体重差

  • +体重【1-4-1-27】
  • 増減無【2-0-1-18】
  • -体重【5-4-6-58】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-53.00-0-0-80.0%0.0%
54.01-0-1-175.3%10.5%
55.02-3-2-217.1%25.0%
56.0-56.52-2-3-266.1%21.2%
57.0-57.52-2-1-246.9%17.2%
58.0-1-1-1-710.0%30.0%

斤量による成績の差はありません。

前走との斤量差

  • +斤量【1-4-2-24】
  • 増減無【3-0-2-28】
  • -斤量【4-4-4-51】

マーチS 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-0-1-720.0%30.0%
GⅡ0-0-0-70.0%0.0%
GⅢ1-1-0-117.7%15.4%
オープン3-6-3-455.3%21.1%
3勝1-0-2-145.9%17.6%
地方1-0-2-184.8%14.3%

総武Sや仁川Sなど前走オープン特別組が良く馬券に絡んでいます。

主な前走

  • 総武S【2-4-0-15】
  • フェブラリーS【2-0-0-5】
  • 仁川S【1-1-2-6】
  • 佐賀記念【1-0-1-8】

前走距離

  • 1400m【0-0-0-6】
  • 1600m【2-0-1-10】
  • 1700m【0-0-0-3】
  • 1800m【3-7-4-42】
  • 1900m【0-0-0-10】
  • 2000m【2-1-3-22】
  • 2100m~【1-0-0-9】

前走場所

  • 東京【3-0-1-10】
  • 中山【2-5-1-33】
  • 京都【1-1-0-10】
  • 阪神【1-1-4-18】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-1-1316.7%27.8%
2番人気1-1-3-97.1%35.7%
3番人気0-2-1-90.0%25.0%
4番人気0-0-1-80.0%11.1%
5番人気0-1-1-130.0%13.3%
6-9番人気0-1-0-230.0%4.2%
10-番人気4-1-1-2811.8%17.6%

前走重賞組は下位人気だった馬の方が成績が良く、オープン特別組は3番人気以内が優勢。

前走JRA重賞

  • 9番人気以内【0-0-0-11】
  • 10番人気以下【3-1-1-14】

タイムフライヤー、リアンヴェリテが前走JRA重賞で10番人気以下。

前走オープン特別

  • 3番人気以内【2-4-3-10】
  • 4番人気以下【1-2-0-34】

4番人気以下で馬券に絡んだ3頭は前走が総武Sか仁川Sで、4~6着に入っていました。

3番人気以内はクリンチャー、スワーヴアラミス、メイショウワザシ、ワイルドカードの4頭。4番人気以下で過去の好走馬に近いのは仁川Sで10番人気4着のコマビショウ、12番人気5着のテーオーフォース

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-3-3-2010.3%31.0%
2着0-0-4-90.0%30.8%
3着1-1-0-99.1%18.2%
4着0-1-0-70.0%12.5%
5着0-2-0-60.0%25.0%
6-9着2-0-0-267.1%7.1%
10-着2-1-1-266.7%13.3%

前走6着以下からの巻き返しは重賞組が殆どで、オープン特別組は掲示板がほぼ必須。

前走1着

  • 前走2番人気以内【3-2-2-8】
  • 前走3番人気以下【0-0-1-12】

前走1着馬で2番人気以内だったのはメイショウワザシ、ワイルドカードの2頭。

前走オープン特別

  • 5着以内【2-6-3-18】
  • 6着以下【1-0-0-26】

前走オープン特別で5着以内はクリンチャー、コマビショウ、スワーヴアラミス、テーオーフォース、メイショウワザシ、ワイルドカードの6頭。

マーチS データまとめ

  • 父ロベルト系、母父ミスプロ系は人気薄で注意
  • 人気馬の信頼度は低め
  • 2枠と8枠、馬番では4番と15番の成績が良い
  • 前走東京+4角4番手以内だった馬が狙い目
  • 前走4角5番手以下+斤量1~1.5kg減○
  • 6歳の関東馬の勝率が高い
  • 継続騎乗+前走5着以内○
  • 480kg未満の馬は割引き
  • 前走オープン特別は3番人気以内+5着以内
  • 前走1着馬は前走3番人気以下だと割引き

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

マーチS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎タイムフライヤー
○メイショウワザシ
▲ワイルドカード
★スワーヴアラミス
△コマビショウ
△クリンチャー

タイムフライヤーはやや馬格に欠けますが母父ロベルト系や前走東京で4角4番手以内、前走フェブラリーSで10番人気以下など他の馬にはないプラス要素があります。

メイショウワザシ、ワイルドカードは馬格もあり前走内容的には文句無し。メイショウワザシは相性の良い総武S、ワイルドカードは6歳の関東馬が強調できますが、ワイルドカードは間隔が空いた分やや割引き。

スワーヴアラミスは安定感抜群ですが1番人気馬の成績の悪さ、またアルデバランS組も人気で飛ぶことが多いのが不安要素。

以下仁川Sで初ダートながら上がり最速で2着だったクリンチャーと人気を大きく上回る4着だったコマビショウが抑え。

テキストのコピーはできません。