マーチステークス予想|過去の傾向とデータ分析

G3
無断転載禁止
マーチステークス【GⅢ】
2023/3/26(日)
阪神競馬場・ダート1800m

過去8年分のマーチSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

マーチS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ハピ
2番人気 ウィリアムバローズ
3番人気 ハヤブサナンデクン
4番人気 サンライズホープ
5番人気 カフジオクタゴン

参考:netkeiba.com

予想オッズでは重賞勝ちこそ無いもののチャンピオンズC3着などの実績を持つハピが1番人気。卯月S優勝など中山ダート1800mでは(3-2-0-0)と連対率100%のウィリアムバローズが2番人気、中山は久々ですが前走東海Sで3着に入っているハヤブサナンデクンが3番人気に推されています。

他ではみやこS、シリウスSと重賞2勝のサンライズホープ、昨年のレパードS優勝馬カフジオクタゴン、北総S・総武Sと中山で好走続きのヴァルツァーシャル、初ダートのカテドラルあたりが続きます。

マーチS コース&血統分析

中山ダート1800mの特徴

中山ダート1800mはスタート後すぐに直線の急坂を駆け上がり、その後1コーナーの終わりまでが上り坂となります。

向こう正面からは下り坂となり、最後にもう一度直線の急坂を上るというタフな条件になるため、スピードよりもスタミナを含めた総合力が問われるコースになっています。

重賞ナビ

中山競馬場・ダート1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

父系統別データ

  • ボールドルーラー系【2-2-0-6】
  • サンデーサイレンス系【1-3-4-28】
  • キングカメハメハ系【1-1-1-13】
  • ハーツクライ系【1-0-1-10】
  • ストームキャット系【1-0-1-2】
  • ミスタープロスペクター系【0-1-1-6】

昨年はパイロ産駒のワンツーで、ボールドルーラー系やストームキャット系は稍重以上で強いのが特徴。サンデー系やキングカメハメハ系は馬場状態にはあまり左右されません。

また当日6番人気以下で好走した馬を見るとシアトルスルー(エーピーインディ)、ヴァイスリージェント(デピュティミニスター)、ストームキャット、ミスプロといった米ダート血統を3代目までに持つ馬が狙い目です。

母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-2-2-32】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-14】
  • デピュティミニスター系【1-1-1-4】
  • グレイソヴリン系【1-0-1-6】
  • リファール系【1-0-1-4】

母系は様々ですがデピュティミニスター系、ミスプロ系は人気薄での好走が多く回収値は優秀。当日3番人気以内なら母父サンデー系か欧州型ノーザンダンサー系が安定しています。

マーチS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-0-150.0%6.3%
2枠3-1-2-1018.8%37.5%
3枠0-0-2-130.0%13.3%
4枠1-0-1-146.3%12.5%
5枠1-1-0-146.3%12.5%
6枠2-2-2-1012.5%37.5%
7枠0-1-2-130.0%18.8%
8枠1-2-0-126.7%20.0%

2枠は馬券に絡んだ6頭中5頭が当日6番人気以下と穴馬が多いのが特徴。近年は6枠からの好走馬が多く4年連続で馬券に絡んでいます。

馬番データ

  • 偶数馬番【7-5-5-45】
  • 奇数馬番【1-3-4-56】

馬番では12番が(2-2-0-4)、4番が(2-0-2-4)。また関西馬は偶数馬番が(4-4-3-26)、奇数馬番が(0-1-2-30)と大きな差があり奇数馬番で好走した3頭中2頭は当日1番人気でした。

6番人気以下

  • 偶数馬番【4-2-2-34】
  • 奇数馬番【1-0-2-41】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-712.5%12.5%
先行4-4-3-2012.9%35.5%
差し2-3-5-354.4%22.2%
追込1-0-1-392.4%4.9%
マクリ0-1-0-00.0%100.0%

先行馬が安定しており4角10番手以下は(1-0-1-46)と直線のみの追い込みは届きません。

前走4角位置

  • 3番手以内【7-1-3-33】
  • 4番手以下【1-6-6-68】

2021年までは前走4角3番手以内だった馬が連勝していましたが、昨年は前走チャンピオンズCで4角8番手だったメイショウハリオが優勝。ただしこのレースはGⅠからのローテが少ないため、基本的には前走4角3番手以内だった馬を優勝候補と考えるのが良さそうです。

また前走4角4番手以下は当日5番人気以内だと(1-5-3-12)、6番人気以下は(0-1-3-56)。

前走上がり3F

  • 1~2位【3-3-2-18】
  • 3~5位【1-2-3-20】
  • 6位以下【3-1-2-45】

前走上がり6位以下は前走4角3番手以内だと(3-0-1-16)、4番手以下だと(0-1-1-29)。割引きになるのはエブリワンブラック、ケンシンコウ、ゲンパチルシファー、ダノンスプレンダー、メイショウムラクモ

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4590-0-0-10.0%0.0%
460-4790-1-1-180.0%10.0%
480-4992-1-4-295.6%19.4%
500-5193-2-2-308.1%18.9%
520-5391-4-1-184.2%25.0%
540-2-0-1-525.0%37.5%

馬格に連れて複勝率が上がり、500kg未満で連対しているのは当日5番人気以内。当日6番人気以下は500kg未満だと(0-0-2-34)、500kg以上では(5-2-2-41)と大きな差があります。

前走との馬体重差

  • +体重【1-2-1-27】
  • 増減無【3-0-1-19】
  • -体重【4-6-7-55】

当日5番人気以内は±0kg以下が(3-5-4-16)、プラス体重だと(0-1-1-10)と馬体増になる馬は割引き。

マーチS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-2-412.5%50.0%
2番人気2-2-1-325.0%62.5%
3番人気0-0-2-60.0%25.0%
4-6番人気2-3-0-198.3%20.8%
7-9番人気2-0-1-208.7%13.0%
10番人気-1-2-3-491.8%10.9%

1~2番人気の複勝率はまずまずですが、ハンデ戦ということもあり3番人気以下は混戦。ただし単勝オッズ50倍以上は(0-0-0-37)。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-3-3-447.4%18.5%
栗東4-5-5-565.7%20.0%
地方0-0-1-10.0%50.0%

関西馬は年齢による差はありませんが関東馬は6歳馬が(4-2-0-9)、5歳以下または7歳以上が(0-1-3-35)と6歳馬の成績が抜群です。キタノヴィジョン、ケンシンコウが6歳の関東馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳0-1-0-180.0%5.3%
5歳3-2-2-2110.7%25.0%
6歳4-4-3-319.5%26.2%
7歳-1-1-4-312.7%16.2%

4歳馬は人気に推されやすいものの成績が悪く、唯一2着に入ったのは2016年1番人気のバスタータイプ。カフジオクタゴン、ハピ、ベストリーガード、ロードヴァレンチ、ヴァルツァーシャルが4歳馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-3-3-30】
  • 乗り替わり【3-5-6-71】

乗り替わりは前走5着以内で(1-5-4-33)、6着以下で(2-0-1-38)。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-53.00-0-0-100.0%0.0%
54.01-0-2-126.7%20.0%
55.01-2-1-174.8%19.0%
56.0-56.52-3-4-275.6%25.0%
57.0-57.54-3-2-329.8%22.0%
58.00-0-0-30.0%0.0%

53kg以下、58kgと極端なハンデの馬は馬券に絡んでいませんが、54~57.5kgは複勝率では差はありません。

前走との斤量差

  • +斤量【1-4-2-17】
  • 増減無【5-0-3-33】
  • -斤量【2-4-4-51】

マーチS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-0-0-340.0%40.0%
GⅡ0-1-1-50.0%28.6%
GⅢ1-0-0-118.3%8.3%
リステッド0-1-1-90.0%18.2%
オープン3-4-4-465.3%19.3%
3勝1-0-1-99.1%18.2%
地方1-1-2-184.5%18.2%

出走馬が多いのは総武Sですが近年は人気の中心になることは少なく、前走クラスはほぼ不問です。

主な前走

  • 総武S【2-4-1-22】
  • 佐賀記念【1-0-1-7】
  • フェブラリーS【1-0-0-3】
  • 武蔵野S【1-0-0-1】
  • 仁川S【0-1-1-10】
  • 東海S【0-1-1-3】

前走距離

  • 1400m【0-0-0-7】
  • 1600m【2-0-1-4】
  • 1700m【0-0-0-2】
  • 1800m【3-6-5-47】
  • 1900m【1-0-0-7】
  • 2000m【1-2-3-25】
  • 2100m~【1-0-0-9】

前走場所

  • 東京【3-0-1-7】
  • 中山【2-4-3-36】
  • 京都【1-0-0-6】
  • 阪神【0-1-2-23】
  • 中京【1-1-1-6】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-1311.8%23.5%
2番人気2-0-2-816.7%33.3%
3番人気0-3-1-110.0%26.7%
4番人気0-0-2-60.0%25.0%
5番人気0-0-2-100.0%16.7%
6-9番人気1-1-1-263.4%10.3%
10番人気-3-2-0-279.4%15.6%

重賞組は前走人気不問。オープン特別組は前走5番人気以内が目安です。

前走オープン特別

  • 5番人気以内【2-4-4-18】
  • 6番人気以下【1-1-1-37】

ウィリアムバローズ、タイセイサムソン、ホウオウルバン、ヴァルツァーシャルが前走オープン特別で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-2-1812.0%28.0%
2着1-1-4-77.7%46.2%
3着0-1-1-90.0%18.2%
4着0-1-1-80.0%20.0%
5着0-2-0-70.0%22.2%
6-9着2-1-0-257.1%10.7%
10着-2-0-1-276.7%10.0%

3勝クラス組は1着必須。オープン特別組は5着以内、または前走敗れている場合0.5秒差以内が目安です。

前走オープン特別

  • 5着以内【2-5-4-23】
  • 6着以下【1-0-1-32】

前走で0.6秒差以上負けていると(1-0-2-34)。5着以内かつ0.5秒差以内はウィリアムバローズ、キタノリューオー、タイセイサムソン、ノーブルシルエット、ホウオウルバン、ヴァルツァーシャル

前走1900m以上

  • 4着以内【3-2-3-18】
  • 5着以上【0-0-0-23】

今回距離短縮になる馬は4着以内が目安になります。また0.3秒以上負けていると(0-0-2-32)と3着まで。3着に入った2頭は当日2番人気以内でした。4着以内かつ0.2秒差以内はカフジオクタゴン、デルマルーヴル

マーチS データまとめ

買いデータ

3代目までにエーピーインディ、デピュティミニスター、ストームキャット、ミスプロ持ち
2枠(特に4番)、6枠(特に12番)
前走4角3番手以内(1着候補)
6歳の関東馬
前走オープン特別で5番人気+5着以内

消しデータ

関西馬、または当日6番人気以下で奇数馬番
当日6番人気以下+前走4角4番手以下(2~3着まで)
当日6番人気以下+500kg未満
単勝オッズ50倍以上
前走1900m以上で5着以下

マーチS 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ハピ
○ウィリアムバローズ
▲サンライズホープ
△ケンシンコウ
△スマッシングハーツ
△ハヤブサナンデクン

ハピはチャンピオンズCを4角4番手から3着と内容のみを見れば昨年のメイショウハリオよりも買いやすく、血統面もキズナ産駒なのでストームキャットを3代目に持ち、母父キングカメハメハは近年人気問わず中山ダート1800mでは成績を伸ばしています。馬格に欠ける点は気になりますが重賞実績もあるのでそれほど気にしなくても良さそうです。

ウィリアムバローズはこのコースでは良馬場で1分51秒台、不良馬場で1分50秒4の持ちタイムは例年の優勝タイムと遜色ありません。乗り替わりになりますが前走2着なので頭よりは2~3着候補ですが、馬格もあり大きな割引き要素はありません。

サンライズホープは差しに脚質転換したみやこS以降GⅠでも掲示板前後まで届くようになり、父ボールドルーラー系という血統からは良馬場よりも稍重以上で狙いたい1頭。馬格がある6歳馬というのも馬券的には狙いやすく、人気薄でも抑えられます。

ケンシンコウは前走フェブラリーの着順自体は評価できませんが、6歳の関東馬で父ボールドルーラー系×母父ミスプロ系と穴狙いには絶妙なデータ。昨年2着ということもあり紐では抑えておきたいです。

他では左回り中心に使われていますがコース回収値が高いヘニーヒューズ産駒のスマッシングハーツ、同じく回収値の高いゴールドアリュール産駒のハヤブサナンデクンも血統からは人気薄でも狙えますが、共に7歳馬ということから3着狙い。

テキストのコピーはできません。