マーチステークス2020予想|過去の傾向とデータ分析

マーチステークス【GⅢ】
2020/3/29(日) 中山競馬場・ダート1800m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

ハンデ戦ということもあり荒れることが多いダート重賞。昨年は8番人気サトノティターンが優勝、2~3着には10番人気以下の2頭が入り、3連単は120万馬券になりました。

それでは2020年マーチSのデータ分析を行なっていきます。

◎G1無料予想ならこのサイト!

春GⅠは8戦中6戦で無料買い目的中!
色々なサイトの無料予想をチェックしていますが、ここの無料予想が断トツです。

◆春G1実績(無料)


◎安田記念:6,720円(回収率140%)
◎日本ダービー:14,800円(回収率276%)
◎ヴィクトリアマイル:11,840円(回収率228%)
◎天皇賞・春:67,500円(回収率1350%)
◎皐月賞:36,600円(回収率653%)
◎桜花賞:50,360円(回収率899%)

春G1は投資計41,200円→187,820円の払戻し!
この精度・回収率の無料予想は他にはありません。

一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです!

◆ワイド実績(無料)


的確でありながら高配当を見込めます。
今週は勿論菊花賞の買い目を無料公開!
推奨は1点4~500円ですが100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今月は土曜重賞も毎週公開!
◎10/10(土)サウジアラビアRC
◎10/17(土)府中牝馬S
◎10/24(土)富士S
◎10/31(土)アルテミスSorスワンS
日曜は勿論GⅠ・またはメイン重賞を公開!
この秋確実に稼ぎたいならこのサイトが1番です。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

マーチS 登録馬

2走前のポルックスSを4馬身差で圧勝し、ダートでは11戦して全て3着以内と安定感抜群のスワーヴアラミスが1番人気予想。

武蔵野S2着、フェブラリーS5着と重賞好走実績を持つタイムフライヤー、初ダートの仁川Sで2着に入ったクリンチャーや前走オープン特別勝ちのメイショウワザシ、ワイルドカードなどが続きます。

マーチS コース分析

中山ダ1800mの特徴


中山ダート1800mはスタート後すぐに直線の急坂を駆け上がり、その後1コーナーの終わりまでが上り坂となります。

向こう正面からは下り坂となり、最後にもう一度直線の急坂を上るというタフな条件になるため、スピードよりもスタミナを含めた総合力が問われるコースになっています。

マーチS 種牡馬系統別データ

  • ロベルト系【3-1-1-12】
  • キングマンボ系【2-1-1-13】
  • サンデーサイレンス系【1-3-3-40】
  • ボールドルーラー系【1-1-0-2】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-4】

ロベルト系は昨年8番人気1着のサトノティターンをはじめ3着以内に入った5頭中4頭が6~8番人気。また3勝は全てシンボリクリスエス産駒です。

他にはキングカメハメハやカネヒキリも相性が良いレースです。

マーチS 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-1-2-25】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-19】
  • デピュティミニスター系【1-1-2-6】
  • ロベルト系【1-1-0-6】
  • リファール系【1-0-1-3】

父系ではロベルト系が人気薄での好走ばかりでしたが、母父ではミスプロ系が穴血統。3着以内に入った5頭全てが6番人気以下でした。

5番人気以内ならロベルト系、リファール系、デピュティミニスター系、ダンジグ系あたりが安定しています。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・ダート1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

マーチS 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 0-1-1-6 0.0% 25.0%
2番人気 2-2-1-3 25.0% 62.5%
3番人気 1-0-1-6 12.5% 25.0%
4-6番人気 2-3-1-18 8.3% 25.0%
7-9番人気 2-0-1-21 8.3% 12.5%
10-番人気 1-2-3-49 1.8% 10.9%

1番人気の成績が悪く、昨年は⑧ー⑪ー⑫人気での決着。ハンデ戦ということもあり非常に荒れやすいレースです。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-0-2-14 0.0% 12.5%
2枠 2-2-1-11 12.5% 31.3%
3枠 0-1-1-13 0.0% 13.3%
4枠 1-1-1-13 6.3% 18.8%
5枠 1-0-0-15 6.3% 6.3%
6枠 1-1-1-13 6.3% 18.8%
7枠 0-1-1-14 0.0% 12.5%
8枠 3-2-1-10 18.8% 37.5%

成績が良いのは2枠と8枠ですが、近年は2018年のロワジャルダンや2017年にインカンテーションなど2枠の穴馬がよく馬券に絡んでいます

馬番データ

  • 偶数枠【5-3-4-51】
  • 奇数枠【3-5-4-52】

15番(2-2-0-4)、4番(2-1-1-4)の成績が目立ち、それ以外は過去8年では満遍なく馬券に絡んでいます。

6番人気以下

  • 偶数枠【4-2-2-37】
  • 奇数枠【1-1-2-38】

過去8年では5番人気以内だと奇数枠、6番人気以下は偶数枠の複勝率が高め。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-1-0-7 11.1% 22.2%
先行 3-3-4-19 10.3% 34.5%
差し 2-3-4-37 4.3% 19.6%
追込 2-0-0-39 4.9% 4.9%
マクリ 0-1-0-1 0.0% 50.0%

昨年はサトノティターンが4角12番手から差し切りましたが、基本的には追い込みは不振。

前走4角位置

  • 4番手以内【6-3-4-43】
  • 5番手以下【2-4-4-60】

前走東京+4角4番手以内が(3-1-0-1)。昨年のサトノティターン、2017年のインカンテーション、アルタイルと穴馬がこのパターンで好走しています。今年はタイムフライヤーが該当。

また前走4角5番手以下+前走から1.0~1.5kg減になる馬が(1-4-2-12)複勝率36.8%。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-3-4-17】
  • 3~5位【0-2-1-19】
  • 6位以下【3-2-1-48】

前走上がり1~2位は複勝率39.3%と安定しています。アシャカトブ、クリンチャー、スワーヴアラミス、ナムラアラシ、ワイルドカードの5頭が前走上がり2位以内。

マーチS 傾向データ②

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 1-2-2-24 3.4% 17.2%
5歳 2-1-2-18 8.7% 21.7%
6歳 4-4-1-25 11.8% 26.5%
7歳- 1-1-3-36 2.4% 12.2%

6歳馬の成績が良く、特に関東馬だと(4-2-0-6)複勝率50%。ローズプリンスダム、ワイルドカードの2頭が該当します。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 5-3-2-42 9.6% 19.2%
栗東 3-5-5-59 4.2% 18.1%
地方 0-0-1-2 0.0% 33.3%

関東・関西はそれほど意識する必要は無さそうです。

騎手データ(継続騎乗)

  • 前走5着以内【3-3-3-16】
  • 前走6着以下【0-0-0-13】

騎手データ(乗り替わり)

  • 前走5着以内【1-4-4-35】
  • 前走6着以下【4-1-1-39】

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 0-0-0-2 0.0% 0.0%
440-459 0-1-0-1 0.0% 50.0%
460-479 1-1-1-16 5.3% 15.8%
480-499 2-0-4-33 5.1% 15.4%
500-519 3-2-3-31 7.7% 20.5%
520- 2-4-0-20 7.7% 23.1%

480kg未満の馬はやや割引きで、好走したのは5番人気以内だった馬が多めです。

前走との馬体重差

  • +体重【1-4-1-27】
  • 増減無【2-0-1-18】
  • -体重【5-4-6-58】

斤量データ

斤量 着度数 勝率 複勝率
-53.0 0-0-0-8 0.0% 0.0%
54.0 1-0-1-17 5.3% 10.5%
55.0 2-3-2-21 7.1% 25.0%
56.0-56.5 2-2-3-26 6.1% 21.2%
57.0-57.5 2-2-1-24 6.9% 17.2%
58.0- 1-1-1-7 10.0% 30.0%

斤量による成績の差はありません。

前走との斤量差

  • +斤量【1-4-2-24】
  • 増減無【3-0-2-28】
  • -斤量【4-4-4-51】

マーチS 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 2-0-1-7 20.0% 30.0%
GⅡ 0-0-0-7 0.0% 0.0%
GⅢ 1-1-0-11 7.7% 15.4%
オープン 3-6-3-45 5.3% 21.1%
3勝 1-0-2-14 5.9% 17.6%
地方 1-0-2-18 4.8% 14.3%

総武Sや仁川Sなど前走オープン特別組が良く馬券に絡んでいます。

主な前走

  • 総武S【2-4-0-15】
  • フェブラリーS【2-0-0-5】
  • 仁川S【1-1-2-6】
  • 佐賀記念【1-0-1-8】

前走距離

  • 1400m【0-0-0-6】
  • 1600m【2-0-1-10】
  • 1700m【0-0-0-3】
  • 1800m【3-7-4-42】
  • 1900m【0-0-0-10】
  • 2000m【2-1-3-22】
  • 2100m~【1-0-0-9】

前走場所

  • 東京【3-0-1-10】
  • 中山【2-5-1-33】
  • 京都【1-1-0-10】
  • 阪神【1-1-4-18】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-1-1-13 16.7% 27.8%
2番人気 1-1-3-9 7.1% 35.7%
3番人気 0-2-1-9 0.0% 25.0%
4番人気 0-0-1-8 0.0% 11.1%
5番人気 0-1-1-13 0.0% 13.3%
6-9番人気 0-1-0-23 0.0% 4.2%
10-番人気 4-1-1-28 11.8% 17.6%

前走重賞組は下位人気だった馬の方が成績が良く、オープン特別組は3番人気以内が優勢。

前走JRA重賞

  • 9番人気以内【0-0-0-11】
  • 10番人気以下【3-1-1-14】

タイムフライヤー、リアンヴェリテが前走JRA重賞で10番人気以下。

前走オープン特別

  • 3番人気以内【2-4-3-10】
  • 4番人気以下【1-2-0-34】

4番人気以下で馬券に絡んだ3頭は前走が総武Sか仁川Sで、4~6着に入っていました。

3番人気以内はクリンチャー、スワーヴアラミス、メイショウワザシ、ワイルドカードの4頭。4番人気以下で過去の好走馬に近いのは仁川Sで10番人気4着のコマビショウ、12番人気5着のテーオーフォース

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 3-3-3-20 10.3% 31.0%
2着 0-0-4-9 0.0% 30.8%
3着 1-1-0-9 9.1% 18.2%
4着 0-1-0-7 0.0% 12.5%
5着 0-2-0-6 0.0% 25.0%
6-9着 2-0-0-26 7.1% 7.1%
10-着 2-1-1-26 6.7% 13.3%

前走6着以下からの巻き返しは重賞組が殆どで、オープン特別組は掲示板がほぼ必須。

前走1着

  • 前走2番人気以内【3-2-2-8】
  • 前走3番人気以下【0-0-1-12】

前走1着馬で2番人気以内だったのはメイショウワザシ、ワイルドカードの2頭。

前走オープン特別

  • 5着以内【2-6-3-18】
  • 6着以下【1-0-0-26】

前走オープン特別で5着以内はクリンチャー、コマビショウ、スワーヴアラミス、テーオーフォース、メイショウワザシ、ワイルドカードの6頭。

マーチS データまとめ

  • 父ロベルト系、母父ミスプロ系は人気薄で注意
  • 人気馬の信頼度は低め
  • 2枠と8枠、馬番では4番と15番の成績が良い
  • 前走東京+4角4番手以内だった馬が狙い目
  • 前走4角5番手以下+斤量1~1.5kg減○
  • 6歳の関東馬の勝率が高い
  • 継続騎乗+前走5着以内○
  • 480kg未満の馬は割引き
  • 前走オープン特別は3番人気以内+5着以内
  • 前走1着馬は前走3番人気以下だと割引き
◎検証済!無料予想の威力抜群

府中牝馬Sで93,500円獲得!
6頭立てBOX買いが熱い!!
悪天候,重馬場の府中牝馬S、やはり波乱の展開でしたね。

◆10/17(土)府中牝馬S
馬連4-6(6、7番人気)的中!
1000円×93.5倍=93,500円獲得(+58,500円)
人気馬全滅でもキッチリ高額収支!


◆10/18(日)京都2R
結果4-3-2(5-1-3番人気)
馬連15.7倍/3連複22.3倍=38,000円獲得!

◆8~9月の実績(無料情報)
無料情報で114万円の払い戻し!

全て検証済、無料情報の買い目のみでこの回収です。
人気薄馬入れ込み秀逸なので馬連だけでも充分高配当を見込めます。悪天候,重馬場など波乱のレース展開は特にここを見ておいた方が良いです。

色々見た中でも無料予想の精度は抜群!
無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!

マーチS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎タイムフライヤー
○メイショウワザシ
▲ワイルドカード
★スワーヴアラミス
△コマビショウ
△クリンチャー

タイムフライヤーはやや馬格に欠けますが母父ロベルト系や前走東京で4角4番手以内、前走フェブラリーSで10番人気以下など他の馬にはないプラス要素があります。

メイショウワザシ、ワイルドカードは馬格もあり前走内容的には文句無し。メイショウワザシは相性の良い総武S、ワイルドカードは6歳の関東馬が強調できますが、ワイルドカードは間隔が空いた分やや割引き。

スワーヴアラミスは安定感抜群ですが1番人気馬の成績の悪さ、またアルデバランS組も人気で飛ぶことが多いのが不安要素。

以下仁川Sで初ダートながら上がり最速で2着だったクリンチャーと人気を大きく上回る4着だったコマビショウが抑え。

テキストのコピーはできません。