目黒記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

目黒記念【GⅡ】
2021/5/30(日)
東京競馬場・芝2500m

過去8年分の目黒記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

目黒記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 グロンディオーズ
2番人気 サンアップルトン
3番人気 サトノルークス
4番人気 ミスマンマミーア
5番人気 アドマイヤポラリス

参考:netkeiba.com

予想オッズではダイヤモンドS、六社S勝ちなど東京巧者グロンディオーズが1番人気。2番人気は昨年のアルゼンチン共和国杯3着のサンアップルトン、3番人気には前走メトロポリタンSで59kgを背負って0.6秒差の6着だったサトノルークスが推されています。

以下日経新春杯2着、大阪-ハンブルクC1着と牡馬相手に健闘しているミスマンマミーア、条件戦を連勝しているアドマイヤポラリス、阪神大賞典で3着に入ったナムラドノヴァンなどが続きます。

目黒記念 コース&血統分析

東京芝2500mの特徴

東京芝2500mは目黒記念とアルゼンチン共和国杯でのみ使用されるコースです。直線坂の手前からスタートし、直線の坂を2回上ることになるのが大きな特徴。

坂を登り切った位置がスタートの東京芝2400mとは100mの違いですが求められる能力は異なり、瞬発力以上にスタミナが問われるコースです。

重賞ナビ

東京競馬場・芝2500mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

目黒記念 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-7-6-65】
  • キングマンボ系【3-0-2-14】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-6】
  • ロベルト系【1-0-0-7】

過去8年ではキングカメハメハ、ステイゴールド産駒が2勝ずつを挙げており、ディープインパクト産駒は(0-3-3-13)と勝ち切れません。サンデー系は同斤量で(3-2-2-19)、斤量増減ありだと(0-5-4-46)。

また昨年は1~3着までがキングカメハメハ持ち。2017~2018年はトニービン持ちが2頭ずつ好走しており、他にはノーザンテーストやリボー系、セントサイモン系持ちに注意。

目黒記念 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-0-1-23】
  • グレイソヴリン系【1-1-2-6】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-0-12】
  • ノーザンダンサー系【1-1-0-5】
  • キングマンボ系【0-3-1-3】

昨年は6番人気アイスバブル、7番人気ステイフーリッシュと母父キングカメハメハが2~3着。アイスバブルは一昨年も5番人気で2着に好走しており相性抜群。

グレイソヴリン系は母系に入っても影響力は強く、ヒットザターゲットやハッピーモーメントと大穴が走っています。また昨年のキングオブコージなど、母父ノーザンダンサー系は54~55kgに好走馬が多いのが特徴。

目黒記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-2-1-116.7%26.7%
2枠2-2-1-1013.3%33.3%
3枠1-1-1-126.7%20.0%
4枠0-1-1-140.0%12.5%
5枠0-1-2-130.0%18.8%
6枠1-0-2-126.7%20.0%
7枠3-0-0-1814.3%14.3%
8枠0-1-0-200.0%4.8%

複勝率では1~2枠がやや高く、馬番1~5番に入った関西馬は(4-5-1-17)と抜群の成績。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-6-2-55】
  • 奇数馬番【4-2-6-55】

複勝率は互角ですが、父サンデー系は偶数馬番が(3-5-1-33)、奇数馬番が(0-2-5-32)と連対率では偶数馬番が大きくリード。

関西馬は偶数・奇数馬番での差はありませんが、関東馬は偶数馬番が(2-2-0-26)、奇数馬番が(0-0-2-25)と偶数馬番優勢。

4番人気以下

  • 1~2枠【3-3-1-17】
  • 3~5枠【0-2-3-33】
  • 6~8枠【2-0-1-45】

当日4番人気以下は内寄りに入った方が成績が良く、上と重複しますが特に関西馬はその傾向が顕著です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行0-1-2-270.0%10.0%
差し6-6-5-4110.3%29.3%
追込2-1-1-345.3%10.5%

レースの上がり5位以内が(8-6-5-26)、6位以下が(0-2-3-84)と末脚勝負。淀みない流れになる事が多く逃げ・先行馬にはキツいレースになりがちです。

前走4角位置(関東馬)

  • 4番手以内【0-0-0-17】
  • 5番手以下【2-2-2-33】

関西馬は前走での位置取り不問。関東馬は前走4角5番手以下が好成績。サンアップルトンが前走4角3番手でした。

前走上がり3F

  • 1~3位【5-4-4-38】
  • 4~5位【1-1-1-20】
  • 6位以下【2-3-3-49】

前走上がり1位は右回りだと(1-1-1-2)、左回りだと(0-0-0-10)。特に前走東京で上がり1位だった馬は人気になりやすい傾向がありますが、過去8年では全て4着以下に敗れています。

グロンディオーズ、ゴールドギア、ディアマンミノル、ムイトオブリガードが前走左回りで上がり1位、トラストケンシン、ミスマンマミーアが前走右回りで上がり1位です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-1-0-10.0%50.0%
440-4592-4-1-1111.1%38.9%
460-4791-0-1-253.7%7.4%
480-4993-2-4-416.0%18.0%
500-5192-1-2-198.3%20.8%
520-0-0-0-130.0%0.0%

長距離レースとあって小柄な馬の好走が目立ちます。昨年ステイフーリッシュが3着に入りましたが460~479kgは人気馬でも成績が悪いのが特徴です。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-3-34】
  • 増減無【3-1-2-18】
  • -体重【3-4-3-57】

目黒記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-2-312.5%62.5%
2番人気0-1-0-70.0%12.5%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気1-3-1-194.2%20.8%
7-9番人気3-0-3-1812.5%25.0%
10番人気-1-2-1-581.6%6.5%

1番人気馬は斤量57kg以上が(0-0-0-3)、56kg以下が(1-2-2-0)と斤量が重要です。また回収値の高い7~9番人気馬は54kgか57kg以上を背負った馬の成績が良いのが特徴。

ただし単勝オッズ50倍以上は(0-0-0-40)と大穴は期待できません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-2-2-513.5%10.5%
栗東6-6-6-597.8%23.4%

関西馬の成績が良く、昨年のオセアグレイトや一昨年のブラストワンピースなど関東馬は人気でも信頼度はイマイチです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-1-1-218.0%16.0%
5歳2-6-2-314.9%24.4%
6歳2-1-1-227.7%15.4%
7歳-2-0-4-364.8%14.3%

年齢による偏りはありませんが、若い馬の方が人気になりやすいため回収値は年齢に連れて上がります。4歳馬は前走2着以内で(2-1-1-6)、3着以下で(0-0-0-14)。

今年の4歳馬ではヒートオンビートのみが前走2着以内。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-4-5-46】
  • 乗り替わり【5-4-3-64】

生産者データ

  • ノーザンF【3-4-3-35】

ノーザンF生産馬+馬体重460kg未満は(1-3-1-1)。また継続騎乗が(0-1-2-17)、乗り替わりが(3-3-1-18)と乗り替わりの成績が良く、継続騎乗は人気馬が多いものの不振。昨年3~4番人気のタイセイトレイル、ボスジラも大敗しています。

アイスバブル、アドマイヤアルバ、グロンディオーズ、サトノルークス、ムイトオブリガードがノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
53.00-0-0-150.0%0.0%
54.04-1-3-2910.8%21.6%
55.01-3-0-233.7%14.8%
56.0-56.51-3-3-243.2%22.5%
57.0-57.51-1-1-145.9%17.6%
58.0-1-0-1-514.3%28.6%

3年連続で斤量54~55kgの馬が1~2着。この3年はタイムも2分30秒を切る高速馬場で特に2019年は59kgを背負ったブラストワンピースが大敗していることもあり、当日高速馬場なら比較的斤量の軽い馬が狙い目です。

前走との斤量差

  • +斤量【1-3-4-18】
  • 増減無【5-2-2-34】
  • -斤量【2-3-2-58】

目黒記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-2-155.6%16.7%
GⅡ0-2-2-250.0%13.8%
GⅢ3-0-1-923.1%30.8%
リステッド0-1-0-70.0%12.5%
オープン2-4-3-334.8%21.4%
3勝2-1-0-189.5%14.3%
2勝0-0-0-10.0%0.0%

阪神外回りや新潟外回り、東京コースなど広く直線の長いコースを使ってきた馬の勝率が高く、内回りや小回りコースを使ってきた馬は2~3着までが多いのが特徴です。

また前走もハンデ戦だった馬が過去8年で7勝を挙げています。

主な前走

  • 大阪-ハンブルクC【2-1-0-5】
  • 新潟大賞典【2-0-0-6】
  • ダイヤモンドS【1-0-1-2】
  • 緑風S【1-0-0-6】
  • 天皇賞・春【1-0-0-11】
  • メトロポリタンS【0-2-3-21】

前走距離

  • 1800m【0-0-0-3】
  • 2000m【2-1-1-21】
  • 2200m【1-1-0-7】
  • 2400m【3-5-4-46】
  • 2500m【0-1-1-10】
  • 2600m~【2-0-2-21】

前走場所

  • 東京【2-4-4-44】
  • 中山【1-2-1-10】
  • 京都【1-0-1-20】
  • 阪神【2-1-2-20】
  • 中京【0-0-0-4】
  • 福島【0-1-0-3】
  • 新潟【2-0-0-7】

前走頭数

  • 12頭以下【0-6-5-50】
  • 13頭以上【8-2-3-60】

過去8年では前走12頭立て以下のレースだった馬は2~3着が多いのが特徴。前走13頭立て以上のレースだった馬の勝率が高く、特に前走15頭立て以上が狙い目。

サンアップルトン、アドマイヤポラリス、ゴールドギア、ディアマンミノル、サトノルークス、アイスバブル、アドマイヤアルバが前走12頭立て以下のレースでした。

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-1211.8%29.4%
2番人気1-2-2-69.1%45.5%
3番人気1-1-0-136.7%13.3%
4番人気1-1-1-136.3%18.8%
5番人気0-0-1-110.0%8.3%
6-9番人気3-2-2-2011.1%25.9%
10番人気-0-0-1-340.0%2.9%

前走2番人気以内の成績が良く、特に前走2番人気以内の関西馬は(3-3-3-10)複勝率50%弱と好調。クラス関係なく前走10番人気以下は割引きです。

アドマイヤポラリス、ヒートオンビートが前走2番人気以内の関西馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-2-2310.0%23.3%
2着0-2-2-60.0%40.0%
3着0-1-0-50.0%16.7%
4着2-0-1-720.0%30.0%
5着0-1-0-60.0%16.7%
6-9着1-2-2-352.5%12.5%
10着-2-0-1-276.7%10.0%

3勝クラス組はほぼ1着馬。オープン特別組は4着以内だった馬の複勝率が高く、また前走がハンデ戦だった馬は4着以内が好成績。

前走オープン特別

  • 5着以内【2-4-2-19】
  • 6着以下【0-1-1-21】

サンアップルトン、ディアマンミノル、ヒートオンビート、ミスマンマミーアが前走オープン特別で4着以内。

前走ハンデ戦

  • 4着以内【5-2-4-27】
  • 5着以下【2-0-0-22】

前走5着以下で優勝したのは前走が新潟大賞典だったヒットザターゲットと前走がダイヤモンドSだったフェイムゲーム。

アドマイヤポラリス、グロンディオーズ、ヒートオンビート、ミスマンマミーアが前走ハンデ戦で4着以内。

目黒記念 データまとめ

買いデータ

グレイソヴリン、キングカメハメハ持ち
馬番1~5番に入った関西馬
父サンデー系+偶数馬番
当日1番人気+斤量56kg以下
ノーザンF生産馬+乗り替わり
前走13頭立て以上(1着狙い)

消しデータ

関東馬+奇数馬番
関東馬+前走4角4番手以内
前走左回りで上がり1位
単勝オッズ50倍以上
前走3着以下の4歳馬
前走オープン特別で6着以下

目黒記念 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ミスマンマミーア
○グロンディオーズ
▲ヒートオンビート
△アドマイヤポラリス
△ナムラドノヴァン
△ゴールドギア

ミスマンマミーアは前走外回りの大阪-ハンブルクCを上がり1位で1着。過去はダートを使われたり比較的重めの芝で好走していましたが、前走の勝ちタイム2.35.1は近年高速化している目黒記念の馬場でもある程度目途を立てられる時計でした。コース成績の良い福永騎手の継続騎乗になるのも好材料。

グロンディオーズは東京では5戦4勝、ルーラーシップ産駒なのでキングカメハメハ、トニービン、ノーザンテーストを持ち今回乗り替わりになるノーザンF生産馬。前走左回りで上がり1位だった馬の成績が悪いのが割引き要素で、また1番人気が濃厚ですが斤量57kg以上なら割引き、56kg以下なら買い。

ヒートオンビート、アドマイヤポラリスはコース成績上位の友道厩舎の管理馬。前走が阪神の外回り、前走内容、種牡馬成績からヒートオンビートの方がやや強調要素は多いものの、アドマイヤポラリスはシュヴァルグラン、スワーヴリチャードと近いハーツ系×母父ミスプロ系とここで好走できれば今後のGⅠでも期待できます。

ナムラドノヴァンは距離短縮のディープブリランテ産駒×母父キングマンボ系。持ち時計はありませんがハンデ次第では抑えたいです。アイスバブルは2年連続2着、過去2年は海外騎手への乗り替わりだったので見劣りする部分はありますが、年2回しか使わない特殊なコースだけあってリピーターは抑えたいです。

テキストのコピーはできません。