マイルチャンピオンシップ予想|過去の傾向とデータ分析

マイルチャンピオンシップ【GⅠ】
2020/11/22(日) 阪神競馬場・芝1600m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※2週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

今年は京都改修の影響で、第1回が行われた1984年以降初めて阪神での開催となります。項目によって過去8年のマイルCSのデータ、また阪神芝1600mのデータを使い分けています。参考データとしてご覧ください。

それでは2020年マイルCSのデータ分析を行なっていきます。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

2021年GⅠ
高松宮記念/桜花賞/天皇賞春的中!

天皇賞・春は2列目までに挙げた
①ワールドプレミア③カレンブーケドール⑫ディープボンドの大本線決着!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

マイルCS 登録馬

安田記念でアーモンドアイに完勝し、スプリンターズSでは直線次元の違う末脚で差し切ったグランアレグリアが予想オッズでは単勝1倍台の支持を集めています。2番手は昨年の朝日杯をレコードで制し毎日王冠も楽勝だったサリオスが推されており、この2頭が抜けた人気。

3番手以下は昨年春秋マイルGⅠを制したインディチャンプ、マイルGⅠ3勝のアドマイヤマーズ、昨年阪神JFを逃げて上がり最速で逃げ切ったレシステンシア、NHKマイルC優勝馬ラウダシオンとマイルGⅠ馬が続きます。

マイルCS コース分析

阪神芝1600m(過去5年・混合・オープンクラス)を集計

阪神芝1600mの特徴

阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

速い上がりを使える馬が強いためディープインパクトなどのサンデーサイレンス系種牡馬が得意としています。

マイルCS 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【19-22-22-184】
  • ダンジグ系【4-0-0-14】
  • キングマンボ系【3-2-3-49】
  • エンドスウィープ系【2-0-2-16】
  • ミスタープロスペクター系【1-2-1-16】

ディープインパクト産駒が(6-8-6-37)、ステイゴールド産駒が(5-1-0-10)とこの2頭が複勝率35%超え。それ以外ではハーツクライ、アドマイヤムーンはまずまず。複勝率は悪くないものの2~3着が多いのはマツリダゴッホ、スクリーンヒーロー、ダイワメジャーあたり。

マイルCS 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【7-8-6-97】
  • ロベルト系【2-3-0-15】
  • デピュティミニスター系【2-1-2-32】
  • ミスタープロスペクター系【2-0-5-34】
  • ダンジグ系【1-8-2-17】

まず目につくのは母父ダンジグ系の2着力。今年はレシステンシアが母父ダンジグ系です。サンデー系やノーザンダンサー系は安定していますがミスプロ系は1着か3着が多く、2着が少ないのが特徴。

今年は該当馬はいませんがヘロド系やマッチェム系の成績・回収値が抜群。他に個別で成績の良い母父はサンデーサイレンス、スペシャルウィーク、ストームキャット、インティカブ、ディアブロなど。

コースデータ

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

マイルCS 傾向データ①

阪神芝1600m(過去5年・混合・オープンクラス)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠6-2-3-3612.8%23.4%
2枠2-4-7-383.9%25.5%
3枠1-3-2-461.9%11.5%
4枠7-4-1-4412.5%21.4%
5枠4-6-3-466.8%22.0%
6枠6-7-4-459.7%27.4%
7枠5-5-6-547.1%22.9%
8枠3-3-8-594.1%19.2%

3枠は人気馬が少なかった影響もあり、枠による有利不利はそこまでありません。人気と比較して上の着順になることが多いのは5枠、また回収値では6~7枠も高く、人気薄を狙うなら真ん中から外寄り。

馬番データ

  • 偶数枠【16-18-13-180】
  • 奇数枠【18-16-21-188】

馬番では1番が(6-2-1-24)で勝率、連対率トップ。成績が安定しているのは6~12番で、13番より外に入るとやや成績に波があります。また牝馬は奇数枠の方が勝率が高いのが特徴です。

6番人気以下

  • 1~4枠【1-2-4-126】
  • 5~8枠【8-9-10-140】

当日6番人気以下+1~4枠で3着に入った7頭中6頭は父サンデー系。

父ミスプロ系

  • 1~4枠【1-0-3-40】
  • 5~8枠【6-4-3-42】

また人気関係なく父ミスプロ系(キングマンボ系やエンドスウィープ系含む)は外枠に入ると期待値が大きく上がります。今年はブラックムーンだけなので、マイルCS以外のレースで試すのも良いかと思います。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ4-3-2-2511.8%26.5%
先行14-9-12-9011.2%28.0%
差し10-14-10-1425.7%19.3%
追込6-8-10-1114.4%17.8%

直線の長い阪神外回りなので、脚質による有利不利はありません。レースの上がり1位馬が(13-9-6-10)複勝率73.7%、また上がり上位馬の回収値が高いのが特徴です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4392-0-1-1114.3%21.4%
440-4594-9-7-565.3%26.3%
460-47910-10-10-1176.8%20.4%
480-4999-10-11-917.4%24.8%
500-5195-4-4-656.4%16.7%
520-4-1-1-2811.7%17.6%

馬格による成績の偏りはそれほどありません。ただし牡馬は460kgを切ると勝率が低く2~3着まで。牝馬は出走数の少なさや人気馬が多かったこともありますが、440~479kgに好走馬が集中しています。

マイルCS 傾向データ②

マイルCS(京都芝1600m)過去8年分を集計

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-2-2-40.0%50.0%
2番人気1-3-0-412.5%50.0%
3番人気2-3-0-325.0%62.5%
4-6番人気4-0-3-1716.7%29.2%
7-9番人気1-0-3-204.2%16.7%
10-番人気0-0-0-700.0%0.0%

2008~2011年は毎年のように10番人気以下が好走していましたが、近年は中穴まで。

ただし1~2番人気は勝ち切れず、前走ローテを見ても天皇賞・秋や毎日王冠、富士Sを叩いて人気に推された馬が苦戦しています。唯一当日2番人気以内で優勝したのは2013年のトーセンラーで前走は京都大賞典。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-0-1-237.7%11.5%
4歳3-5-3-1910.0%36.7%
5歳2-2-4-433.9%15.7%
6歳1-1-0-194.8%9.5%
7歳-0-0-0-140.0%0.0%

3歳馬は古馬に対して1kg減になるため苦戦傾向。3歳で好走したステルヴィオ、ペルシアンナイト、サングレーザーはいずれも阪神の芝重賞での連対実績がありました。今年の3歳馬はサリオス、レシステンシア、タイセイビジョンは阪神実績あり、ラウダシオンはありません。

キャリアデータ

  • 10戦以下【2-1-1-25】
  • 11~15戦【3-4-5-21】
  • 16~20戦【2-3-1-18】
  • 21戦以上【1-0-1-54】

キャリア21戦以上は割引きで、3着以内に入ったのは2013年、2014年のダノンシャーク。ケイアイノーテック、スカーレットカラー、ベステンダンク、ペルシアンナイト、ブラックムーン、メイケイダイハードがキャリア21戦以上。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-1-2-384.7%11.6%
栗東6-7-6-806.1%19.2%

関東馬は前走3着以内で(2-1-2-13)、4着以下で(0-0-0-25)と前走好走馬優勢です。また好走した5頭中4頭は外国人騎手が騎乗していました。今年の関東馬はグランアレグリアサリオスで共に前走1着。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-7-2-60】
  • 乗り替わり【6-1-6-58】

外国人騎手の騎乗馬が毎年のように好走していますが、今年はコロナの影響で短期免許の外国人騎手が不在。関東騎手は(0-2-1-29)で3着以内に入った3頭は当日3番人気以内でした。

生産者データ

  • ノーザンF【3-1-3-32】
  • 社台F【1-4-1-19】
  • 追分F【1-1-2-0】
  • 社台白老F【1-1-1-8】

社台系の生産馬が非常に強く、直近5年では3着以内15頭中13頭が社台系の生産馬。非社台系は2015年のモーリス、2019年のダノンプレミアムでどちらもGⅠ馬でした。

今年の登録馬ではカツジ、ケイアイノーテック、スカーレットカラー、ブラックムーン、ベステンダンク、メイケイダイハードが非社台系の生産馬です。

マイルCS 前走データ

マイルCS(京都芝1600m)過去8年分を集計

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-1-2-1912.0%24.0%
GⅡ3-4-5-534.6%18.5%
GⅢ2-3-1-434.1%12.2%
オープン0-0-0-30.0%0.0%

過去8年のローテを見ると東京の重賞かスワンSを使ってきた馬が大半です。また距離短縮組の勝率が高く、唯一距離延長で優勝したのは2016年のミッキーアイル。

主な前走

  • 富士S【2-3-1-36】
  • 毎日王冠【2-0-2-17】
  • 天皇賞・秋【1-1-2-6】
  • スワンS【0-4-1-27】

前走距離

  • 1200m【1-0-0-5】
  • 1400m【0-4-1-27】
  • 1600m【3-3-1-46】
  • 1800m【2-0-3-27】
  • 2000m【1-1-3-10】
  • 2200m~【1-0-0-3】

前走場所

  • 東京【6-4-6-70】
  • 中山【1-0-0-7】
  • 京都【1-4-1-35】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-178.7%26.1%
2番人気3-1-2-1415.0%30.0%
3番人気2-2-0-1411.1%22.2%
4番人気0-3-1-150.0%21.1%
5番人気0-0-2-90.0%18.2%
6-9番人気0-0-1-240.0%4.0%
10-番人気1-0-0-253.8%3.8%

前走3番人気以内が中心になります。前走5番人気以下は連対率が大きく落ちますが、3着以内に入った4頭中3頭は前走が天皇賞・秋。もう1頭は2016年のネオリアリズムで前走札幌記念1着と4頭全てが前走2000mでした。

前走GⅡ・GⅢ

  • 4番人気以内【5-7-5-52】
  • 5番人気以下【0-0-1-44】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-2-3-164.5%27.3%
2着2-4-0-1211.1%33.3%
3着2-1-2-914.3%35.7%
4着0-0-2-130.0%13.3%
5着1-1-1-126.7%20.0%
6-9着2-0-0-238.0%8.0%
10-着0-0-0-330.0%0.0%

前走3着以内の成績がやや安定しており、前走4着以下からの巻き返しは富士S組か距離短縮組。

ただし過去8年ではクラス関係なく前走10着以下からの巻き返しはなく、また前走敗れている場合でも0.6秒以上離されていると複勝率は大きく下がります。

今回距離延長

  • 3着以内【1-4-1-12】
  • 4着以下【0-0-0-20】

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【5-6-5-53】
  • 0.6秒差以上【2-0-0-49】

前走0.6秒差以上敗れていて巻き返した2頭は2012年のサダムパテック(前走天皇賞・秋)と2017年のペルシアンナイト(前走富士S)。

マイルCS データまとめ

  • ディープインパクト、ステイゴールド産駒○
  • 母父サンデー系、ノーザンダンサー系は安定
  • 人気馬は枠順不問、人気薄は5枠より外
  • 位置取り不問、上がり順位が直結しやすい
  • 牡馬の460kg未満は割引き
  • 近年は人気馬優勢も1~2番人気は勝ち切れない
  • 4歳馬優勢、3歳馬は阪神芝重賞での連対実績
  • キャリア21戦以上は割引き
  • 関東馬は前走3着以内○
  • 関東騎手は当日3番人気以内なら
  • 社台系の生産馬が好成績
  • 前走は東京の重賞かスワンS組、距離短縮組が高勝率
  • 前走5番人気以下は秋天か札幌記念組なら
  • 前走GⅡで5番人気以下×
  • 今回距離延長+4着以下×
  • 前走0.6秒差以上敗れている馬は割引き

◎7週連続重賞的中の予想サイト

雨で波乱期待も人気馬決着の高松宮記念
3強を完封!レイパパレが逃げ切った大阪杯
終わってみれば阪神JF1~2着馬決着の桜花賞
1番人気ダノンザキッドが飛び波乱の皐月賞
牝馬3頭が参戦、阪神開催で難解な天皇賞・春

皆さんはいくつ的中させる事ができましたか?
実はこの5つのG1をすべて【無料情報】で的中させているのがこのサイト。

◎天皇賞・春はカレン本命で的中!
↓実際に配信された無料買い目です。


牝馬カレンブーケドールを自信の本命!
そして印を打った6頭が1~6着という安定感抜群の予想でした。

◎春の重賞は7週連続的中!


重賞以外も含めると3月から8週連続で無料情報が的中しています!
この7週の収支は+348,420円!
買い目は無料で閲覧できるのでご安心を!

リンク先のページ内【無料登録】からメール登録のみで買い目が確認出来ます。

マイルCS 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎グランアレグリア
○インディチャンプ
▲レシステンシア
△サリオス
△アドマイヤマーズ
△タイセイビジョン

グランアレグリアは前走ハイペースのお陰で末脚が際立った面もありますが、過去のレースの内容を見ても広い阪神外回りに替わるのはプラス。人気馬が勝ち切れないレースですが、末脚勝負になりやすいコースという事を考えても最有力です。不安要素は過去最も間隔が詰まったNHKマイルCでパフォーマンスを落としていること。

インディチャンプは安田記念以来となるローテは割引きですが、父ステイゴールド、母父キングカメハメハ共にコース相性○。また今年の芝短距離重賞を見ても5歳世代は圧倒的な成績を残しており、レースデータとしては4歳馬優勢ですが世代レベルを考慮するとやはりこの馬。

レシステンシアも骨折明けとなるローテは割引きですが、阪神重賞実績のある3歳馬で複勝率の高い母父ダンジグ系。昨年の阪神JFでは逃げて上がり最速とコース適性も高く、後続に脚を溜めさせない逃げを期待。

サリオスは今年の有力馬の中ではローテは王道。朝日杯では先行馬総崩れの中唯一先行してレコード勝ちと非常に強い内容でした。ただ中間軽い疝痛発症などの報道もあり、慎重に吟味したい所です。アドマイヤマーズも前走は初の1400mに58kgということを考えれば叩きとしては十分ですが、高速馬場だとやや厳しいか。

最後に好走データには欠けますが大穴でタイセイビジョン。タートルボウル産駒は阪神芝成績が良く、また母父スペシャルウィークはベステンダンク、ソシアルクラブなどこのコースで高速適性が高いのが魅力。

テキストのコピーはできません。