マイラーズカップ予想|過去の傾向とデータ分析

G2
無断転載禁止
マイラーズカップ【GⅡ】
2022/4/24(日)
阪神競馬場・芝1600m

過去8年分のマイラーズCのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

マイラーズC 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 カラテ
2番人気 ホウオウアマゾン
3番人気 エアファンディタ
4番人気 エアロロノア
5番人気 レッドベルオーブ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは東京新聞杯3着、中山記念2着と安定感のあるカラテが1番人気。2番人気には昨年のマイルCS5着、アーリントンC優勝とコース実績があるホウオウアマゾン、3番人気には洛陽Sを好タイムで勝ったエアファンディタが推されています。

4番人気以下は昨年のリゲルS、今年の六甲Sと阪神マイル実績のあるエアロロノア、一昨年の朝日杯FSで3着だったレッドベルオーブ、阪神では7戦走って(3-2-1-1)と相性の良いファルコニアなどが続きます。

マイラーズC コース&血統分析

阪神芝1600m【3歳上混合・OPクラス】参考データ

阪神芝1600mの特徴

阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線は474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

速い上がりを使える馬が強いためディープインパクトなどのサンデーサイレンス系種牡馬が得意としています。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

マイラーズC 父系統別データ

  • ディープインパクト系【6-9-5-44】
  • サンデーサイレンス系【4-6-8-60】
  • ハーツクライ系【3-1-2-15】
  • キングカメハメハ系【3-0-6-30】
  • ステイゴールド系【2-1-0-17】

ディープインパクト産駒は当日4番人気以内で(5-8-2-9)、5番人気以下で(0-0-2-25)と人気馬は堅実です。

他ではハーツクライやキングカメハメハ、キズナ、ジャスタウェイ産駒あたりの複勝率が高く、ロードカナロア産駒は昨年ケイデンスコールが優勝しましたが(1-0-4-13)と3着が多く、ダイワメジャー産駒も(0-2-3-15)と出走数の割に勝ち切れません。

マイラーズC 母父系統別データ

  • ストームキャット系【3-2-1-14】
  • ボールドルーラー系【3-0-0-1】
  • サンデーサイレンス系【2-5-6-69】
  • ダンジグ系(欧)【2-4-2-13】
  • ミスタープロスペクター系【2-2-6-22】
  • フォーティナイナー系【2-1-1-5】

ストームキャット系やボールドルーラー系、フォーティナイナー系と米国産の母父を持つ馬の勝率が高く、母父サンデー系やロベルト系は2~3着が多いのが特徴。

またグァンチャーレ、キョウヘイ、サトノアーサーなど父系・母系問わず近年のリピーターはダンジグ、ニジンスキー、リボー系を持つ馬が目立ちます。

マイラーズC 傾向データ①

阪神芝1600m【3歳上混合・OPクラス】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠4-1-2-2811.4%20.0%
2枠3-3-3-288.1%24.3%
3枠2-1-1-345.3%10.5%
4枠4-3-3-319.8%24.4%
5枠1-4-2-362.3%16.3%
6枠4-7-3-328.7%30.4%
7枠5-4-5-379.8%27.5%
8枠2-2-6-453.6%18.2%

複勝率の低い3枠、5枠、8枠は人気馬が少なく、直線の長い外回りコースなので枠順による差はありません。

ただ昨年のマイラーズCでは1.31.4と速い時計で上位は1桁馬番が占め、今年の桜花賞も全体的に内枠優勢でした。高速馬場や内が使える状態なら内枠優勢。

馬番データ

  • 偶数馬番【12-13-13-129】
  • 奇数馬番【13-12-12-142】

馬番では4番が(5-1-2-17)、7番が(2-3-4-16)、13番が(2-2-2-10)。

4番人気以下

  • 1~2枠【2-2-3-51】
  • 3~5枠【0-2-2-90】
  • 6~8枠【6-6-10-97】

人気馬は枠による差はありませんが、当日4番人気以下は内外離れた枠からの好走馬が多く3~5枠は複勝率が低め。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-2-0-2012.0%20.0%
先行9-8-8-6310.2%28.4%
差し11-11-11-998.3%25.0%
追込2-4-6-892.0%11.9%

牡馬は脚質不問、牝馬はどちらかと言えば逃げ・先行馬の方が回収値が高めです。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-1-711.1%22.2%
440-4592-3-5-344.5%22.7%
460-4798-7-8-728.4%24.2%
480-4994-10-4-694.6%20.7%
500-5198-3-4-5411.6%21.7%
520-2-2-3-354.8%16.7%

良馬場では馬格不問、道悪だと500kg以上は(1-0-1-21)で人気と比べると不振で480kg前後の好走馬が多いのが特徴です。昨年のマイラーズCは上位3頭は466~470kgでした。

マイラーズC 傾向データ②

マイラーズC 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-225.0%75.0%
2番人気2-1-2-325.0%62.5%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4-6番人気1-3-1-194.2%20.8%
7-9番人気1-1-2-204.2%16.7%
10番人気-0-0-1-370.0%2.6%

当日5番人気以内が(7-7-5-21)と人気馬優勢で、当日2番人気以内+前走がGⅡ以上だと(4-0-1-0)。当日6番人気以下は過去8年で5頭が馬券に絡んでいますが、昨年の阪神開催含めいずれも4角4番手以内の先行馬でした。

今年の有力馬ではカラテが前走GⅡ。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-0-1-155.9%11.8%
栗東7-8-7-697.7%24.2%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関東馬で優勝したのは2017年のイスラボニータで、前年のマイルCS2着馬でした。昨年はダイワキャグニーが11番人気で4着に入るなど関東馬はあまり人気になりませんが着順としては健闘しています。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-3-2-268.8%23.5%
5歳4-1-4-1417.4%39.1%
6歳1-1-1-204.3%13.0%
7歳-0-3-1-260.0%13.3%

4~5歳馬の複勝率が高く、4歳馬はキャリア10戦以下で(2-3-2-5)、11戦以上で(1-0-0-21)とキャリアが浅い馬の成績が抜群。4歳馬ではソウルラッシュ、レッドベルオーブ、ロードマックス、ヴィクティファルスがキャリア10戦以下、ホウオウアマゾンがキャリア11戦です。

キャリアデータ

  • 10戦以下【3-4-2-6】
  • 11~15戦【2-0-3-24】
  • 16~20戦【2-1-2-13】
  • 21戦以上【1-3-1-43】

騎手データ

  • 継続騎乗【5-3-0-21】
  • 乗り替わり【3-5-8-65】

当日3番人気以内は継続騎乗が(3-2-0-5)、乗り替わりが(3-2-4-5)と乗り替わり組がやや優勢。

また前走で福永騎手が騎乗していた馬が(3-0-2-4)、川田騎手が騎乗していた馬が(1-1-1-0)と好調。エアファンディタが前走で福永騎手が騎乗していました。

生産者データ

  • ノーザンF【4-1-1-19】
  • 社台F【0-2-4-11】

ケイデンスコール、サトノアーサー、ホウオウアマゾン、レッドベルオーブ、ヴィクティファルスがノーザンF生産馬、エアロロノア、ダイワキャグニー、ファルコニアが社台F生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
54.00-0-0-20.0%0.0%
56.04-7-8-784.1%19.6%
57.03-1-0-437.5%50.0%
58.01-0-0-233.3%33.3%

昨年は57kgが1頭のみでしたが京都開催の直近4年(2017~2020年)は57kg以上を背負った馬が優勝しています。今年はケイデンスコールが57kg。

前走との斤量差

  • +斤量【3-1-1-17】
  • 増減無【5-4-3-39】
  • -斤量【0-3-4-30】

エアロロノア、ケイデンスコール、サトノアーサー、シュリ、ダイワキャグニー、ファルコニア、ホウオウアマゾン、ロードマックスが前走から斤量減。

マイラーズC 前走データ

マイラーズC 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-1-40.0%20.0%
GⅡ5-1-0-738.5%46.2%
GⅢ1-3-6-382.1%20.8%
リステッド0-3-0-90.0%25.0%
オープン2-1-0-199.1%13.6%
3勝0-0-0-40.0%0.0%
海外0-0-1-20.0%33.3%

阪神Cや中山記念、金鯱賞とローテは様々ですが京都開催・代替開催の昨年と5年連続でGⅡ組が優勝しています。

また前走がマイル重賞だった馬は(0-1-6-34)と3着が非常に多いのが特徴。これは年明けのマイル重賞が京都金杯、東京新聞杯、ダービー卿CTくらいしかなく斤量面で有力馬がここを使わない影響もあります。

主な前走

  • 阪神C【2-0-0-1】
  • 中山記念【2-0-0-0】
  • 中日新聞杯【1-0-0-1】
  • 金鯱賞【1-0-0-3】
  • 阪急杯【0-2-0-2】
  • 東京新聞杯【0-1-3-9】

前走距離

  • 1200m【0-0-1-5】
  • 1400m【2-3-0-7】
  • 1600m【1-4-7-61】
  • 1800m【2-1-0-4】
  • 2000m【3-0-0-7】
  • 2400m【0-0-0-2】

前走場所

  • 東京【1-1-3-11】
  • 中山【2-1-2-27】
  • 京都【1-2-2-8】
  • 阪神【2-4-0-25】
  • 中京【2-0-0-7】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-1-116.3%31.3%
2番人気3-2-3-1016.7%44.4%
3番人気2-0-2-522.2%44.4%
4番人気1-1-0-320.0%40.0%
5番人気1-1-0-514.3%28.6%
6-9番人気0-1-0-200.0%4.8%
10番人気-0-0-1-290.0%0.0%

クラス関係なく前走6番人気以下だった馬は割引き。前走6番人気以下で好走した2頭はいずれもコース重賞勝ちの実績がありました。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-2-1-169.5%23.8%
2着2-2-2-715.4%46.2%
3着1-1-0-320.0%40.0%
4着1-0-0-233.3%33.3%
5着1-1-1-316.7%50.0%
6-9着1-1-3-233.6%17.9%
10着-0-1-1-310.0%6.1%

前走クラス問わず5着以内が目安。また前走で0.6秒差以上敗れると複勝率は大きく落ちます。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【6-5-5-22】
  • 0.6秒差以上【0-1-2-47】

ケイデンスコール、サトノアーサー、シュリ、ダイワキャグニー、ベステンダンク、ホウオウアマゾン、レッドベルオーブ、ヴィクティファルスが前走で0.6秒差以上負けています。

マイラーズC データまとめ

買いデータ

当日4番人気以内のディープインパクト産駒
ダンジグ、ニジンスキー、リボー系持ち
当日2番人気以内+前走GⅡ以上
キャリア10戦以下の4歳馬

消しデータ

当日4番人気以下+3~5枠
当日6番人気以下の差し・追い込み馬
キャリア11戦以上の4歳馬
前走マイル重賞(3着狙い)
前走6番人気以下+0.6秒差以上負け

マイラーズC 予想

1週前の登録時点での予想です
◎カラテ
○エアロロノア
▲エアファンディタ
△ファルコニア
△レッドベルオーブ
△ダイワキャグニー

カラテは関東→関西への転厩初戦で初めての阪神コースと不安要素はありますが、前走GⅡの中山記念からのローテで当日人気が予想される点は近年の優勝馬のローテに最も近く、前週の阪神芝ではキングカメハメハ系の好走が目立っていたのでこのままの馬場状態なら。

同じく父キングカメハメハ系のエアロロノアは母父もコース成績の良いダンジグ系。ニジンスキーは6代目ですがヒズマジェスティも持つなど血統は○。斤量減組は京都開催時のデータからは勝ち切れませんが、昨年も0.2秒差の5着に入っており、昨年以上の内容は期待できます。

エアファンディタは毎回上がり最速で追い込んでくるタイプで前走も1.31.9の勝ちタイムは優秀。前走で福永騎手が騎乗した馬の成績が良いというオカルトデータもあり、大きな割引き要素はありません。

ファルコニアはディープ産駒なので予想オッズ通り5~7番人気+今の馬場状態だと相手までが無難です。レッドベルオーブも同じくディープ産駒なので相手までが妥当ですが、長期休養明けを一叩きされ変わり身に期待。

最後に前走はダートのフェブラリーSを使ったため前走データからは外れますが、昨年11番人気4着で京都金杯でも57.5kgで2着と能力はキープしているダイワキャグニー

テキストのコピーはできません。