マイラーズカップ2020予想|過去の傾向とデータ分析

マイラーズカップ【GⅡ】
2020/4/26(日) 京都競馬場・芝1600m(外)

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

安田記念の前哨戦としては本番に直結しづらいレースでしたが、昨年は4着のインディチャンプが安田記念を制覇。開幕週のため高速決着になりやすいのが特徴です。

それでは2020年マイラーズCのデータ分析を行なっていきます。

◎G1無料予想ならこのサイト!

春GⅠは8戦中6戦で無料買い目的中!
色々なサイトの無料予想をチェックしていますが、ここの無料予想が断トツです。

◆春G1実績(無料)


◎安田記念:6,720円(回収率140%)
◎日本ダービー:14,800円(回収率276%)
◎ヴィクトリアマイル:11,840円(回収率228%)
◎天皇賞・春:67,500円(回収率1350%)
◎皐月賞:36,600円(回収率653%)
◎桜花賞:50,360円(回収率899%)

春G1は投資計41,200円→187,820円の払戻し!
この精度・回収率の無料予想は他にはありません。


◆マイルCSで3連複的中!


◆菊花賞、天皇賞・秋で3連複的中!


◎菊花賞:22,860円(回収率423%)
◎天皇賞・秋:5,760円(回収率107%)
◎マイルCS:9,660円(回収率178%)

いずれも軸は1番人気ですが3着馬までキッチリ予想。
手堅く回収しつつも高配当を狙えるのがこのサイトの魅力です。
一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです!

◆ワイド実績(無料)


的確でありながら高配当を見込めます。
今週はジャパンC+京都2歳S無料予想を公開!
推奨は1点4~500円ですが100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

この秋確実に稼ぎたいならこのサイトが1番です。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

マイラーズC 登録馬

昨年の春秋マイル王インディチャンプが断然の1番人気予想。昨年は超スローで4着に敗れましたが、ある程度の流れになれば。

2番手には阪神C・阪急杯で2着に入り高速決着に強いフィアーノロマーノ。3番手には東京新聞杯では敗れましたがこのレースで強いディープ産駒のヴァンドギャルドが推されています。

以下レッドヴェイロン、ヴァルディゼールと続きますが、重賞勝ちのある馬も少なくインディチャンプに人気が集中しそうです。

マイラーズC コース分析

京都芝1600m(外)の特徴

京都芝1600m(外回り)は、下級条件で使用される内回りに対して上級条件や重賞で使用されます。前半からペースは速めになり、中盤で緩むことも少ないのが特徴で淡々とした流れになります。

下り坂でスピードに乗ることや直線が404mと長めなので差し馬でも届きますが、コーナーで外を回ると距離ロスが大きいためある程度内を回るイン差しが有効です。

マイラーズC 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-4-4-53】
  • キングマンボ系【1-1-2-11】
  • リファール系【1-1-0-2】

ディープインパクト産駒は(3-3-3-17)と安定しており人気馬優勢。キングカメハメハ産駒もエアスピネルやクルーガーなど好相性。

マイラーズC 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-3-17】
  • デピュティミニスター系【1-1-0-7】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-2】
  • リファール系【1-0-1-5】
  • カーリアン系【0-2-1-5】

母父サンデーサイレンスは(2-1-3-8)で昨年のパクスアメリカーナ、2017年のヤングマンパワーなど人気以上の好走が目立ちます。6番人気以下だとリファール系やナスルーラ系が狙い目。

大系統ではミスプロ系が(0-0-0-17)と振るわず、昨年のインディチャンプなど人気馬も敗れています。

コースデータ

重賞ナビ

京都競馬場・芝1600m(外回り)の予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データ…

マイラーズC 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 1-2-2-3 12.5% 62.5%
2番人気 1-1-1-5 12.5% 37.5%
3番人気 3-0-1-4 37.5% 50.0%
4-6番人気 2-4-1-17 8.3% 29.2%
7-9番人気 1-1-2-20 4.2% 16.7%
10-番人気 0-0-1-47 0.0% 2.1%

1番人気馬が好走しながらも勝ち切れないのが京都の古馬マイル重賞。

5番人気以内は(7-6-5-22)と安定していますが、1番人気で優勝したのは昨年単勝1.3倍だったダノンプレミアムのみ。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-1-0-11 0.0% 8.3%
2枠 2-2-1-8 15.4% 38.5%
3枠 0-1-3-10 0.0% 28.3%
4枠 1-1-1-11 7.1% 21.4%
5枠 0-0-0-14 0.0% 0.0%
6枠 1-1-3-10 6.7% 33.3%
7枠 1-2-0-16 5.3% 15.8%
8枠 3-0-0-16 15.8% 15.8%

人気と比較して好走しやすいのは内の2~3枠で、コースデータからも真ん中より内がやや有利。

馬番データ

  • 偶数枠【3-4-7-45】
  • 奇数枠【5-4-1-51】

4番が(1-2-2-3)と成績が良く、11番人気3着のクラレントなど穴馬も好走しています。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-2-0-5 12.5% 37.5%
先行 4-1-4-18 14.8% 33.3%
差し 2-5-4-37 4.2% 22.9%
追込 1-0-0-36 2.7% 2.7%

開幕週で前が止まりにくく直線一気では届きません。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-6-1-26】
  • 4~5位【1-1-1-18】
  • 6位以下【3-1-5-48】

前走上がり3位以内は安定していますが、上がり2位だと(0-1-0-13)と不振。インディチャンプヴァルディゼールは前走上がり2位です。

また前走上がり6位以下+前走2着以内は(3-1-3-2)、3着以下は(0-0-2-46)フィアーノロマーノが前走上がり6位で2着でした。

マイラーズC 傾向データ②

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 3-4-1-28 8.3% 22.2%
5歳 3-1-5-19 10.7% 32.1%
6歳 1-1-1-24 3.7% 11.1%
7歳- 1-2-1-25 3.4% 13.8%

4~5歳馬の成績が良く、近年4歳馬はキャリア10戦以下の好走が目立ちます。

また7歳馬で馬券に絡んだのはダノンシャーク、クラレント、シルポート、グァンチャーレの4頭。いずれも京都マイル重賞勝ちの実績がありました。

ブラックムーンが京都金杯勝ちの実績があります。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 1-0-1-17 5.3% 10.5%
栗東 7-8-7-78 7.0% 22.0%
地方 0-0-0-1 0.0% 0.0%

関東馬で優勝したのは2017年のイスラボニータで前年のマイルCS2着馬でした。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-3-0-31】
  • 乗り替わり【4-5-8-65】

5番人気以内だと継続騎乗が(3-3-0-12)、乗り替わりが(4-3-5-10)と乗り替わりの方が成績・回収値共に高め。

生産者データ

  • ノーザンF【3-0-1-23】
  • 社台F【0-2-3-9】
  • 下河辺牧場【0-3-1-2】

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 0-1-0-0 0.0% 100.0%
440-459 0-1-1-9 0.0% 18.2%
460-479 1-1-3-24 3.4% 17.2%
480-499 3-3-0-22 10.7% 21.4%
500-519 3-1-4-33 7.3% 19.5%
520- 1-1-0-8 10.0% 20.0%

馬格がある馬が強く、6番人気以下+480kg未満は(0-1-0-27)。2着に入ったのは後にマイルCSを勝つダノンシャーク。

前走との馬体重差

  • +体重【3-1-3-35】
  • 増減無【3-2-1-23】
  • -体重【2-5-4-37】

前走との斤量差

  • +斤量【3-0-1-19】
  • 増減無【4-6-2-43】
  • -斤量【1-2-5-34】

また57kgを背負った馬が(4-1-0-4)と勝率が高い反面、58kgは(0-0-0-6)。今年はインディチャンプのみ58kgで他馬は全て56kg。

マイラーズC 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-0-1-10 0.0% 9.1%
GⅡ 4-1-0-13 22.2% 27.8%
GⅢ 1-4-6-40 2.0% 21.6%
オープン 2-3-0-25 6.7% 16.7%
3勝 0-0-0-4 0.0% 0.0%
海外 1-0-1-2 25.0% 50.0%

前走クラスは幅広いものの、前走マイル重賞組は(0-2-7-39)と1着が無く2着も東京新聞杯組のみ。距離変更で臨む馬の勝率が高いのが特徴です。

主な前走

  • 阪神C【2-0-0-2】
  • 香港マイル【1-0-1-2】
  • 中山記念【1-0-0-4】
  • 東京新聞杯【0-2-3-8】
  • 阪急杯【0-2-0-2】

前走距離

  • 1200m【0-0-0-6】
  • 1400m【2-3-0-7】
  • 1600m【2-5-8-64】
  • 1800m【1-0-0-8】
  • 2000m【3-0-0-8】

前走場所

  • 東京【1-2-3-12】
  • 中山【1-0-1-31】
  • 京都【1-2-3-13】
  • 阪神【2-4-0-25】
  • 中京【2-0-0-8】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 1-4-2-10 5.9% 41.2%
2番人気 3-2-2-15 13.6% 31.8%
3番人気 2-0-1-4 28.6% 42.9%
4番人気 0-1-1-4 0.0% 33.3%
5番人気 0-0-0-6 0.0% 0.0%
6-9番人気 1-1-0-24 3.8% 7.7%
10-番人気 0-0-1-30 0.0% 3.2%

クラス関係なく前走4番人気以内が目安。前走6番人気以下で3着以内に入った3頭はダノンシャーク、クラレント、シルポートの3頭。年齢別データでも触れましたが全て7歳以上で、京都マイル重賞勝ちの実績がありました。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 2-2-2-17 8.7% 26.1%
2着 2-3-3-6 14.3% 57.1%
3着 1-1-0-7 11.1% 22.2%
4着 0-0-0-5 0.0% 0.0%
5着 1-1-0-3 20.0% 40.0%
6-9着 1-1-2-23 3.7% 14.8%
10-着 1-0-1-34 2.8% 5.6%

前走掲示板が目安で6着以下からの巻き返しは重賞組です。また前走重賞で2着だった馬の複勝率が高いのが特徴。

前走マイル重賞

  • 5着以内【0-2-2-13】
  • 6着以下【0-0-2-19】

前走マイル重賞組は5着以内、または0.5秒差以内くらいが目安。

マイラーズC データまとめ

  • 人気のディープ産駒は安定
  • 母父ミスプロ系は不振
  • 5番人気以内は安定も、1番人気の勝率は低い
  • 2~3枠は人気以上の好走が多い
  • 4番枠の複勝率が高い
  • 前走上がり6位以下+前走2着以内○
  • 4~5歳が中心、7歳以上は京都マイル重賞勝ち馬なら
  • 関西馬優勢
  • 6番人気以下+480kg未満は割引き
  • 57kgを背負った馬の勝率が高い
  • 前走マイル重賞組は2~3着まで
  • 前走4番人気以内・5着以内が目安
◎検証済!無料予想の威力抜群

11/15無料予想で12万馬券炸裂
6頭立てBOX買いが熱い!!
先月の府中牝馬Sに続き今月も無料予想で10万級の払い戻し!

◆11/15(日)阪神8R
馬連3-5(2、7番人気)的中!
1000円×84.6倍=84,600円獲得
三連複1-3-5(1、2、7番人気)的中!
1000円×39.3倍=39,300円獲得
↓馬連・三連複W的中で計12万3900円獲得


◆10/17(土)府中牝馬S
馬連4-6(6、7番人気)的中!
1000円×93.5倍=93,500円獲得
◆10/25(日)京都2R
馬連4-3-2(5-1-3番人気)的中!
馬連15.7倍/三連複22.3倍=38,000円獲得


◆8~10月の実績(無料情報)
無料情報で142万8960円の払い戻し!

全て検証済、無料情報の買い目のみでこの回収です。
人気薄馬入れ込み秀逸なので馬連だけでも充分高配当を見込めます。悪天候,重馬場など波乱のレース展開は特にここを見ておいた方が良いです。

色々見た中でも無料予想の精度は抜群!
無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!

マイラーズC 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎フィアーノロマーノ
○インディチャンプ
▲レッドヴェイロン
△ヴァルディゼール
△ヴァンドギャルド

フィアーノロマーノは前走阪急杯で上がり6位以下で2着、距離変更ローテになるのはデータ的に○。京都適性は未知ですが高速馬場には強く、インディチャンプと2kgの斤量差も好材料です。

インディチャンプは実績は断トツですが昨年も4着に敗れているレース。マイルCSを勝っていますがこの時期とは芝質も異なり、血統的にも母父ミスプロ系は強調できません。

レッドヴェイロンは兄弟の血統から東京新聞杯で1番人気に推されましたが惨敗。ただマイラーズCもクラレント、レッドアリオンが人気薄で好走しているレースです。人気が予想される馬ばかりになりますが、同コースで2戦2勝のヴァルディゼール、ディープ産駒ヴァンドギャルドが抑え。

テキストのコピーはできません。