中山牝馬ステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

中山牝馬ステークス【GⅢ】
2021/3/13(土)
中山競馬場・芝1800m

過去8年分の中山牝馬Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

中山牝馬S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 リアアメリア
2番人気 ドナアトラエンテ
3番人気 フェアリーポルカ
4番人気 クラヴァシュドール
5番人気 ランブリングアレー

参考:netkeiba.com

予想オッズでは昨年のローズS優勝などクラシックで好走したリアアメリアが1番人気。ジェンティルドンナの全妹で3勝クラスを勝ち上がったドナアトラエンテ、昨年の優勝馬フェアリーポルカが2~3番手。

4番手以下は阪神JF3着の実績を持つクラヴァシュドール、愛知杯で2着に入ったランブリングアレー、東京新聞杯3着のシャドウディーヴァなどが続きます。

中山牝馬S コース&血統分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬や内枠の先行馬が有利なコースです。

最後の直線は310mで残り200mからは急坂が待ち構えています。パワーや小回り適性が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

中山牝馬S 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-4-4-62】
  • キングマンボ系【2-2-0-8】
  • サドラーズウェルズ系【1-1-0-8】
  • グレイソヴリン系【1-0-0-1】
  • ミスタープロスペクター系【0-1-1-2】

特別レース相性の良い種牡馬はいませんが、ルーラーシップ産駒が2年連続で馬券に絡んでいる他、ディープインパクト産駒は6番人気1着のカワキタエンカ、11番人気3着のアッフィラートと人気薄が好走しています。

中山牝馬S 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-2-3-20】
  • デピュティミニスター系【1-3-0-9】
  • ヘロド系【1-1-0-0】
  • ロベルト系【0-1-2-6】
  • グレイソヴリン系【0-1-1-7】

母父サンデーサイレンスが(3-1-3-15)と好成績で、デピュティミニスター系以外の母父ノーザンダンサー系は(0-0-0-22)と不振。

中山牝馬S 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-1-120.0%7.7%
2枠3-0-0-1121.4%21.4%
3枠1-0-2-136.3%18.8%
4枠0-2-0-140.0%12.5%
5枠1-1-1-136.3%18.8%
6枠1-1-1-136.3%18.8%
7枠0-3-0-120.0%20.0%
8枠2-2-2-1012.5%37.5%

人気サイドなら枠順不問、人気薄になると連を狙えるのは外枠で内枠の人気薄は3着までが多いのが特徴です。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-4-4-48】
  • 奇数馬番【4-5-3-50】

馬番では15番(0-2-1-3)、16番(1-0-1-3)、6番(1-1-1-5)あたりの複勝率が高めです。

6番人気以下

  • 1~5枠【0-0-3-47】
  • 6~8枠【2-2-1-27】

6番人気以下は連狙いなら6枠以降、3着狙いなら1~3枠が狙い目です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-712.5%12.5%
先行1-4-1-213.7%22.2%
差し6-5-3-3412.2%28.6%
追込0-0-3-340.0%8.1%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

直線が310mと短いため4角10番手以下だと届きませんが、差し馬の複勝率がトップ。

前走4角位置

  • 5番手以内【6-6-4-45】
  • 6番手以下【2-3-3-52】

前走4角5番手以内+当日5番人気以内だと(5-4-2-10)複勝率52.4%。有力馬ではリアアメリア、ドナアトラエンテ、フェアリーポルカあたりが該当しそうです。

前走上がり3F

  • 1位【0-0-1-9】
  • 2位【1-2-2-2】
  • 3~5位【0-2-1-18】
  • 6位以下【6-4-3-63】

前走上がり2位馬の成績が非常に良く、昨年優勝のフェアリーポルカ、2019年11番人気3着のアッフィラートなど人気問わず好走しています。今年はランブリングアレーが該当。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-1-140.0%6.7%
440-4591-1-1-204.3%13.0%
460-4793-4-4-356.5%23.9%
480-4992-3-1-207.7%23.1%
500-5191-0-0-910.0%10.0%
520-1-1-0-050.0%100.0%

近年は460kg以上の馬が優勢で460kg未満で好走した4頭中2頭は当日1番人気。当日4番人気以下は460~479kgの好走が多いのが特徴です。

前走との馬体重差

  • +体重【4-3-4-32】
  • 増減無【2-3-0-12】
  • -体重【2-3-3-54】

前走の馬体重

  • +体重【6-6-7-50】
  • 増減無【0-3-0-17】
  • -体重【2-0-0-31】

前走時にマイナス体重だった馬は成績が悪く、優勝したのは2019年のフロンテアクイーンと2013年のマイネイサベル。どちらも関東馬で牝馬重賞での連対実績がありました。

関西馬は前走時+2kg以上で(4-2-5-27)、±0kg以下で(0-1-0-28)アブレイズ、クラヴァシュドール、デンコウアンジュ、フェアリーポルカ、リアアメリア、リュヌルージュが前走時±0kg以下の関西馬。

中山牝馬S 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-2-312.5%62.5%
2番人気0-2-0-60.0%25.0%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4-6番人気5-2-1-1620.8%33.3%
7-9番人気0-0-2-220.0%8.3%
10番人気-0-2-2-460.0%8.0%

人気が割れることが多いレースですが、単勝オッズ15倍以内で(8-7-4-31)と連対馬はこの範囲から。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-6-2-437.3%21.8%
栗東4-3-5-556.0%17.9%

当日5番人気以内だと関東馬優勢です。当日8番人気以下の関東馬は(0-1-0-28)と大穴狙いなら関西馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-2-1-298.6%17.1%
5歳4-4-3-309.8%26.8%
6歳1-3-1-302.9%14.3%
7歳-0-0-2-90.0%18.2%

5歳馬の成績が良く、昨年14番人気2着のリュヌルージュや2018年9番人気3着のレイホーロマンスなど穴馬の好走も目立ちます。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-6-3-34】
  • 乗り替わり【5-3-4-64】

生産者データ

  • ノーザンF【3-3-1-19】
  • 社台F【0-1-0-22】

ノーザンF生産馬は安定していますが、社台F生産馬は極端に不振。2018年1番人気のマキシマムドパリ、2017年2番人気のパールコードなど人気馬も飛んでいます。今年はサトノダムゼル、ランブリングアレーが社台F生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-51.00-1-1-130.0%13.3%
52.01-1-2-135.9%23.5%
53.03-2-2-327.7%17.9%
54.03-3-0-1713.3%26.1%
55.0-55.50-0-1-160.0%6.3%
56.0-56.51-2-1-610.0%40.0%
57.00-0-0-10.0%0.0%

56kg以上で連対した3頭は全て関東馬で、関西馬+55kg以上は(0-0-2-16)。

前走との斤量差

  • +斤量【1-4-2-26】
  • 増減無【4-4-2-28】
  • -斤量【3-1-3-44】

前走と同斤量+当日6番人気以内は(4-3-1-10)、優勝した4頭はいずれも前走で6~9着に敗れていました。

また4歳馬+斤量増は(0-1-0-11)で人気を背負って飛びやすく、唯一2着に入ったのは2016年1番人気のルージュバック。

中山牝馬S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-0-146.3%12.5%
GⅡ1-0-1-416.7%33.3%
GⅢ4-5-5-536.0%20.9%
リステッド0-0-0-20.0%0.0%
オープン2-1-0-1312.5%18.8%
3勝0-1-1-80.0%20.0%
2勝0-1-0-20.0%33.3%

出走数が多いのは愛知杯やターコイズSなどのGⅢ組ですが、ハンデ戦だけあって条件戦組からの好走もあり前走クラスは不問。

また前走からの間隔が中3週以内だと(1-0-0-27)。優勝したのは2018年のカワキタエンカで中3週、前走が2/10の洛陽S→中山牝馬Sが3/10。前走から1カ月以上間隔が空いている馬が中心です。

主な前走

  • 愛知杯【3-2-3-27】
  • ターコイズS【1-1-1-6】
  • 日経新春杯【1-0-1-0】
  • エリザベス女王杯【1-0-0-9】
  • 洛陽S【1-0-0-2】

前走距離

  • ~1400m【0-0-0-7】
  • 1600m【2-4-2-27】
  • 1800m【0-0-1-13】
  • 2000m【4-4-3-35】
  • 2200m【1-0-0-12】
  • 2400m~【1-1-1-2】

前走場所

  • 東京【0-2-0-13】
  • 中山【1-4-2-18】
  • 京都【4-1-2-28】
  • 中京【2-2-3-24】
  • 小倉【1-0-0-11】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-0-428.6%42.9%
2番人気1-0-1-612.5%25.0%
3番人気0-2-0-50.0%28.6%
4番人気2-0-0-918.2%18.2%
5番人気0-1-1-40.0%33.3%
6-9番人気2-1-3-285.9%17.6%
10番人気-1-4-2-412.1%14.6%

前走6番人気以下で好走しているのは重賞組が多く、特に愛知杯組は前走6番人気以下だった馬の好走が目立ちます。前走オープン特別以下だった馬は前走5番人気以内が目安。

前走オープン特別以下

  • 5番人気以内【2-2-1-9】
  • 6番人気以下【0-1-0-17】

アルーシャ、インターミッション、クラヴァシュドール、ドナアトラエンテが前走オープン特別以下で5番人気以内。

前走1600m以下

  • 4番人気以内【2-2-1-9】
  • 5番人気以下【0-2-1-25】

前走1600m以下で4番人気以内はアルーシャ、インターミッション、クラヴァシュドール、シャドウディーヴァ、リリーバレロの5頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着0-3-0-120.0%20.0%
2着0-2-3-60.0%45.5%
3着1-0-2-98.3%25.0%
4着2-1-0-525.0%37.5%
5着0-1-0-50.0%16.7%
6-9着4-1-0-2214.8%18.5%
10着-1-1-2-392.3%9.3%

前走1着だった馬は3勝クラス組が多く、重賞組は前走2~4着だと(3-3-4-15)とまずまずの成績。また5歳馬は前走3着以内で(1-4-2-5)と複勝率が高めです。

シーズンズギフト、シャドウディーヴァ、ランブリングアレーが重賞で2~4着。またシャドウディーヴァ、ドナアトラエンテ、ランブリングアレーが前走3着以内の5歳馬です。

前走牝馬限定戦

  • 9着以内【5-5-4-38】
  • 10着以下【0-0-1-27】

前走が牝馬限定戦だった馬は9着以内かつ前走で0.9秒差以内が目安になります。リリーバレロが前走10着以下。

前走1600m以下

  • 4着以内【1-3-2-12】
  • 5着以下【1-1-0-22】

中山牝馬S データまとめ

買いデータ

母父サンデーサイレンス
当日5番人気以内+前走4角5番手以内
前走上がり2位だった馬
単勝オッズ15倍以内
前走重賞で4着以内
前走3着以内の5歳馬

消しデータ

デピュティミニスター系以外の母父ノーザンダンサー系
前走時±0kg以下の関西馬
当日8番人気以下の関東馬
社台F生産馬
前走からの間隔が中3週以下
前走牝馬限定戦で10着以下または1秒差以上負け

中山牝馬S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ランブリングアレー
○ドナアトラエンテ
▲シーズンズギフト
△ホウオウピースフル
△サトノダムゼル
△リアアメリア

ランブリングアレーはレース相性が悪い社台F生産馬ですが、フラワーC3着の実績を持ちます。前走愛知杯で上がり2位の2着とローテは問題なし。他にも関西馬で前走時プラス体重、前走3着以内の5歳馬など好走データには一通り当てはまります。

ドナアトラエンテはノーザンF生産馬でこちらも前走3着以内の5歳馬に該当。1800m組はあまり馬券に絡んでいないレースですが、この馬はデビュー以来1800mしか使われていないという珍しい馬です。

シーズンズギフトは中山では重賞を4回走り全て4着以内。こちらもノーザンF生産馬で馬格もあるのは好材料。前走時マイナス体重がやや割引きですが、関東馬で重賞実績がある点では拾えます。

ホウオウピースフル、サトノダムゼルは牡馬相手のディセンバーSで好走。内容・着順ではサトノダムゼルですがこのレースが社台F生産馬がとにかく不振なのでホウオウピースフルを上に。リアアメリアは好走パターンが道中ペースが緩むことなので、枠順確定後の出走馬や並びで判断すべきかと思います。

テキストのコピーはできません。