中山金杯予想|過去の傾向とデータ分析

G3
無断転載禁止
中山金杯【GⅢ】
2022/1/5(水)
中山競馬場・芝2000m

過去8年分の中山金杯のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

中山金杯 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ステラヴェローチェ
2番人気 ヒートオンビート
3番人気 トーセンスーリヤ
4番人気 ヴィクティファルス
5番人気 ヒンドゥタイムズ

参考:netkeiba.com

ハンデ確認の登録の可能性が高そうですが、予想オッズでは有馬記念4着のステラヴェローチェが1番人気。チャレンジCで2着に入ったヒートオンビート、昨年の函館記念を制したトーセンスーリヤが2~3番人気に推されています。

4番手以下は前走菊花賞10着だったヴィクティファルス、右回りの2000mでは安定しているヒンドゥタイムズ、2年連続好走しているウインイクシードなどが続きます。

中山金杯 コース&血統分析

中山芝2000mの特徴

中山芝2000mは内回りコースを使用し、直線入り口あたりからのスタート。コーナーまでの距離が十分にあることから1800mよりも位置争いが激しくなりますが、道中のペースは落ち着く傾向にあります。

最後の直線は310mと短く、残り180mから70mにかけては中山名物の急坂が待ち構えています。急坂を上るパワーや小回り適性・持続力が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

重賞ナビ

中山競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

中山金杯 父系統別データ

  • ステイゴールド系【3-2-0-12】
  • キングカメハメハ系【2-0-1-7】
  • ディープインパクト系【1-0-1-13】
  • ハーツクライ系【1-0-0-3】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-3-4】

ディープインパクト産駒は(0-0-1-11)と苦手なレース。ステイゴールドやハーツクライ、キングカメハメハ産駒が好調です。また父サンデー系は5番人気以内で(5-2-1-16)、6番人気以下で(0-2-1-41)と人気馬優勢。

人気薄で注意したいのがサドラーズウェルズ系など欧州型ノーザンダンサー系の産駒。2020年11番人気3着のテリトーリアルや2019年9番人気3着のタニノフランケルなど人気関係なく狙えます。今年はトーセンスーリヤ、ヒンドゥタイムズが父欧州型ノーザンダンサー系。

中山金杯 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-4-3-17】
  • ロベルト系【2-1-1-10】
  • ストームキャット系【2-0-0-0】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-6】
  • ボールドルーラー系【0-1-1-3】

母父ノーザンダンサー系は(2-0-0-31)で馬券に絡んだのは昨年のヒシイグアス、2017年のツクバアズマオーの2頭でどちらも当日1番人気かつ母父ストームキャット系。

アドマイヤアルバ、オウケンムーン、スカーフェイス、ロザムール、ヴィクティファルスが母父ノーザンダンサー系。

中山金杯 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-3-97.1%35.7%
2枠1-4-0-97.1%35.7%
3枠2-0-1-1213.3%20.0%
4枠2-1-1-1212.5%25.0%
5枠1-1-0-146.3%12.5%
6枠1-0-2-126.7%20.0%
7枠0-0-0-160.0%0.0%
8枠0-1-1-180.0%10.0%

Cコース替わりで外の7~8枠の成績が振るわず、馬番12番以降は(0-1-1-37)。好走した2頭はステイゴールド産駒のステイフーリッシュ、前年2着のウインイクシード。人気馬なら1~6枠に入ればそれほど差はありません。

馬番データ

  • 偶数馬番【2-4-3-52】
  • 奇数馬番【6-4-5-50】

当日6番人気以下

  • 1~4枠【0-3-2-30】
  • 5~8枠【0-1-2-48】

当日6番人気以下+5~8枠で好走したのは上に挙げたステイフーリッシュ、ウインイクシードに加え父がサドラーズウェルズ系のストレンジクォーク。血統またはリピーター要素が無ければ外枠の穴馬は狙いづらいです。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-1-60.0%25.0%
先行4-4-1-1814.8%33.3%
差し4-2-6-437.3%21.8%
追込0-0-0-330.0%0.0%
マクリ0-1-0-20.0%33.3%

前半はややゆったり入り、後半1000~800mでペースが上がり11秒台のラップを刻むような流れが目立ちます。そのため外々を回ると物理的に厳しくなり、内でポジションを取れる馬が有利。

昨年のウインイクシードは1コーナーで2番手を確保。2019年のステイフーリッシュは向こう正面でマクりコーナーでは内から3列目に入れるなどポジション取りには工夫が見られました。

前走4角位置(前走右回り)

  • 6番手以内【3-6-7-32】
  • 7番手以下【1-1-1-35】

近年前走右回りで4角7番手以下から馬券に絡んだ3頭中2頭は当日1番人気馬。アールスター、アドマイヤアルバ、サトノクロニクル、ジェットモーション、スカーフェイス、ステラヴェローチェ、タガノディアマンテ、ブレステイキング、ヴィクティファルスが前走右回りで4角7番手以下。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-2-2-21】
  • 4~5位【1-3-4-9】
  • 6位以下【4-3-2-72】

前走上がり6位以下+前走10着以下は(0-0-1-35)。唯一3着に入ったのは2019年のテリトーリアルで父サドラーズウェルズ系。アトミックフォース、オウケンムーン、サトノクロニクル、シャムロックヒル、トーセンスーリヤ、ブレステイキング、ロザムール、ヴィクティファルスが該当します。

前走1角4番手以内

  • 3着以内【3-3-3-7】
  • 4着以下【1-0-1-25】

また前走で1角4番手以内+3着以内だった馬の成績が良く、昨年1~2着のヒシイグアス、ココロノトウダイや14番人気4着のロザムールもこれに該当していましたが、そもそも今年は前走3着以内がヒートオンビート、レッドガランの2頭しかおらず今年は該当馬無し。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-1-0-99.1%18.2%
460-4790-0-1-210.0%4.5%
480-4995-4-5-379.8%27.5%
500-5190-2-1-180.0%14.3%
520-2-1-1-1610.0%20.0%

480kg未満で好走した3頭中2頭はステイゴールド産駒。近年は馬格に欠ける馬は割引きです。

前走との馬体重差

  • +体重【5-6-4-58】
  • 増減無【1-0-2-17】
  • -体重【2-2-2-27】

前走時の馬体重差

  • +体重【7-2-4-56】
  • 増減無【0-2-0-16】
  • -体重【1-4-4-30】

当日5番人気以内+前走時プラス体重が(7-1-0-12)と高勝率。予想オッズ上位ではステラヴェローチェ、ヒンドゥタイムズが前走時プラス体重。

中山金杯 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-2-237.5%75.0%
2番人気1-1-0-612.5%25.0%
3番人気2-0-0-625.0%25.0%
4-6番人気2-4-2-168.3%33.3%
7-9番人気0-2-1-210.0%12.5%
10番人気-0-0-3-510.0%5.6%

ハンデ戦ですが過去8年の優勝馬はいずれも当日5番人気以内。人気薄は単勝オッズ10倍台なら2着まで、20倍以上なら3着までとオッズである程度目安がつけられます。

単勝オッズ

  • 9.9倍以内【8-3-4-22】
  • 10.0~19.9倍【0-5-1-13】
  • 20.0倍~【0-0-3-67】

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-6-4-585.6%19.4%
栗東4-2-4-447.4%18.5%

関東馬は6番人気以内で(4-6-2-13)、7番人気以下で(0-0-2-45)と人気馬優勢。また関西馬は関西騎手か海外騎手だと(4-2-3-17)、関東騎手だと(0-0-1-27)と騎手が重要。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-3-1-169.1%27.3%
5歳3-3-1-1613.0%30.4%
6歳3-2-3-268.8%23.5%
7歳-0-0-3-440.0%6.4%

7歳以上は3着までですが4~6歳はほぼ横並びの成績。

ただし4歳馬は前走クラス関係なく3着以内が(2-3-1-2)、4着以下が(0-0-0-14)。昨年のディープボンドなど前走4着以下の4歳馬は人気を背負って飛ぶことが多いので軸には向きません。今年の4歳馬はいずれも前走4着以下。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-6-5-40】
  • 乗り替わり【4-2-3-62】

5歳馬のみ継続騎乗が(2-2-1-4)、乗り替わりが(1-1-0-12)と継続騎乗の成績が非常に良く、4歳や6歳以上はどちらでも成績は変わりません。

また乗り替わり+5~8枠は(0-0-2-36)と連対がありません。

生産者データ

  • ノーザンF【3-2-3-23】
  • コスモヴューF【1-2-1-0】
  • 社台F【1-2-0-12】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-0-0-70.0%0.0%
53.00-1-1-80.0%20.0%
54.01-1-1-184.8%14.3%
55.01-1-2-194.3%17.4%
56.0-56.52-2-3-335.0%17.5%
57.0-57.52-2-1-1510.0%25.0%
58.0-2-1-0-150.0%75.0%

ハンデを背負った馬の成績が良く、当日5番人気以内+56.5kg以上は(5-2-2-5)と堅実。また前走から斤量増になる馬の成績が抜群です。

前走との斤量差

  • +斤量【7-4-2-10】
  • 増減無【0-2-3-44】
  • -斤量【1-2-3-48】

今回斤量増になる馬は前走がGⅡ以上だと(4-2-0-1)、GⅢ以下だと(3-2-2-9)。

中山金杯 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-0-155.9%11.8%
GⅡ3-1-0-1120.0%26.7%
GⅢ2-3-4-394.2%18.8%
リステッド0-1-1-50.0%28.6%
オープン1-1-1-233.8%11.5%
3勝1-1-2-97.7%30.8%

昨年は前走3勝クラスのヒシイグアス、ココロノトウダイが1~2着。2017年はオープン特別組が1~3着を占めるなど近年は前走がオープン特別以下だった馬の好走が増えてきています。

また距離短縮組は苦戦しており、特に菊花賞を使ってきた馬は人気になりやすいものの過去8年では馬券に絡んでいません。

主な前走

  • 金鯱賞【2-1-0-4】
  • ディセンバーS【1-2-2-18】
  • チャレンジC【1-1-1-8】
  • 福島記念【1-1-1-12】
  • マイルCS【1-1-0-0】

前走距離

  • 1600m【1-1-0-6】
  • 1800m【0-2-3-27】
  • 2000m【6-5-5-51】
  • 2200m【0-0-0-2】
  • 2400m【0-0-0-3】
  • 2500m【1-0-0-2】
  • 3000m~【0-0-0-10】

前走場所

  • 東京【2-0-0-20】
  • 中山【1-2-2-27】
  • 京都【1-1-2-10】
  • 阪神【1-2-3-15】
  • 中京【2-1-0-15】
  • 福島【1-2-1-13】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-3-87.7.%38.5%
2番人気2-2-0-620.0%40.0%
3番人気1-0-1-416.7%33.3%
4番人気0-1-0-70.0%12.5%
5番人気1-2-0-89.1%27.3%
6-9番人気2-1-3-325.3%15.8%
10番人気-1-1-1-372.5%7.5%

4歳馬や前走オープン特別以下だった馬は前走5番人気以内が好成績。また前走6番人気以下だった馬は前走掲示板くらいが目安になります。

4歳馬

  • 5番人気以内【2-3-1-4】
  • 6番人気以下【0-0-0-12】

ステラヴェローチェが前走5番人気以内。

前走オープン特別

  • 5番人気以内【2-3-2-15】
  • 6番人気以下【0-0-2-22】

ウインイクシード、レッドガランが前走オープン特別以下で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-3-1215.0%40.0%
2着1-1-1-710.0%30.0%
3着1-1-1-512.5%37.5%
4着1-1-1-414.3%42.9%
5着0-2-1-50.0%37.5%
6-9着1-1-0-303.1%6.3%
10着-1-0-1-392.4%4.9%

クラス関係なく前走5着以内の成績が良く、前走6着以下で好走したのはロゴタイプやウインブライトと血統や同コースの重賞実績持ちなど強調要素が多かった馬。

4歳馬

  • 3着以内【2-3-1-2】
  • 4着以下【0-0-0-14】

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【3-5-4-28】
  • 0.6秒差以上【2-1-1-62】

中山金杯 データまとめ

買いデータ

ステイゴールド産駒、欧州型ノーザンダンサー系(3着狙い)
前走1角4番手以内+3着以内
当日5番人気以内+前走時プラス体重
前走5番人気+3着以内の4歳馬
今回斤量増になる馬

消しデータ

ディープインパクト産駒、母父ノーザンダンサー系
馬番12番以降
前走右回りで4角7番手以下
馬体重480kg未満
当日7番人気以下の関東馬、関東騎手騎乗の関西馬
乗り替わり+5~8枠

中山金杯 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ヒートオンビート
○トーセンスーリヤ
▲ウインイクシード
△ヒンドゥタイムズ
△ロザムール
△シャムロックヒル

今年は前走好走馬が少なくデータがあまり役に立ちませんが、ヒートオンビートは年明け成績の良いキングカメハメハ産駒で前走は2000mのチャレンジCで4角6番手から2着と悪くない内容。初の中山に乗り替わりなので5枠以降なら割引きですが、ポジション意識の高い横山武騎手なので内寄りの枠に入れば。

トーセンスーリヤは昨年中距離のGⅡ~GⅢでは4戦全て掲示板と安定しています。先行脚質に横山和騎手の継続騎乗想定、490kg弱の馬体とレース傾向には合っています。7歳馬に父サドラーズウェルズ系とデータ的には3着狙いですが、今年のメンバーなら頭も十分狙えそうです。

ウインイクシードは8歳になりますが2年連続で好走するなど中山巧者。前走カシオペアSも4角2番手から0.2秒差の6着に入るなど大きな衰えは見られず、トーセンスーリヤと同じく先行できる点や馬格がある点など年齢以外は大きく割り引く要素はありません。

ヒンドゥタイムズは6歳ですがキャリア15戦と馬は若く、右回りの2000mでは(3-2-3-1)で唯一馬券に絡めなかった七夕賞でも4着と堅実。ここ2走は1角10番手以下なのが気になりますが父ハービンジャーという血統からも3着で抑えておきたいです。

他ではやはり前で競馬が出来ることと馬格を重視し昨年4着で中山牝馬Sや七夕賞でも2着に入っているロザムール、コース成績が良いキズナ産駒の牝馬シャムロックヒル。この2頭は良馬場より稍重以上の方が狙えます。

テキストのコピーはできません。