中山記念予想|過去の傾向とデータ分析

G2
無断転載禁止
中山記念【GⅡ】
2023/2/26(日)
中山競馬場・芝1800m

過去8年分の中山記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

中山記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ソーヴァリアント
2番人気 ダノンザキッド
3番人気 スタニングローズ
4番人気 ヒシイグアス
5番人気 シュネルマイスター

参考:netkeiba.com

予想オッズではチャレンジCを連覇したソーヴァリアントがGⅠ実績馬を抑えて1番人気。2番人気はマイルCS・香港Cと2着に入ったダノンザキッド、3番人気は昨年の秋華賞馬スタニングローズが推されています。

4番手以下は昨年の宝塚記念2着馬で2021年の中山記念優勝馬ヒシイグアス、昨秋はいい所が無かったもののNHKマイル優勝など実績上位のシュネルマイスター、

中山記念 コース&血統分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬が有利なコースです。

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

父系統別データ

  • キングカメハメハ系【2-3-2-6】
  • ステイゴールド系【2-2-0-9】
  • ハーツクライ系【2-0-0-5】
  • ディープインパクト系【1-1-2-11】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-2-3】

近年成績を伸ばしているのがロードカナロア産駒で昨年のパンサラッサ、アドマイヤハダルや一昨年のケイデンスコールなど人気サイドは安定しています。昨年は2着にトゥザグローリー産駒のカラテが入ったので1~3着が父キングカメハメハ系。

サンデー系ではステイゴールド系、ハーツクライ系の成績が良く、ディープインパクト系は人気を考慮するとあまり強調できません。

サドラーズウェルズ系など父ノーザンダンサー系は中穴での2~3着が多いのが特徴です。

母父系統別データ

  • ストームキャット系【2-0-1-6】
  • グレイソヴリン系【2-0-0-5】
  • サンデーサイレンス系【1-3-1-20】
  • フォーティナイナー系【0-2-0-1】
  • デピュティミニスター系【0-1-1-1】

ストームキャット系などの米国型ノーザンダンサー系はヒシイグアス、ダノンキングリーなど当日4番人気以内なら(3-1-2-1)と堅実です。ミスプロ系やサンデー系は2着までが多いのが特徴。

血統表で比較的目につくのはノーザンテーストやヌレイエフの血。このレースを連覇しているウインブライトや2年連続好走のラッキーライラックはノーザンテーストのクロス持ち、人気薄で好走したサクラアンプルールやロゴタイプはヌレイエフの血を持ちます。ちなみにキングカメハメハの孫世代までは父系5代目にヌレイエフ持ちになります。

中山記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-0-722.2%22.2%
2枠0-0-1-80.0%11.1%
3枠2-2-0-620.0%40.0%
4枠1-0-1-810.0%20.0%
5枠2-1-0-720.0%30.0%
6枠0-2-2-100.0%28.6%
7枠1-1-2-116.7%26.7%
8枠0-2-2-120.0%25.0%

近年は小頭数になることが多いため外枠でも複勝率は落ちませんが、勝ち切っているのは内寄りに入った馬

過去8年中6年で馬番1~5番に入った馬が優勝しており、それより外の馬番で優勝したヒシイグアス(8番)、ドゥラメンテ(9番)は当日1番人気でした。

馬番データ

  • 偶数馬番【2-3-4-35】
  • 奇数馬番【6-5-4-34】

特定の馬番に好走馬が多いということはありませんが、当日5番人気以内+1~5番は(6-1-1-12)、6番以降は(2-5-3-10)。複勝率では6番以降の方が僅かに高いのでこの辺りは券種次第で。

関東馬

  • 偶数馬番【2-1-2-26】
  • 奇数馬番【5-3-3-17】

関東馬は奇数馬番に入った馬の成績が良く、当日3番人気以内だと(4-1-1-0)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-2-512.5%37.5%
先行7-5-2-1325.9%51.9%
差し0-2-4-230.0%20.7%
追込0-1-0-260.0%3.7%
マクリ0-0-0-20.0%0.0%

12秒を切るラップが淀みなく続くペースになることが多く、小回りのコーナー4回というコースなので先行押し切りが必勝パターン。過去8年の優勝馬はいずれも1角、4角の通過順は5番手以内でした。

前走4角位置

  • 4番手以内【3-3-2-19】
  • 5~8番手【4-3-3-22】
  • 9番手以下【0-1-1-23】

前走4角9番手以下で好走したカラテ、ステファノスは東京マイル重賞勝ちの実績がありました。スカーフェイス、モズベッロが前走4角9番手以下。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-2-3-13】
  • 4~5位【0-1-0-6】
  • 6位以下【4-4-3-44】

前走上がり6位以下だった馬は前走が2000m以下だと(2-4-3-26)、2200m以上だと(2-0-0-18)。2200m以上で優勝したヌーヴォレコルト、パンサラッサは当日3番人気以内でした。

スタニングローズ、モズベッロが前走2200m以上で上がり6位以下。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-30.0%0.0%
440-4592-0-0-528.6%28.6%
460-4791-2-1-145.6%22.2%
480-4993-2-3-239.7%25.8%
500-5192-3-3-178.0%32.0%
520-0-1-1-70.0%22.2%

馬格による差はそれほどありません。ラッキーライラック、ソウルスターリング、アエロリットと500~519kgの牝馬は近年好調。

前走との馬体重差

  • +体重【6-5-6-35】
  • 増減無【0-2-1-10】
  • -体重【2-1-0-24】

年明け初戦になる馬はプラス体重が望ましく、±0kg以下で好走している6頭中5頭は年明け1戦以上使っています。またこの6頭中ダートを試したロゴタイプ以外の5頭はいずれも前走が重賞で3着以内でした。

中山記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-0-0-537.5%37.5%
2番人気2-2-2-225.0%75.0%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気1-5-3-154.2%37.5%
7-9番人気0-1-2-210.0%12.5%
10番人気-0-0-0-210.0%0.0%

GⅠクラスの始動戦になることが多く人気馬・実績馬優勢です。1番人気は関東馬だと(3-0-0-1)、関西馬は(0-0-0-4)。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦7-4-5-4311.9%27.1%
栗東1-4-3-253.0%24.2%
地方0-0-0-10.0%0.0%

当日3番人気以内の関東馬は(6-1-1-3)、関西馬は(1-1-2-9)。また関西馬は当日7番人気以下で(0-0-0-10)。有力馬ではソーヴァリアント、ヒシイグアス、シュネルマイスターが関東馬です。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳4-3-4-1118.2%50.0%
5歳3-3-0-1613.6%27.3%
6歳1-2-2-174.5%22.7%
7歳-0-0-2-250.0%7.4%

若い馬の優勝が多く4歳馬の複勝率は50%。またキャリア21戦以上は人気に推されることは少ないものの割引き。

キャリアデータ

  • 20戦以下【8-7-5-34】
  • 21戦以上【0-1-3-35】

スカーフェイス、ソロフレーズ、トーラスジェミニ、ナイママ、モズベッロがキャリア21戦以上。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-5-2-33】
  • 乗り替わり【2-3-6-36】

関東馬は継続騎乗が(6-4-0-20)、乗り替わりは(1-0-5-23)と3着までが多く唯一優勝したのは2017年のネオリアリズム。ルメール騎手がサウジカップデーに遠征、戸崎騎手は阪神で騎乗予定だったため有力馬ではシュネルマイスター、ヒシイグアス、ラーグルフが乗り替わりの関東馬になります。

また関西馬は乗り替わりが(1-3-1-12)、継続騎乗が(0-1-2-13)。継続騎乗の関西馬は2019年1番人気のディアドラ、2022年1番人気のダノンザキッドなど人気に推されることは多いものの、人気より着順を落とすことが多いので注意。有力馬ではダノンザキッドが継続騎乗想定の関西馬になります。

生産者データ

  • ノーザンF【3-4-4-15】
  • コスモヴューF【2-0-1-3】
  • 社台F【1-1-2-4】

ノーザンF生産馬は前走2着以内だと(2-2-4-3)と堅実です。ダノンザキッド、ヒシイグアス、リューベックが前走2着以内のノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
53.00-1-0-00.0%100.0%
54.01-0-1-514.3%28.6%
55.00-3-3-60.0%50.0%
56.04-3-2-467.3%16.4%
57.03-1-1-823.1%38.5%
58.00-0-1-40.0%20.0%

今年からベースの斤量が変わりますが、3/1までの開催日だと4歳馬は5歳以上から1kg減になります。

前走との斤量差

  • +斤量【1-0-3-9】
  • 増減無【5-3-2-37】
  • -斤量【2-5-3-23】

中山記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ4-3-3-1714.8%37.0%
GⅡ0-0-1-150.0%6.3%
GⅢ3-3-2-1513.0%34.8%
リステッド0-0-1-60.0%14.3%
オープン0-1-0-100.0%9.1%
海外1-1-1-512.5%37.5%

海外含めGⅠ組が中心になりますが、近年はヒシイグアスやウインブライトなどの中山金杯組、カラテやケイデンスコールなどマイルGⅢ組も好調です。

また前走が左回りだった馬は(1-5-3-29)と勝ち切れず、唯一優勝したのは2016年のドゥラメンテ。当日1番人気で前走は日本ダービー1着でした。

主な前走

  • 中山金杯【3-0-1-4】
  • マイルCS【1-0-2-4】
  • 香港マイル【1-0-1-2】
  • 有馬記念【1-0-0-3】
  • エリザベス女王杯【1-0-0-1】
  • 秋華賞【0-2-0-1】
  • 白富士S【0-1-1-7】

前走距離

  • 1400m【0-1-0-2】
  • 1600m【2-2-4-15】
  • 1800m【0-0-1-4】
  • 2000m【3-4-2-22】
  • 2200m【1-0-0-13】
  • 2400m【1-1-0-6】
  • 2500m【1-0-0-3】
  • 3000m~【0-0-1-2】

前走場所

  • 東京【1-4-3-24】
  • 中山【4-0-1-16】
  • 京都【2-2-3-10】
  • 中京【0-1-0-3】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-0-533.3%44.4%
2番人気2-2-3-320.0%70.0%
3番人気1-1-0-416.7%33.3%
4番人気0-1-0-40.0%20.0%
5番人気0-1-1-40.0%33.3%
6-9番人気1-0-1-175.3%10.5%
10番人気-0-1-1-270.0%6.9%

前走下位人気で好走しているのはGⅠ組に多く、GⅠ組以外で下位人気だった馬を狙うなら2021年のケイデンスコール、ウインイクシードのように前走で3着以内に好走している馬。

また4歳馬は前走2番人気以内、関東馬は前走3番人気以内だった馬の複勝率が抜群です。

前走GⅢ

  • 3番人気以内【3-2-1-2】
  • 4番人気以下【0-1-1-13】

ソーヴァリアント、ラーグルフが前走GⅢで3番人気以内。

4歳馬

  • 2番人気以内【4-2-3-0】
  • 3番人気以下【0-1-1-11】

スタニングローズ、ドーブネ、ラーグルフが前走2番人気以内の4歳馬。

関東馬

  • 3番人気以内【6-3-0-3】
  • 4番人気以下【0-1-3-38】

シュネルマイスター、ソーヴァリアント、ラーグルフが前走3番人気以内の関東馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-1-2-527.3%54.5%
2着2-2-2-322.2%66.7%
3着0-1-1-80.0%20.0%
4着0-0-0-40.0%0.0%
5着1-1-1-414.3%42.9%
6-9着1-3-0-145.6%22.2%
10着-1-0-1-313.0%6.1%

前走がGⅡ以下だった馬は3着以内が目安。前走4着以下で好走した馬は過去8年で9頭いますが、そのうち8頭が前走GⅠ。例外は2015年2番人気2着のロゴタイプで、前走は初ダートの根岸S(8着)でした。

前走GⅢ

  • 3着以内【3-2-2-3】
  • 4着以下【0-1-0-12】

イルーシヴパンサー、ソーヴァリアント、ラーグルフが前走GⅢで3着以内。

4歳馬

  • 5着以内【4-1-4-5】
  • 6着以下【0-2-0-6】

ドーブネ、ラーグルフ、リューベックが前走5着以内の4歳馬。

中山記念 データまとめ

買いデータ

ロードカナロア産駒
母父米国型ノーザンダンサー系(当日4番人気以内)
馬番1~5番、奇数馬番の関東馬
逃げ・先行馬(1角5番手以内が目安)
前走GⅢで3番人気+3着以内
当日2番人気以内の4歳馬、3番人気以内の関東馬

消しデータ

差し・追い込み馬(前走4角9番手以下)
乗り替わりの関東馬(3着狙い)
今年初戦で馬体重±0kg以下
当日10番人気以下(関西馬は7番人気以下)
前走GⅡ以下で4着以下

中山記念 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ソーヴァリアント
○ヒシイグアス
▲スタニングローズ
△ダノンザキッド
△ラーグルフ
△ドーブネ

ソーヴァリアントは初の1800mへの距離短縮が課題になりますが前走は1000m通過57.7秒の流れを先行して押し切っており、血統からも対応できる範囲。ルメール騎手不在で乗り替わりになる点は痛いものの先行意識の強い横山武騎手ならそれほど気になりません。人気が予想される関東馬、先行脚質、ノーザンテーストのクロス持ちと好走傾向は一通りクリアしています。

ヒシイグアスは休み明けの7歳馬という点は割引き。ただキャリアは浅く2年前の優勝含め中山では(4-2-0-1)、ハーツクライ産駒に母父が米国型のストームキャット系と血統は文句無し。中山記念・中山金杯とコンビを組んで優勝している松山騎手を想定している点は好材料です。

スタニングローズは前走の大敗がデータとしては割引きですが母父が米国型のデピュティミニスター系、関西馬ですが乗り替わり、牝馬としては馬格がある方とレース傾向には当てはまり、脚質的にも問題ありません。ただしGⅠ級の牡馬相手で牝馬は近年勝ち切れないので相手までか。

ダノンザキッドは父ハーツクライ系、近年マイル実績馬の好走が目立つという点は強調できます。ただしホープフル勝ちの実績があるとは言え昨年の中山記念や一昨年の皐月賞を見る限り広くて直線が長いコースの方が能力を発揮できそうです。

ラーグルフは近年好走馬が多い中山金杯組ですが、近走は2000m中心に使われているのでマイル能力が問われるレースになると不安も。最後に前で競馬をするようになって戦績が安定したドーブネ。血統もディープ×母父ストームキャット系と悪くありません。

テキストのコピーはできません。