中山記念予想|過去の傾向とデータ分析

中山記念【GⅡ】
2020/3/1(日) 中山競馬場・芝1800m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

ドバイや香港、大阪杯のステップとして実績馬の始動戦になることが多いGⅡ。昨年はGⅠ馬5頭を退け中山巧者ウインブライトが連覇を達成、次走香港のクイーンエリザベス2世Cを制しました。

今年は9頭立てになりましたがインディチャンプ、ダノンキングリー、ウインブライトなど実力馬が揃いました。

それでは2020年中山記念のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週は土日重賞をダブル公開!
愛知杯・日経新春杯
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

中山記念 登録馬

予想オッズではこのレースを連覇しているウインブライトと昨年2着のラッキーライラック、春秋マイル王インディチャンプ、ダービー2着のダノンキングリーの4頭が人気を分け合う形。

少し離れた5番人気がペルシアンナイトですが6番人気以下は大きな差があり、実質5頭立てに近い見方をされているようです。

中山記念 コース分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。

そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬が有利で内枠の先行馬が有利なコースす。

中山記念 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-2-3-40】
  • キングマンボ系【1-1-1-5】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-3】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-2-2】
  • リファール系【0-1-1-2】

ステイゴールド産駒が3勝、ハーツクライ産駒が2勝を挙げていますがディープ産駒は(0-1-3-12)と不振。シルポートやロゴタイプなどノーザンダンサー系の2~3着が多いのが特徴です。

中山記念 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-5-3-22】
  • グレイソヴリン系【2-0-0-5】
  • セントサイモン系【1-0-1-2】

母父サンデーサイレンスが(2-4-3-16)と目立ちますが、複勝率はどの系統でも差はありません。血統表で目につくのはノーザンテーストやヌレイエフの血。

このレースを連覇しているウインブライトはノーザンテーストのクロス持ち、近年人気薄で好走したサクラアンプルールやロゴタイプはヌレイエフの血を持ちます。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

中山記念 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-712.5%12.5%
2番人気3-1-2-237.5%75.0%
3番人気3-1-1-337.5%62.5%
4-6番人気1-4-3-164.2%33.3%
7-9番人気0-2-2-200.0%16.7%
10-番人気0-0-0-230.0%0.0%

1番人気は不振で優勝したのは2016年のドゥラメンテ。2~4番人気は安定しています。また関東馬+3番人気以内は(6-2-2-3)に対して関西馬+3番人気以内は(1-0-1-9)と不振。

ウインブライト、ダノンキングリーが関東馬でインディチャンプ、ラッキーライラック、ペルシアンナイトが関西馬です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-0-525.0%37.5%
2枠0-0-2-80.0%20.0%
3枠2-1-1-620.0%40.0%
4枠1-0-0-910.0%10.0%
5枠1-2-1-610.0%40.0%
6枠0-2-1-120.0%20.0%
7枠1-0-2-136.3%18.8%
8枠1-2-1-126.3%25.0%

コースデータからは真ん中から内寄りの枠がやや優勢で、過去8年中馬番1~5番が6勝を挙げています。フルゲートになることは少なく、馬番で11番以降に入ると割引き。

馬番データ

  • 偶数枠【2-3-3-36】
  • 奇数枠【6-5-5-35】

奇数枠の成績が良く9番(1-1-2-4)、1番(2-1-0-5)、5番(1-1-1-5)あたりの複勝率が高め。

6番人気以下

  • 偶数枠【0-0-1-25】
  • 奇数枠【0-3-2-24】

人気薄も奇数枠の成績が良く、2着に入った3頭は1番、3番、5番。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-3-40.0%50.0%
先行7-4-2-1624.1%44.8%
差し1-2-3-253.2%19.4%
追込0-1-0-250.0%3.8%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

小回りのコーナー4つというコースなので逃げ・先行馬が有利です。勝ち馬は4角3~4番手が多いのが特徴。

前走上がり3F(JRAのみ)

  • 1~3位【4-2-2-15】
  • 4~5位【0-0-0-11】
  • 6位以下【3-6-5-40】

今年は有力馬が前走海外ばかりですが、前走上がり6位以下+4歳馬は(2-3-3-6)で5歳以上は(1-3-2-34)なのでダノンキングリーは問題ありません。

中山記念 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-3-5-1113.6%50.0%
5歳4-2-0-1916.0%24.0%
6歳1-2-1-184.5%18.2%
7歳-0-1-2-230.0%11.5%

直近5年間では4歳馬が(2-3-2-4)で複勝率63.6%と抜けた成績。牝馬の出走は多くありませんが、出走した9頭中馬券に絡んだ3頭は全て4歳馬でした。

キャリアデータ

  • 10戦以下【3-3-5-8】
  • 11~15戦【1-1-0-11】
  • 16~20戦【4-2-0-16】
  • 21戦以上【0-2-3-36】

4歳馬はキャリア10戦以下、5歳馬はキャリア16~20戦の成績が良いのが特徴。ダノンキングリーがキャリア7戦、インディチャンプラッキーライラックはキャリア13戦です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦7-4-5-4112.3%28.1%
栗東1-4-3-292.7%21.6%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関西馬で優勝したのは前走天皇賞・秋で覚醒したジャスタウェイ。中山記念も快勝し次走ドバイデューティーフリーも6馬身以上の差で圧勝しました。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-4-1-42】
  • 乗り替わり【2-4-7-29】

勝率は継続騎乗組ですが複勝率では乗り替わり組が上。6番人気以下+継続騎乗は(0-1-0-27)、乗り替わりは(0-2-3-22)と人気薄は継続騎乗組が優勢です。

生産者データ

  • ノーザンF【2-2-4-13】
  • 社台F【2-2-2-14】

社台Fはロゴタイプ以降は出走自体が減っており、近年はやはりノーザンF生産馬が中心。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4591-0-0-516.7%16.7%
460-4791-1-1-136.3%18.8%
480-4992-3-2-256.3%21.9%
500-5193-4-4-209.7%35.5%
520-1-0-1-612.5%25.0%

馬格がある馬が優勢です。また4歳馬は460~479kgが(1-1-1-1)、500~519kgは(1-2-3-0)と成績が良い反面480~499kgは(0-0-1-8)と連対無し。2018年1番人気のペルシアンナイトや2015年1番人気のイスラボニータなど人気馬も敗れています。

前走との馬体重差

  • +体重【5-4-6-36】
  • 増減無【0-2-2-12】
  • -体重【3-2-0-23】

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-5-10】
  • 増減無【6-2-1-35】
  • -斤量【1-5-2-26】

前走と同斤量の勝率が高く、斤量減は2着、斤量増は3着が多いのが特徴。

有力馬では同斤量がダノンキングリーペルシアンナイト、斤量減はラッキーライラック、斤量増はインディチャンプウインブライト

中山記念 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ4-4-3-2212.1%33.3%
GⅡ0-0-3-150.0%16.7%
GⅢ3-3-1-1712.5%29.2%
オープン0-1-0-130.0%7.1%
海外1-0-1-320.0%40.0%

1着馬は前走GⅠか中山金杯からのローテ。前走2000mからの距離短縮組の成績が良く、1600mからの距離延長組は勝ち切れませんが、3年連続で3着に入っています。

有力馬ではウインブライトが前走2000m、ラッキーライラックが前走2400m、インディチャンプ、ダノンキングリー、ペルシアンナイトは前走1600mです。

主な前走

  • 中山金杯【3-0-0-8】
  • 有馬記念【1-1-0-5】
  • 天皇賞・秋【1-1-0-3】
  • 香港マイル【1-0-1-0】
  • 秋華賞【0-2-0-1】

前走距離

  • 1000m【0-0-0-0】
  • 1200m【0-0-0-0】
  • 1400m【0-1-2-3】
  • 1600m【1-1-4-12】
  • 1800m【0-1-0-2】
  • 2000m【4-4-1-25】
  • 2200m【1-0-0-12】
  • 2400~2500m【2-1-0-13】

前走場所

  • 東京【2-3-1-25】
  • 中山【4-1-0-22】
  • 京都【1-3-3-15】
  • 阪神【0-1-2-1】
  • 海外【1-0-1-3】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-616.7%50.0%
2番人気2-1-2-815.4%38.5%
3番人気1-1-0-99.1%18.2%
4番人気0-1-0-50.0%16.7%
5番人気2-2-2-225.0%75.0%
6-9番人気0-0-1-200.0%4.8%
10-番人気0-1-0-180.0%5.3%

クラス関係なく前走5番人気だった馬の成績が良く、前走6番人気以下は割引き。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-1-2-1122.2%38.9%
2着2-1-1-425.0%50.0%
3着0-0-0-40.0%0.0%
4着0-0-0-60.0%0.0%
5着0-1-2-20.0%60.0%
6-9着2-3-0-217.7%19.2%
10-着0-2-3-230.0%17.9%

前走6着以下からの巻き返しも見られますが、前走GⅠかGⅢは2着以内だった馬の成績が良く、3着以下だった馬は2着が多いのが特徴。

前走6着以下から優勝したのは2017年のネオリアリズム(香港マイル9着)と2013年のナカヤマナイト(有馬記念7着)でどちらも当日3番人気以内。

前走GⅠ

  • 2着以内【3-0-2-3】
  • 3着以下【1-4-1-19】

前走GⅢ

  • 2着以内【3-1-1-4】
  • 3着以下【0-2-0-13】

中山記念 データまとめ

  • ステイゴールド、ハーツクライ産駒の成績が良くディープ産駒は不振
  • 父ノーザンダンサー系の2~3着が多い
  • ノーザンテースト、ヌレイエフを持つ馬に注意
  • 1番人気は不振、2~3番人気は堅実
  • 馬番1~5番の成績が良く、奇数枠優勢
  • 逃げ・先行馬有利
  • 前走上がり3位以内の成績が良く、6位以下は4歳馬なら
  • 近年は4歳馬が強い
  • 関東馬の勝率が高い
  • 6番人気以下+継続騎乗×
  • 4歳馬+480~499kgは割引き
  • 1着馬は前走GⅠか中山金杯組
  • 距離短縮組が強く、前走マイル以下は3着が多い
  • 前走5番人気以内+GⅠかGⅢで2着以内だった馬の成績が良い

◎フェアリーSドンピシャ!穴馬推奨の鬼

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます

的中難解なフェアリーSは
【穴馬の法則】8番人気ホウオウイクセル2着!

昨年の朝日杯FSでは
【穴馬の法則】7番人気グレナディアガーズ1着
【取材本命馬】2番人気ステラヴェローチェ2着
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

中山記念 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ダノンキングリー
○ウインブライト
▲インディチャンプ
★ラッキーライラック
△ペルシアンナイト

ダノンキングリーは血統面は微妙ですが関東馬で横山典騎手の継続騎乗、キャリア10戦以下、前走と同斤量と好データが揃っており3着以内で考えるとこの馬。ウインブライトは乗り替わりは痛手ですが、ミナリク騎手は中山では芝1800mの成績だけは抜群に良く(3-4-2-13)で複勝率40.9%。

インディチャンプは関西馬で斤量増などデータ的にはやや割引きですが調教内容が凄まじく、1800mはベストではありませんが血統からも昨年からの上積みは十分考えられます。

ラッキーライラックはデムーロ騎手がこのコース(20-3-2-24)というおかしな成績。今年の有力馬の中では牝馬ながら馬格があるのは好材料です。ペルシアンナイトは過去の戦績から休み明けでは割引き。

テキストのコピーはできません。