中山記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

中山記念【GⅡ】
2021/2/28(日)
中山競馬場・芝1800m

過去8年分の中山記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

中山記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ヒシイグアス
2番人気 バビット
3番人気 クラージュゲリエ
4番人気 パンサラッサ
5番人気 ウインイクシード

参考:netkeiba.com

例年に比べGⅠ実績のある馬がおらずやや地味なメンバーとなりましたが、予想オッズ1番人気は3連勝で中山金杯を制したヒシイグアス。

昨年のラジオNIKKEI賞、セントライト記念を連勝したバビット、日経新春杯3着のクラージュゲリエが2~3番手。以下関門橋S2着のパンサラッサ、中山金杯3着のウインイクシード、白富士S3着のフランツなどが続きます。

中山記念 コース&血統分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬や内枠の先行馬が有利なコースです。

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

中山記念 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【7-3-2-38】
  • キングマンボ系【1-1-1-2】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-3-2】
  • グレイソヴリン系【0-1-0-3】
  • デピュティミニスター系【0-1-0-0】

ステイゴールド産駒が3勝、オルフェーヴル産駒は2着2回とステイゴールド系が好調。

他ではハーツクライ産駒が2勝を挙げていますがディープ産駒は(1-1-2-12)で人気を考慮するとイマイチ。優勝したのは昨年1番人気のダノンキングリー。

サドラーズウェルズ系は昨年6番人気3着のソウルスターリング、2017年7番人気3着のロゴタイプと回収値が高いのが特徴です。

中山記念 母父系統別データ

  • グレイソヴリン系【2-0-0-4】
  • サンデーサイレンス系【1-4-3-19】
  • ストームキャット系【1-0-1-5】
  • セントサイモン系【1-0-0-2】
  • ネイティヴダンサー系【1-0-0-4】

複勝率はどの系統でも差はありません。血統表で目につくのはノーザンテーストやヌレイエフの血

このレースを連覇しているウインブライトはノーザンテーストのクロス持ち、人気薄で好走したサクラアンプルールやロゴタイプはヌレイエフの血を持ちます。

中山記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-0-625.0%25.0%
2枠0-0-1-90.0%10.0%
3枠2-1-1-620.0%40.0%
4枠1-0-1-810.0%20.0%
5枠1-2-1-610.0%40.0%
6枠0-2-1-110.0%21.4%
7枠1-1-2-116.7%26.7%
8枠1-2-1-126.3%25.0%

コースデータからは真ん中から内寄りの枠がやや優勢。フルゲートになることは少ないものの過去8年では馬番1~5番が6勝を挙げています。

馬番データ

  • 偶数馬番【2-3-3-35】
  • 奇数馬番【6-5-5-34】

奇数馬番の成績が良く9番(1-1-2-4)、5番(1-1-1-5)、4番(2-0-1-5)、10番(0-3-0-4)。

偶数馬番

  • 前走GⅠ【2-3-2-11】
  • 前走GⅡ以下【0-0-1-21】

偶数馬番+前走GⅡ以下で唯一3着に入ったのは昨年のソウルスターリング。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-3-50.0%37.5%
先行8-5-2-1328.6%53.6%
差し0-2-3-240.0%17.2%
追込0-1-0-250.0%3.8%
マクリ0-0-0-20.0%0.0%

小回りのコーナー4つというコースで、ペースも12秒を切るラップが淀みなく続くことが多いのが特徴。昨年は掲示板に入った5頭中4頭が上がり34.0~34.2秒と末脚の差がつきにくいコースなので4角好位組が優勢です。

前走4角位置

  • 4番手以内【2-3-3-21】
  • 5~9番手【5-4-2-23】
  • 10番手以下【0-0-1-19】

前走4角10番手以下は2018年1番人気のペルシアンアイト、2017年1番人気のアンビシャスも4着以下に敗れています。オウケンムーン、ゴーフォザサミット、サンアップルトン、ノーブルマーズ、マイネルハニーが前走4角10番手以下。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-2-2-12】
  • 4~5位【0-0-0-10】
  • 6位以下【4-5-4-39】

前走上がり3位以内はクラージュゲリエ、ヒシイグアス、ビターエンダーの3頭。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4592-0-0-528.6%28.6%
460-4791-1-1-117.1%21.4%
480-4992-3-2-256.3%21.9%
500-5193-4-4-209.7%35.5%
520-0-0-1-60.0%14.3%

馬格がある馬が優勢です。また4歳馬は440~479kgが(3-1-1-1)、500~519kgは(1-2-2-0)と成績が良い反面480~499kgは(0-0-1-7)と連対無し。2018年1番人気のペルシアンナイトや2015年1番人気のイスラボニータなど人気馬も敗れています。

前走との馬体重差

  • +体重【6-5-5-35】
  • 増減無【0-1-2-12】
  • -体重【2-2-0-12】

関西馬は前走から±0kg以下で(0-1-2-14)。

前走との斤量差

  • +斤量【0-1-4-11】
  • 増減無【7-2-1-35】
  • -斤量【1-5-3-23】

前走と同斤量の勝率が高く、斤量減は2着、斤量増は3着が多いのが特徴。前走と同斤量+当日3番人気以内は(7-0-0-4)と高勝率。

有力馬ではクラージュゲリエ、パンサラッサ、ウインイクシードが前走と同斤量です。ヒシイグアス、バビットは共に今回斤量増。

中山記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-0-0-625.0%25.0%
2番人気3-2-2-137.5%87.5%
3番人気2-1-1-425.0%50.0%
4-6番人気1-4-3-164.2%33.3%
7-9番人気0-1-2-210.0%12.5%
10番人気-0-0-0-210.0%0.0%

今年は手薄なメンバーですが例年はGⅠクラスの始動戦になることが多く人気馬・実績馬優勢です。1番人気の成績がイマイチですが特に関西の1番人気馬は(0-0-0-4)と全滅。

当日3番人気以内の関東馬は(6-2-2-4)、関西馬は(1-1-1-7)。関西馬で3着以内に入った3頭はいずれも前走GⅠで連対していました。有力馬ではヒシイグアス、ウインイクシード、ビターエンダーが関東馬。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦7-4-5-4112.3%28.1%
栗東1-4-3-272.9%22.9%
地方0-0-0-10.0%0.0%

人気データでも触れたように関西馬の信頼度は低く、唯一優勝したのは前走天皇賞・秋で覚醒したジャスタウェイ。中山記念も快勝し次走ドバイデューティーフリーも6馬身以上の圧勝でした。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳4-3-4-1019.0%52.4%
5歳3-3-0-1014.3%28.6%
6歳1-2-2-184.3%21.7%
7歳-0-0-2-260.0%7.1%

直近5年間では4歳馬が(3-3-2-4)複勝率66.7%と抜けた成績。ただし大半がGⅠ好走馬です。

キャリアデータ

  • 10戦以下【3-3-4-7】
  • 11~15戦【1-2-0-11】
  • 16~20戦【4-2-1-12】
  • 21戦以上【0-1-3-39】

4歳馬はキャリア10戦以下、5歳馬は16~20戦の勝率が高くキャリア21戦以上は割引き。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-4-1-38】
  • 乗り替わり【2-4-7-31】

関東馬は継続騎乗が(6-4-0-23)、乗り替わりは(1-0-5-18)と3着までが多く唯一優勝したのは2017年のネオリアリズム。

また関西馬は乗り替わりが(1-4-2-12)、継続騎乗が(0-0-1-15)。継続騎乗は2019年1番人気のディアドラ、2018年1番人気のペルシアンアイトなど人気に推されることは多いものの、人気より着順を落とすことが非常に多いので注意。

生産者データ

  • ノーザンF【2-3-3-12】
  • 社台F【1-2-3-12】

中山記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ5-4-3-1916.1%38.7%
GⅡ0-0-3-140.0%17.6%
GⅢ2-2-1-169.5%23.8%
リステッド0-0-0-30.0%0.0%
オープン0-1-0-100.0%9.1%
海外1-1-1-611.1%33.3%

前走GⅠ組が中心で、前走GⅢで優勝したのは2018、2019年のウインブライト(前走中山金杯)。

改修後は前走マイルを使った関東馬の好走が目立ち、昨年のダノンキングリーの他にもステルヴィオ、マルターズアポジー、ネオリアリズムと4年連続で馬券に絡んでいます。

主な前走

  • 中山金杯【2-0-0-5】
  • 有馬記念【1-1-0-4】
  • 天皇賞・秋【1-1-0-2】
  • マイルCS【1-0-2-4】
  • 香港マイル【1-0-1-2】
  • 秋華賞【0-2-0-1】

前走距離

  • 1400m【0-1-1-3】
  • 1600m【2-0-4-15】
  • 1800m【0-1-1-2】
  • 2000m【3-4-1-22】
  • 2200m【1-0-0-12】
  • 2400m【1-1-0-7】
  • 2500m【1-1-0-4】
  • 2600m~【0-0-1-2】

前走場所

  • 東京【2-3-2-25】
  • 中山【3-1-0-18】
  • 京都【2-2-3-14】
  • 阪神【0-1-1-1】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-520.0%50.0%
2番人気2-1-2-716.7%41.7%
3番人気1-1-0-99.1%18.2%
4番人気0-1-0-40.0%20.0%
5番人気2-1-2-228.6%71.4%
6-9番人気0-0-1-180.0%5.3%
10番人気-0-1-0-180.0%5.3%

前走6番人気以下で好走したのは前走GⅠ組。前走GⅠで2番人気以内だった4歳馬は(3-2-1-0)で複勝率100%です。

前走GⅡ以下

  • 5番人気以内【2-3-3-15】
  • 6番人気以下【0-0-0-27】

クラージュゲリエ、コスモカレンドゥラ、トーセンスーリヤ、パンサラッサ、ヒシイグアス、ビターエンダーが前走GⅡ以下で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-1-2-1117.6%35.3%
2着2-2-1-228.6%71.4%
3着0-0-0-40.0%0.0%
4着0-0-0-60.0%0.0%
5着1-1-2-314.3%57.1%
6-9着2-3-0-179.1%22.7%
10着-0-1-2-260.0%10.3%

前走GⅢ以下はほぼ2着以内が必須。GⅠ~GⅡ組は下位からの巻き返しも見られますが、前走GⅠで連対している馬は堅実です。

前走GⅠ

  • 2着以内【3-0-2-2】
  • 3着以下【2-4-1-17】

前走GⅢ以下

  • 2着以内【2-2-1-7】
  • 3着以下【0-1-0-20】

前走2着以内はケイデンスコール、パンサラッサ、ヒシイグアスの3頭。今年は前走芝GⅠ組がバビットのみなので、ある程度緩めて考えても良さそうです。

中山記念 データまとめ

買いデータ

父ステイゴールド系、サドラーズウェルズ系
馬番1~5番(1着狙い)
前走と同斤量+当日3番人気以内(1着狙い)
当日3番人気以内の関東馬
キャリア10戦以下の4歳馬
前走マイルの関東馬

消しデータ

偶数馬番+前走GⅡ以下
前走4角10番手以下
関西馬+継続騎乗
前走GⅡ以下で6番人気以下
前走GⅢ以下で3着以下

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
1月はAJCC買い目含め他重賞の穴馬対策OK!2月はフェブラリーSや幕張Sお世話になりました!
ここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓

無料の【買い目情報】
2/27 中山11R 幕張S
ワイド計114.8倍×300円
→34,440円獲得/回収率765%
2/21 東京11R フェブラリーS
ワイド計73.1倍×300円
→21,930円獲得/回収率487%


【穴馬の法則】実績
◆フェブラリーS 9番人気2着エアスピネル
◆日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
◆フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
◆朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

中山記念 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ヒシイグアス
○クラージュゲリエ
▲トーセンスーリヤ
△バビット
△コスモカレンドゥラ

ヒシイグアスは中山芝では(3-2-0-1)とコース実績豊富。前走内容も良く馬格があるのは好材料。前走から斤量増になる点は気になりますが有力馬の中では関東馬である点が強調でき、父ハーツクライ・母父ストームキャットと共にレース実績のある血統を持ちます。

クラージュゲリエは今回ルメール騎手への乗り替わりを予定。その場合乗り替わりになる関西馬なのでデータ的にも買いやすく、また当日3番人気以内になれば前走と同斤量も強調できます。血統もノーザンダンサー、ヌレイエフのクロスを持つ点は魅力的。

トーセンスーリヤは久々ですがコース実績があり、人気薄で抑えておきたいサドラーズウェルズ系。ノーザンダンサーのクロスを持ち母系にノーザンテースト、ヌレイエフを持ちます。

バビットは今年唯一の前走芝GⅠ組ですが関西馬で継続騎乗を予定している点、前走から斤量増になる点は割引き。他にはコース成績の良い母父アグネスタキオンを持ち5歳馬でキャリア18戦のコスモカレンドゥラ

テキストのコピーはできません。