鳴尾記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

鳴尾記念【GⅢ】
2021/6/5(土)
中京競馬場・芝2000m

過去8年分の鳴尾記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

鳴尾記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ブラストワンピース
2番人気 サンレイポケット
3番人気 ブラヴァス
4番人気 ヒンドゥタイムズ
5番人気 クラージュゲリエ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは昨年の有馬記念以来となるブラストワンピースが1番人気。2番人気は新潟大賞典で重賞初制覇となったサンレイポケットが推されています。

3番手以下は新潟記念やチャレンジCなど2000m重賞で実績のあるブラヴァス、キャリア13戦全て4着以内と中距離では安定しているヒンドゥタイムズ、今年中京で行われた日経新春杯で3着に入ったクラージュゲリエなどが続きます。

鳴尾記念 コース&血統分析

中京芝2000mを集計

中京芝2000mの特徴

中京芝2000mはスタンド前の直線の坂の中間からスタートします。上り坂からのスタートで1コーナーまでの距離が短いため、やや内寄りの枠が有利なコースです。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

道中のペースが緩みやすいため、差し馬が強い中京芝コースの中では比較的先行馬も健闘しています。

重賞ナビ

中京競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

鳴尾記念 父系統別データ

  • ディープインパクト系【6-7-5-44】
  • キングマンボ系【6-3-8-37】
  • ステイゴールド系【4-1-0-21】
  • サンデーサイレンス系【2-2-5-39】
  • ハーツクライ系【1-3-1-26】

ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドの成績が良く、ハーツクライ、ダイワメジャー、ハービンジャーは勝ちきれません。

エイシンフラッシュやキングズベストなどキングマンボ系は全体的に相性が良いコースです。最近ではローズS2着のムジカなどエピファネイア産駒も好成績。

鳴尾記念 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-3-6-53】
  • ロベルト系【5-3-2-20】
  • ミスタープロスペクター系【3-2-2-22】
  • デピュティミニスター系【2-3-1-13】
  • ダンジグ系(欧)【2-1-1-7】

複勝率ではデピュティミニスター系、ストームキャット系など米国型ノーザンダンサー系が好調でロベルト系も優秀。サンデー系ではフジキセキやダンスインザダークあたりが好成績。

鳴尾記念 傾向データ①

中京芝2000mを集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-1-3-249.7%22.6%
2枠4-1-1-2712.1%18.2%
3枠2-3-0-305.7%14.3%
4枠1-2-6-272.8%25.0%
5枠4-2-4-2810.5%26.3%
6枠2-6-3-304.9%26.8%
7枠4-6-4-328.7%30.4%
8枠3-2-2-406.4%14.9%

4枠は人気馬が少なかった影響もあり、枠による有利不利はそれほどありません。人気と比較すると6~7枠が若干好走しやすいのが特徴。

馬番データ

  • 偶数馬番【12-15-13-111】
  • 奇数馬番【11-8-10-127】

偶数馬番の成績が良く馬番では8番が(1-4-4-12)と勝率は低いものの複勝率は42.9%。昨年のローズSで11番人気3着だったオーマイダーリンの他にも愛知杯のレイホーロマンス、金鯱賞のスズカデヴィアスが大穴で馬券に絡んでいます。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-2-8-124.3%47.8%
先行11-7-3-5813.9%26.6%
差し8-11-7-936.7%21.8%
追込3-3-5-753.5%12.8%

今年3月の金鯱賞でギベオンが逃げ切ったのは記憶に新しい所ですが、波乱を演出するのは前に行った馬。ギベオン抜きでも逃げ・先行馬の回収値が高いコースです。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-2-0-110.0%15.4%
440-4596-8-3-449.8%27.9%
460-4792-5-7-722.3%16.3%
480-4995-4-3-498.2%19.7%
500-5198-4-6-3614.8%33.3%
520-1-0-1-416.7%33.3%

牡馬は500kg以上の成績が非常に良く、500kg未満が(6-8-10-97)複勝率19.8%に対して500kg以上が(10-4-8-45)複勝率32.8%

有力馬ではブラストワンピースが500kg以上の大型馬です。

前走との馬体重差

  • +体重【13-12-14-125】
  • 増減無【5-2-4-22】
  • -体重【5-8-4-91】

鳴尾記念 傾向データ②

鳴尾記念 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-3-0-325.0%62.5%
2番人気1-1-1-512.5%37.5%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気2-1-3-188.3%25.0%
7-9番人気0-3-1-200.0%16.7%
10番人気-1-0-2-233.8%11.5%

昨年は1年2か月振りのレースだった10番人気パフォーマプロミスが1着、1番人気ラヴズオンリーユーが2着。1番人気馬は4年連続で連対していますが、固く決まることは少ないレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-0-1-80.0%11.1%
栗東8-8-7-669.0%25.8%

関東馬の出走は少なく、人気でも軸にはしづらいです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-10.0%0.0%
4歳2-2-4-614.3%57.1%
5歳3-2-1-1315.8%31.6%
6歳2-2-2-285.9%17.6%
7歳-1-2-1-263.3%13.3%

4歳馬は人気に推されることが多いため回収値が高い訳ではありませんが成績は抜群。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-3-5-24】
  • 乗り替わり【6-5-3-50】

当日5番人気以内なら継続騎乗・乗り替わりでの成績の差はありません。コース成績が良いのは福永騎手、川田騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手あたり。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-1-20】
  • 社台F【1-0-2-11】

鳴尾記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-2-2-721.4%50.0%
GⅡ2-0-2-1311.8%23.5%
GⅢ1-4-2-253.1%21.9%
リステッド0-0-0-90.0%0.0%
オープン2-1-2-188.7%21.7%
3勝0-0-0-20.0%0.0%
海外0-1-0-00.0%100.0%

昨年は1年2か月振りのパフォーマプロミスを含め上位3頭はいずれも前走GⅠ。前走GⅠ+当日4番人気以内は(2-2-2-2)複勝率75%。今年の有力馬ではブラストワンピース、ブラヴァス、ペルシアンナイトが前走GⅠ。

主な前走

  • 天皇賞・春【3-0-0-2】
  • 新潟大賞典【1-3-2-14】
  • 都大路S【1-1-1-11】
  • ヴィクトリアマイル【0-2-0-0】
  • 大阪杯【0-0-2-2】

前走距離

  • 1400m【1-0-0-0】
  • 1600m【0-2-0-7】
  • 1800m【2-2-2-21】
  • 2000m【2-4-5-29】
  • 2200m【0-0-0-4】
  • 2400m【0-0-0-4】
  • 2500m【0-0-1-3】
  • 2600m~【3-0-0-3】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-1-0-20.0%33.3%
2番人気2-0-0-625.0%25.0%
3番人気1-1-0-416.7%33.3%
4番人気0-2-1-40.0%42.9%
5番人気0-0-0-90.0%0.0%
6-9番人気4-2-3-2212.9%29.0%
10番人気-1-1-4-273.0%18.2%

前走下位人気で好走しているのは重賞組が多く、前走オープン特別以下または前走1800m以下だった馬は前走上位人気だった馬が優勢です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-0-1-514.3%28.6%
2着0-0-1-40.0%20.0%
3着1-0-0-712.5%12.5%
4着0-3-0-20.0%60.0%
5着0-1-0-50.0%16.7%
6-9着4-1-4-1715.4%34.6%
10着-2-3-2-344.9%17.1%

前走下位着順でも問題なく、阪神開催時は2.0秒以内の負けなら十分巻き返しています。

鳴尾記念 データまとめ

買いデータ

父ディープインパクト、キングマンボ系
母父米国型ノーザンダンサー系、ロベルト系
500kg以上の牡馬
4歳馬
前走GⅠ+当日4番人気以内
馬番8番

消しデータ

ハーツクライ、ダイワメジャー、ハービンジャー産駒(2着まで)
人気薄の差し・追い込み馬
関東馬

鳴尾記念 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎クラージュゲリエ
○サンレイポケット
▲ブラヴァス
△ヒンドゥタイムズ
△サトノソルタス
△ワイプティアーズ

クラージュゲリエはコース成績の良い父キングカメハメハ×母父ロベルト系の配合。阪神開催時のデータからは前走内容は問題なく、今年の登録馬の中では比較的馬格に恵まれているのもプラス。皐月賞5着の実績もあり、前週の高速馬場が続いても対応できそうです。

サンレイポケットは馬場関係なく成績は安定しており、新潟大賞典組は阪神開催時は相性の良いローテ。今年に入って5戦目になるのは気になりますが、前走は馬場の悪い内から差す強い内容。中京は条件戦時に2勝を挙げているコースで今回も期待できます。

ブラヴァスもクラージュゲリエと同じくキングカメハメハ産駒で前走GⅠ+当日人気が見込める点が強調できます。友道調教師は直近5年ではコース複勝率は40%以上と相性が良く、ある程度前で競馬が出来る点はコース傾向に合っています。

ヒンドゥタイムズは戦績の安定感はありますがハービンジャー産駒という血統からは2~3着狙いが無難。ただしコース成績トップの福永騎手の継続騎乗になる点はプラス要素。サトノソルタスは比較的小頭数時の成績が良いものの、休み明け2戦目の成績が悪い点は不安要素。

大穴はこのコースの穴血統ダイワメジャー産駒のワイプティアーズ。昨年のケフェウスSは1kg差あったもののヒンドゥタイムズに先着しての3着。時計も優秀だったので紐荒れ狙いで。

テキストのコピーはできません。