根岸ステークス予想|過去の傾向とデータ分析

G3
無断転載禁止
根岸ステークス【GⅢ】
2022/1/30(日)
東京競馬場・ダート1400m

過去8年分の根岸Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎昨年も年末年始で重賞3連勝!


有馬記念3連複73.7倍×400円=29,480円
ホープフルS3連複19.0倍×400円=7,600円
中山金杯3連複18,300円×400円=73,200円

有馬記念・中山金杯ではそれぞれ11番人気のサラキア、ウインイクシードを2列目に入れる慧眼!
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

根岸S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ソリストサンダー
2番人気 オメガレインボー
3番人気 タガノビューティー
4番人気 ヘリオス
5番人気 クロパラントゥ

参考:netkeiba.com

登録24頭と多くなりましたが、予想オッズでは武蔵野Sを制したソリストサンダーが1番人気。2番人気には重賞で3戦連続3着以内と近走は安定しているオメガレインボー、3番人気には東京ダート巧者タガノビューティーが推されています。

以下東京ダート1400mのオープン特別を連勝しているヘリオス、条件戦を連勝しているクロパラントゥ、地方では1400mに実績のあるサクセスエナジー、同じく地方で結果を残しているテイエムサウスダンなどが続きます。

根岸S コース&血統分析

東京ダート1400mの特徴

東京ダート1400mはダート1300mとコース形態は似ていますが、100mの延長分が下り坂になるため前半のペースは速くなる傾向があります。

下級条件ではペースが緩やかなため前残りも多く見られますがクラスが上がるほど前半ハイペースになるため差し・追い込みが届きやすくなります。

重賞ナビ

東京競馬場・ダート1400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東…

根岸S 父系統別データ

  • ストームキャット系【2-1-1-10】
  • サンデーサイレンス系【1-2-2-28】
  • キングカメハメハ系【1-1-1-9】
  • デピュティミニスター系【1-1-0-6】
  • エンドスウィープ系【1-0-2-8】
  • ボールドルーラー系【0-2-1-11】

近年はキングカメハメハ系やフォーティナイナー系(エンドスウィープ系)の成績が良く、サンデー系は直近5年で好走したのは2018年1番人気のサンライズノヴァのみと苦戦しています。

昨年はワンダーリーデルが2着に入りましたがストームキャット系は良馬場よりも稍重以上が狙い目です。

根岸S 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-2-1-22】
  • ミスタープロスペクター系【1-4-2-20】
  • ヌレイエフ系【1-0-1-5】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-7】
  • ロベルト系【0-1-2-6】
  • ボールドルーラー系【0-1-1-3】

母父ミスプロ系、サンデー系は馬場不問。良馬場なら母父ヌレイエフ系、デピュティミニスター系あたりの成績が良く、稍重以上ならボールドルーラー系やロベルト系が好調。

また好走馬の血統表で目立つのはストームキャット、ヌレイエフ、ニジンスキーあたり。下位人気で好走した馬では4代目までにボールドルーラー系を持つ馬が比較的多めです。

根岸S 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-2-2-110.0%26.7%
2枠2-0-0-1313.3%13.3%
3枠2-2-1-1112.5%31.3%
4枠0-1-2-130.0%18.8%
5枠0-2-0-140.0%12.5%
6枠2-0-0-1412.5%12.5%
7枠0-1-3-120.0%25.0%
8枠2-0-0-1313.3%13.3%

芝コースは横切らない純粋なダート戦のため枠順の差はありませんが、人気より好走しやすいのは3~5枠。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-3-5-52】
  • 奇数馬番【5-5-3-49】

馬番では6番が(2-0-2-4)ですが人気馬が多かった影響もあります。他では14番(1-0-2-5)、3番(2-0-0-6)、11番(2-0-0-6)。

4番人気以下

  • 1~5番【0-1-2-29】
  • 6~9番【1-2-1-20】
  • 10~16番【1-0-3-41】

4番人気以下は馬番6~9番からの好走馬がやや多く、それ以外で連対した2頭はワンダーリーデル、ノンコノユメでいずれも東京ダート重賞の優勝馬。

前走の枠順

  • 1~4枠【5-8-2-36】
  • 5~8枠【3-0-6-65】

前走時に内寄りの枠だった馬の複勝率が高く、過去8年の2着馬はいずれも前走時1~4枠。また前走で1枠だった関西馬は(3-2-1-2)。うち5頭が当日2番人気以内ですが堅実です。

有力馬ではヘリオスが前走時4枠でした。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行1-2-1-283.1%12.5%
差し4-4-3-368.5%23.4%
追込3-2-4-297.9%23.7%

1200m組の出走が多いことや直線が長いこともあり差し・追い込み馬が強いレースです。

前走4角位置(当日4番人気以下)

  • 5番手以内【0-0-0-45】
  • 6番手以下【2-3-6-42】

当日3番人気以内の人気馬なら前走での位置取りは不問ですが、当日4番人気以下+前走4角5番手以内は過去8年で全滅

オーロラテソーロ、クロパラントゥ、ゲンパチフォルツァ、ジャスティン、テイエムサウスダン、トップウイナー、ヘリオス、モジアナフレイバー、リアンヴェリテ、レピアーウィットが前走4角5番手以内。

前走上がり3F(前走1500m以上)

  • 5位以内【5-3-1-7】
  • 6位以下【1-0-4-10】

距離短縮組の成績が良いレースですが、積極的に買いたいのは前走上がり5位以内だった馬。唯一6位以下で優勝したのは2020年のモズアスコットで前走は芝のマイルCSでした。

スマッシングハーツ、ソリストサンダーが今回距離短縮+前走上がり5位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4591-0-0-325.0%25.0%
460-4791-0-2-136.3%18.8%
480-4995-3-2-2315.2%30.3%
500-5190-2-1-260.0%10.3%
520-1-3-3-362.3%16.3%

480~499kgの成績が安定していますが必ずしも馬格がある馬が有利ではなく、500kg台の馬は2~3着が多いのが特徴です。

前走との馬体重差

  • +体重【4-6-2-44】
  • 増減無【1-1-2-14】
  • -体重【3-1-4-42】

根岸S 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-2-0-250.0%75.0%
2番人気1-1-2-412.5%50.0%
3番人気1-2-0-512.5%37.5%
4-6番人気2-1-3-188.3%25.0%
7-9番人気0-1-1-220.0%8.3%
10番人気-0-1-2-500.0%5.7%

人気馬が強いレースで単勝オッズは15倍以内が目安。単勝15倍を超えると(0-2-3-73)で好走した5頭中4頭はJRAダート重賞の優勝馬でした。予想オッズ中位以下ではジャスティン、タイムフライヤー、エアアルマスがJRAダート重賞での優勝実績があります。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-0-0-214.5%4.5%
栗東7-8-8-707.5%24.7%
地方0-0-0-100.0%0.0%

馬券になっているのはほぼ関西馬です。関東馬で唯一優勝したのは2018年のノンコノユメ。オーロラテソーロ、クロパラントゥ、ゲンパチフォルツァ、フルデプスリーダー、レピアーウィットが関東馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-1-0-818.2%27.3%
5歳2-2-1-198.3%20.8%
6歳3-2-3-2210.0%26.7%
7歳-1-3-4-521.7%13.3%

4歳で連対した3頭はいずれも当日2番人気以内。7歳以上もよく馬券に絡んでいます。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-2-2-37】
  • 乗り替わり【6-6-6-64】

乗り替わり組の成績が良く、継続騎乗は当日3番人気以内で(2-2-0-5)、4番人気以下で(0-0-2-32)。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
54.00-0-0-20.0%0.0%
55.01-0-0-516.7%16.7%
56.05-4-5-606.8%18.9%
57.00-2-2-220.0%15.4%
58.02-2-1-1013.3%33.3%
59.00-0-0-20.0%0.0%

57kgを背負った馬は勝ち切れず、2019年1番人気8着のサンライズノヴァなど人気より着順を落としがちです。また前走から斤量が1.5kg以上増減する馬は(0-0-1-20)と連対無し。

前走との斤量差

  • +斤量【3-2-1-20】
  • 増減無【4-3-4-48】
  • -斤量【1-3-3-33】

根岸S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-1-3-1116.7%38.9%
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ5-3-2-2215.6%31.3%
リステッド0-0-1-80.0%11.1%
オープン0-3-2-320.0%13.5%
3勝0-0-0-40.0%0.0%
地方0-1-0-210.0%4.5%

武蔵野SやチャンピオンズCと前走JRA重賞で距離短縮になる馬が好調。カペラS組は複勝率は落ちますが、コパノキッキング・レッドルゼルと近年はカペラS組の人気馬は3年連続で馬券に絡んでいます。

主な前走

  • 武蔵野S【3-1-1-4】
  • カペラS【2-2-1-16】
  • チャンピオンズC【2-1-3-8】
  • マイルCS南部杯【1-0-0-0】
  • 師走S【0-1-1-0】

前走距離

  • 1200m【2-2-1-32】
  • 1400m【0-3-2-47】
  • 1600m【4-1-1-9】
  • 1800m【2-2-4-10】

前走場所

  • 東京【3-1-1-12】
  • 中山【2-3-2-29】
  • 京都【1-0-1-12】
  • 阪神【0-2-1-15】
  • 中京【2-1-3-12】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-2-1-1716.7%29.2%
2番人気1-2-1-155.3%21.1%
3番人気0-0-0-100.0%0.0%
4番人気0-0-1-120.0%7.7%
5番人気0-1-2-80.0%27.3%
6-9番人気2-2-2-207.7%23.1%
10番人気-1-1-1-175.0%15.0%

前走GⅠは人気不問、前走GⅢ以下または1400m以下だった馬は2番人気以内だった馬が優勢。

前走GⅢ以下

  • 2番人気以内【5-3-2-19】
  • 3番人気以下【0-3-3-46】

クロパラントゥ、スマッシングハーツ、スリーグランド、タガノビューティー、ヘリオスが前走GⅢ以下で2番人気以内。

前走1200m

  • 2番人気以内【2-1-1-6】
  • 3番人気以下【0-1-0-25】

今年の1200m組はいずれも前走3番人気以下。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-3-0-223.8%15.4%
2着2-3-1-1410.0%30.0%
3着1-0-3-97.7%30.8%
4着2-1-0-1312.5%18.8%
5着0-0-0-70.0%0.0%
6-9着1-1-3-194.2%20.8%
10着-1-0-1-146.3%12.5%

前走4着以下からの巻き返しはチャンピオンズCなど距離短縮組のみ。前走オープン特別や1400m以下組は3着以内だった馬が優勢です。

前走1400m以下

  • 3着以内【2-5-3-38】
  • 4着以下【0-0-0-39】

ゲンパチフォルツァ、サンライズラポール、サヴァ、ジャスティン、タイムフライヤー、タガノビューティーが前走1400m以下で4着以下。

前走オープン特別

  • 3着以内【0-3-3-20】
  • 4着以下【0-0-0-30】

ゲンパチフォルツァ、サンライズラポール、サヴァ、タイガーインディ、タイムフライヤー、レピアーウィットが前走オープン特別で4着以下。

根岸S データまとめ

買いデータ

ストームキャット、ヌレイエフ、ニジンスキー、ボールドルーラー系持ち
前走時1枠だった関西馬(人気馬)
前走1500m以上+上がり5位以内
前走武蔵野S、チャンピオンズC(前走JRA重賞で距離短縮になる馬)

消しデータ

当日4番人気以下+前走4角5番手以内
単勝オッズ15倍以上(JRAダート重賞優勝馬を除く)
関東馬
当日4番人気以下+継続騎乗
前走1200mで3番人気以下
前走1400m以下またはオープン特別で4着以下

根岸S 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ソリストサンダー
○ヘリオス
▲タガノビューティー
△スリーグランド
△エアアルマス
△オメガレインボー

ソリストサンダーは好走馬の多い武蔵野S組で内容も上がり2位で1着。3勝クラス以上では初の1400mへの短縮になりますが、元々前半が速くなりやすく後方からでも届きやすいレースなので問題ないと思います。ただし前走3番人気や斤量57kgと勝ち切れないデータにも該当するのはやや不安。

ヘリオスは霜月Sを連覇するなどコース実績豊富。母父デピュティミニスター系なので良馬場の方が買いやすく、実際稍重の欅Sや根岸Sでは人気を下回る結果に終わっています。ここ2戦は逃げて完勝していますが、逃げ馬には厳しいレースであることや同型次第になるので軸にはしづらいか。

逆に稍重以上になれば父ストームキャット系のタガノビューティー。このコースでは末脚は安定しており、重賞だと勝ち切るまでのイメージはありませんが前走1400m組だけに2~3着では抑えたいです。

他ではスリーグランドは近走は勝ち切れませんが前走内容はデータ的には悪くなく、シニスターミニスターもコース回収値は高め。エアアルマスは昨年芝を使ったりしていますがフェブラリーSでは5着に健闘。母父ミスプロ系なので馬場状態問わず狙えます。

オメガレインボーは前走人気など細かな割引き要素はありますが重賞でも好走が続いているように地力は上位。ただし父フォーティナイナー系は好調ですがアイルハヴアナザー産駒は東京ダート1400mは苦手としています。

テキストのコピーはできません。