新潟大賞典2021予想|過去の傾向とデータ分析

新潟大賞典【GⅢ】
2021/5/9(日)
新潟競馬場・芝2000m

過去8年分の新潟大賞典のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

新潟大賞典 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ポタジェ
2番人気 サンレイポケット
3番人気 ボッケリーニ
4番人気 ダノンマジェスティ
5番人気 トーセンスーリヤ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは金鯱賞で実績は劣りながら3着に好走したポタジェが1番人気。昨年の新潟記念3着などの実績を持つサンレイポケット、中日新聞杯・小倉大賞典と中距離重賞で安定しているボッケリーニが2~3番手。

4番手にはアルアインの全弟で長期休養を挟み4戦目となるダノンマジェスティ、昨年の優勝馬トーセンスーリヤ、金鯱賞2着など左回り巧者のサトノソルタスなどが続きます。

新潟大賞典 コース&血統分析

新潟芝2000mの特徴

新潟芝2000m(外回り)は新馬・未勝利戦で使用される内回りコースとは異なり、主に1勝クラス以上や古馬のレースで使用されます。

ワンターンでスタートから3コーナーまでの距離は948mと長く、直線距離は659m。力不足の馬は苦しく地力のある馬や瞬発力のある馬が優勢です。内回りとは距離は同じでも全く異なっており、東京芝1800m~2000mに近いイメージです。

重賞ナビ

新潟競馬場・芝2000m(外回り)の予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データ…

新潟大賞典 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-5-4-49】
  • キングマンボ系【2-1-1-12】
  • サドラーズウェルズ系【1-1-0-4】
  • ロベルト系【1-0-1-16】
  • リファール系【0-1-0-4】

ディープインパクト産駒は(3-0-2-16)。ダコール、パッションダンスは2回ずつ馬券に絡んでいますがいずれも母父ミスプロ系でした。

父キングマンボ系はアトミックフォース、メールドグラース、スズカデヴィアスと3年連続で母父サンデー系の馬が馬券に絡んでいます。一方で昨年はブラヴァス、レッドガランと人気馬が敗れています。

新潟大賞典 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-2-1-36】
  • ミスタープロスペクター系【3-1-1-6】
  • ロベルト系【0-1-2-8】
  • アリダー系【0-1-1-4】
  • グレイソヴリン系【0-1-0-7】

コースデータからは母父ノーザンダンサー系の成績が良いものの、このレースでは2~3着まで。ただし昨年14番人気のプレシャスブルー、2018年9番人気2着のステイインシアトル、11番人気3着のナスノセイカンと近年大穴が激走しています。ミスプロ系はあまり出走数は多くありませんが複勝率は抜群。

新潟大賞典 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-1-1212.5%25.0%
2枠0-2-1-130.0%18.8%
3枠1-2-2-116.3%31.3%
4枠0-1-0-150.0%6.3%
5枠3-0-0-1318.8%18.8%
6枠1-1-2-126.3%25.0%
7枠0-1-1-140.0%12.5%
8枠1-0-1-146.3%12.5%

内寄りに人気馬が入ることが多く、人気と比較すると1~4枠よりも5~8枠の方がやや優勢。ただし今年は福島の代替のため例年より1カ月前倒しで開催が始まった影響もあり芝の状態は良くないため、当日の馬場や枠の傾向を重視するのが良さそうです。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-4-6-51】
  • 奇数馬番【5-4-2-53】

当日4番人気以下は偶数馬番が(1-4-4-43)、奇数馬番が(5-0-1-46)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-70.0%12.5%
先行3-2-1-2210.7%21.4%
差し4-4-3-437.4%20.4%
追込1-1-4-322.6%15.8%

直線の長いコースですが後方一気では届きづらく、1角10番手以下は(1-1-5-43)なのでスタート後ある程度の位置取りは必要になります。

前走4角位置

  • 4番手以内【2-4-2-27】
  • 5番手以下【6-4-6-76】

前走4角4番手以内+2着以内は(2-3-2-5)、3着以下は(0-1-0-22)と前走4角好位で連対していた馬は堅実。前走4角5番手以下組は前走4着以内の複勝率が高めですが、下位からの巻き返しも見られます。

アッシェンプッテル、サトノエルドール、ダノンマジェスティが前走4角4番手以内+2着以内。ポタジェは前走4角4番手以内ですが3着でした。

前走上がり3F

  • 1位【4-2-3-9】
  • 2~3位【1-0-3-20】
  • 4~5位【1-1-0-16】
  • 6位以下【2-5-2-58】

前走上がり1位+当日7番人気以内は(4-2-3-4)。昨年7番人気2着のアトミックフォース、一昨年7番人気1着のメールドグラースもこれに該当しており、中穴までは拾えます。

今年はボッケリーニのみが前走上がり1位。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
440-4591-0-1-165.6%11.1%
460-4792-2-2-295.7%17.1%
480-4991-6-1-342.4%19.0%
500-5193-0-3-1713.0%26.1%
520-1-0-1-810.0%20.0%

500~519kgの成績が良くスズカデヴィアスやパッションダンスなど人気薄での好走も多く回収値が高め。また480~499kgが過去8年で6回2着に入っていますが、馬番1~6番が(0-5-0-12)と内枠からの好走が目立ちます。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-5-44】
  • 増減無【2-1-2-15】
  • -体重【4-4-1-45】

新潟大賞典 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-1-3-40.0%50.0%
2番人気0-1-0-70.0%12.5%
3番人気2-2-0-425.0%50.0%
4-6番人気3-0-2-1912.5%20.8%
7-9番人気1-2-1-204.2%16.7%
10番人気-2-2-2-503.6%10.7%

過去8年では1~2番人気の優勝が無く難解なレースです。ただし単勝オッズ20倍以上になると関東馬が(0-2-2-27)に対して関西馬は(0-1-0-33)と関東馬優勢。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-4-7-393.8%25.0%
栗東6-4-1-657.9%14.5%

出走数では関西馬ですが3着内回数はほぼ互角、複勝率では関東馬がリードしています。関西馬は前走5着以下で(1-1-0-48)と前走4着以内が狙い目。

キングニミッツ、サンレイポケット、ハッピーアワー、バイオスパーク、ムイトオブリガードが前走5着以下の関西馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-2-3-159.1%31.8%
5歳3-1-1-1713.6%22.7%
6歳0-3-4-270.0%20.6%
7歳-3-2-0-456.0%10.0%

人気と比較すると若い馬ほど人気より成績を落としやすく、高齢馬ほど人気以上の好走が目立ちます。

騎手データ

  • 継続騎乗【1-2-3-31】
  • 乗り替わり【7-6-5-73】

GⅠの裏開催になるため乗り替わりが多いレースです。コースデータからは丸山騎手、戸崎騎手、デムーロ騎手、福永騎手、吉田隼騎手あたりが好相性。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-3-36】
  • 社台F【1-1-0-17】

サトノソルタス、ダノンマジェスティ、ボッケリーニ、ポタジェ、ムイトオブリガードがノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-53.00-0-0-110.0%0.0%
54.02-1-1-1510.5%21.4%
55.02-1-3-227.1%21.4%
56.0-56.52-1-4-275.9%20.5%
57.0-57.52-5-0-256.3%21.9%
58.0-0-0-0-40.0%0.0%

昨年は1~3着が54kgでしたが、一昨年はトップハンデの57.5kgを背負ったミッキースワローが2着。過去8年では斤量による偏りはそれほどありません。

前走との斤量差

  • +斤量【1-5-2-19】
  • 増減無【4-2-3-52】
  • -斤量【3-1-3-33】

新潟大賞典 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-0-225.0%50.0%
GⅡ0-3-1-250.0%13.8%
GⅢ3-2-2-406.4%14.9%
リステッド0-0-1-80.0%11.1%
オープン2-1-2-227.4%18.5%
3勝2-1-2-618.2%45.5%

2020年、2019年と2年連続で3勝クラス組が2頭馬券に絡んでいますがローテや前走場所、前走距離は様々です。

主な前走

  • 中日新聞杯【2-1-0-12】
  • 福島民報杯【2-0-2-13】
  • 小倉大賞典【1-0-1-8】
  • 中山記念【0-2-0-2】
  • アメジストS【0-1-2-1】

前走距離

  • 1600m【1-0-1-10】
  • 1800m【2-2-1-22】
  • 2000m【4-3-5-58】
  • 2200m【1-1-0-2】
  • 2400m【0-1-0-6】
  • 2400m【0-1-1-3】

前走場所

  • 東京【1-1-3-10】
  • 中山【1-4-1-21】
  • 京都【0-0-0-6】
  • 阪神【1-1-0-17】
  • 中京【2-1-0-21】
  • 福島【2-0-3-19】
  • 小倉【1-0-1-9】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-2-618.2%45.5%
2番人気0-1-2-70.0%30.0%
3番人気1-1-0-711.1%22.2%
4番人気3-1-0-630.0%40.0%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気1-2-3-273.0%18.2%
10番人気-1-2-1-432.1%8.5%

前走4番人気以内の成績が安定しており、前走6番人気以下で3着以内に入った10頭中8頭は前走重賞。前走下位人気を狙うなら関東馬が狙い目です。

前走2000m

  • 4番人気以内【3-3-3-10】
  • 5番人気以下【1-0-2-47】

ダノンマジェスティ、トーセンスーリヤが前走2000mで4番人気以内。

前走ハンデ戦

  • 4番人気以内【3-3-3-14】
  • 5番人気以下【1-0-1-45】

ダノンマジェスティ、トーセンスーリヤ、ボッケリーニが前走ハンデ戦で4番人気以内。

関西馬

  • 4番人気以内【5-3-1-21】
  • 5番人気以下【1-1-0-43】

アッシェンプッテル、ダノンマジェスティ、ボッケリーニが前走4番人気以内の関西馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-1-4-1111.1%38.9%
2着1-2-2-411.1%55.6%
3着2-0-0-433.3%33.3%
4着2-1-0-818.2%27.3%
5着0-0-0-20.0%0.0%
6-9着0-1-1-350.0%5.4%
10着-1-3-1-402.2%11.1%

3勝クラス組は1着必須、オープン特別組は3着以内の成績が良く、前走4着以下からの巻き返しは大半が重量組です。また前走人気同様、前走下位着順からの巻き返しは関東馬に多く見られます。

前走重賞

  • 4着以内【3-2-2-8】
  • 5~9着【0-1-0-26】
  • 10着以下【1-3-1-33】

前走10着以下から巻き返したのは前走がGⅠか2000m以上の重賞だった馬。ヒュミドール、ボッケリーニ、ポタジェ、マイスタイルが前走重賞で4着以内。

前走ハンデ戦

  • 4着以内【4-2-3-14】
  • 5着以下【0-1-1-45】

アッシェンプッテル、ダノンマジェスティ、ボッケリーニ、マイスタイルが前走ハンデ戦で4着以内。

関西馬

  • 4着以内【5-3-1-17】
  • 5着以下【1-1-0-48】

アッシェンプッテル、ダノンマジェスティ、ボッケリーニ、ポタジェ、マイスタイルが前走4着以内の関西馬。

新潟大賞典 データまとめ

買いデータ

母父ミスプロ系
前走4角4番手以内+2着以内
前走上がり1位+当日7番人気以内
前走4番人気以内+4着以内

消しデータ

単勝オッズ20倍以上の関西馬
前走2000mで5番人気以下
前走ハンデ戦で5番人気+5着以下
前走5番人気+5着以下の関西馬
前走重賞で5~9着

新潟大賞典 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ボッケリーニ
○ダノンマジェスティ
▲ポタジェ
★サンレイポケット
△サトノエルドール
△サトノソルタス

ボッケリーニは近年好走馬の多い父キングマンボ系×母父サンデー系の配合。ノーザンF生産馬の関西馬という点が強調でき、前走小倉大賞典では1番人気・上がり1位での2着と前走内容も好走データに多く当てはまります。

ダノンマジェスティは相性の良い3勝クラス組でこちらも前走内容は問題無し。前走4角4番手以内+2着以内の好データにも該当します。長期休養明けとなった3走前の岸和田Sではポタジェにクビ差の2着とこのメンバーでも十分通用します。

ポタジェの友道調教師はユーキャンスマイルの新潟記念などこのコースの重賞では断トツの勝利数。厩舎的には信頼度No.1ですが例年より馬場が荒れていることはやや不安。また北村友騎手が骨折で騎手の確保が鍵になります。逆にサンレイポケットは前走内容は足りませんが、荒れて多少時計がかかる馬場は追い風になりそうです。

サトノエルドールはこれまでの相手関係からはやや厳しそうですが、大きな割引きデータも無くハンデも軽そうなので紐荒れ狙い。最後に例年通りの馬場では無いもののディープ×母父ミスプロ系のサトノソルタス

テキストのコピーはできません。