新潟大賞典予想|過去の傾向とデータ分析

新潟大賞典【GⅢ】
2020/5/10(日) 新潟競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

昨年はメールドグラースが初重賞制覇、このレースから重賞4連勝でコーフィールドCを制しました。ハンデ重賞だけあって人気通りに決まることは少なく、2018年は3連単は58万馬券が飛び出しています。

それでは2020年新潟大賞典のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
中山記念
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

新潟大賞典 登録馬

25頭と登録馬が多くなりましたが、昨年大阪杯5着のエアウィンザーが1番人気予想。金鯱賞3着のダイワキャグニー、同4着のギベオン、ヴィルシーナの仔で条件戦を連勝しているブラヴァスが続きます。

以下大阪城Sを勝ったレッドガランや長期休養明け3戦目となるサトノクロニクル、マーメイドS以来となるサラスなど、勢いのある馬から休み明けの実績までかなりの混戦模様。

新潟大賞典 コース分析

新潟芝2000mの特徴

新潟芝2000m(外回り)はワンターンでスタートから3コーナーまでの距離は948mと長く、直線距離は659m。力不足の馬は苦しく地力のある馬や瞬発力のある馬が優勢です。内回りとは距離は同じでも全く異なっており、東京芝1800m~2000mに近いイメージです。

新潟大賞典 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-6-3-51】
  • キングマンボ系【3-0-1-7】
  • ロベルト系【1-0-2-15】
  • ダンジグ系【0-1-0-4】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-0-5】

ディープ産駒が(3-0-1-15)ですがパッションダンスとダコールが2回好走。どちらも母父ミスプロ系です。

キングマンボ系はメールドグラース、スズカデヴィアスと近年好調。ユーキャンスマイルも新潟記念を勝っており、父キングマンボ系×母父サンデー系には注意。

有力馬ではエアウィンザー、ケイデンスコール、ダイワキャグニー、ブラヴァスあたりがこの配合。

新潟大賞典 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-1-2-33】
  • ミスタープロスペクター系【3-1-1-9】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-7】
  • ロベルト系【0-1-2-7】
  • アリダー系【0-1-1-3】

コースデータからは母父ノーザンダンサー系の成績が良いものの、このレースでは2~3着まで。血統表ではトニービン、ダンジグ、ミスプロ、ニジンスキーを持つ馬が目立ちます。

コースデータ

重賞ナビ

新潟競馬場・芝2000m(外回り)の予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データ…

新潟大賞典 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-1-3-40.0%50.0%
2番人気0-1-0-70.0%12.5%
3番人気2-2-0-425.0%50.0%
4-6番人気4-0-2-1816.7%25.0%
7-9番人気1-1-2-204.2%16.7%
10-番人気1-3-1-501.8%9.1%

過去8年では1~2番人気の優勝が無く、人気薄が狙いやすいコースです。ただしオッズが割れやすい傾向にあり単勝オッズ20.0~49.9倍が(0-3-1-26)、50倍以上は(0-1-0-34)。極端な大穴狙いは難しいです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-1-1-1118.8%31.3%
2枠0-2-2-120.0%25.0%
3枠1-3-2-106.3%37.5%
4枠0-1-0-140.0%6.7%
5枠2-0-0-1412.5%12.5%
6枠1-0-2-136.3%18.8%
7枠0-1-0-150.0%6.3%
8枠1-0-1-146.3%12.5%

内の1~3枠は人気より上の着順になることが多く、1枠は3年連続で連対しています。

馬番データ

  • 偶数枠【3-3-6-51】
  • 奇数枠【5-5-2-52】

4番人気以下

  • 1~3枠【3-3-4-29】
  • 4~8枠【3-1-1-59】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行2-3-1-227.1%21.4%
差し5-4-2-409.8%21.6%
追込1-1-5-332.5%17.5%

直線の長いコースですが後方一気では届きづらく、道中ある程度の位置は必要。

前走4角位置

  • 4番手以内【2-3-2-26】
  • 5番手以下【6-5-6-76】

前走上がり3F

  • 1位【4-1-3-9】
  • 2~3位【0-0-4-19】
  • 4~5位【2-1-0-16】
  • 6位以下【2-6-1-58】

前走上がり1位+当日5番人気以内だと(3-1-3-4)で複勝率63.6%。アトミックフォース、カツジ、サラス、レイホーロマンスの4頭が前走上がり1位でした。

また2~3位に該当するのはインビジブルレイズ、トーセンスーリヤ、ドゥオーモ、ブラヴァス、ブレステイキングの5頭。

新潟大賞典 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-3-1513.6%31.8%
5歳2-1-2-179.1%22.7%
6歳0-3-3-270.0%18.2%
7歳-3-3-0-446.0%12.0%

人気と比較すると若い馬ほど人気より成績を落としやすく、高齢馬ほど人気以上の好走が目立ちます。

5歳以上+5番人気以内

  • 1~4枠【3-3-1-8】
  • 5~8枠【0-0-0-10】

5歳以上の人気馬は内枠の成績が良いのが特徴。5枠以降でも6番人気以下が馬券に絡んでいるため消しではありませんが、やはり内枠から吟味するのが無難です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-3-6-392.0%20.4%
栗東7-5-2-649.0%17.9%

関西馬の優勝が続いていますが5番人気以内だと関東馬が(1-1-3-6)複勝率45.5%に対して関西馬は(4-3-1-21)複勝率27.6%。関東馬で上位人気が予想されるのはダイワキャグニー

騎手データ

  • 継続騎乗【1-2-3-32】
  • 乗り替わり【7-6-5-71】

元々GⅠの裏開催のため乗り替わりが多いレースで、継続騎乗で3着以内に入った6頭中5頭は当日5番人気以内。また継続騎乗で馬券に絡んでいるのは1~3枠で、継続騎乗+4枠以降だと(0-0-0-18)。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-3-32】

全体的に内枠有利なレースですが、ノーザンF生産馬は昨年のメールドグラースや一昨年のステイインシアトルなど外枠でも強いのが特徴です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
440-4591-0-0-175.6%5.6%
460-4792-2-2-305.6%16.7%
480-4990-6-2-360.0%18.2%
500-5194-0-3-1221.1%36.8%
520-1-0-1-810.0%20.0%

500~519kgの成績が良くスズカデヴィアスやパッションダンスなど人気薄での好走も多く回収値が高め。また480~499kgが過去8年で6回2着に入っていますが、馬番1~6番が(0-5-1-12)。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-4-43】
  • 増減無【2-1-2-13】
  • -体重【4-4-2-47】

前走時の馬体重

  • +体重【0-5-4-37】
  • 増減無【5-0-1-8】
  • -体重【3-3-3-58】

前走時に馬体重の増減が無かった馬の勝率が高くサラス、プレシャスブルー、レッドガランの3頭が該当。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-53.00-0-0-100.0%0.0%
54.01-0-0-165.9%5.9%
55.02-1-3-246.7%20.0%
56.02-2-3-217.1%25.0%
56.51-0-2-125.0%75.0%
57.02-3-0-237.1%17.9%
57.50-2-0-30.0%40.0%
58.00-0-0-50.0%0.0%

昨年は54kgのメールドグラースが優勝しましたが、54kg以下は不振で斤量を背負った馬が優勢。

前走との斤量差

  • +斤量【1-5-2-17】
  • 増減無【5-3-3-51】
  • -斤量【2-0-3-35】

新潟大賞典 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-0-225.0%50.0%
GⅡ0-4-2-240.0%20.0%
GⅢ3-2-2-406.4%14.9%
オープン3-1-2-308.3%16.7%
3勝1-0-2-611.1%33.3%

前走クラスやローテは幅広く、前走としては福島民報杯組はある程度信頼できそうです。

主な前走

  • 福島民報杯【3-0-2-15】
  • 小倉大賞典【1-0-1-8】
  • 尼崎S【1-0-0-0】
  • 中山記念【0-2-0-2】

前走距離

  • 1600m【1-0-1-9】
  • 1800m【1-2-1-22】
  • 2000m【5-3-5-56】
  • 2200m【1-1-0-2】
  • 2400~2500m【0-2-1-11】

前走場所

  • 東京【1-0-3-9】
  • 中山【0-4-1-21】
  • 阪神【1-2-1-17】
  • 中京【2-1-0-22】
  • 福島【3-0-2-19】
  • 小倉【1-0-1-9】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-2-79.1%36.4%
2番人気0-1-2-50.0%37.5%
3番人気2-0-0-722.2%22.2%
4番人気3-1-0-825.0%33.3%
5番人気0-0-0-80.0%0.0%
6-9番人気1-3-2-253.2%19.4%
10-番人気1-2-2-422.1%10.6%

前走4番人気以内の成績が安定しており、6番人気以下で3着以内に入った11頭中10頭は前走重賞。例外は2016年のシャイニープリンスで前走福島民報杯で1着でした。

前走2000m

  • 4番人気以内【4-2-3-10】
  • 5番人気以下【1-1-2-45】

前走2000mで4番人気以内はアトミックフォース、ブラヴァスの2頭。

前走オープン特別

  • 4番人気以内【3-1-1-9】
  • 5番人気以下【0-0-1-16】

前走オープン特別で4番人気以内はレッドガランのみ。

前走ハンデ戦

  • 4番人気以内【4-3-3-15】
  • 5番人気以下【1-0-0-43】

前走ハンデ戦で5番人気以下だった馬は大きく割引き。優勝したのは2014年のユールシンギングで前走は中日新聞杯で4着。現在は金鯱賞と時期が入れ替わっています。

前走ハンデ戦で5番人気以下だったのはアドマイヤアルバ、アドマイヤジャスタ、カツジ、ゴールドサーベラス、サラス、シャイニープリンス、ドゥオーモ、ブラックスピネル、ブレステイキング、プレシャスブルー、メートルダール、レイホーロマンスの12頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-0-4-913.3%40.0%
2着1-2-2-510.0%50.0%
3着2-0-0-433.3%33.3%
4着2-1-0-720.0%30.0%
5着0-0-0-30.0%0.0%
6-9着0-1-0-340.0%0.0%
10-着1-4-2-412.1%14.6%

前走3勝クラス組は1着、オープン特別は3着以内が好成績。重賞組は4着以内が安定していますが5着以下からの巻き返しも多く見られます。

前走重賞

  • 4着以内【3-2-2-6】
  • 5~9着【0-1-0-26】
  • 10着以下【1-4-2-34】

前走重賞で5~9着だった馬の成績が悪く、10着以下だった馬は全て前走GⅠか2000m以上の重賞。4着以内はギベオン、サラス、ダイワキャグニー、ドゥオーモの4頭。

前走オープン特別

  • 3着以内【3-1-2-7】
  • 4着以下【0-0-0-18】

前走オープン特別は3着以内、また前走敗れている場合は0.2秒差以内が好成績。インビジブルレイズ、レッドガランの2頭が該当。

前走ハンデ戦

  • 4着以内【4-2-3-14】
  • 5着以下【0-1-0-44】

人気と同じく前走がハンデ戦で5着以下だった馬は大きく割引き。唯一2着に入ったのは2018年のステイインシアトルで前走は函館記念、10か月の休み明けでした。

5着以下はアドマイヤアルバ、アドマイヤジャスタ、カツジ、ゴールドサーベラス、シャイニープリンス、ブラックスピネル、ブレステイキング、プレシャスブルー、メートルダール、レイホーロマンスの10頭。

新潟大賞典 データまとめ

  • トニービン、ダンジグ、ミスプロ、ニジンスキー持ち○
  • 人気薄も狙えるが、単勝20倍以上は2着まで
  • 1~3枠が好成績
  • 前走上がり1位+当日5番人気以内は堅実
  • 5歳以上+5番人気以内+1~4枠○
  • 関西馬の優勝が多いものの、人気の関東馬は複勝率が高め
  • 継続騎乗+4~8枠は消し
  • ノーザンF生産馬は外枠でも問題なし
  • 500~519kgの成績が良く、480~499kg+馬番1~6番の2着が多い
  • 前走時に馬体重の増減が無かった馬が強い
  • 54kg以下は不振、斤量を背負った馬の成績が良い
  • 前走4番人気以内+4着以内が目安
  • 前走ハンデ戦で5番人気以以下+5着以下は消し

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

新潟大賞典 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎レッドガラン
○ダイワキャグニー
▲インビジブルレイズ
★サラス
△エアウィンザー
△ギベオン
△ブラヴァス

枠順の影響が大きいレースでハンデ決定前ですが、レッドガランは前走人気や着順は問題なく馬格がある点は好材料。勝率の高い前走時の馬体重増減無しというデータにも該当します。

ダイワキャグニーはこのコースの重賞で近年好調な父キンカメ×母父サンデーの配合。脚質的には逃げ馬不振なレースなので好位でレースを進めて欲しい所。

インビジブルレイズは白富士Sではレッドガランやダイワキャグニーを破っておりニジンスキー、トニービン持ち。サラスは11か月の休み明けになりますがこちらもニジンスキーを持っています。

あとは実績上位も前走2400mがデータ的に微妙なエアウィンザー、ディープ産駒で直線の長いコースで見直したいギベオン、パッションダンスでこのレース2勝の友道厩舎所属のブラヴァス。ただし枠順次第で評価は大きく変わります。

テキストのコピーはできません。