日経新春杯2020予想|過去の傾向とデータ分析

日経新春杯【GⅡ】
2020/1/19(日) 京都競馬場・芝2400m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

昨年の優勝馬グローリーヴェイズは天皇賞・春で2着に入り年末には香港ヴァーズを制覇。それ以前もパフォーマプロミスやミッキーロケットなど、近年の優勝馬は後にGⅠでも活躍しています。

それでは2020年日経新春杯のデータ分析を行なっていきます。

◎日経賞的中→高松宮記念も無料公開!

金曜夜配信された日経賞の無料買い目↓

①-②-⑨人気の決着で3連複79.8倍的中!
推奨金額5,000円→39,900円の払戻しです◎
9人気スティッフェリオ入れておきましたね!お見事!
本命3頭+中穴2頭の陣形は毎度まけませんね。

ここの無料予想は土曜当たると日曜当たるいいジンクス☆
例えば…


■2/29(土)中京スポニチ賞
投資5,000円→回収率450%◎
■3/1(日)中山記念(G2)
投資5,000円→回収率300%超◎

土日計投資1万→回収38,700円
+28,700円 回収率387%!

ということは…高松宮記念も期待できそうですね。
中穴2頭はどの馬を選ぶのか?!見ておくだけでもOK。
穴だけ抜粋、本命だけ参考もOK!そんなのもありです。

無料メール登録→即買い目チェックできます

日経新春杯 登録馬

予想オッズ1番人気は菊花賞6着のレッドジェニアル。京都新聞杯ではロジャーバローズを破って優勝している京都巧者です。2番人気はアルゼンチン共和国杯3着でステイゴールド産駒のアフリカンゴールド。

3番手以下はアルゼンチン共和国杯2着のタイセイトレイル、中日新聞杯で初重賞制覇のサトノガーネット、3勝クラスの比叡Sを勝ったレッドレオン、菊花賞5着のメロディーレーンなどが続いています。

日経新春杯 コース分析

京都芝2400mの特徴

京都芝2400mは直線奥のポケットからのスタート。2200mより最初の直線部分が200m長くなるコースです。

最初のコーナーまでは距離があるため隊列はすんなり決まりやすく、序盤のペースも落ち着きやすいのが特徴。他の外回りコースと同じように3コーナーの坂の頂上を過ぎた辺りからペースが上がります。

日経新春杯 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-7-8-51】
  • キングマンボ系【3-0-0-9】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-1】

キングカメハメハかサンデー系かというレース。サンデー系ではディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライが好成績。

また4番人気以下+サンデー系は(1-3-7-43)、サンデー系以外は(1-0-0-37)という成績。優勝した1頭は2015年のアドマイヤデウス。

日経新春杯 母父別系統別データ

  • グレイソヴリン系【2-1-2-7】
  • サンデーサイレンス系【2-1-0-22】
  • ロベルト系【1-0-2-13】

トニービンやハイエストオナーなどのグレイソヴリン系の成績が良く、ロベルト系も一昨年1着のパフォーマプロミスや昨年人気薄で4~5着のノーブルマーズ、エーティーサンダーがいます。

近年は母父ノーザンダンサー系の好走が多めで、過去8年の優勝馬のうち7頭はノーザンダンサーのクロス持ち。例外は昨年1番人気のグローリーヴェイズでこの馬はリファールのクロスを持っていました。

コースデータ

重賞ナビ

京都競馬場・芝2400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、京都芝…

日経新春杯 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-3-0-1 50.0% 87.5%
2番人気 2-1-0-5 25.0% 37.5%
3番人気 0-1-1-6 0.0% 25.0%
4-6番人気 1-2-4-17 4.2% 29.2%
7-9番人気 0-0-3-21 0.0% 12.5%
10-番人気 1-1-0-42 2.3% 4.5%

1番人気は非常に堅実で、4着以下に敗れたのは2015年のサトノノブレス。この馬は過去8年の1番人気の中では最も外の9番枠でした。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 4-1-0-7 33.3% 41.7%
2枠 1-1-2-8 8.3% 33.3%
3枠 1-2-2-8 7.7% 38.5%
4枠 1-1-0-11 7.7% 15.4%
5枠 0-1-1-14 0.0% 12.5%
6枠 1-1-0-14 6.3% 12.5%
7枠 0-0-3-14 0.0% 17.6%
8枠 0-1-0-16 0.0% 5.9%

完全に内枠有利なレースで1枠の勝率が断トツです。7~8枠からも好走馬は出ていますが馬番12番以降は(0-0-0-28)。また過去8年の優勝馬は全て1~7番から出ています。

馬番データ

  • 偶数枠【3-3-4-48】
  • 奇数枠【5-5-4-44】

馬番データ(1~3番人気)

  • 1~5番【5-2-1-2】
  • 6~8番【1-2-0-4】
  • 9~18番【0-1-0-6】

まずは1~5番に入った人気馬に注目。6~8番から連対した3頭は当日1番人気でした。唯一9番以降から連対したのは2012年のダノンバラード。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-1-0-6 12.5% 25.0%
先行 2-1-4-20 7.4% 25.9%
差し 4-6-3-35 8.3% 27.1%
追込 1-0-1-30 3.1% 6.3%
マクリ 0-0-0-1 0.0% 0.0%

直線横に広がりやすいため多頭数の追い込み馬は不利ですが、それ以外は位置取り不問。上がりの速さが着順に直結しやすいレースです。

前走4角位置

  • 4番手以内【3-4-4-24】
  • 5~9番手【2-3-3-25】
  • 10番手以下【3-1-1-41】

前走4角10番手以下+当日3番人気以下は(0-1-1-40)。前走4角10番手以下はアクート、サイモンラムセス、サトノガーネット、タイセイトレイル、プリンスオブペスカ、モズベッロの6頭。

前走上がり3F

  • 1位【2-5-1-7】
  • 2~3位【2-0-4-21】
  • 4~5位【4-1-0-10】
  • 6位以下【0-2-3-52】

前走上がり6位以下+前走5着以下は(0-0-1-47)。3着に入ったのは2015年のアドマイヤフライトで前走は札幌記念でした。

これに該当するのはアクート、サイモンラムセス、タイセイトレイル、プリンスオブペスカ、ヨシオ、レッドジェニアル、ロードヴァンドールの7頭。

日経新春杯 傾向データ②

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 6-3-0-15 25.0% 37.5%
5歳 1-3-4-21 3.4% 27.6%
6歳 1-2-4-21 3.6% 25.0%
7歳- 0-0-0-35 0.0% 0.0%

4歳馬が強く3番人気以内だと(4-3-0-2)と堅実。7歳以上の3着以内はありませんが7~8歳時のダコールが掲示板に乗っており、また7歳以上+当日4番人気以内の馬はいなかったため、人気馬なら検討可能。

キャリアデータ

  • 15戦以下【7-6-2-20】
  • 16~20戦【1-1-2-15】
  • 21戦以上【0-1-4-57】

キャリアの浅い馬が強く、一昨年のパフォーマプロミスや昨年のルックトゥワイス、シュペルミエールは6歳馬でしたがキャリア15戦以下でした。

逆に昨年2番人気で6着に敗れたムイトオブリガードや連覇を狙ったミッキーロケットはキャリア16~20戦。今年の有力馬ではアフリカンゴールド、モズベッロ、メロディーレーン、レッドジェニアル、レッドレオンあたりがキャリア15戦以下。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 1-0-2-15 5.6% 16.7%
栗東 7-8-6-77 7.1% 21.4%

昨年のグローリーヴェイズ、シュペルミエールは関東馬。2017年のモンドインテロが3着に入っており、近年の傾向から言えば関東馬も関西馬も変わりません。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-4-4-30】
  • 乗り替わり【4-4-4-62】

5番人気以内なら乗り替わりでも問題ありません。6番人気以下になると母数の違いから継続騎乗組が率では上回りますが、3着以内の数は同じです。

生産者データ

  • ノーザンF【5-3-1-13】

ノーザンF生産馬+1番人気は(3-2-0-0)。また1~8番は(5-3-1-6)に対して9~18番は(0-0-0-7)。元々内枠有利なレースではありますが、ノーザンF生産馬でも外枠に入ったら割引き。

アクート、タイセイトレイル、レッドレオンの3頭がノーザンF生産馬。

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
440-459 2-1-0-6 22.2% 33.3%
460-479 2-2-1-21 7.7% 19.2%
480-499 1-2-3-28 2.9% 17.6%
500-519 2-2-3-23 6.7% 23.3%
520- 1-1-1-14 5.9% 17.6%

馬格による成績の差はありません。460kg未満が近年好調ですがグローリーヴェイズは父ディープインパクト、ルックトゥワイスとパフォーマプロミスは父ステイゴールド。この2頭の産駒は小柄な馬でも走るのが特徴です。

前走との馬体重差

  • +体重【5-3-4-66】
  • 増減無【2-0-0-7】
  • -体重【1-5-4-19】

斤量データ

斤量 着度数 勝率 複勝率
-52.5 1-0-2-19 4.5% 13.6%
53.0 0-1-0-11 0.0% 8.3%
54.0 1-1-0-18 5.0% 10.0%
55.0 4-2-1-16 17.4% 30.4%
56.0-56.5 1-4-4-15 4.2% 37.5%
57.0- 1-0-1-13 6.7% 13.3%

55~56.5kgの複勝率が高く、57kg以上や54kg以下は軸にはしづらいです。

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-3-9】
  • 増減無【1-3-2-29】
  • -斤量【6-4-3-54】

増減無しは56kgの馬が(1-2-2-6)と大半を占めます。

斤量減では今回2~2.5kg減の馬が(5-3-1-9)と非常に成績が良く、この馬が斤量55~56kgになると(4-2-1-2)と更に絞れます。昨年の1~3着馬も前走から2~2.5kg減+斤量55kgの3頭でした。

日経新春杯 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 5-0-0-18 21.7% 21.7%
GⅡ 1-1-4-17 4.3% 26.1%
GⅢ 0-3-1-23 0.0% 14.8%
オープン 0-0-1-15 0.0% 6.3%
3勝 1-3-1-18 4.3% 21.7%
2勝 1-1-1-1 25.0% 75.0%

1着は前走GⅠ組が多いものの、昨年の2~3着馬や一昨年の1、3着馬など近年は前走2~3勝クラスからの好走が目立っています。

またクラス関係なく前走ハンデ戦が(1-7-3-44)と2着が多いのが特徴。

主な前走

  • 菊花賞【3-0-0-5】
  • グレイトフルS【1-1-0-1】
  • 中日新聞杯【0-2-0-2】
  • オリオンS【0-2-1-5】

12月の中京で行なわれていた金鯱賞、愛知杯、中日新聞杯を合わせると(1-2-3-8)と複勝率が高いのが特徴。

前走距離

  • 1600m【0-0-0-4】
  • 1800m【0-0-0-11】
  • 2000m【2-3-4-28】
  • 2200m【0-1-0-4】
  • 2400m【1-2-2-16】
  • 2500m【2-2-0-12】
  • 3000m~【3-0-2-15】

前走2000mは上に挙げた中京重賞組を除くと(1-1-1-20)。現在の番組から言えば中京以外の2000m以下を使ってきた馬は割引き。

前走場所

  • 東京【1-1-0-15】
  • 中山【2-1-1-18】
  • 京都【4-0-1-23】
  • 中京【1-2-3-8】
  • 阪神【0-3-2-21】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 1-4-1-9 6.7% 40.0%
2番人気 2-1-1-8 16.7% 33.3%
3番人気 0-2-0-6 0.0% 25.0%
4番人気 1-0-1-6 12.5% 25.0%
5番人気 1-1-0-4 16.7% 33.3%
6-9番人気 1-0-3-15 5.3% 21.1%
10-番人気 2-0-2-42 4.3% 8.7%

前走1番人気は全て条件戦組で、前走オープンクラスだった馬は人気不問。

前走3勝クラス

  • 1番人気【1-3-1-5】
  • 2番人気以下【0-0-0-13】

前走3勝クラスから好走したのは前走1番人気のみ。ただし2勝クラスは前走下位人気からも馬券に絡んでいます。今年の3勝クラス組は全て2番人気以下でした。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 2-4-3-6 13.3% 60.0%
2着 1-1-1-10 7.7% 23.1%
3着 1-2-2-4 11.1% 55.6%
4着 0-0-1-3 0.0% 25.0%
5着 2-0-0-2 50.0% 50.0%
6-9着 2-1-0-27 6.7% 10.0%
10-着 0-0-1-38 0.0% 2.6%

こちらも前走1着はほぼ条件戦組で、条件戦で2着以下だった馬は全て4着以下。

前走GⅢ

  • 3着以内【0-2-1-4】
  • 4着以下【0-1-0-18】

また前走GⅢから連対した3頭は、前走の着差が0.5秒差以内でした。

前走GⅡ

  • 4着以内【0-1-3-2】
  • 5着以下【1-0-1-15】

こちらも馬券に絡んだ6頭中5頭が前走0.5秒差以内。アフリカンゴールドが前走アルゼンチン共和国杯で0.2秒差の3着でした。

前走GⅠ

  • 9着以内【5-0-0-5】
  • 10着以下【0-0-0-13】

前走GⅠだと9着以内、前走0.9秒差以内が目安になります。レッドジェニアルが前走菊花賞出0.6秒差の6着、タイセイトレイルはジャパンCで3.9秒差の15着でした。

日経新春杯 データまとめ

  • キングカメハメハかサンデー系、人気薄の非サンデー系は消し
  • 母父グレイソヴリン系、ロベルト系
  • 1番人気馬は堅実
  • 1~3枠の成績が抜群、馬番12番以降は3着以内無し
  • 前走4角10番手以下+3番人気以下×
  • 前走上がり6位以下+前走5着以下×
  • 4歳+3番人気以内は堅実
  • キャリア15戦以下が優勢
  • ノーザンF生産馬の成績が良い
  • 前走と同斤量の56kg○、2~2.5減の斤量55~56kg○
  • 前走3勝クラスは1番人気+1着だった馬
  • 前走GⅡ~GⅢは3~4着以内+0.5秒差以内○
  • 前走GⅠは9着以内+0.9秒差以内○
◎高松宮記念の買い目を無料公開!

▼直近の的中実績
小倉大賞典/3連単971,940円(16点)
シルクロードS/3連単635,160円(9点)
フェアリーS/3連単392,920円(12点)

様々なキャンペーン情報で実績を残しています。この点数でこの配当なのが注目なんです!
競馬学会はこのキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日1鞍ずつ配信されます。



有馬記念/3連複107.5倍×500円→53750円!
阪神C/3連複120.6倍×500円→60300円!
阪神JF/3連複85.6倍×500円→42300円!

そして土曜日は
日経賞3連複79.8倍×500円→39900円的中◎
無料の3連複10点予想がかなりヤバいです。

明日は高松宮記念の無料買い目を公開!
ここの無料予想は見ておいて損はありません!

前日20時ごろに買い目が公開されるのでメルマガ要チェックです。

日経新春杯 注目馬

※1週前の登録時点での予想です。

アフリカンゴールド

有力馬の中では減点材料が少なく、キャリア15戦以下+前走GⅡで0.2秒差の3着、前走は4角9番手以内で上がり4位。2年連続で好走馬を輩出しているステイゴールド産駒などが強調材料。

ただし前走アルゼンチン共和国杯を含め前走ハンデ戦は2着が多く、また5歳馬も2~3着が多いなどどちらかと言えば2~3着に当てはまるデータが多めです。

 

レッドジェニアル

4歳馬が強いレースでキャリア15戦以下、予想オッズ1番人気という点は大きく強調できます。キングカメハメハ産駒、また前走菊花賞組は過去8年で共に3勝ずつを挙げており頭狙いとしては最有力。

前走GⅠで9着以内+0.9秒差以内もクリアしていますが、菊花賞組で優勝しているのは全て菊花賞5着以内。また前走上がり6位以下+5着以下と菊花賞での内容が微妙に足りないのがネック。

 

サトノガーネット

中日新聞杯を含め前走が12月の中京重賞だった馬は複勝率が高く、牝馬ではフーラブライドが前走愛知杯から2年連続で馬券に絡んでいます。血統面でも母父ノーザンダンサー系でノーザンダンサーとリファールのクロス持ちと近年の傾向に合っています。

ただし前走4角10番手以下なので、当日3番人気以下だと割引き。また前走上がり1位馬の複勝率は高いもののキャリア16~20戦の5歳馬、前走GⅢなど2~3着に当てはまるデータが多め。

 

その他

タイセイトレイルは昨年はジャパンC以外は全て3着以内と堅実。斤量が前走57kgから2kg減の55kgになれば斤量データ的にはベストですが、ジャパンCの内容が大きく割引きでデータ的には余計な一戦です。

あとはデータ的に強調できる馬が少なく、抑えとしては菊花賞5着のメロディーレーン、京都外回りでは人気以上に走るモズベッロあたり。ただ内枠有利なレースなので外枠に入ったら割引きです。

テキストのコピーはできません。