日経賞2021予想|過去の傾向とデータ分析

日経賞【GⅡ】
2021/3/27(土)
中山競馬場・芝2500m

過去8年分の日経賞のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

日経賞 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 カレンブーケドール
2番人気 ワールドプレミア
3番人気 ステイフーリッシュ
4番人気 ウインマリリン
5番人気 ラストドラフト

参考:netkeiba.com

予想オッズでは有馬記念で5着同着のカレンブーケドール、ワールドプレミアの2頭が人気を集めています。やや離れた3番手には中距離重賞の常連で京都記念2着のステイフーリッシュ。

4番手以下はオークス2着、エリザベス女王杯4着のウインマリリン、重賞で2戦連続3着以内のラストドラフト、昨年の2着馬モズベッロ、有馬記念で9着のオセアグレイトなどが続きます。

日経賞 コース&血統分析

中山芝2500mの特徴

中山芝2500mは有馬記念が行われる舞台で外回りの3コーナーからスタート。スタート後すぐに4コーナーのカーブに入り、コーナーの数も6つと多いため内枠が有利なコースで器用さも重要。

前半はスローで残り1000m前後からペースアップすることが多く、ロングスパートやマクリ気味の差しが決まることも多いです。

重賞ナビ

中山競馬場・芝2500mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

日経賞 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-8-4-60】
  • ロベルト系【1-0-1-6】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-2】
  • キングマンボ系【0-0-2-1】

マンハッタンカフェ産駒のシャケトラ、メイショウテッコンやナカヤマフェスタ産駒のガンコ、スクローンヒーロ産駒のゴールドアクターなど、リボー系やセントサイモン系を持つ馬の好走が目立ちます。

ディープインパクト産駒は(0-0-2-10)、ステイゴールド産駒は(1-1-1-13)ですがうち2頭は当日1番人気とやや不振。

日経賞 母父系統別データ

  • サドラーズウェルズ系【2-0-0-1】
  • ストームバード系【1-1-0-0】
  • サンデーサイレンス系【1-0-4-13】
  • キングマンボ系【1-0-1-3】
  • ストームキャット系【0-2-0-4】

母父ノーザンダンサー系の成績が全体的に良く、父サンデー系×母父ノーザンダンサー系で当日5番人気以内だと(4-4-0-7)と連対率50%以上。予想オッズからはカレンブーケドール、モズベッロの2頭が該当します。

日経賞 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-0-711.1%22.2%
2枠0-1-2-80.0%27.3%
3枠0-1-0-120.0%7.7%
4枠0-1-2-100.0%23.1%
5枠1-0-1-136.7%13.3%
6枠1-4-1-96.7%40.0%
7枠2-0-2-1113.3%26.7%
8枠3-0-0-1318.8%18.8%

優勝馬は真ん中から外寄りの枠から出ることが多いものの、小頭数になる年もあります。馬番で見ると1~4番か10~14番に好走馬が多いのが特徴。

馬番データ

  • 偶数馬番【5-2-7-38】
  • 奇数馬番【3-6-1-45】

当日5番人気以下は偶数馬番が(0-0-4-27)、奇数馬番が(0-5-1-38)と人気で綺麗に分かれています。また4歳馬は偶数馬番より奇数馬番の成績が良いのが特徴です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-812.5%12.5%
先行3-5-2-1611.5%38.5%
差し3-2-6-327.0%25.6%
追込0-1-0-260.0%3.7%
マクリ1-0-0-150.0%50.0%

内回りコースで中盤ペースが緩むことも多く先行馬が有利です。

前走4角位置

  • 5番手以内【6-2-5-32】
  • 6番手以下【2-6-3-47】

前走上がり3F

  • 1~2位【3-4-0-21】
  • 3~5位【3-0-5-14】
  • 6位以下【2-4-3-43】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-1-00.0%1000.0%
440-4590-1-1-140.0%12.5%
460-4792-2-0-198.7%17.4%
480-4992-1-6-265.7%25.7%
500-5193-3-0-1315.8%31.6%
520-1-1-0-117.7%15.4%

人気馬はそれほど馬格の影響はありませんが、当日6番人気以下は480kg未満が(0-1-1-25)、480kg以上が(0-3-4-33)と馬格のある馬が優勢。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-1-26】
  • 増減無【1-0-2-14】
  • -体重【5-5-5-42】

日経賞 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-0-337.5%62.5%
2番人気1-1-0-612.5%25.0%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気2-1-5-168.3%33.3%
7-9番人気0-3-2-190.0%20.8%
10番人気-0-1-0-340.0%2.9%

古くはネコパンチやテンジンショウグンが大穴をあけることもありましたが、過去8年の優勝馬はいずれも当日4番人気以内。2~3着に5番人気以下が入ることは多いものの、10番人気以下は基本的に軽視。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-2-4-425.9%17.6%
栗東5-6-4-409.1%27.3%
地方0-0-0-10.0%0.0%

2017年以降は3着以内に関東馬1頭、関西馬2頭という年が続いています。関東馬+前走GⅢ以下は(0-0-0-18)。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳4-5-1-1218.2%45.5%
5歳2-1-2-198.3%20.8%
6歳2-1-2-237.1%17.9%
7歳-0-1-3-290.0%12.1%

4歳馬は斤量55kgで出走できることもあり成績が非常に良く、前走がGⅡ以上だと(4-4-0-6)。今年はウインマリリンが前走GⅡだった4歳馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【7-4-4-27】
  • 乗り替わり【1-4-4-56】

継続騎乗組の成績が良く、唯一乗り替わりで優勝したのは2017年のシャケトラ。当日3番人気以内+継続騎乗の関西馬は(3-2-1-0)複勝率100%ですが、乗り替わりだと(0-1-0-7)と極端なので注意。唯一乗り替わりで2着に入ったのは2016年のサウンズオブアースで前走有馬記念2着。

ワールドプレミアは武豊騎手が前週靭帯損傷で騎乗を取りやめましたが、もし乗り替わりになるなら割引きです。

生産者データ

  • ノーザンF【3-3-2-16】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
54.00-0-0-30.0%0.0%
55.02-3-2-912.5%43.8%
56.05-4-4-557.4%19.1%
57.00-1-2-140.0%17.6%
58.01-0-0-233.3%33.3%

年齢データでも触れましたが4歳は55kg、5歳以上は56kgがベースになります。57kg(4歳馬でGⅠ勝ち、5歳以上でGⅡ勝ち)になる馬は勝ち切れませんが、2020年9番人気3着のスティッフェリオ、2018年6番人気3着のサクラアンプルールと人気馬よりは中穴馬が馬券に絡んでいます。

前走との斤量差

  • +斤量【4-2-0-23】
  • 増減無【2-3-7-41】
  • -斤量【2-3-1-19】

日経賞 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-4-2-1115.0%45.0%
GⅡ4-3-5-358.5%25.5%
GⅢ0-0-1-140.0%6.7%
リステッド0-0-0-00.0%0.0%
オープン0-0-0-90.0%0.0%
3勝1-1-0-99.1%18.2%
海外0-0-0-40.0%0.0%

基本的には前走の格・距離が重要。2018年は前走3勝クラスのワンツーでしたが2頭とも前走2400mでした。前走2200mでは同じ中山のAJCC組が健闘しています。日経新春杯組は4歳馬が(3-1-0-0)、5歳以上が(0-0-1-6)ですが今年は該当馬無し。

主な前走

  • 日経新春杯【3-1-1-6】
  • 有馬記念【2-2-2-6】
  • AJCC【1-1-2-10】
  • ジャパンC【1-1-0-2】
  • 菊花賞【0-1-0-0】

前走距離

  • 1800m【0-0-2-11】
  • 2000m【0-0-0-1】
  • 2200m【1-2-2-19】
  • 2400m【5-3-1-16】
  • 2500m【2-2-2-11】
  • 2600m~【0-1-1-16】

前走場所

  • 東京【1-2-0-15】
  • 中山【3-3-6-31】
  • 京都【4-3-1-20】
  • 阪神【0-0-0-6】
  • 中京【0-0-0-5】
  • 小倉【0-0-1-1】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-0-2-100.0%16.7%
2番人気3-2-1-430.0%60.0%
3番人気0-2-1-50.0%37.5%
4番人気2-1-2-815.4%38.5%
5番人気0-1-0-70.0%12.5%
6-9番人気3-0-1-2211.5%15.4%
10番人気-0-2-1-230.0%11.5%

GⅠ組は前走人気不問、GⅡ組は4番人気以内の複勝率が高くGⅢ以下は前走3番人気以内が目安。

前走GⅢ

  • 3番人気以内【1-1-1-12】
  • 4番人気以下【0-0-0-21】

ヒュミドールが前走GⅢで3番人気以内です。

前走GⅡ

  • 4番人気以内【2-3-5-9】
  • 5番人気以下【2-0-0-26】

前走5番人気以下で優勝したのは2019年のメイショウテッコンと2015年のアドマイヤデウス。いずれも前走日経新春杯だった4歳馬で、当日4番人気以内でした。ステイフーリッシュが前走GⅡで4番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-1-1117.6%35.3%
2着2-2-1-914.3%35.7%
3着0-1-0-50.0%0.0%
4着1-0-2-50.0%0.0%
5着1-0-2-20.0%0.0%
6-9着1-1-1-283.2%9.7%
10着-0-2-1-230.0%11.5%

GⅠ組は前走着順不問、GⅡは5着以内が目安でGⅢ以下は1着必須です。

前走GⅢ以下

  • 1着【1-1-1-9】
  • 2着以下【0-0-0-24】

前走GⅡ

  • 5着以内【3-2-4-13】
  • 6着以下【1-1-1-22】

6着以下から巻き返した3頭はいずれも関西馬。ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、ダンビュライト、ラストドラフトが前走GⅡで4着以内です。

前走GⅡで6着以下の関東馬はウインマリリン、ナイママの2頭。

日経賞 データまとめ

買いデータ

リボー、セントサイモン系持ち
父サンデー系×母父ノーザンダンサー系+当日5番人気以内
馬番1~4番、10~14番
当日3番人気以内+継続騎乗の関西馬
前走GⅠ・GⅡだった4歳馬
前走GⅡで4番人気+5着以内

消しデータ

当日6番人気以下+480kg未満
10番人気以下
前走GⅢ以下の関東馬
当日3番人気以内+乗り替わりの関西馬
前走GⅢ以下で4番人気+2着以下

日経賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎カレンブーケドール
○ダンビュライト
▲オセアグレイト
△ラストドラフト
△ワールドプレミア
△ゴーフォザサミット

カレンブーケドールは父サンデー系×母父ストームキャット系の配合で当日5番人気以内はほぼ確実。ディープ産駒が苦手とするレースなのが不安要素ですが、有馬記念でも早め好位から粘ったようにこの馬自身はディープ産駒の中では消耗戦・上がりのかかるレースに強いのが特徴です。

ダンビュライトは想定8~9番人気ですが馬格があるので抑えには問題ありません。母系にリボーやネヴァーベンドを持つ点も○。オセアグレイトは前走有馬記念ではカレンブーケドールと0.3秒差の9着。57kgがやや厳しく感じますが、得意の中山コースなら。

ワールドプレミアは武豊騎手が騎乗できない点で割引き、他では前走内容は悪くありませんがやや馬格に欠けるのがネックのラストドラフト、最後に穴で母父ストームキャットにリボー系を持つゴーフォザサミット

テキストのコピーはできません。