オーシャンステークス予想|過去の傾向とデータ分析

オーシャンステークス【GⅢ】
2020/3/7(土) 中山競馬場・芝1200m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

シルクロードSや阪急杯に比べるとやや高松宮記念への直結度は薄いものの、昨年はこのレース5着のショウナンアンセムが本番で17番人気3着。一昨年もこのレース2着のナックビーナスが10番人気3着と、高松宮記念の穴馬を輩出することの多いレースです。

それでは2020年オーシャンSのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

オーシャンS 登録馬

昨年のスプリンターズSの覇者タワーオブロンドン、スプリンターズS3着で昨年スプリント重賞3勝のダノンスマッシュの2頭が人気を集めそうです。

3番手以下は中山巧者ナックビーナス、スプリンターズS6着のダイメイプリンセスが続き、以下ハウメアやレジーナフォルテなどが続きます。

オーシャンS コース分析

中山芝1200mの特徴

中山芝1200mは外回りコースを使用。三角形のようなコース形態になっており、スタートから4コーナーまではカーブしながらの下り坂になるためペースが速くなりがちです。

オーシャンS 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-3-3-26】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-9】
  • ダンジグ系【1-0-0-1】

全体的にはミスプロ系が優秀。また一昨年はオレハマッテルゼ産駒のキングハートが勝ち、サクラプレジデント産駒のサクラゴスペルが2回優勝するなどサンデー系はややマイナー種牡馬が活躍しています。

好走馬の血統表で目立つのはノーザンテーストとニジンスキー。過去8年で2回以上馬券に絡んだ5頭はどちらかを必ず持っています。

オーシャンS 母父別系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【2-1-1-9】
  • ターントゥ系【2-0-0-0】
  • ヘイロー系【0-3-0-1】
  • サンデーサイレンス系【0-2-4-23】
  • プリンスリーギフト系【0-2-0-5】

母父ヘイルトゥリーズン系の中でもサンデー系以外の成績が良く、サンデー系は2~3着までが多いのが特徴。

また母父ノーザンダンサーは相性が悪く(1-0-1-32)。優勝したのは中山巧者モズスーパーフレア、3着に入ったのは父系にニジンスキーを持つレッドスパーダ。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

オーシャンS 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-325.0%62.5%
2番人気1-2-0-512.5%37.5%
3番人気1-1-0-612.5%25.0%
4-6番人気1-2-2-194.2%20.8%
7-9番人気2-0-4-188.3%25.0%
10-番人気1-1-1-531.8%5.4%

1番人気はまずまず安定していますが2番人気以下は混戦。また中穴以下は牡馬が多く牝馬は人気馬優勢です。

牝馬

  • 5番人気以内【2-4-1-9】
  • 6番人気以下【1-0-0-20】

現時点の予想オッズからはナックビーナス、ダイメイプリンセス、ハウメアの3頭が5番人気以内。6番人気がレジーナフォルテ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-0-1212.5%25.0%
2枠0-1-1-140.0%12.5%
3枠0-1-2-130.0%18.8%
4枠2-0-1-1312.5%18.8%
5枠1-1-1-136.3%18.8%
6枠2-1-0-1312.5%18.8%
7枠1-1-2-126.3%25.0%
8枠0-1-1-140.0%12.5%

複勝率では差はありませんが近年は真ん中から外寄りの枠から優勝馬が出やすく、過去5年の優勝馬は4~7枠。

馬番データ

  • 偶数枠【4-4-5-51】
  • 奇数枠【4-4-3-53】

5番人気以内+偶数枠は(2-4-2-7)複勝率53.3%、奇数枠は(3-3-1-18)複勝率28.0%。

5番人気以内

  • 1~7番【1-4-1-16】
  • 8~16番【4-3-2-9】

また人気馬は8~14番あたりの成績が良いのが特徴。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-2-0-512.5%37.5%
先行3-2-1-2111.1%22.2%
差し4-4-3-427.5%20.8%
追込0-0-4-360.0%10.0%

緩やかなカーブが続く外回りコースで直線も短いため、後方からは届きません。

前走4角位置

  • 5番手以内【7-6-3-46】
  • 6番手以下【1-2-4-56】

前走4角5番手以内の成績が良く、前走中山+4角5番手以内だと(5-2-1-10)。また前走4角6番手以下で馬券に絡んだのは大半が前走京都組でした。

前走中山で4角5番手以内だったのはハウメアレジーナフォルテ

前走上がり3F

  • 1~2位【3-0-3-10】
  • 3~5位【1-1-0-18】
  • 6位以下【4-7-4-70】

オーシャンS 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-1-1-218.0%16.0%
5歳4-1-3-2512.1%24.2%
6歳1-5-1-213.6%25.0%
7歳-1-1-3-372.4%11.9%

4歳馬は4番人気以下で(0-0-0-16)と人気馬中心。

キャリアデータ

  • 10戦以下【0-0-0-9】
  • 11~15戦【5-1-3-10】
  • 16~20戦【0-0-1-21】
  • 21戦以上【3-7-4-64】

キャリア11~15戦は人気馬が多めですが成績は良く、16~20戦は不振。

カッパツハッチ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュがキャリア11~15戦。エンゲルヘン、ハウメアがキャリア16~20戦。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-4-4-437.3%21.8%
栗東4-4-4-575.8%17.4%

所属の差はありませんが中山実績は重要。中山の3勝クラス以上での好走実績は欲しい所です。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-4-2-37】
  • 乗り替わり【6-4-6-67】

5番人気以内なら成績の差はありませんが、6番人気以下だと継続騎乗が(0-1-1-28)に対して乗り替わりが(3-0-4-51)

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-70.0%0.0%
440-4590-1-1-110.0%15.4%
460-4791-0-2-253.6%10.7%
480-4994-2-0-3310.3%15.4%
500-5192-2-4-226.7%26.7%
520-1-3-1-69.1%45.5%

520kg以上はナックビーナスなど人気馬が多かったこともありますが、ある程度の馬格は必要で480kg未満の馬は割引き。

ダノンスマッシュはスプリンターズS3着の実績はありますが、この時期は秋とは芝質が異なるので馬格面ではやや割引きか。

前走との馬体重差

  • +体重【3-3-2-34】
  • 増減無【0-1-0-14】
  • -体重【5-4-6-56】

前走との斤量差

  • +斤量【1-0-2-26】
  • 増減無【4-3-3-39】
  • -斤量【3-5-3-39】

斤量増で優勝したのは昨年のモズスーパーフレアで53→54kg。また当日6番人気以下+今回1~1.5kg減の馬は(0-0-0-25)。

今回斤量増になるのはクールティアラ、タワーオブロンドン、ナインテイルズ、ラブカンプーの4頭。

オーシャンS 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-1-0-40.0%20.0%
GⅡ0-1-0-80.0%11.1%
GⅢ1-5-3-461.8%16.4%
オープン6-1-3-2815.7%26.3%
3勝1-0-1-117.7%15.4%

前走オープン特別かシルクロードSからのローテが良く、1着はオープン特別組、2着に重賞組が来ることが多いのが特徴。

主な前走

  • ラピスラズリS【3-0-0-9】
  • シルクロードS【1-3-1-33】
  • カーバンクルS【1-1-1-2】
  • 淀短距離S【1-0-1-3】

前走距離

  • 1000m【0-0-0-1】
  • 1200m【7-5-5-81】
  • 1400m【0-3-2-13】
  • 1600m【1-0-1-9】

前走場所

  • 東京【0-1-1-4】
  • 中山【5-2-1-26】
  • 京都【3-4-4-51】
  • 阪神【0-1-1-10】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-0-0-544.4%44.4%
2番人気0-0-2-70.0%22.2%
3番人気1-0-1-108.3%16.7%
4番人気1-2-1-79.1%36.4%
5番人気0-3-0-70.0%30.0%
6-9番人気1-2-2-263.2%16.1%
10-番人気1-1-1-402.3%7.0%

前走オープン特別組は5番人気以内だった馬の成績が良く、重賞組は上位人気よりも4~9番人気くらいだった馬がよく2~3着に入っています。

前走重賞

  • 1~3番人気【0-0-0-9】
  • 4~5番人気【0-4-1-5】
  • 6~9番人気【0-2-2-14】
  • 5番人気以下【1-1-0-30】

前走オープン特別

  • 5番人気以内【4-1-2-11】
  • 6番人気以下【1-0-1-16】

カッパツハッチ、ナックビーナス、ハウメア、レジーナフォルテが前走5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-0-1-1916.7%20.8%
2着2-2-0-718.2%36.4%
3着0-0-0-30.0%0.0%
4着1-0-3-511.1%44.4%
5着0-2-0-70.0%22.2%
6-9着1-1-1-224.0%12.0%
10-着0-3-3-410.0%12.7%

前走オープン特別は4着以内か5着以下かで成績の差が大きく、重賞組は下位着順だった馬でも問題ありません。

前走オープン特別

  • 4着以内【6-1-2-5】
  • 5着以下【0-0-1-17】

キングハート、ナックビーナス、ハウメア、レジーナフォルテが4着以内。

またオープン特別組は0.3秒差以上敗れていると(1-0-1-16)。上記4頭の中ではハウメアが該当します。

オーシャンS データまとめ

  • 父か母父ミスプロ系は安定
  • サンデー系を除く母父ヘイルトゥリーズン系○
  • ノーザンテーストかニジンスキー持ちの成績が良い
  • 1番人気は安定、6番人気以下は牡馬優勢
  • 人気馬は真ん中から外寄りの成績が良い
  • 前走中山は4角5番手以内○、前走4角6番手以下は京都組が多い
  • キャリア11~15戦の勝率が高い
  • 6番人気以下は乗り替わりの成績が良い
  • 馬格がある馬が強い
  • 今回斤量増になる馬、また6番人気以下+1~1.5kg減は不振
  • 前走オープン特別組の勝率が高く、重賞組は2~3着が多い
  • 前走オープン特別組は5番人気、4着、0.2秒差以内○

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

オーシャンS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎タワーオブロンドン
○ナックビーナス
▲ダノンスマッシュ
△レジーナフォルテ
△カッパツハッチ

能力や実績から言えばタワーオブロンドン、ダノンスマッシュの2頭が抜けていますがタワーオブロンドンは58kg、ダノンスマッシュは馬格に欠ける点がネック。2頭共血統的にもそこまで強調はできません。

それならラピスラズリSを58kgで逃げ切り、3年連続このレース2着のナックビーナスの方がオッズ的にも恐らく魅力的。レジーナフォルテも中山適性は高く馬格があるのは好材料。

穴はカッパツハッチ。やや馬格に欠ける点と中山は2勝クラスまでの実績しかないのは割引きですが、母父がヘイロー系のタイキシャトルにニジンスキー持ちと血統的には面白い存在。

テキストのコピーはできません。