クイーンステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

クイーンステークス【GⅢ】
2021/8/1(日)
函館競馬場・芝1800m

過去8年分のクイーンSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

今年は札幌ではなく函館開催になるため、参考データとしてご覧頂ければと思います。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

クイーンS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 マジックキャッスル
2番人気 テルツェット
3番人気 ドナアトラエンテ
4番人気 シゲルピンクダイヤ
5番人気 クラヴァシュドール

参考:netkeiba.com

予想オッズでは秋華賞2着、ヴィクトリアマイル3着などGⅠ含む重賞で4戦連続馬券圏内と安定しているマジックキャッスルが1番人気。2番人気には牡馬相手のダービー卿CTを勝ったテルツェット、3番人気には福島牝馬S2着のドナアトラエンテが推されています。

以下ヴィクトリアマイルで5着に入ったシゲルピンクダイヤ、米子Sで久々の好走を見せたクラヴァシュドール、昨年のオークス2着馬ウインマイティーなどが続きます。

クイーンS コース&血統分析

函館芝1800m【3勝クラス以上】参考データ

函館芝1800mの特徴

スタンド前からスタートしコースを1周。1コーナーまでの距離が約280mとやや短く、コーナーでペースが落ち着くため先行馬が有利なコースです。洋芝で力が要ることも含め直線だけの競馬では厳しく、スピードを持続できる馬が狙い目です。

重賞ナビ

函館競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、函館芝…

クイーンS 父系統別データ

  • ディープインパクト系【3-1-3-11】
  • サンデーサイレンス系【2-3-4-34】
  • ステイゴールド系【2-2-2-10】
  • キングカメハメハ系【2-1-2-9】
  • ミスタープロスペクター系【1-2-0-5】
  • ロベルト系【0-2-2-16】

成績が良いのはディープインパクト、ステイゴールド、キングカメハメハの3頭。

また系統で分けると出走数は少ないものの、欧州型ノーザンダンサー系の複勝率が抜群。2013年に函館で行われたクイーンSではアイムユアーズ、スピードリッパーとファルブラヴ産駒のワンツーでした。

逆にストームキャット系やデピュティミニスター系など米国型ノーザンダンサー系はイマイチです。

クイーンS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-5-5-29】
  • ロベルト系【2-3-1-10】
  • ダンジグ系(欧)【2-1-2-1】
  • ヌレイエフ系【1-1-0-4】
  • ボールドルーラー系【1-0-1-1】
  • デピュティミニスター系【0-1-2-2】

ダンジグ系(欧)は大半がデインヒル系ですが成績は抜群。サンデー系ではサンデーサイレンス自身の成績が良く、2019年の巴賞を13番人気で勝ったスズカデヴィアスなど穴でも狙えます。

相性が悪いのはミスプロ系、レッドゴッド系、サドラーズウェルズ系あたり。

クイーンS 傾向データ①

函館芝1800m【3勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠4-0-2-1123.5%35.3%
2枠1-2-1-145.6%22.2%
3枠1-3-1-164.8%23.8%
4枠1-2-2-164.8%23.8%
5枠2-0-0-209.1%9.1%
6枠1-3-4-174.0%32.0%
7枠3-3-3-1811.1%33.3%
8枠2-2-3-207.4%25.9%

1枠1番が(4-0-2-9)と成績が良く、当日3番人気以内だと(3-0-2-3)。人気以上の好走が目立つのは外の7~8枠です。

馬番データ

  • 偶数馬番【7-7-10-63】
  • 奇数馬番【8-8-6-69】

上で挙げた1枠1番の他には6番(1-3-2-9)、10番(1-2-2-7)あたりが好成績。ただし今回集計したレースでは小頭数も多かったので参考程度に。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-1-0-1120.0%26.7%
先行8-6-8-3414.3%39.3%
差し1-6-6-521.5%20.0%
追込2-1-2-355.0%12.5%
マクリ1-1-0-050.0%100.0%

今回集計したレースの多くが巴賞ですが、函館芝1800mはスタートからコーナーまでの距離が短いため2000mに比べると前半の入りは速くなりづらいのが特徴です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-1-514.3%28.6%
440-4591-2-3-203.8%23.1%
460-4797-7-4-3613.0%33.3%
480-4992-2-7-334.5%25.0%
500-5194-3-1-2512.1%24.2%
520-0-1-0-130.0%7.1%

牝馬戦なので馬格はそれほど気にしなくても良さそうです。

クイーンS 傾向データ②

クイーンS 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-137.5%87.5%
2番人気2-0-1-525.0%37.5%
3番人気0-0-1-70.0%12.5%
4-6番人気0-5-1-180.0%25.0%
7-9番人気2-1-2-188.7%21.7%
10番人気-1-0-1-243.8%7.7%

札幌開催時は1番人気は堅実ですが、人気馬同士で決まることは多くなく3着以内に1頭人気薄が入るイメージです。

昨年11番人気で優勝したレッドアネモスは4歳でしたが、2019年のカリビアンゴールド、2017年のクインズミラーグロなど近年は人気薄の5歳馬が2~3着に入ることが多く見られます。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-2-2-266.3%18.8%
栗東6-6-6-479.2%27.7%

人気馬は関東・関西でそれほど成績に差はありません。当日6番人気以下になると関西馬優勢。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳1-0-0-910.0%10.0%
4歳4-4-2-2112.9%32.3%
5歳1-4-6-252.8%30.6%
6歳2-0-0-1710.5%10.5%
7歳-0-0-0-10.0%0.0%

複勝率では4歳・5歳が拮抗しています。4歳馬が1番人気に推されることが多く4歳馬は人気馬中心、中穴以下なら5歳馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-5-0-30】
  • 乗り替わり【3-3-8-43】

当日5番人気以内+継続騎乗は(4-4-0-15)、乗り替わりは(1-1-5-10)と連対率は継続騎乗組が優勢。

生産者データ

  • ノーザンF【3-4-0-17】
  • 社台F【1-1-1-9】

ノーザンF生産馬は継続騎乗が(3-2-0-6)、乗り替わりが(0-2-0-11)。アラスカ、イカット、テルツェット、ドナアトラエンテ、フェアリーポルカ、マイエンフェルト、ルビーカサブランカがノーザンF生産馬。

クイーンS 前走データ

クイーンS 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ4-3-4-1515.4%42.3%
GⅡ0-0-0-00.0%0.0%
GⅢ3-3-2-278.6%22.9%
リステッド0-0-0-10.0%0.0%
オープン0-1-1-50.0%28.6%
3勝0-1-1-130.0%13.3%
2勝0-0-0-110.0%0.0%
海外1-0-0-0100.0%100.0%

ヴィクトリアマイル、マーメイドSなど牝馬重賞組の成績が良く、前走がオープン特別以下だった馬は2~3着まで。

主な前走

  • ヴィクトリアマイル【3-3-4-6】
  • マーメイドS【2-2-2-12】
  • 福島牝馬S【1-0-0-6】
  • NHKマイルC【1-0-0-0】
  • ドバイターフ【1-0-0-0】

前走距離

  • ~1400m【0-0-1-4】
  • 1600m【4-4-4-10】
  • 1800m【2-2-0-30】
  • 2000m【2-2-3-21】
  • 2200m~【0-0-0-7】

前走場所

  • 東京【4-4-4-16】
  • 中山【0-1-0-2】
  • 京都【0-0-1-4】
  • 阪神【2-2-2-19】
  • 函館【0-1-1-19】
  • 福島【1-0-0-10】

前走東京組は4角4番手以内が(4-2-0-9)、5番手以下が(0-2-4-7)。今年は函館開催なので参考データですが、東京で先行していた馬が狙い目です。シゲルピンクダイヤが前走東京で4角4番手以内。

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-1-1-60.0%25.0%
2番人気1-1-1-611.1%33.3%
3番人気0-2-1-90.0%25.0%
4番人気0-0-1-90.0%10.0%
5番人気0-1-1-40.0%33.3%
6-9番人気2-3-2-188.0%28.0%
10番人気-4-0-1-2016.0%20.0%

前走5番人気以内は(1-5-5-34)と2~3着が多く、唯一優勝したのは2017年のアエロリットで前走NHKマイルCを2番人気で1着。

イカット、サトノセシル、テルツェット、ドナアトラエンテ、フェアリーポルカ、マジックキャッスル、ラキ、ルビーカサブランカが前走5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-1-0-237.7%11.5%
2着0-1-3-20.0%66.7%
3着1-1-0-612.5%25.0%
4着0-1-0-20.0%33.3%
5着1-0-0-325.0%25.0%
6-9着3-2-3-1314.3%38.1%
10着-1-2-2-233.6%17.9%

こちらも前走下位からの巻き返しが目立ちますが、前走で敗れている場合は0.9秒差以内が目安。1.0秒差以上敗れていて巻き返した4頭中3頭は前走ヴィクトリアマイル、もう1頭は前走ダートでした。

また年齢で見ると前走6~9着だった4歳馬が(3-1-2-1)と抜群の成績。昨年のレッドアネモス、ビーチサンバもこれに該当していました。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.9秒差以内【5-4-7-24】
  • 1.0秒差以上【0-3-1-25】

アラスカ、ウインマイティー、テルツェット、フェアリーポルカ、ラキ、ローザノワールが前走1秒以上負けています。

クイーンS データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒、父欧州型ノーザンダンサー系
母父欧州型ダンジグ系、サンデーサイレンス
1枠1番または7~8枠
1番人気馬、人気薄の5歳馬
前走ヴィクトリアマイル
前走6~9着だった4歳馬

消しデータ

父米国型ノーザンダンサー系
当日6番人気以下+関東馬
ノーザンF生産馬+乗り替わり
前走ヴィクトリアマイル以外で1秒以上負け

クイーンS 予想

1週前の登録時点での予想です
◎マジックキャッスル
○テルツェット
▲フェアリーポルカ
△ドナアトラエンテ
△シゲルピンクダイヤ
△サトノセシル

マジックキャッスルはコース成績の良いディープインパクト産駒。前走ヴィクトリアマイルは2着馬と同タイムの3着、継続騎乗予定など札幌開催時のデータに当てはめると軸としては信頼できそうです。母父ロベルト系はコース複勝率は優秀ですが、若干勝ち切れない点がやや気になります。

テルツェットは父ディープインパクトに母父がデインヒル系と血統面は抜群。ノーザンF生産馬でルメール騎手に乗り替わり予定になるのは札幌時のデータからは割引きですが、ルメール騎手はこのコースで2番人気以内の馬に騎乗すると(12-13-8-14)複勝率70%という成績。

フェアリーポルカは小回りの芝1800mという条件は実績もあり、近走ダートを使われている点や相手関係から人気的にも魅力がありそう。父ミスプロ系×母父アグネスタキオンはコース成績も良く、紐には抑えたい1頭です。

ドナアトラエンテもキャリア11戦が全て1800m、ディープ産駒と特に嫌う要素はありませんが国枝厩舎のコース成績が上位に比べやや低めな点が不安要素。

あとは前走ヴィクトリアマイルで先行し5着に粘ったシゲルピンクダイヤ、父が欧州ノーザンダンサー系のフランケルで前走同コースの洞爺湖特別を勝っているサトノセシル

テキストのコピーはできません。