ラジオNIKKEI賞2021予想|過去の傾向とデータ分析

ラジオNIKKEI賞【GⅢ】
2021/7/4(日)
福島競馬場・芝1800m

過去8年分のラジオNIKKEI賞のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

ラジオNIKKEI賞 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ボーデン
2番人気 リッケンバッカー
3番人気 シュヴァリエローズ
4番人気 アサマノイタズラ
5番人気 ヴァイスメテオール

参考:netkeiba.com

予想オッズではスプリングSで1番人気3着のボーデンが1番人気。2番人気にはNHKマイルCで4着に好走したリッケンバッカー、3番人気には皐月賞で11着のシュヴァリエローズが推されています。

4番手にはスプリングSで2着に入ったアサマノイタズラ、プリンシパルSで1番人気だったヴァイスメテオール、同じくプリンシパルSでは3着に入ったタイソウなどが続きます。

ラジオNIKKEI賞 コース&血統分析

福島芝1800mの特徴

福島芝1800mは直線スタンド前からスタートしコースを1週するコース。直線が短く前に行く馬が有利なので、先行争いが激しくなりテンが速くなりがちです。

開催後半になると内側の馬場の痛みが顕著になり、内は全く伸びず外差しが決まりやすくなります。福島の芝コースは開催前半か後半かで傾向がガラッと変わるので注意。

重賞ナビ

福島競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、福島芝…

ラジオNIKKEI賞 父系統別データ

  • ディープインパクト系【3-1-2-6】
  • サンデーサイレンス系【3-1-1-34】
  • ステイゴールド系【2-1-0-6】
  • キングカメハメハ系【0-2-0-6】
  • ストームキャット系【0-1-1-1】
  • レッドゴッド系【0-1-1-0】

過去8年の優勝馬は全てサンデーサイレンス系で、その中でもディープインパクト産駒は(2-1-2-2)と堅実。昨年のバビットや一昨年のゴータイミングなど、当日6番人気以下の父サンデー系は460kg未満が(2-2-2-15)、460kg以上が(0-0-0-17)と小柄な馬が狙い目です。

他系統ではバゴ産駒は2018年9番人気3着のキボウノダイチなど(0-1-1-0)、ストームキャット系は2015年12番人気3着のマルターズアポジー、2013年14番人気2着のカシノピカチュウと大穴でも注意。

ラジオNIKKEI賞 母父系統別データ

  • ロベルト系【3-1-0-7】
  • キングマンボ系【2-0-0-1】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-6】
  • リファール系【1-0-0-1】
  • ヘイロー系【1-0-0-1】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-1-0】

小回りコースでロベルト系やキングマンボ系、欧州型ノーザンダンサー系を母父に持つ馬が強く、サンデー系やデピュティミニスター系は苦戦しています。

ラジオNIKKEI賞 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-1-915.4%30.8%
2枠2-2-3-615.4%53.8%
3枠0-1-1-110.0%15.4%
4枠0-0-0-140.0%0.0%
5枠1-1-1-136.3%18.2%
6枠1-2-0-136.3%18.8%
7枠1-0-1-146.3%12.5%
8枠1-1-1-136.3%18.8%

開幕週のため内の1~2枠の成績が目立ち、当日5番人気以内+1~2枠は(3-1-2-1)と人気馬の安定感は抜群。唯一馬券を外したアップクォークも4着だったので、1~2枠の人気馬は信頼できます。

馬番データ

  • 偶数馬番【2-6-2-48】
  • 奇数馬番【6-2-6-45】

6番人気以下

  • 1~3枠【1-3-3-20】
  • 4~5枠【0-0-1-21】
  • 6~8枠【1-2-1-24】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-1-2-412.5%50.0%
先行3-4-2-239.4%28.1%
差し3-2-1-377.0%14.0%
追込1-1-3-292.9%14.7%

人気馬はそれほど位置取りの影響はありませんが、人気薄は逃げ・先行馬有利。昨年5馬身差で逃げ切ったバビットの他にも、2018年3着のキボウノダイチ、2017年2着のウインガナドルと先手を取った馬が粘るケースがよく見られます。

前走4角位置

  • 1番手【2-3-1-11】
  • 2~3番手【0-0-3-32】
  • 4番手以下【6-5-4-50】

前走4角先頭+1着馬が(2-3-1-5)と前走逃げて勝っていた馬が好成績。逆に前走2~3番手だった馬は3着止まりです。また当日5番人気以内+前走4角4番手以下が(5-2-1-15)と高勝率。

グランオフィシエ、タイソウが前走4角先頭+1着。前走4角2~3番手はアイコンテーラー、デルマセイシ、ネクストストーリー、プレイイットサム、ワールドリバイバルが該当。

前走上がり3F

  • 2位以内【5-2-2-27】
  • 3~5位【0-3-2-24】
  • 6位以下【3-3-4-41】

前走上がり6位以下だった馬は前走が東京だと(2-2-4-20)、他のコースだと(1-1-0-21)と東京組が優勢。連対した2頭はバビット(前走新潟芝1800m)とミュゼゴースト(前走京都芝1800m)といずれも外回りコースだったので、前走小回りやローカルで上がり下位だった馬は割引き。

前走東京以外で上がり6位以下はアサマノイタズラ、シュヴァリエローズ、ロードトゥフェイム、ワールドリバイバルの4頭。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-1-117.7%15.4%
440-4591-3-3-223.4%24.1%
460-4791-4-2-223.4%24.1%
480-4994-1-1-1916.0%24.0%
500-5190-0-0-140.0%0.0%
520-1-0-1-514.3%28.6%

血統データでも触れましたが、父サンデー系の6番人気以下は460kg未満が好成績。勝ち切っているのは480kg以上が多く、480kg未満は2~3着の多さが目立ちます。

予想オッズからはワザモノ、ネクストストーリー、ロードトゥフェイムが前走時460kg以上+想定6番人気以下です。

鹿毛

  • 480kg未満【0-5-5-25】
  • 480kg以上【2-0-1-19】

後程毛色別のデータも出しますが、480kg未満+鹿毛の馬は2~3着が多く昨年のパンサラッサ、ディープキングもこれに該当していました。

グランオフィシエ、シュヴァリエローズ、ジュンブルースカイ、リッケンバッカー、ロードトゥフェイムが前走時480kg未満+鹿毛。

前走との馬体重差

  • +体重【1-4-3-40】
  • 増減無【1-2-0-12】
  • -体重【6-2-5-41】

前走からマイナス体重になる馬の勝率が高く、前走から+4kg以上だと(0-1-2-31)と大きく複勝率が落ちます。

ラジオNIKKEI賞 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-425.0%50.0%
2番人気2-0-0-625.0%25.0%
3番人気1-0-0-712.5%12.5%
4-6番人気1-1-4-184.2%25.0%
7-9番人気2-4-3-158.3%37.5%
10番人気-0-1-1-430.0%4.4%

1番人気馬は複勝率50%ですが、5番人気馬が(1-0-3-4)、9番人気馬が(0-2-2-4)と同じく複勝率50%。10番人気以下または単勝30倍以上になると期待値は大きく下がりますが、中穴は十分狙えるレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-6-4-585.6%19.4%
栗東4-2-4-358.9%22.2%

2018年以降は3年連続で関西馬が優勝・また3着以内に2頭以上入っており関西馬優勢。

毛色データ

  • 黒鹿毛【4-3-2-8】
  • 鹿毛【2-5-6-44】
  • 栗毛・栃栗毛【1-0-0-24】
  • 青鹿毛・青毛【1-0-0-10】
  • 芦毛【0-0-0-7】

何故か黒鹿毛が抜群に強いレースです。過去8年で回収値は単複共に200超えと黒鹿毛だけ買っていれば大幅なプラス。特に前走東京だと(3-2-1-2)。今年はアサマノイタズラのみが黒鹿毛ですが前走は中山でした。

鹿毛は馬体重データで書いたように頭を狙うなら480kg以上、2~3着付けなら480kg未満。また栗毛で優勝したバビット、青鹿毛で優勝したメイショウテッコンはこのレース以降も重賞を勝っています。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
5戦以内4-1-4-349.3%20.9%
6戦以上4-7-4-595.4%20.3%

キャリア5戦以内は父サンデー系が(4-1-2-18)、非サンデー系だと(0-0-2-16)とサンデー系優勢。特にディープ産駒はキャリアが浅くても問題ありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-3-4-38】
  • 乗り替わり【4-5-4-55】

当日6番人気以下は継続騎乗が(0-0-3-24)、乗り替わりが(2-5-2-41)と乗り替わり組が優勢。石川騎手、内田騎手、戸崎騎手、石橋騎手は過去8年で2回以上馬券に絡んでいます。

生産者データ

  • ノーザンF【1-1-1-25】

ノーザンF生産馬で連対した2頭は当日1番人気。平均4.9番人気に対して平均8.2着とノーザンF生産馬+当日2番人気以下は割引き。シュヴァリエローズ、ジュンブルースカイ、スペシャルドラマ、ボーデン、ヴァイスメテオール、ヴェイルネビュラがノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-0-1-200.0%4.8%
53.01-2-4-253.1%21.9%
54.04-3-2-2810.8%24.3%
55.01-3-0-511.1%44.4%
56.0-56.52-0-1-1213.3%20.0%
57.0-0-0-0-30.0%0.0%

ハンデ戦になりますが52kg以下の軽ハンデ馬は不振。また56kg以上を背負った馬は人気になりやすい反面成績はイマイチです。

前走との斤量差

  • +斤量【1-0-0-3】
  • 増減無【2-1-2-15】
  • -斤量【5-7-6-75】

ラジオNIKKEI賞 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-3-2-140.0%26.3%
GⅡ2-0-0-1016.7%16.7%
GⅢ0-0-0-50.0%0.0%
オープン3-1-1-1713.6%22.7%
2勝1-0-1-711.1%22.2%
1勝2-4-4-394.1%20.4%

前走クラスは不問ですがGⅠ以外だとプリンシパルS、早苗賞など東京コースや阪神・新潟などの外回りコースを使ってきた馬が中心です。

主な前走

  • プリンシパルS【2-0-1-4】
  • 早苗賞【2-0-0-1】
  • 白百合S【1-1-0-6】
  • 青葉賞【1-0-0-4】
  • NHKマイルC【0-1-2-4】
  • 日本ダービー【0-1-0-2】
  • オークス【0-1-0-2】

前走距離

  • ~1400m【0-0-0-4】
  • 1600m【0-2-4-24】
  • 1800m【3-2-1-31】
  • 2000m【3-2-3-18】
  • 2200m【1-0-0-5】
  • 2400m【1-2-0-9】

前走場所

  • 東京【4-5-4-46】
  • 中山【0-1-0-11】
  • 京都【2-1-1-17】
  • 阪神【0-1-3-14】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-179.1%22.7%
2番人気1-0-1-99.1%18.2%
3番人気2-1-1-816.7%33.3%
4番人気1-1-0-711.1%22.2%
5番人気1-0-0-910.0%10.0%
6-9番人気0-1-5-220.0%21.4%
10番人気-1-3-0-214.0%16.0%

前走オープン特別以下は人気馬優勢、重賞組は前走下位人気だった馬がよく走っています。また前走6番人気以下で好走しているのはほぼ東京組。

前走6番人気以下

  • 前走東京【1-3-4-22】
  • 前走東京以外【0-1-1-21】

前走東京+5番人気以内で連対した4頭は全て前走が東京の重賞。また前走東京以外+6番人気以下で好走したのはキボウノダイチ、ミュゼゴーストの2頭で、どちらもバゴ産駒でした。

皐月賞組のアサマノイタズラ、シュヴァリエローズ、ワールドリバイバル、他ではワザモノが前走東京以外で6番人気以下。

前走右回り

  • 4番人気以内【2-2-3-19】
  • 5番人気以下【0-1-1-25】

こちらも前走右回り+5番人気以下で好走したのはキボウノダイチ、ミュゼゴーストの2頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-4-3-388.2%22.4%
2着0-0-1-40.0%20.0%
3着1-1-0-320.0%40.0%
4着0-0-0-70.0%0.0%
5着0-0-0-50.0%0.0%
6-9着3-2-1-1315.8%31.6%
10着-0-1-3-230.0%14.8%

1勝クラス組はほぼ1着馬ですが、前走時にプラス体重で勝っている馬が好成績。重賞組は着順不問ですが、当日良馬場の場合前走で0.6秒以上敗れていると3着まで。

前走1勝クラスで1着

  • 前走時±0kg以下【0-2-1-24】
  • 前走時+2kg以上【2-2-2-10】

前走時の馬体重が±0kg以下で連対した2頭は当日1番人気でした。前走時+2kg以上で1勝クラスを勝っているのはジュンブルースカイ、デルマセイシ、プレイイットサムの3頭。

前走オープン特別

  • 3着以内【3-1-0-5】
  • 4着以下【0-0-1-8】

今年のオープン特別組はいずれも4着以下です。

前走タイム差(2着以下・当日良馬場)

  • 0.5秒差以内【3-3-0-17】
  • 0.6秒差以上【0-0-4-27】

アサマノイタズラ、シュヴァリエローズ、スペシャルドラマ、ネクストストーリー、ノースブリッジ、リッケンバッカー、ロードトゥフェイム、ワールドリバイバル、ワザモノ、ヴェイルネビュラが前走0.6秒以上負けています。

ラジオNIKKEI賞 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒
当日5番人気以内+1~2枠
前走4角先頭+1着馬
480kg未満+鹿毛(2~3着狙い)
黒鹿毛(特に前走東京)

消しデータ

当日6番人気以下+460kg以上の父サンデー系
前走4角2~3番手(3着まで)
前走東京以外で上がり6位以下
当日2番人気以下のノーザンF生産馬
前走東京以外で6番人気以下、または右回りで5番人気以下
前走1勝クラスで±0kg以下で1着(当日1番人気を除く)

ラジオNIKKEI賞 予想

1週前の登録時点での予想です
◎シュヴァリエローズ
○アサマノイタズラ
▲リッケンバッカー
△グランオフィシエ
△ヴァイスメテオール
△ワールドリバイバル

前走GⅠ組が勝ち切れないレースですが、シュヴァリエローズは今年唯一のディープ産駒。近年は関西馬優勢であることやコース成績トップクラスの吉田隼騎手を想定している点はプラス材料ですが、前走関連のデータや鹿毛で馬体重440kg台と1着よりは2~3着狙いに該当するデータが多めです。

アサマノイタズラは今年の登録馬の中では唯一の黒鹿毛。シュヴァリエローズと同じく皐月賞組なので前走データからは微妙ですが、1800m巧者のヴィクトワールピサ産駒×母父欧州型ノーザンダンサー系という血統。手塚厩舎もレース成績が良く、馬格がある点からも1着候補としては上位です。

リッケンバッカーは前走がGⅠのNHKマイルC、480kg未満+鹿毛という点ではシュヴァリエローズと同じく2~3着に該当するデータが多めで父が非サンデー系のロードカナロアの分3番手評価。生産が岡田牧場という点では買いやすい一頭です。

グランオフィシエはキャリアの浅さは気になりますが前走東京・4角先頭から1着。勝ちタイムも1.59.0と想定10番人気以下ですが穴の魅力はあります。

他では相性の良いプリンシパルS組のヴァイスメテオール、キャリア豊富で前で競馬ができるワールドリバイバル。ハンデ決定前で枠順要素も強いレースなので、後はそれ次第で。

テキストのコピーはできません。