サウジアラビアロイヤルカップ予想|過去の傾向とデータ分析

サウジアラビアロイヤルカップ【GⅢ】
2020/10/10(土) 東京競馬場・芝1600m

過去6年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

2014年にいちょうSとして新設されてからの過去6年分のデータ分析と予想です。

直近3年間の優勝馬はサリオス、グランアレグリア、ダノンプレミアムといずれも後にGⅠを制覇。他にもクラリティスカイ、ステルヴィオと後のGⅠ馬を多数輩出している出世レースです。

それでは2020年サウジアラビアRCのデータ分析を行なっていきます。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

サウジアラビアRC 登録馬

近年はオッズ的に抜けた人気馬が多かったものの今年は混戦模様。バゴ産駒のステラヴェローチェ、ドゥラメンテ産駒のキングストンボーイ、リオンディーズ産駒のピンクカメハメハ産駒、キズナ産駒のダディーズビビッドの4頭が人気を集めています。

それ以外ではコスモス賞3着のコスモアシュラ、モーリス産駒のインフィナイト、2戦目の未勝利戦を勝ち上がったスペシャルトークあたりが続きます。

サウジアラビアRC コース分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。

サウジアラビアRC 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-4-5-23】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-1】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-1】
  • キングマンボ系【0-2-1-5】

サンデー系が圧倒的に強く、ディープインパクトやハーツクライが好成績。この時期の2歳馬のコース成績からは他にロードカナロア、ダイワメジャーも好成績。

サウジアラビアRC 母父別系統別データ

  • ロベルト系【2-1-1-4】
  • サンデーサイレンス系【1-1-0-13】
  • ボールドルーラー系【1-0-0-1】
  • ミスタープロスペクター系【0-1-2-4】

母父ロベルト系は人気馬は多かったものの成績は安定しています。

この時期の2歳馬のコース成績からはダンジグ系、ストームキャット系、デピュティミニスター系など全体的に母父ノーザンダンサー系の好走が目立ちます。

コースデータ

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

サウジアラビアRC 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-133.3%83.3%
2番人気1-3-1-116.7%83.3%
3番人気1-0-2-316.7%50.0%
4-6番人気2-0-2-1411.1%22.2%
7-9番人気0-1-0-160.0%5.9%
10-番人気0-0-0-150.0%0.0%

過去6年間で1~4番人気が(6-5-5-8)、5番人気以下が(0-1-1-42)と非常に固いレースです。単勝オッズが5倍を切ると(4-5-3-1)と堅実。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-0-614.3%14.3%
2枠0-0-2-50.0%28.6%
3枠1-0-1-514.3%28.6%
4枠1-0-0-614.3%14.3%
5枠2-1-0-622.2%33.3%
6枠1-1-0-711.7%22.2%
7枠0-2-1-70.0%30.0%
8枠0-2-2-80.0%33.3%

小頭数になる年もありますが、キャリア1戦の馬は枠順不問。キャリア2戦以上は枠によって成績に差があります。

馬番データ

  • 偶数枠【5-4-3-21】
  • 奇数枠【1-2-3-29】

馬番では6番(3-1-0-2)、2番(1-0-2-3)が好成績。

キャリア2戦以上

  • 1~4枠【0-0-1-19】
  • 5~8枠【3-1-3-23】

キャリア2戦以上の馬は5枠以降が好成績。また偶数枠が(3-1-2-16)、奇数枠が(0-0-2-26)なので外寄りの偶数枠が狙い目です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-50.0%16.7%
先行4-0-3-1122.2%38.9%
差し1-4-2-174.2%29.2%
追込1-2-0-175.0%15.0%

レースの上がり最速馬は(2-3-1-1)と堅実ですが、上がり2~3位が(1-2-0-10)なので上がり勝負という訳ではなく、前残りにも警戒が必要です。

前走上がり3F

  • 1位【5-4-4-21】
  • 2位【1-2-0-8】
  • 3位以下【0-0-2-21】

前走左回りで上がり1位だった馬は(3-3-3-6)複勝率60%。インフィナイトが前走左回りで上がり1位。キングストンボーイ、ダディーズビビッドが前走右回りで上がり1位です。

前走上がり2位で優勝したのは2017年のダノンプレミアムで、前走の新馬戦では4馬身差の楽勝でした。この年2着のステルヴィオは前走でコスモス賞を勝っており、前走上がり2位以下を拾うならそれなりの理由が必要です。

サウジアラビアRC 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦3-5-2-816.7%55.6%
2戦1-1-4-223.6%21.4%
3戦-2-0-0-209.1%9.1%

枠順データと重複しますが、キャリア1戦馬は枠不問、2戦以上は外枠かつ偶数枠が狙い目。

生月データ

  • 1月【2-2-2-1】
  • 2月【0-1-1-11】
  • 3月【2-3-1-22】
  • 4月【2-0-2-12】
  • 5月【0-0-0-4】

インフィナイトが1月生まれです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-3-5-338.9%26.7%
栗東2-3-1-169.1%27.3%

関東・関西で成績に差はありません。藤沢調教師が(1-1-2-0)で出走した4頭は全て人気通りの着順。今年はキングストンボーイが藤沢厩舎所属馬です。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-4-4-31】
  • 乗り替わり【2-2-2-19】

関西騎手の騎乗馬が(2-4-3-9)複勝率50%、さらに2番人気以内だと(2-4-2-1)と鉄板級。

生産者データ

  • ノーザンF【2-4-3-5】

ノーザンF生産馬は2番人気以内で(2-4-1-0)で複勝率100%インフィナイト、ジャンカズマ、ステラヴェローチェの3頭がノーザンF生産馬。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-100.0%0.0%
440-4591-3-2-194.0%24.0%
460-4793-2-1-1415.0%30.0%
480-4991-0-2-512.5%37.5%
500-1-1-1-220.0%60.0%

440kg未満の馬は人気薄が多かったものの馬格はあるに越したことはなく、当日3番人気以内+480kg未満は(2-4-1-5)、480kg以上が(2-1-3-0)。

前走との馬体重差

  • +体重【4-1-1-30】
  • 増減無【1-2-0-7】
  • -体重【1-3-5-13】

サウジアラビアRC 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
重賞0-0-1-100.0%9.1%
オープン0-1-0-30.0%25.0%
1勝0-0-0-110.0%0.0%
未勝利3-0-3-1812.5%25.0%
新馬3-5-2-816.7%55.6%

新馬・未勝利組が優勢で500万以上を使ってきた馬は不振。この時点でのオープン・重賞実績は不要です。

また東京芝1600m、阪神芝1800mと直線の長いコースを使ってきた馬の勝率が高く、前走中山組は過去6年で1度も3着以内がありません。スペシャルトーク、ビゾンテノブファロが前走中山。

前走距離

  • 1200m【0-0-0-6】
  • 1400m【0-1-0-2】
  • 1500m【1-0-1-2】
  • 1600m【3-3-4-33】
  • 1800m【2-2-1-7】

前走場所

  • 東京【3-0-0-1】
  • 中山【0-0-0-17】
  • 阪神【2-1-0-8】
  • 中京【0-1-1-1】
  • 札幌【1-1-2-5】
  • 新潟【0-3-3-12】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-4-5-616.7%66.7%
2番人気3-0-0-1220.0%20.0%
3番人気0-1-1-80.0%20.0%
4番人気0-1-0-20.0%33.3%
5番人気-0-0-0-220.0%0.0%

前走5番人気以下は3着以内無し。また前走3~4番人気で馬券に絡んだ3頭はいずれも前走が左回りの新馬戦です。

カガフラッシュ、コスモアシュラ、シティレインボー、スペシャルトーク、セイウンダイモス、ビゾンテノブファロが前走5番人気以下。

前走右回り

  • 1番人気【2-2-2-4】
  • 2番人気以下【1-0-0-32】

前走が右回りだった馬は前走1番人気なら買い、2番人気以下なら割引き。唯一前走2番人気以下で優勝したのは2014年のクラリティスカイで前走阪神芝1800mを1.46.8で勝っていました。

キングストンボーイ、ジャンカズマが前走右回りで1番人気。

前走着差データ

着順着度数勝率複勝率
0.3秒~6-3-2-80.0%0.0%
0.1~0.2秒0-1-2-90.0%25.0%
0.0秒0-2-1-100.0%23.1%

前走2着以下は(0-0-1-23)で3着に入ったのは2014年のミッキーユニバース。前走は札幌2歳Sで1番人気7着でした。

また1着候補は前走で0.3秒差以上つけて勝っている馬。0.2秒差以内で勝っている馬は新馬組が優勢で、未勝利戦+前走0.2秒差以内での1着だった馬は(0-0-1-12)。

インフィナイト、スペシャルトーク、ヴァーチャリティの3頭が前走0.3秒差以上で1着。

サウジアラビアRC データまとめ

  • 父サンデー系が好成績
  • 母父ロベルト系、ノーザンダンサー系○
  • 4番人気以内が堅実、単勝5倍を切ると鉄板
  • キャリア1戦は枠順不問
  • キャリア2戦以上は外枠かつ偶数枠○
  • 前走左回りで上がり1位だった馬は安定
  • 1月生まれが好成績
  • 関西騎手の騎乗馬が好成績
  • ノーザンF生産馬+当日2番人気以内は複勝率100%
  • 新馬・未勝利組が中心
  • 東京芝1600m、阪神芝1800m組○
  • 前走右回り+2番人気以下は割引き
  • 前走0.3秒で1着だった馬が1着候補

サウジアラビアRC 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎インフィナイト
○キングストンボーイ
▲ダディーズビビッド
△ジャンカズマ
△ステラヴェローチェ
△ヴァーチャリティ

インフィナイトは前走左回りの新馬戦を上がり最速かつ0.4秒差で勝利と内容は文句無し。1月生まれで馬格もあり、ノーザンF生産馬という点も好材料です。予想オッズでは5~6番人気ですが、北村友騎手の継続騎乗を予定しているのも○。

キングストンボーイはレース成績の良い藤沢調教師の管理馬。前走タイム差無しの1着は割引きですが今年は前走上がり1位が3頭しかおらず相対的には上位評価。この2頭はキャリア1戦なので枠関係なく狙えます。

ダディーズビビッドは前走野路菊Sでは新潟2歳S3着のフラーズダルムに先着。血統面では父サンデー系×母父デピュティミニスター系とレース傾向に合っています。キャリア2戦なので外寄りの枠に入れば。

他にはノーザンF生産馬のジャンカズマ、ステラヴェローチェ、3戦目の未勝利戦を好タイムかつ着差をつけて勝ったヴァーチャリティ

テキストのコピーはできません。