シルクロードステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

シルクロードステークス【GⅢ】
2021/1/31(日)
中京競馬場・芝1200m

過去8年分のシルクロードSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

シルクロードS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 モズスーパーフレア
2番人気 ラウダシオン
3番人気 ライトオンキュー
4番人気 クリノガウディー
5番人気 エイティーンガール

参考:netkeiba.com

予想オッズでは昨年の高松宮記念を制したモズスーパーフレア、昨年のNHKマイルCの勝ち馬ラウダシオンの2頭が人気を集めています。

3番手以下にはスプリント戦で安定しているライトオンキュー、昨年降着ながら高松宮記念で1位入線のクリノガウディー、昨年のキーンランドC優勝馬エイティーンガールなどが続きます。

シルクロードS コース&血統分析

中京芝1200m 3勝クラス以上(12~3月)を集計

中京芝1200mの特徴

中京芝1200mは向こう正面の中間点半ばからのスタートになります。最初の100m程が上り坂でその後ラスト300mまでは下り坂、最後に直線の急坂が待ち構えています。

リニューアル当初は時計のかかる重い芝でしたが、2016年にはビッグアーサーが1.06.7のレコードで高松宮記念を制すなど、開催時期によっては高速馬場になることもあります。

重賞ナビ

中京競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

シルクロードS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【11-6-8-137】
  • キングマンボ系【4-6-5-32】
  • エンドスウィープ系【3-3-4-30】
  • ミスタープロスペクター系【3-1-3-34】
  • ダンジグ系【2-1-1-12】

昨年12月から勢いがあるのがロードカナロア産駒でケイアイサクソニーが浜松Sを7番人気1着、アンヴァルが淀短距離Sを7番人気3着など人気以上に好走するケースが目立ちます。

サンデー系ではディープインパクトが安定していますが、穴馬の好走は無く人気馬優勢。アドマイヤムーン産駒も成績は良いものの近年は出走数は多くありません。

相性が悪いのはダイワメジャー、ヨハネスブルグ、タイキシャトルあたり。

シルクロードS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-10-8-84】
  • ダンジグ系【3-2-2-32】
  • ロベルト系【3-2-1-26】
  • プリンスリーギフト系【2-2-3-14】
  • ヘイロー系【2-1-4-16】

母父サンデーサイレンスは(3-3-4-18)と好調ですが、母父がサンデーの仔だと勝ち切れません。昨年の浜松Sでエイティーンガールが1番人気で8着に敗れましたが、母父アグネスタキオンは(0-0-0-13)。

他にはブライアンズタイム、サクラバクシンオー、タイキシャトル、ストームキャットあたりが好成績。また母父ノーザンダンサー系は牡馬よりも牝馬の方が走ります。

シルクロードS 傾向データ①

中京芝1200m 3勝クラス以上(12~3月)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-1-483.8%9.4%
2枠5-6-2-409.4%24.5%
3枠3-2-3-465.6%14.8%
4枠3-5-5-425.5%23.6%
5枠4-1-7-447.1%21.4%
6枠4-5-4-447.0%22.8%
7枠2-6-3-672.6%14.1%
8枠6-2-4-687.5%15.0%

コースデータ通り1枠、7~8枠の複勝率が低めで真ん中あたりが好成績。当日5番人気以内に絞ると他の枠は複勝率30~40%ですが2枠だけが(5-3-2-4)複勝率71.4%と抜けた成績。

馬番データ

  • 偶数馬番【12-16-14-200】
  • 奇数馬番【17-13-15-199】

馬番で見ても飛び抜けて成績が良い馬番、悪い馬番はありません。

6番人気以下

  • 1~3枠【0-3-3-108】
  • 4~6枠【4-2-10-97】
  • 7~8枠【3-4-5-102】

6番人気以下で見ると4~6枠の複勝率が若干高めです。

父ミスプロ系(エンドスウィープ系、キングマンボ系など含む)

  • 1~4枠【1-6-6-49】
  • 5~8枠【9-4-6-48】

ミスプロ系が得意とするコースですが、ミスプロ系は外寄りに入った方が勝率が高いのが特徴。唯一1~4枠から優勝したのは2017年高松宮記念のセイウンコウセイ。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ7-1-3-1824.1%37.9%
先行7-7-7-896.4%19.1%
差し10-15-15-1704.8%19.0%
追込5-6-4-1223.6%10.9%

逃げ・先行馬の成績が非常に良いコースです。特に道悪になると後方からは届きづらく、昨年の高松宮記念ではグランアレグリアも追い込み届かず3着に敗れています。

前走4角位置(前走1400m)

  • 5番手以内【7-3-5-54】
  • 6番手以下【2-8-3-51】

1200m組は前走での位置取りはあまり影響しませんが、1400m組で優勝しているのは前走4角好位組が目立ちます。有力馬ではクリノガウディーが前走1400mで4角7番手でした。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4393-1-0-2410.7%14.3%
440-4592-3-4-503.4%15.3%
460-4795-6-10-1143.7%15.6%
480-49911-11-10-1117.7%22.4%
500-5195-8-3-735.6%18.0%
520-3-0-2-279.4%15.6%

480~499kgの成績や回収値が高めですが、極端に小柄でなければ問題ありません。

シルクロードS 傾向データ②

シルクロードS 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-0-612.5%25.0%
2番人気4-0-0-450.0%50.0%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4-6番人気1-5-0-184.2%25.0%
7-9番人気0-0-2-220.0%8.3%
10番人気-0-1-6-530.0%11.7%

過去8年では当日5番人気以内が(8-6-0-26)と連対率は高いものの、3着に人気薄が入ることが多く3連単は3年連続10万超え。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-2-2-250.0%13.8%
栗東8-6-6-837.8%19.4%

2010年前後は関東馬の好走も多かったものの、近年は関西馬優勢。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-3-1-227.1%21.4%
5歳2-2-2-198.0%24.0%
6歳3-3-3-288.1%24.3%
7歳-1-0-2-392.4%7.1%

4~6歳まで成績は横並びで、性別で見てもほぼ変わりません。昨年は4歳牝馬のワンツーでしたが、4歳牝馬は全体的に人気になりやすい反面着順は振るわないことが多いので注意。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-4-1-38】
  • 乗り替わり【3-4-7-70】

牡馬は継続騎乗、牝馬は乗り替わりの成績が良いのが特徴。また当日5番人気以内+継続騎乗は(5-4-0-7)と連対率が高く、当日6番人気以下は継続騎乗が(0-0-1-31)、乗り替わりが(0-2-7-51)と乗り替わりが圧倒的に優勢。

生産者データ

  • ダーレーJF【1-2-1-6】
  • ノーザンF【1-0-0-8】
  • 社台F【0-0-0-8】

昨年はノーザンF生産のアウィルアウェイが優勝しましたが、ノーザンFや社台F生産馬は相性が悪いレースです。ライトオンキューがダーレー生産馬、コントラチェック、プリモシーン、ミッキースピリット、リバティハイツ、ルッジェーロ、ヴェスターヴァルトがノーザンFか社台F生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-0-0-70.0%0.0%
53.00-2-2-90.0%30.8%
54.00-0-1-350.0%2.8%
55.02-2-2-1310.5%31.6%
56.0-56.51-2-1-253.4%13.8%
57.0-57.53-0-2-1415.8%26.3%
58.0-1-2-0-512.5%37.5%

斤量を背負った馬の複勝率が高く、牡馬は56.5kg以上で(4-2-2-20)。53kgで好走した4頭は牝馬です。

前走との斤量差

  • +斤量【4-3-0-20】
  • 増減無【3-2-2-40】
  • -斤量【1-3-6-48】

当日6番人気以下+斤量減だと(0-2-6-42)、斤量増か同斤量だと(0-0-2-40)と人気薄を狙うなら今回斤量減になる馬。

シルクロードS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-1-0-1114.3%21.4%
GⅡ2-0-1-1213.3%20.0%
GⅢ2-2-0-189.1%18.2%
リステッド0-0-1-110.0%8.3%
オープン2-4-5-483.4%18.6%
3勝0-1-1-70.0%22.2%

前走クラスは不問ですが、当日6番人気以下は重賞組が(0-1-1-27)、オープン特別以下が(0-1-7-54)なので、重賞組は人気馬優勢です。

また前走ハンデ戦も(0-0-1-26)と不振ですが、昨年ナランフレグが3着に入っています。

主な前走

  • 京阪杯【2-2-0-8】
  • スプリンターズS【2-1-0-9】
  • 阪神C【2-0-0-9】
  • 淀短距離S【1-4-3-16】
  • 尾張S【1-0-1-1】

前走距離

  • 1200m【6-8-7-85】
  • 1400m【2-0-1-16】
  • 1600m【0-0-0-7】

前走場所

  • 中山【2-1-1-30】
  • 京都【3-6-5-50】
  • 阪神【2-1-0-18】
  • 中京【1-0-2-6】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-1113.3%26.7%
2番人気0-2-3-110.0%31.3%
3番人気1-0-1-117.7%15.4%
4番人気0-0-1-70.0%12.5%
5番人気1-2-0-512.5%37.5%
6-9番人気4-2-1-2711.8%20.6%
10番人気-0-0-2-360.0%5.3%

クラス関係なく前走10番人気以下は割引き、前走6番人気以下の好走馬はほぼ重賞組で、前走オープン特別以下だった馬は5番人気以内が目安です。

前走重賞

  • 9番人気以内【6-3-0-20】
  • 10番人気以下【0-0-1-21】

今年の前走重賞組は全て前走9番人気以内です。

前走オープン特別以下

  • 5番人気以内【2-5-5-34】
  • 6番人気以下【0-0-2-32】

前走6番人気以下で好走したのは2013年のメイショウデイム(淀短距離S11番人気2着)、2019年のティーハーフ(淀短距離S9番人気3着)とどちらも前走好走馬。

コントラチェック、タイセイアベニール、トゥラヴェスーラ、マリアズハート、ラヴィングアンサー、ヴェスターヴァルトが前走オープン特別以下で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-4-1-207.4%25.9%
2着2-0-2-522.2%44.4%
3着1-0-2-98.3%25.0%
4着2-0-0-625.0%25.0%
5着0-2-0-70.0%22.2%
6-9着0-1-1-300.0%6.3%
10着-1-1-2-312.9%11.4%

前走オープン特別組は3着以内、重賞組は5着以内の成績が良いのが特徴です。

前走重賞

  • 5着以内【5-1-0-9】
  • 6着以下【1-2-1-32】

前走6着以下から連対した3頭は当日5番人気以内。クリノガウディー、シヴァージ、モズスーパーフレアが前走重賞で5着以内。

前走オープン特別

  • 3着以内【2-3-3-20】
  • 4着以下【0-1-3-39】

ダイメイフジ、トゥラヴェスーラ、ラヴィングアンサー、ルッジェーロが前走オープン特別で3着以内。

前走タイム差(1着)

  • 0.1秒差以上【2-4-1-8】
  • タイム差無し【0-0-0-12】

前走オープン特別以下だった馬が大半ですが、前走タイム差無しの1着馬は苦戦しており昨年のレッドアンシェルや一昨年のナインテイルズが人気を背負って敗れています。

トゥラヴェスーラ、ヴェスターヴァルトが前走0.1秒差以上で1着、ラヴィングアンサーはタイム差無しの1着です。

シルクロードS データまとめ

買いデータ

ロードカナロア産駒、母父サンデーサイレンス
当日5番人気以内+2枠
逃げ・先行馬
当日5番人気以内+継続騎乗
前走重賞で5着以内

消しデータ

7歳以上
当日6番人気以下+継続騎乗
ノーザンF、社台F生産馬
斤量54kg
当日6番人気以下+斤量増or同斤量
前走オープン特別以下で6番人気以下

シルクロードS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ライトオンキュー
○トゥラヴェスーラ
▲シヴァージ
△モズスーパーフレア
△タイセイアベニール
△ヴェスターヴァルト
△プリモシーン

ライトオンキューは当日5番人気以内となる可能性は高く、その場合前走が重賞で継続騎乗になる点はプラス。前走9着はやや割引きですが、脚質的にも前で競馬ができダーレー生産馬という点からも大きな減点はありません。

トゥラヴェスーラは予想オッズでは8番人気前後ですが、岩田康騎手への乗り替わり予定なので問題なし。重賞未勝利なので斤量減が予想され、前走0.2秒差で勝っている点も好材料です。

シヴァージは京阪杯組では最先着の5着。高松宮記念5着の実績はあるものの追い込みタイプなのが不安要素。ただしコース成績断トツの福永騎手への乗り替わりを想定しているのは期待できます。

モズスーパーフレアは高松宮記念勝ちの実績もあり、脚質的にもコース傾向に合っています。ただ今回は北村友騎手への乗り替わり予定になるのはデータ的には割引き。

あとは前走は7着でしたがセントウルS、豊明Sなどコース実績はあるタイセイアベニール、コース巧者で今回人気薄+斤量減が予想されるヴェスターヴァルト、京阪杯は大敗しましたがディープ産駒の牝馬で母父ダンジグ系と血統だけは魅力的なプリモシーン

テキストのコピーはできません。