JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

カジノドライヴ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


カジノドライヴは2005年生まれの種牡馬です。このページではカジノドライヴ産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

カジノドライヴの成績

血統表

競争成績
  • 戦績:11戦4勝
  • 賞金:69,386,000円/151,200ドル
主な勝ち鞍
  • ピーターパンS
種牡馬成績
  • 2015年 84位
  • 2016年 45位
  • 2017年 42位
代表産駒
  • レッドゲルニカ(バレンタインS)
  • ドライヴナイト(すばるS)
  • プレスティージオ(御影S)
  • ヒロブレイブ(花園S)
  • ヴェンジェンス(大阪スポーツ杯)
  • ノーブルサターン(安達太良S)
  • マリームーン(神無月S)
  • ヴォカツィオーネ(釧路湿原特別)
  • コウエイテンマ(フェニックス賞)
  • ニホンピロヘーゼル(1000万下)

無料情報で回収率950%の新サイト登場

ファンタジーS 6→1→2人気 三連複6点800円4,800円投資→45,600円獲得の回収率950%
これが無料情報で配信されてきました。実際届いたスクショがコチラ↓



そして各プランで秋華賞からいい的中出してます。
・エリザベス女王杯 3連単10点→264,800円
・AR共和国杯 3連単10点→115,350円
・天皇賞秋 3連単10点→88,600円
・菊花賞 3連単12点→188,080円
・富士S 3連単6点→301,590円
・秋華賞 3連単15点→212,910 円



そんな予想さんが配当妙味なレースを選び 週末無料開放&公開。
ファンタジーSの950%が脳裏にあり、1000%買い目期待しちゃいますね。

ユニコーンの厳選無料買い目を受け取る
↑土日4レースの三連複買い目を無料公開。メール登録、エントリーはお早目がおすすめです。

カジノドライヴ産駒の得意距離は?

芝:1600m以下

芝コースで走る産駒は殆どいませんが、1800m以上では成績や回収値が落ちるので基本的にはマイル以下が良さそうです。。2歳オープンのフェニックス賞を5馬身差で勝ったコウエイテンマもいますが、芝での勝利は全て世代限定戦となっています。

ダート:1300~1700m

ダートでは1300~1400mでの成績が非常に良く、特別勝ちもこの距離が非常に多いのが特徴です。1800mまでは対応できますが、距離が延びるほどやや成績を落としています。

カジノドライヴ産駒 芝適性

芝・競馬場別


特徴といえる程の数字はありませんが、新潟1600mの新馬戦を12番人気で勝ったシャイニードライヴが1年後に新潟1400mで18番人気ながら3着に入り、三連単1000万馬券を演出しています。

どちらかといえばスローペースの上がり勝負が合っていそうで、2400mの新緑賞ではビービーガウディが上がり33.5秒で勝つなど前半ゆったり流れる方が成績が良いのが特徴です。

得意なコース

  1. 連対率16.7% 東京・芝1600m
  2. 連対率12.5% 京都・芝1600m(内)
  3. 連対率6.7% 小倉・芝1200m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 阪神・芝1600m
  2. 連対率0.0% 中山・芝1600m
  3. 連対率0.0% 東京・芝1400m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

芝・クラス別

未勝利戦×

芝では基本的に買えませんが、特に未勝利戦では1番人気のシーブリーズラブ(新馬戦2着)が1勝を挙げたのみで単回値も2という数値。ビービーガウディも初勝利はダートの未勝利戦でした。

新馬戦でよほど僅差でない限り、一度使って馬が変わるということはなさそうです。

芝・前走距離別


芝では累計6勝なので前走距離はあまり参考になりません。

カジノドライヴ産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートは西開催の競馬場を得意としており、中京・京都・阪神・小倉では複勝率が30%を超えています。特に阪神・京都の1400mと1800mは抜群の成績。

中山競馬場では3番人気以内の人気馬しか勝っておらず、連対率も6.4%とあからさまに苦手としています。

得意なコース

  1. 連対率34.6% 阪神・ダ1800m
  2. 連対率31.3% 東京・ダ1400m
  3. 連対率30.3% 京都・ダ1800m
  4. 連対率29.0% 京都・ダ1400m
  5. 連対率27.6% 阪神・ダ1400m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 新潟・ダ1200m
  2. 連対率0.0% 中京・ダ1900m
  3. 連対率0.0% 中山・ダ1800m
  4. 連対率7.1% 新潟・ダ1800m
  5. 連対率15.2% 東京・ダ1600m

※500万下以上のレースを集計、出走数が少ないコースは省いています。

ダート・クラス別

1000万~1600万下○、新馬戦△

晩成タイプが多いのか新馬戦の成績が悪いのが特徴でレッドゲルニカは4戦目、ヒロブレイブは6戦目が初勝利でした。

ただ走るごとに成長していく産駒が多く1600万下での複勝率40%超は非常に優秀です。オープンクラス活躍する産駒はまだ少ないですが、この傾向を見ると今後は増えてきそうです。

ダート・前走距離別

延長、短縮△

ダートは距離に関係なく延長・短縮共にあまり成績が良くありません。

カジノドライヴ産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

ダートの重馬場○

ダートは馬場が渋れば渋るほど成績や回収値がはっきりと上がっており、ダートの重馬場は大歓迎です。良馬場と不良馬場では成績に1.5倍くらいの差があり、カジノドライヴ産駒は重馬場になったら無条件で抑えた方が良さそうです。

重馬場で狙いたい母父

重馬場ではアフリートやポイントギヴンなどのミスプロ系やワイルドラッシュあたりの成績が良く、サンデー系ではアグネスタキオン、スペシャルウィーク、フジキセキあたりが活躍しています。

季節適性・牡馬

※500万下以上のレースを集計

牡馬:9月~12月

牡馬はどの季節でも一定以上の成績は残していますが、秋から冬にかけての成績が良く9~12月は複勝率40%をキープしています。

冬場に走りやすいため2月~5月頃はやや人気が先行しがちな面もあり、人気より着順を大きく落としやすいので注意が必要です。

季節適性・牝馬

※500万下以上のレースを集計

牝馬:8~10月

牝馬は牡馬ほど出走数が無いためブレがありますが、牡馬と同じく9~10月頃を得意としています。4~7月は1勝のみで回収値も低く、春から初夏にかけては期待できません。

カジノドライヴ産駒 血統相性

母父別成績


系統別ではミスプロ系>ノーザンダンサー系>ヘイロー系となっておりどの母父でもアベレージは高めです。母父サンデーサイレンス、マンハッタンカフェは不振でサンデー系ではスペシャルウィーク、バブルガムフェローあたりが好成績。

母父スペシャルウィーク

  • ヴェンジェンス(大阪スポーツ杯)
  • ノーブルサターン(安達太良S)

母父ラストタイクーン

  • プレスティージオ(御影S)

母父ポイントギヴン

  • レッドゲルニカ(バレンタインS)

母父ワイルドラッシュ

  • ヒロブレイブ(花園S)

カジノドライヴ産駒 特徴まとめ



ダートコース
・1300~1700m
・西開催(中京・京都・阪神・小倉競馬場)
・1000万~1600万下
・重馬場、不良馬場
季節
・牡馬/9~12月
・牝馬/9~10月
血統
・母父スペシャルウィーク、ミスプロ系
芝コース
・未勝利戦
・2歳戦以外
ダートコース
・中山競馬場
・新馬戦
・距離延長、短縮

カジノドライヴ産駒の分析は以上です。


日本最高クラスの馬券師たちの確かな実績。重賞レースの買い目を毎週無料公開!
⇒今週の無料買い目をチェック!

ヘイロー系
ミスタープロスペクター系
ノーザンダンサー系
ナスルーラ系
ロベルト系
競馬場データ分析はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。