JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ディープインパクト産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

ディープインパクトは2002年生まれの種牡馬です。このページではディープインパクト産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などをデータから分析していきます。

大混戦の菊花賞も指数で的中!


今週の無料提供レースは「菊花賞」です。
登録後、運営者北条氏のブログでレース当日に指数を公開します。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

ディープインパクトの成績


ディープインパクト
・2002年生
・父サンデーサイレンス
・母ウインドインハーヘア(Alzao)

競走成績
・戦績:14戦12勝
・賞金:1,454,551,000円

主な勝鞍
・東京優駿
・皐月賞
・菊花賞
・有馬記念
・ジャパンC
・天皇賞・春
・宝塚記念
・阪神大賞典
・神戸新聞杯
・弥生賞

受賞
・2005年 年度代表馬、最優秀3歳牡馬
・2006年 年度代表馬、最優秀4歳以上牡馬
・2008年 顕彰馬に選出

種牡馬成績
・2010年 35位
・2011年 2位
・2012年 1位
・2013年 1位
・2014年 1位
・2015年 1位
・2016年 1位
・2017年 1位

代表産駒
・ジェンティルドンナ(牝馬三冠などGⅠ7勝)
・サトノダイヤモンド(菊花賞、有馬記念)
・エイシンヒカリ(香港C、イスパーン賞)
・ヴィブロス(ドバイターフ、秋華賞)
・マリアライト(宝塚記念、エリザベス女王杯)
・ショウナンパンドラ(秋華賞、ジャパンC)
・ミッキークイーン(オークス、秋華賞)
・リアルインパクト(ジョージライダーS、安田記念)
・ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2回)
・キズナ(東京優駿)

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?


スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

⇒今すぐサイトを見に行く!

ディープインパクト産駒の得意距離は?


芝1400~2400mまで複勝率30%を超えており条件不問。どちらかと言えば右回りの競馬場を得意としていますが、スプリント戦や芝2500m以上の長距離戦は苦手としています。

特に芝1600~2000mの重賞では逆らわないのが無難。牝馬はマイル適性の高い産駒が多く桜花賞4勝、ヴィクトリアマイル3勝など圧倒的な成績を残しています。

ダートは苦手としており重賞勝ちはボレアスのレパードSのみ。下級条件ではそれなりに走りますが回収値も高くなく敢えてダートで狙う要素はありません。

ディープインパクト産駒 芝適性

芝・競馬場別


ほぼ全てのコースで複勝率30%以上と高レベルで安定しています。ローカルより中央4場の成績が良く、特に京都・阪神競馬場の重賞では信頼度は非常に高いです。

末脚を活かすタイプが多いためある程度直線が長めの競馬場の方が向いています。直線の短い函館や直線が短い上に馬場が荒れやすい福島では成績を落としやすい傾向にあります。

芝・クラス別


新馬戦からGⅠまで回収値はほぼ変わりません。特に新馬戦の勝ち上がり率は抜群で2018年の種付け料が4000万円と大幅に上がったのも納得の成績です。

またジェンティルドンナが1頭で稼いでいるのもありますが、国内GⅠは牡馬18勝に対して牝馬22勝となっており、牝馬戦だけではなくマリアライトやショウナンパンドラのように混合GⅠでも軽視できません。

芝・前走距離別


距離延長・短縮をあまり苦にするタイプではありませんが、唯一500m以上の延長になると成績を大きく落としています。この条件に当てはまりやすいのが菊花賞で、2018年9月時点で3000m以上の2勝はサトノダイヤモンドのみです。

ディープインパクト産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートは芝と比べると見劣りしますがどの競馬場でも一定の成績を残しています。その中でも勝率の高い札幌競馬場、複勝率の高い京都競馬場など多少の特徴はあります。回収値を含めると中山競馬場が馬券的にはお勧めです。

ダート・クラス別


ダートは買えるとすれば未勝利戦のみ。それ以外は成績・回収値共に奮わず敢えて狙うのは難しいです。ディープインパクト産駒というだけでダートでも若干人気先行する面があるため、逆に消しデータとして見るのが良いかもしれません。

ダート・前走距離別


ダートは前走と同距離の場合の成績が良く、距離延長も短縮もあまり得意ではありません。

ディープインパクト産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性


スピードに優れた産駒が多いため重馬場は苦手というイメージが少なからずあると思いますが、実際は芝コースの成績は良馬場~不良馬場までほぼ変わりません。

ダートでは稍重以上になると勝率こそ落ちますが、連対率や複勝率はほぼ変わらないためそこまで評価を下げる必要はありません。

季節適性

牡馬/500万下以上の月別成績

牡馬は年間を通じて安定しています。重賞では牡馬の平均勝率12.7%に対して7~8月の勝率が20%超えとこの2か月間が飛び抜けて高く、9月は5.9%とガクンと落ちます。

特に9月中山の重賞は2018年9月時点で(1-8-4-25)、優勝したのはセントライト記念のディーマジェスティのみと勝ちきれない傾向があります。

牝馬/500万下以上の月別成績

牝馬は4~9月の暖かい季節を得意とするというはっきりした傾向があり、10~3月と比べるとその差は一目瞭然で重賞での勝率も同じ傾向があります。

ただ10~3月も苦手としている訳ではなく他種牡馬と比較すれば十分走っている数字です。

ディープインパクト産駒 血統相性


母父ストームキャット、フレンチデピュティは産駒数の多さに対してGⅠ馬も多数輩出。配合相手を選ばず自身の優れたスピードが強く出た産駒が多いのが特徴ですが、特にノーザンダンサー系とは好相性。

最近では母父キングカメハメハが圧倒的な成績を残しており、デニムアンドルビーやワグネリアン、キタノコマンドールなどが代表です。

相性の悪い母父
・エンドスウィープ(6-3-7-67/連対率10.8%)
・フサイチコンコルド(2-0-2-36/連対率5.0%)
・マイネルラヴ(2-3-3-48/連対率8.9%)

無料買い目企画「俺の無料」

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめな3連系の特注情報が満載!

無料メルマガ購読はこちら

ディープインパクト産駒 特徴まとめ

【芝コース】
・1400~2400m
・中央4場、札幌競馬場
・稍重~不良馬場
【ダートコース】
・未勝利戦
【季節】
・牡馬/7~8月(重賞)
・牝馬/4~9月
【血統】
・母父ストームキャット、フレンチデピュティ、キングカメハメハ
【芝コース】
・函館、福島競馬場
【ダートコース】
・距離延長、距離短縮
【季節】
・牡馬/9月

ディープインパクト産駒のデータ分析は以上です。
予想の参考にして頂けましたら幸いです。

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら
ヘイロー系

ミスタープロスペクター系

ノーザンダンサー系

ナスルーラ系

ロベルト系

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.