JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ハービンジャー産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


ハービンジャーは2006年生まれの種牡馬です。このページではハービンジャー産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

ハービンジャーの成績

血統表

競争成績
  • 戦績:9戦6勝
主な勝ち鞍
  • キングジョージⅥ&QES
種牡馬成績
  • 2014年 55位
  • 2015年 14位
  • 2016年 9位
  • 2017年 6位
  • 2018年 5位
代表産駒
  • ブラストワンピース(有馬記念)
  • ペルシアンナイト(マイルCS)
  • ディアドラ(秋華賞)
  • モズカッチャン(エリザベス女王杯)
  • ベルーフ(京成杯)
  • プロフェット(京成杯)
  • ノームコア(紫苑S)
  • ヒーズインラブ(ダービー卿CT)
  • ドレッドノータス(京都2歳S)
  • ニシノデイジー(東スポ杯2歳S、札幌2歳S)
スプリングSは無料情報で3連複162,000円的中!

◆直近の的中実績
中山牝馬S:3連単12点で653,520円獲得!
スプリングS:3連複10点で162,000円獲得!

【土曜に提供された無料買い目】

今週の無料提供レース→『毎日杯・高松宮記念

基本馬券師軍団JHAさんのこの無料提供は見ておいて損なし。負けない三連複勝負買い目が毎週もらえちゃいます。

毎日杯・高松宮記念の買い目(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

ハービンジャー産駒の得意距離は?

芝:2000~2600m

芝1600~2600mまで広い距離適性を持ち、右回りコースを得意としています。特に芝2000mが得意でディアドラ(秋華賞)、ベルーフ(京成杯)、プロフェット(京成杯)、ドレッドノータス(京都2歳S)など重賞勝ちの4割以上が芝2000mです。

2400m以上の長距離になると条件戦での1着はあってもオープンクラスはまだ勝っていませんが、オークスのモズカッチャンやディアドラなど世代限定戦ではそれなりに走っています。

2018年にブラストワンピースが有馬記念を制しましたが、古馬オープンクラスでの2400m以上ではやや足りない部分もあり、良馬場より道悪で成績を伸ばすなど条件を選ぶ傾向があります。

ダート:1600m~

ダートは基本的に苦手としています。勝率が低く頭では狙えませんが2~3着狙いならアリ。

ハービンジャー産駒 芝適性

芝・競馬場別


中山競馬場を得意としていますが1200m、1600m、2000mの成績が良い反面、1800mと2200mの成績が悪いという特徴もあります。阪神・京都・小倉の西開催ではクラスが上がっても安定していますが福島や新潟では信頼度は低め。

特に新潟競馬場の成績が悪く最初の頃はサンデー系に比べるとキレが足りない産駒が多かったのですが、新潟記念を完勝したブラストワンピースや府中牝馬Sで32.3の上がりを使ったディアドラのような産駒も出始めています。

得意なコース

  1. 連対率42.9% 中山・芝1200m
  2. 連対率35.0% 函館・芝2600m
  3. 連対率31.1% 小倉・芝2000m
  4. 連対率31.0% 札幌・芝1800m
  5. 連対率30.2% 中山・芝1600m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 新潟・芝1600m
  2. 連対率0.0% 小倉・芝1200m
  3. 連対率6.1% 新潟・芝1800m
  4. 連対率9.3% 中山・芝1800m
  5. 連対率10.3% 札幌・芝2000m

※500万下以上のレースを集計、出走数が少ないコースは省いています。

芝・クラス別

1000万~GⅢ○、ハンデ戦○

2017年にはディアドラ、モズカッチャン、ペルシアンナイトが立て続けにGⅠを勝ち、2018年はブラストワンピースやノームコアが出てくるなど重賞で活躍する産駒が増えてきています。

1000万~GⅢまでは成績も安定していて信頼できますが、GⅡになると複勝率を大きく落としている点には注意が必要です。

ハンデ戦では14%近い勝率を残していますが重賞ではやや足りず1000万~オープン特別のハンデ戦の成績が良いのが特徴です。また2017年以降は牝馬限定重賞での成績を伸ばしています。

芝・前走距離別

延長、短縮○

距離延長・短縮共に苦にしません。距離短縮での成績は幅広い距離分布になっていますが、距離延長は特に2000m以上の距離に延長となった時の成績が良いのが特徴です。ただし延長時は2~3着が多いのに注意。

ハービンジャー産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートでは狙って買うのは難しいですが、京都・中京競馬場では複回値が高めで紐ならアリです。函館ダート1700mは(2-3-1-10)で唯一狙えるコースです。

苦手なコースはそれぞれ10~15戦前後ですが、3着はあっても連対が1回も無いコースです。

得意なコース

  1. 連対率31.3% 函館・ダ1700m
  2. 連対率20.0% 京都・ダ1900m
  3. 連対率16.7% 阪神・ダ2000m
  4. 連対率16.3% 東京・ダ1600m
  5. 連対率13.6% 中山・ダ1200m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 京都・ダ1200m
  2. 連対率0.0% 東京・ダ1400m
  3. 連対率0.0% 阪神・ダ1200m
  4. 連対率0.0% 中京・ダ1900m
  5. 連対率0.0% 新潟・ダ1200m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

ダート・クラス別

2~3着付け

ほとんどの産駒が500万クラスまでです。上と重複しますがダートのハービンジャー産駒は間違っても1着固定では買わないように。

ダート・前走距離別

延長○

ダートでは距離延長時の複回値が100近く、距離延長時の2~3着狙いならアリ。単回値は安定して低いです。

ハービンジャー産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

重馬場○

不良馬場にまでなると成績は大きく落ちますが、基本的には道悪は苦にしないタイプで道悪の重賞では積極的に狙えます。

重馬場の秋華賞を勝ったディアドラや稍重のマイルCSを勝ったペルシアンナイト、有馬記念を勝ったブラストワンピースなど2018年までのGⅠ4勝中3勝が稍重~重馬場となっています。

重馬場で狙いたい母父

稍重~重馬場になると芝・ダート共に母父アグネスタキオンの成績が良く、ジャングルポケットやネオユニヴァース、ディープインパクトも複勝率が高めです。

季節適性・牡馬

※500万下以上のレースを集計

牡馬:6~7月

牡馬は6~7月の成績が抜群です。10~12月の成績も悪くなく、2017年のイメージそのままに秋のGⅠシーズン向けといえるかもしれません。ただし9月は大きく成績を落としており、9月中山のスピードが出る野芝は合わないようです。

季節適性・牝馬

※500万下以上のレースを集計

牝馬:8月

牝馬は牡馬とは真逆で6~7月の勝率が非常に低く、8月の札幌と小倉で荒稼ぎしています。牡馬が苦手としている中山の野芝も、牝馬はサンプル数が少ないながらもきっちり勝ち切っています。

ハービンジャー産駒 血統相性

母父別成績


サンデーサイレンスを始め母父サンデー系の母数が圧倒的ですが、サンデーサイレンスやフジキセキ、スペシャルウィークとは相性が良さそうです。

母父クロフネやキングカメハメハ、ジャングルポケットでも成績を残しており、相手を選ばないタイプ。サンデーサイレンス、キングカメハメハ、クロフネなど異なる母父から重賞馬を輩出しています。

母父サンデーサイレンス

  • ペルシアンナイト(マイルCS)
  • ドレッドノータス(京都2歳S)
  • ベルーフ(京成杯)
  • マイネルサージュ(福島民報杯)
  • ナイトオブナイツ(巴賞)
  • サンマルティン(都大路S)

母父キングカメハメハ

  • ブラストワンピース(有馬記念)
  • モズカッチャン(エリザベス女王杯)

母父スペシャルウィーク

  • ディアドラ(秋華賞)

母父クロフネ

  • ノームコア(紫苑S)
新予想サイト登場!今なら期間限定5000円分ptプレゼント

【先週の的中実績】
千葉ステークス732倍、但馬ステークス70倍
スプリングステークス2358倍→3連単117万的中!
10番人気エメラルファイトもしっかり抑えています

今週の無料提供レース→「ミモザ賞」
おそらく日曜は高松宮記念を公開してくれると思います。

今週の買い目を見る(無料)
今なら5000円分の無料pt貰えます(期間限定)

ハービンジャー産駒 特徴まとめ



芝コース
・1600~2600m(右回り)
・中山競馬場(根幹距離)
・ハンデ戦(1000万~オープン特別)
・距離短縮、2000m以上への距離延長
・稍重~重馬場
ダートコース
・1600m~(2~3着付け)
・京都、中京競馬場(2~3着付け)
季節
・牡馬/6~7月、10~12月
・牝馬/8月
血統
・母父サンデーサイレンス、フジキセキ、クロフネ、キングカメハメハ
芝コース
・新潟、中京競馬場
・不良馬場
ダートコース
・福島、小倉競馬場

ハービンジャー産駒の分析は以上です。


日本最高クラスの馬券師たちの確かな実績。重賞レースの買い目を毎週無料公開!
⇒今週の無料買い目をチェック!

ヘイロー系
ミスタープロスペクター系
ノーザンダンサー系
ナスルーラ系
ロベルト系
競馬場データ分析はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.