JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ヘニーヒューズ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


ヘニーヒューズは2003年生まれの種牡馬です。このページではヘニーヒューズ産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

ヘニーヒューズの成績

血統表

競争成績
  • 戦績:10戦6勝
  • 賞金:1,124,820ドル
主な勝ち鞍
  • ヴォスバーグS
  • キングスビショップS
種牡馬成績
  • 2010年 259位
  • 2011年 118位
  • 2012年 125位
  • 2013年 71位
  • 2014年 96位
  • 2015年 99位
  • 2016年 89位
  • 2017年 56位
代表産駒
  • モーニン(フェブラリーS)
  • アジアエクスプレス(朝日杯FS)
  • ケイアイレオーネ(シリウスS、兵庫ジュニアGP)
  • ヘニーハウンド(ファルコンS)
  • ドンフォルティス(北海道2歳優駿)
  • イーグルバローズ(富嶽賞)
  • バイラ(端午S)
  • クイーンズテソーロ(妙高特別)
無料情報で京王杯SC、ヴィクトリアマイル的中!
実際レース前日に配信された買い目がコチラ↓

03クロコスミア11番人気をしっかり入れての10点→354.9%!!
-----------------------------------
NHKマイルC/3連単16点/123万2040円
新潟大賞典/3連複11点/54,810円
天皇賞春/3連単10点/441,990円
青葉賞/3連単12点/214,900円
スイートピーS/3連単12点/63,080円
フローラS/3連単12点/458,720円
マイラーズC/3連複6点/12,600円
福島中央テレビ杯/3連単9点/495,240円
-----------------------------------
今週末の無料配信は【日本ダービー/東京優駿】
無料メルマガ登録で毎週無料G1買い目が見れます。今週もダブル的中信じていきましょう!

ダービー無料買い目[CLICK]
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

ヘニーヒューズ産駒の得意距離は?

芝:1200~1400m

芝は出走数は多くありませんがダート同様に1400m以下に適性がありそうです。2戦目でファルコンS(1200m)を制したヘニーハウンドや、阪神Cではモーニンが1.20.1のタイムで6着に入るなど少ない産駒数ながら1400mで複勝率55%という成績を残しています。

ダート:1000~1400m

ダートの1400m以下を得意しており長くても1700mまで。世代限定戦でも1800mになると2~3着が多く勝ちきれなくなっていることから古馬クラスでは中距離も厳しいかと思われます。コースは右回りの方がやや得意。

ヘニーヒューズ産駒 芝適性

芝・競馬場別


参考程度の成績にはなりますが、東京競馬場と小倉競馬場では一定の成績を残しています。京都競馬場では勝っていませんが外国産時代のヘニーハウンドは京都1200mの鞍馬S、オパールSを勝っています。

得意なコース

  1. 連対率28.6% 小倉・芝1800m
  2. 連対率20.0% 福島・芝1200m
  3. 連対率18.2% 阪神・芝1400m
  4. 連対率16.7% 小倉・芝1200m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 東京・芝1600m
  2. 連対率0.0% 札幌・芝1200m
  3. 連対率0.0% 函館・芝1200m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

芝・クラス別


芝では未勝利の産駒ばかりですが新潟2歳で1番人気になったムスコローソや皐月賞に出走したスリーヘリオスなどを輩出しています。未勝利戦では1着は少ないながら複勝率はそれなりの数値をマークしているので紐ならアリ。

芝・前走距離別


距離短縮の場合は1400mへの短縮が現状では目立ち、ムスコローソが1600mの新潟2歳S12着から1400mへの距離短縮で1着となった例があります。

距離延長では本来適距離ではなさそうなのですが、1800mへの延長でシゲルホウレンソウ、ルベライト、プタハの3頭が連対しているなどはっきりした傾向はまだ見えません。

ヘニーヒューズ産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートはローカルの出走数はまだ少ないため参考程度ですが、中央場ではどの競馬場でも安定した走りを見せています。

中京競馬場でやや勝率を落としており、どちらかと言えば右回りの京都、中山競馬場で狙いたい種牡馬です。

得意なコース

  1. 連対率40.0% 福島・ダ1150m
  2. 連対率34.0% 京都・ダ1400m
  3. 連対率33.3% 福島・ダ1700m
  4. 連対率31.3% 中京・ダ1200m
  5. 連対率30.0% 新潟・ダ1800m

苦手なコース

  1. 連対率10.0% 中京・ダ1800m
  2. 連対率10.0% 東京・ダ1600m
  3. 連対率12.5% 京都・ダ1800m
  4. 連対率12.5% 中京・ダ1400m
  5. 連対率14.3% 中山・ダ1800m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

ダート・クラス別

未勝利、500万下○

世代限定戦のみの成績ですが新馬戦からオープンクラスまで現状はしっかり勝ち上がっています。未勝利戦~500万下では単・複共に回収値も高めです。

端午Sを勝ったバイラや伏竜Sを勝ったドンフォルティスなど世代の中でもトップクラスの能力を持っていそうですが、適距離が短めなので古馬クラスでのマイル以上は疑ってかかった方がいいかもしれません。

ダート・前走距離別

延長△

適距離が短いことから距離延長はあまり得意ではないと思われます。短縮は複勝率・回収値共に高く、やはり1200~1400mへの短縮時が買い時です。

ヘニーヒューズ産駒 重馬場適性

重馬場適性

稍重~不良馬場△

ダートは良馬場時の成績が最も良く、重馬場になると勝ちきれないのが特徴です。出走数が少ないこともありますが現状では良馬場がベスト。

ヘニーヒューズ産駒 血統相性

母父別成績


母父フジキセキからはドンフォルティス、母父デヒアからはバイラを輩出しています。またモーニンやケイアイレオーネの母父はミスプロ系なので大物を出すとしたらミスプロ系が有力。

サンデーサイレンス系ではフジキセキの他にネオユニヴァースの複勝率が高めですがアグネスタキオン、ダンスインザダーク、スペシャルウィークは今のところはイマイチ。

母父フジキセキ

  • ドンフォルティス(北海道2歳優駿)
  • プロミストリープ(浦和桜花賞)

母父デヒア

  • バイラ(端午S)

ヘニーヒューズ産駒 特徴まとめ


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6R+指定重賞は無料公開
指数6位以内or指数値30以下の馬に注目
⇒無料指数はコチラから

芝コース
・1400m
・東京、小倉競馬場
ダートコース
・1200~1400m
・京都、中山競馬場
・1200~1400mへの距離短縮
血統
・母父フジキセキ、デヒア、ミスプロ系
芝コース
・距離延長、距離短縮
ダートコース
・距離延長
・重~不良馬場

ヘニーヒューズ産駒の分析は以上です。


日本最高クラスの馬券師たちの確かな実績。重賞レースの買い目を毎週無料公開!
⇒今週の無料買い目をチェック!

ヘイロー系
ミスタープロスペクター系
ノーザンダンサー系
ナスルーラ系
ロベルト系
競馬場データ分析はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.