JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ロードカナロア産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


ロードカナロアは2008年生まれの種牡馬です。このページではロードカナロア産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

ロードカナロアの成績

血統表

競争成績
  • 戦績:19戦13勝
  • 賞金:669,968,000円/17,100,000香港ドル
主な勝ち鞍
  • 香港スプリント2回
  • 安田記念
  • スプリンターズS
  • 高松宮記念
  • 阪急杯
  • 京阪杯
  • シルクロードS
受賞
  • 2012年 最優秀短距離馬
  • 2013年 年度代表馬、最優秀短距離馬
  • 2018年 顕彰馬に選出
種牡馬成績
  • 2017年 40位
  • 2017年 7位
代表産駒
  • アーモンドアイ(ジャパンC、牝馬三冠)
  • ステルヴィオ(マイルCS)
  • サートゥルナーリア(ホープフルS)
  • ダノンスマッシュ(京阪杯)
  • ファンタジスト(京王杯2歳S、小倉2歳S)
  • ケイデンスコール(新潟2歳S)
  • アンヴァル(オパールS)
  • アンフィトリテ(マーガレットS)
  • エイシンデネブ(由布院特別)

ロードカナロアは2017年デビュー世代が初年度産駒になります。データが不足している所も多いため抜粋した分析になりますが、徐々にデータを増やしていきますのでご了承下さい。

エルムSで3連単42万9000円を見事的中!

先週のエルムS(G3)週も炸裂!的中実績をご紹介します!驚愕です…

3連単4-13-6 143,000×300=429,000円獲得!
10番人気ハイランドピーク2着入線大的中◎!
この穴配当を24点で的中も凄すぎます!そしてまたもやGプレミオ…



◎夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当Get!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

そんな新星予想さんのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


今週は「札幌記念(G2)」を無料予想!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです! もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

札幌記念(G2)の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

ロードカナロア産駒の得意距離は?

芝:1200~1600m

多くが世代戦ですが芝1600mを非常に得意としており、1200~1600mで好成績を挙げています。1800m以上の距離になると成績が落ちますが、母フサイチパンドラのアーモンドアイが牝馬三冠を達成し、母シーザリオのサートゥルナーリアがホープフルSを勝利。

父キングカメハメハと同じように母系の良さを引き出す力があり、母系次第で距離適性の幅が広がりそうです。

ただアーモンドアイは距離適性以上に能力が抜けており、世代限定戦では皐月賞4着のステルヴィオのようにある程度の距離には対応できそうですが、古馬クラスになるとやはりマイル前後を得意とする産駒が多いのではないかと思われます。

ダート:1200m以下

ダートはほとんどが下級条件ですが、距離は短い方が良くダート1000mでは複勝率40%台で回収値も高め。1300m以上になると単回値が低くほぼ人気に推された馬しか勝っていません。

ロードカナロア産駒 芝適性

芝・競馬場別


阪神競馬場や東京競馬場での成績や回収値が優秀で、桜花賞やジャパンCのアーモンドアイも強い勝ち方でした。他の競馬場でも高い複勝率を残していますが、唯一京都競馬場だけは他のコースに比べて成績が低めに出ています。

関東では東京>中山、関西では阪神>京都、また中京での成績も良いことから直線が長く坂のあるコースを得意とするのではないかと考えられます。

ステルヴィオがマイルCSを勝ったように、ロードカナロア産駒は京都外回りの1600mだけは成績が良いのですが、京都1400m(外)、1600m(内)、1800mは苦手としています。

得意なコース

  1. 連対率41.7% 中京・芝1600m
  2. 連対率40.0% 新潟・芝1600m
  3. 連対率36.7% 福島・芝1600m
  4. 連対率34.2% 東京・芝1600m
  5. 連対率33.3% 京都・芝1600m(外)

苦手なコース

  1. 連対率5.0% 京都・芝1800m
  2. 連対率12.5% 京都・芝1400m(外)
  3. 連対率14.3% 中京・芝1400m
  4. 連対率14.3% 京都・芝1600m(内)
  5. 連対率15.0% 新潟・芝1400m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

芝・クラス別

新馬戦○

新馬戦の成績が良く、同期のオルフェーヴル産駒に比べると人気通りにキッチリ勝ち上がっています。2017年度の2歳リーディングではディープインパクトに次ぐ2位で勝馬率は34.9%、ディープインパクトには及びませんがダイワメジャーと並ぶ勝馬率やEIとなっています。

古馬重賞でもダノンスマッシュが京阪杯を制すなど短距離は古馬クラスでも充分通用しており、今後はアドマイヤムーンやダイワメジャーあたりがライバルになりそうです。

芝・前走距離別

延長△

距離短縮は得意としていますが、意外と1200~1400mへの短縮よりも中距離以上を使ってきた馬が1600~1800mへ短縮というパターンで結果が出ているのが特徴です。

距離延長はやや苦手としていますがアーモンドアイのオークスやジャパンC、ホープフルSのサートゥルナーリアなど能力の高さがあれば問題無し。

ただ現状では距離延長で結果が出ているのは未勝利戦や500万を中心とした世代限定戦が多く、古馬クラスでの距離延長はやや信頼性には欠けます。

ロードカナロア産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートは現状走るとは言えませんが、関西ではそれなりに結果を残しています。その反面東京や中山競馬場では成績が奮いません。芝でのパフォーマンスからダートもそこそこ走ると思われていますが、回収値を見る限りダートでは積極的には買えません。

得意なコース

  1. 連対率55.6% 札幌・ダ1000m
  2. 連対率35.7% 中京・ダ1200m
  3. 連対率33.3% 小倉・ダ1700m
  4. 連対率33.3% 小倉・ダ1000m
  5. 連対率33.3% 福島・ダ1150m

苦手なコース

  1. 連対率5.6% 阪神・ダ1800m
  2. 連対率7.1% 東京・ダ1400m
  3. 連対率7.7% 新潟・ダ1200m
  4. 連対率10.5% 中山・ダ1200m
  5. 連対率11.1% 中京・ダ1400m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計

ダート・クラス別

500万下以上△

ほとんどが新馬・未勝利クラスですが成績や回収値はまずまず。ただ500万クラスになると成績を落としており、出走数を見ても最終的には芝で稼げるという陣営が多いようです。

オルフェーヴル産駒はダートでも走る産駒がいますが、ロードカナロアは芝専用種牡馬という見方で良さそうです。

ダート・前走距離別

延長△

ダートでの距離延長は消し。勝率4.7%と勝ちきれず頭で狙うのは危険。逆に距離短縮は成績・回収値共に良く、買うなら前走と同距離か距離短縮です。

ロードカナロア産駒 重馬場適性

重馬場適性

稍重○

稍重のシンザン記念を圧勝したアーモンドアイ、稍重のサウジアラビアRCで最後方から上がり33.5秒の末脚を使ったステルヴィオなどオープンクラスで結果を出しており、現状では芝の稍重馬場は歓迎です。

重馬場以上の道悪になるとサンプル数が少ないため未知数ですが、重馬場ではあまり良い結果を残していません。ダートは未勝利戦が殆どですが良馬場では2~3着が多く、稍重の方が勝率が上がっています。

重馬場で狙いたい母父

どの血統でも道悪はこなしていますが、稍重のキーンランドCで2着に入ったダノンスマッシュ(母父ハードスパン)、稍重の中山マイルで9番人気で3着に入ったドラグーンシチー(母父ダンスインザダーク)あたりが回収値が高めです。

季節適性・牡馬

※500万下以上のレースを集計

牡馬:10~12月○

初年度産駒の3歳いっぱいまでを対象としているため秋競馬の母数が若干多めになりますが、2歳ではホープフルSを勝ったサートゥルナーリア、3歳では古馬相手にステルヴィオやダノンスマッシュが重賞を勝つなど10月以降の成績が良いのが特徴です。

上半期は成績が低めに出ていますが、初年度産駒のためクラシックを意識し距離を模索していた影響もあると思われます。

季節適性・牝馬

※500万下以上のレースを集計

牝馬:10~12月○

牝馬は桜花賞までは短距離路線が軸になるため、初年度産駒は牡馬に比べて春までの成績は悪くありません。夏競馬では成績を落としていますが、秋は牡馬と同じように持ち直しています。

ロードカナロア産駒 血統相性

母父別成績


初年度産駒からアーモンドアイを輩出。2年目産駒からは母父ディープインパクトのファンタジスト、母父ハーツクライのケイデンスコール、母父スペシャルウィークのサートゥルナーリアと3頭の重賞勝ち馬を輩出しており母父サンデーサイレンス系との相性は抜群で、距離をこなせるのも母父サンデー系が多め。

母父クロフネは牝馬の勝ち上がり率が高い反面、好走は2歳時に偏っておりクラスの壁があるか早熟の可能性もありますが、2歳戦では信頼できそうです。母父ノーザンダンサー系は短距離が中心です。

母父サンデーサイレンス

  • アーモンドアイ(ジャパンC)

母父ファルブラヴ

  • ステルヴィオ(マイルCS)

母父スペシャルウィーク

  • サートゥルナーリア(ホープフルS)

母父クロフネ

  • レッドレグナント(サフラン賞)
  • ミヤジシルフィード(小倉2歳S3着)

母父ディープインパクト

  • ファンタジスト(小倉2歳S)
  • アルモニカ(春菜賞)

ロードカナロア産駒 特徴まとめ



芝コース
・1200~1600m
・阪神・東京・中京競馬場
・稍重馬場
ダートコース
・札幌、小倉競馬場
血統
・母父サンデーサイレンス、クロフネ
芝コース
・2000m以上
・京都競馬場(外回りの1600mを除く)
・距離延長
ダートコース
・東京競馬場
・距離延長

ロードカナロア産駒の分析は以上です。


日本最高クラスの馬券師たちの確かな実績。重賞レースの買い目を毎週無料公開!
⇒今週の無料買い目をチェック!

ヘイロー系
ミスタープロスペクター系
ノーザンダンサー系
ナスルーラ系
ロベルト系
競馬場データ分析はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.