JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

プリサイスエンド産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


プリサイスエンドは1997年生まれの種牡馬です。このページではプリサイスエンド産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

プリサイスエンドの成績

血統表

競争成績
  • 戦績:9戦4勝
  • 賞金:225,941ドル
主な勝ち鞍
  • ベイショアS
種牡馬成績
  • 2004年 250位
  • 2005年 230位
  • 2006年 230位
  • 2007年 265位
  • 2008年 138位
  • 2009年 51位
  • 2010年 33位
  • 2011年 37位
  • 2012年 43位
  • 2013年 38位
  • 2014年 38位
  • 2015年 33位
  • 2016年 35位
  • 2017年 32位
代表産駒
  • グロリアスノア(武蔵野S、根岸S)
  • カフジテイク(根岸S)
  • シェアースマイル(エーデルワイス賞)
  • メイショウウタゲ(エニフS)
  • ロラパルーザ(東京ウインターP)
  • トキノゲンジ(NST賞)
  • プリサイスエース(立川特別)
  • ショウリダバンザイ(浦和桜花賞)
  • スプラッシュエンド(アクアマリンS)
  • タケショウカヅチ(白馬岳特別)

無料買い目が絶好調!マイルCS、エリ女連続的中



マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)

マイルCSはダノンキングリー、エリザベス女王杯はクロノジェネシスを軸にして外した方も多いと思います。ここの軸馬はガチで参考になるので、無料買い目を見て自分の予想と比較してみるのがお勧めです。

この秋の重賞でも小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「ジャパンC(G1)」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

グロリアの無料買い目をチェック!
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

プリサイスエンド産駒の得意距離は?

芝:1200m

芝で活躍する産駒はほとんどいませんが、1600m以下の短距離を中心に使われています。1200mでは函館2歳Sで9番人気のプラチナティアラが2着に入るなど時々穴をあけています。

ダート:1200~1800m

JRAでは東京競馬場にしかないコースですが、ダート1600mを得意としており回収値も高めです。芝同様短距離を中心に使われていますが、距離は1800mまでこなします。逆にクラスが上がると1200m以下での勝率が落ちるので注意。

プリサイスエンド産駒 芝適性

芝・競馬場別


芝は積極的に買えるコースはありませんが札幌・函館競馬場ではまずまず走っています。全体的に右回りのコースを得意としていますが左回りの新潟・東京・中京競馬場では回収値が低く、この3つのコースは500万下以上での1着がありません。

得意なコース

  1. 連対率20.0% 京都・芝1600m(外)
  2. 連対率18.8% 福島・芝1200m
  3. 連対率17.4% 中山・芝1200m
  4. 連対率12.5% 京都・芝1400m(外)
  5. 連対率12.5% 函館・芝1200m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 中山・芝1600m
  2. 連対率0.0% 東京・芝1400m
  3. 連対率0.0% 中京・芝1200m
  4. 連対率0.0% 阪神・芝1600m
  5. 連対率4.2% 新潟・芝1000m

※500万下以上のレースを集計、出走数が少ないコースは省いています。

芝・クラス別

ローカルの新馬戦○

クラスが上がると通用しませんが、仕上がりの早い産駒が多いためローカルの新馬戦ではそこそこ馬券に絡んでおり回収値も高めです。

ただ新馬戦以外では馬券的な旨味はあまりなく、基本的に500万下以上では軽視で問題なさそうです。

芝・前走距離別

延長△

芝では1200~1400mを中心に使われているため、短縮には対応できますが延長では期待できず人気馬が中心です。短縮ではやはり1200mへの短縮で結果を出すパターンが殆どです。

プリサイスエンド産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートはどの競馬場でも安定していますが、福島競馬場だけは連対率が10%を切っています。

クラスが上がると東京と京都競馬場での成績が良く、重賞の3勝は全て東京コース(武蔵野S1勝、根岸S2勝)で挙げています。阪神・京都では1800mでの成績が良いのも特徴です。

得意なコース

  1. 連対率22.0% 中京・ダ1400m
  2. 連対率21.3% 阪神・ダ1800m
  3. 連対率20.6% 京都・ダ1800m
  4. 連対率16.3% 東京・ダ1300m
  5. 連対率15.0% 東京・ダ1400m

苦手なコース

  1. 連対率6.3% 新潟・ダ1200m
  2. 連対率6.7% 中京・ダ1200m
  3. 連対率7.0% 福島・ダ1700m
  4. 連対率7.2% 阪神・ダ1200m
  5. 連対率7.8% 中山・ダ1800m

※500万下以上のレースを集計、出走数が少ないコースは省いています。

ダート・クラス別

オープン特別○(中穴)

ダートは新馬戦から成績が良く、特にオープン特別やGⅢでは成績や回収値が高いのが特徴です。

重賞クラスは最近ではカフジテイクくらいしかいませんが、オープン特別ではメイショウウタゲやシゲルベンガルトラ、トキノゲンジなどが好走しています。人気になると勝ちきれず、6~8番人気くらいがお勧め。

ダート・前走距離別

延長△、1300~1600mへの短縮○

ダートは延長・短縮共に成績をやや落としており、前走と同距離がベスト。延長の場合は距離別で見てもこれといった特徴はありませんが、短縮の場合は距離が短くなるほど単回値が高くなるのが特徴です。

エニフSを12番人気で勝ったメイショウウタゲも前走1800mから1400mへの短縮で、根岸Sを勝ったカフジテイクも前走1800mからの距離短縮でした。

プリサイスエンド産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

ダートの不良馬場○

芝は不良馬場時は成績が上がりますがレース数が少なく、稍重時の成績が悪いことから基本的には道悪は苦手と言えます。

ダートは馬場状態がマイナスになることはなく、不良馬場を非常に得意としています。

重馬場で狙いたい母父

芝ではラムタラやコマンダーインチーフなどのノーザンダンサー系の成績が良く、ダートでも欧州型のノーザンダンサー系が活躍しています。ダートではスキャンやミスワキ、ストーミングホームあたりも複勝率40%前後と好調です。

季節適性・牡馬

※500万下以上のレースを集計

牡馬:10~11月○

牡馬は2月、5月、10~11月と東京開催のある月は安定して走りますが、全体的には秋から冬にかけての方が成績が良いのが特徴です。6~8月は回収値が低めで夏場は苦手としています。

季節適性・牝馬

※500万下以上のレースを集計

牝馬:10~11月○

牝馬も10~11月の成績が良く、牡馬と似た傾向があります。オカルトに近いかもしれませんが単回値では2月、4月、6月が高いのに比べて3月、5月、7月が低いなど全体的に奇数月の勝率が低い傾向もあります。

プリサイスエンド産駒 血統相性

母父別成績


芝ではデインヒルやコマンダーインチーフなどノーザンダンサー系の成績が良く、サンデー系ではダンスインザダークやフジキセキが走っています。

ダートでもダンスインザダーク、フジキセキは勝利数上位ですがジェイドロバリーやアフリートなどミスプロ系の方が率では上にきます。

母父ジェイドロバリー

  • グロリアスノア(武蔵野S)

母父ダンスインザダーク

  • ロラパルーザ(東京ウインターP)
  • ラローザブル(1000万下)

母父スキャン

  • カフジテイク(根岸S)

母父フジキセキ

  • メイショウウタゲ(エニフS)
  • セレスロンディー(シンザン記念3着)

プリサイスエンド産駒 特徴まとめ



芝コース
・1200m
・ローカルの新馬戦
ダートコース
・1600m
・東京、京都競馬場
・オープン特別
・1300~1600mへの距離短縮
・不良馬場
季節
・10~11月
血統
・母父ダンスインザダーク、フジキセキ、ジェイドロバリー
芝コース
・左回りの競馬場
・距離延長
ダートコース
・福島競馬場
・距離延長

プリサイスエンド産駒の分析は以上です。


日本最高クラスの馬券師たちの確かな実績。重賞レースの買い目を毎週無料公開!
⇒今週の無料買い目をチェック!

ヘイロー系
ミスタープロスペクター系
ノーザンダンサー系
ナスルーラ系
ロベルト系
競馬場データ分析はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。