JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ルーラーシップ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


ルーラーシップは2007年生まれの種牡馬です。このページではルーラーシップ産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などをデータから分析していきます。

大混戦の菊花賞も指数で的中!


今週の無料提供レースは「菊花賞」です。
登録後、運営者北条氏のブログでレース当日に指数を公開します。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

ルーラーシップの成績


ルーラーシップ
・2007年生
・父キングカメハメハ
・母エアグルーヴ(トニービン)

競走成績
・戦績:20戦8勝
・賞金:549,764,000円/100,000ドル/7,980,000香港ドル

主な勝鞍
・クイーンエリザベスⅡC
・AJCC
・金鯱賞
・日経新春杯
・鳴尾記念

種牡馬成績
・2016年 65位
・2017年 12位

代表産駒
・キセキ(菊花賞)
・ダンビュライト(AJCC)
・テトラドラクマ(クイーンC)
・リリーノーブル(阪神JF2着)
・レジェンドセラー(オリオンS)
・ホウオウドリーム(御堂筋S)

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?


スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

⇒今すぐサイトを見に行く!

ルーラーシップ産駒の得意距離は?


芝の中~長距離を得意としており1800~2400mでは複勝率30%を超えています。初年度産駒のキセキが菊花賞を、ダンビュライトがAJCCを勝っていますが2年目産駒からはテトラドラクマがクイーンC優勝、リリーノーブルが阪神JFで2着になるなど距離適性は広いと思われます。

ルーラーシップ産駒 芝適性

芝・競馬場別


新潟競馬場の成績が非常に良く、東京や京都競馬場でも安定した成績を残しています。左回りを得意としていますが中京競馬場だけは非常に苦手としています。阪神競馬場の勝率もやや低めでスピードを活かせる競馬場を得意としています。

芝・クラス別


2歳時の勝ち上がり率はそれほど高くはありませんが、勝ち上がった産駒は条件クラスでは安定して走ります。重賞ではやはり2000m以上の成績が良く皐月賞で9番人気2着のサンリヴァル、フローラSで13番人気2着のパイオニアバイオなど穴をあけることもあります。

芝・前走距離別


距離延長は苦手としており成績や回収値を落としています。距離短縮は問題なく複勝率も30%以上と安定しています。

ルーラーシップ産駒 ダート適性

ダート・競馬場別


ダートは出走数が少ないことはありますが、中山競馬場の成績が極端に悪いのが特徴です。東京競馬場での成績も低めで関東場ではマイナス。

芝では苦手としている中京競馬場の成績が良いのが特徴で、ダートはどちらかと言えばローカルの方が狙い目です。

ダート・クラス別


重賞級の産駒はまだいませんが、未勝利~500万クラスではよく見かけます。ダートでは買うためのデータというよりは切るためのデータとして使うことが多そうです。

ダート・前走距離別


ダートは距離変更を得意とするタイプで、距離延長時の成績が同距離時よりも全体的に高めです。距離短縮時は回収値は低めですが成績は悪くなく充分にこなせていると言えます。

ルーラーシップ産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性


不良馬場の菊花賞を勝ったキセキのように重馬場を得意なイメージが強いのですが、稍重~重馬場時は良馬場よりも成績を落としており、道悪は得意ではなさそうです。ダートは重馬場時の複勝率が高く、現状では買いです。

季節適性

牡馬/500万下以上の月別成績

夏場は出走数自体がまだ少ないですが、6~8月の複勝率が50%前後と夏場を得意とする傾向があります。そのままの勢いで下半期は成績が安定しますが、上半期の成績はやや物足りないです。

牝馬/500万下以上の月別成績

牝馬は出走数が少ないため信頼性には欠けますが、牡馬とは反対に11~2月頃の冬場の成績が高め。また5月の成績も優秀です。

ルーラーシップ産駒 血統相性


母父サンデー系との相性は非常に良さそうで、ダンビュライトが母父サンデーサイレンス、キセキは母父ディープインパクトです。父キングカメハメハよりも芝特化・長距離傾向があるので単なる後継種牡馬に留まらず、2016年の種付け数は280頭を記録しています。

相性の悪い母父
・シンボリクリスエス(4-1-2-37/連対率11.4%)
・ブライアンズタイム(1-1-1-21/連対率8.3%)
・フレンチデピュティ(2-1-3-28/連対率8.8%)

無料買い目企画「俺の無料」

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめな3連系の特注情報が満載!

無料メルマガ購読はこちら

ルーラーシップ産駒 特徴まとめ

【芝コース】
・1800~2400m
・新潟、京都、東京競馬場
【ダートコース】
・福島、中京、小倉競馬場
・距離延長
・重馬場
【季節】
・牡馬/6~9月
・牝馬/11~2月、5月
【血統】
・母父サンデー系、クロフネ
【芝コース】
・中京競馬場
・距離延長
・稍重~重馬場
【ダートコース】
・中山競馬場、東京競馬場

ルーラーシップ産駒のデータ分析は以上です。
予想の参考にして頂けましたら幸いです。

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら
ヘイロー系

ミスタープロスペクター系

ノーザンダンサー系

ナスルーラ系

ロベルト系

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.