ワークフォース産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析

ワークフォースは2007年生まれの種牡馬です。
このページではワークフォース産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

◎G1無料予想ならこのサイト!

春GⅠは8戦中6戦で無料買い目的中!
色々なサイトの無料予想をチェックしていますが、ここの無料予想が断トツです。

◆春G1実績(無料)


◎安田記念:6,720円(回収率140%)
◎日本ダービー:14,800円(回収率276%)
◎ヴィクトリアマイル:11,840円(回収率228%)
◎天皇賞・春:67,500円(回収率1350%)
◎皐月賞:36,600円(回収率653%)
◎桜花賞:50,360円(回収率899%)

春G1は投資計41,200円→187,820円の払戻し!
この精度・回収率の無料予想は他にはありません。

一緒に公開しているワイド情報もかなり激アツなんです!

◆ワイド実績(無料)


的確でありながら高配当を見込めます。
今週は勿論天皇賞・秋の買い目を無料公開!
推奨は1点4~500円ですが100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今月は土曜重賞も毎週公開!
◎10/10(土)サウジアラビアRC
◎10/17(土)府中牝馬S
◎10/24(土)富士S
◎10/31(土)アルテミスSorスワンS
日曜は勿論GⅠ・またはメイン重賞を公開!
この秋確実に稼ぎたいならこのサイトが1番です。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

ワークフォースの成績

血統表

競走成績

  • 戦績:9戦4勝

主な勝ち鞍

  • 凱旋門賞
  • 仏ダービー

受賞

  • 2010年 カルティエ賞最優秀3歳牡馬

種牡馬成績

  • 2015年 83位
  • 2016年 37位
  • 2017年 30位
  • 2018年 40位
  • 2019年 29位

代表産駒

  • ハットラブ(ながつきS)
  • アトミックフォース(新潟大賞典2着)
  • ブライトクォーツ(中山大障害2着)
  • フォースライン(是政特別)
  • スズカロング(松前特別)
  • エルゼロ(三木ホースランドJS)
  • クィーンズベスト(1000万下)
  • メイショウケイメイ(紅梅S)
  • ダイワダッチェス(飯豊特別)
  • アナザープラネット(中京スポーツ杯)

ワークフォース産駒の得意距離は?

距離別

芝:牡馬は万能、牝馬は1600~1800m

菊花賞4着のディバインフォースなど牡馬は距離をこなす産駒もいますが、1勝クラス以上では1600~2000mを得意とする産駒がやや多く、唯一重賞で連対したのも新潟大賞典のアトミックフォース。

牝馬は1勝クラス以上の1600~1800mではは複勝率30%前後と優秀ですが、1800mは(2-15-2-36)と2着ばかりなのも注意。

ダート:2100m~

ダートは2000m以下ではそれほど成績の差はありませんが、2100m以上になると成績が大きく伸びます。性別で見ると牡馬は1600~1700mか2100m以上の成績が良く、牝馬の好走はほぼ1800mに集中しています。

ワークフォース産駒 芝コース成績

芝・競馬場別

函館競馬場では成績・回収値共に非常に優秀で10番人気前後の穴馬でも狙えます。他にも札幌競馬場や小倉競馬場などどちらかと言えばローカル向き。牝馬は京都競馬場も得意としています。

苦手としているのは中山競馬場で100戦以上して1着は僅か1回。中京競馬場も連対率が低く苦手としています。

また2000mでは全体的に人気以上に走りますが、中京(0-1-1-29)、中山(0-0-1-42)、福島(0-0-1-27)は非常に苦手としています。

得意なコース

  1. 連対率27.3% 京都・芝1600m(内)
  2. 連対率25.7% 東京・芝1400m
  3. 連対率24.1% 函館・芝1800m
  4. 連対率24.0% 阪神・芝2400m
  5. 連対率21.3% 阪神・芝2000m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 福島・芝2000m
  2. 連対率0.0% 中山・芝2000m
  3. 連対率3.0% 小倉・芝1800m
  4. 連対率3.2% 中京・芝2000m
  5. 連対率5.4% 東京・芝1800m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

芝・クラス別

2勝クラス○

回収値なども含めると2勝クラスでの成績が安定しており、3勝クラス以上になるとスピード不足からか苦戦しています。

オープンクラスでは6回馬券に絡んでいますが、人気は全て5~8番人気と中穴での紐狙いがお勧め。逆に3番人気以内に推された場合新馬~1勝クラスでは複勝率50%台ですが、2勝クラス以上になると徐々に成績は落ちます。

芝・前走距離別

牝馬の距離変更×

成績が良いのは前走と同距離時で、延長も短縮も苦手としています。

牡馬は距離変更時の成績は若干落ちる程度ですが、牝馬は1600~1800mに良績が集中しているからか同距離時の連対率23%に対して距離変更時は連対率10%前後と大きく成績を落としています。

ワークフォース産駒 ダートコース成績

ダート・競馬場別

ダートでも函館競馬場を得意としており、出走数は少ないものの人気以上の好走が目立ちます。それ以外は連対率10%前後のコースが多く、新潟・京都・小倉競馬場では連対率を大きく落としています。

得意なコース

  1. 連対率20.0% 函館・ダ1700m
  2. 連対率19.0% 中山・ダ2400m
  3. 連対率18.2% 東京・ダ2100m
  4. 連対率15.2% 中京・ダ1800m
  5. 連対率12.5% 中山・ダ1200m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 阪神・ダ1200m
  2. 連対率2.3% 小倉・ダ1700m
  3. 連対率2.8% 京都・ダ1400m
  4. 連対率3.3% 京都・ダ1800m
  5. 連対率5.0% 京都・ダ1200m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

ダート・クラス別

2勝クラス以上の追い込み○

ダートは下級条件が殆どですが、3勝クラスではハットラブ、フォースラインが活躍しています。

ハットラブはオープン特別でも2着に入っていますが、2勝クラス以上で馬券に絡んでいる馬を見ると差し・追い込みが多いのが特徴。生粋のダート馬という感じではなく展開を読んで前崩れ狙いといった所。

ダート・前走距離別

距離延長△

ダートは比較的長めの距離で活躍している割に、距離延長は苦手としています。距離延長は単回値9と非常に低く、1着になった7頭は全て3番人気以内でした。

ワークフォース産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

芝の重馬場○

自身は重馬場の凱旋門賞を優勝しましたが、産駒も芝の重馬場での成績が良く道悪は得意としています。ダートでは馬場状態による成績の差はあまりありません。

季節適性・牡馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牡馬:夏場×

牡馬は夏場を苦手としており、8~9月は連対率が目に見えて下がります。涼しい函館や札幌では問題ありませんが夏の新潟・中京・阪神では人気より成績を落としています。

季節適性・牝馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牝馬:1月・8月○、12月×

牝馬は牡馬のように夏場に弱いということもなく、8月は複勝率37%と優秀です。1月も成績・回収値共に優秀ですが12月だけは複勝率5.6%と全く買えません。

ワークフォース産駒 血統相性

母父系統別成績

非常に相性が良いのが母父クロフネで障害のブライトクォーツやダートのフォースラインなど産駒の傾向も様々です。

母父サンデー系の中ではネオユニヴァース(タガノカルラ)やフジキセキ(アトミックフォース)あたりの成績が良く、2勝クラス以上になると母父デピュティミニスター系かサンデー系が殆どです。

母父サンデーサイレンス系

  • アトミックフォース(母父フジキセキ)
  • ハットラブ(母父アグネスタキオン)
  • メイショウケイメイ(母父デュランダル)
  • タガノカルラ(母父ネオユニヴァース)
  • スズカロング(母父サンデーサイレンス)
  • ディバインフォース(母父ゼンノロブロイ)

母父デピュティミニスター系

  • ダイワダッチェス(母父フレンチデピュティ)
  • ブライトクォーツ(母父クロフネ)
  • フォースライン(母父クロフネ)
◎検証済!無料予想の威力抜群

府中牝馬Sで93,500円獲得!
6頭立てBOX買いが熱い!!
悪天候,重馬場の府中牝馬S、やはり波乱の展開でしたね。

◆10/17(土)府中牝馬S
馬連4-6(6、7番人気)的中!
1000円×93.5倍=93,500円獲得(+58,500円)
人気馬全滅でもキッチリ高額収支!


◆10/18(日)京都2R
結果4-3-2(5-1-3番人気)
馬連15.7倍/3連複22.3倍=38,000円獲得!

◆8~9月の実績(無料情報)
無料情報で114万円の払い戻し!

全て検証済、無料情報の買い目のみでこの回収です。
人気薄馬入れ込み秀逸なので馬連だけでも充分高配当を見込めます。悪天候,重馬場など波乱のレース展開は特にここを見ておいた方が良いです。

色々見た中でも無料予想の精度は抜群!
無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!

ワークフォース産駒 特徴まとめ

芝コース

  • 牡馬は距離不問、牝馬は1600~1800m
  • 函館・札幌競馬場での成績が良く、中山・中京競馬場は苦手
  • 2勝クラスでの成績・回収値が安定。オープンクラスでは中穴狙い
  • 牝馬の距離変更は苦手
  • 重馬場は非常に得意

ダートコース

  • 牡馬は1600~1700mか2100m、牝馬は1800m
  • 函館競馬場の成績が良く、新潟・京都・小倉競馬場は苦手
  • 2勝クラス以上は前崩れの追い込み狙い
  • 距離変更は苦手、延長時頭で狙えるのは3番人気以内

ワークフォース産駒の分析は以上です。

テキストのコピーはできません。