バトルプラン産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析

バトルプランは2005年生まれの種牡馬です。
このページではバトルプラン産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

バトルプランの成績

血統表

競走成績

  • 戦績:6戦4勝

主な勝ち鞍

  • ニューオリンズH

種牡馬成績

  • 2014年 153位
  • 2015年 79位
  • 2016年 61位
  • 2017年 71位
  • 2018年 81位
  • 2019年 56位
  • 2020年 75位

代表産駒

  • ライオンボス(アイビスサマーダッシュ)
  • ブレスジャーニー(東スポ杯2歳S、サウジアラビアRC)
  • モジアナフレイバー(大井記念、勝島王冠)
  • ヒデノインペリアル(三河S)
  • アッシェンプッテル(伊丹S)
  • ジョリーアップ(噴火湾特別)
  • マイネルシュバリエ(札幌2歳S2着)
  • ピアシングステア(2勝クラス)
  • サイドチェンジ(2勝クラス)
  • オーシャンズルーラ(2勝クラス)

バトルプラン産駒の得意距離は?

距離別

芝:1800m以下

芝を使う産駒は多くありませんが新潟直千巧者のライオンボス、2歳重賞を2勝したブレスジャーニーなど芝適性の高い産駒もいます。2000m以上では1着が無く全体的には短距離向きです。また芝で勝っているのは現状牡馬のみで、牝馬は芝では約150戦で未勝利です。

ダート:万能

ダートでは配合によって距離適性は様々で、母父ミスプロ系ならスプリント、母父ストームキャット系やデピュティミニスター系だと中距離向きの産駒が多いようです。ダートでは牝馬は短距離型が多く、牡馬は1800m前後で活躍する産駒が目立ちます。

バトルプラン産駒 芝コース成績

芝・競馬場別

芝では東京競馬場、新潟競馬場と左回りで実績を残しています。中山競馬場は非常に苦手としており、ライオンボスも直千以外では全く走らないことから器用なタイプではなさそうです。

得意なコース

  1. 連対率50.0% 新潟・芝1000m
  2. 連対率30.8% 東京・芝1800m
  3. 連対率18.8% 東京・芝1600m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 札幌・芝1200m
  2. 連対率0.0% 中山・芝1800m
  3. 連対率0.0% 小倉・芝2000m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

芝・クラス別

下級条件△

ブレスジャーニーやライオンボスのようにオープンクラスで活躍する産駒もいますが、芝で結果が出ないとダートに転向する産駒が多く、下級条件では頭では買いづらいです。

芝・前走距離別

距離延長×

距離変更は苦手としており、特に距離延長では連対率2.1%とほぼ消し。距離短縮の場合は1400m以下への短縮ならといった感じです。

バトルプラン産駒 ダートコース成績

ダート・競馬場別

人気馬中心ですが函館競馬場での成績が抜群に良く、阪神・京都・小倉など西開催の競馬場では人気以上の好走が目立ちます。ただし同じ北海道でも札幌競馬場は苦手としています。

得意なコース

  1. 連対率35.7% 函館・ダ1000m
  2. 連対率22.6% 東京・ダ1300m
  3. 連対率22.2% 函館・ダ1700m
  4. 連対率19.2% 福島・ダ1150m
  5. 連対率18.2% 京都・ダ1800m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 中京・ダ1200m
  2. 連対率0.0% 京都・ダ1400m
  3. 連対率4.5% 札幌・ダ1700m
  4. 連対率5.6% 京都・ダ1200m
  5. 連対率7.9% 中京・ダ1800m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

ダート・クラス別

新馬戦○

血統的に目立たないため条件戦では人気以上の好走が目立ちますが、特に新馬戦の回収値が優秀。重賞に挑戦する産駒はまだ少ないものの、複回値が全体的に高く条件戦では積極的に買えます。

ダート・前走距離別

距離変更はそれほど苦にしない

前走と同距離時の成績が最も良く距離変更時の成績はやや下がりますが、人気を考慮すると十分走っている数値です。回収値も大きくは変わらず、前走距離はあまり気にしなくて良さそうです。

バトルプラン産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

ダートの重馬場は牡馬×、牝馬○

全体的には重馬場でも走っているように見えますが、牡馬はダートの良・稍重に比べ重・不良では成績が大きく落ちます。逆に牝馬はダートの良・稍重の成績はイマイチで重・不良時に大きく成績が伸びます。性別で傾向が真逆なので注意。

季節適性・牡馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牡馬:12~1月○

12~1月の複勝率が高く、この時期はどの競馬場でも安定して馬券に絡んでいます。芝で得意な東京・新潟開催がある影響もありますが、5~7月も回収値が高めです。

季節適性・牝馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牝馬:11~2月×

牝馬は出走数が少ないため参考程度の数値ですが、11~2月までは(1-0-0-77)と壊滅的な数値。殆どが人気薄なので仕方無い部分もありますが、馬券的に狙えるのは夏前後です。

バトルプラン産駒 血統相性

母父系統別成績

芝で勝っているのは母父サンデーサイレンス系かロベルト系のみ。ダートではストームキャット系やフォーティナイナー系、ミスプロ系など割と母父の血統に忠実なタイプが多いのが特徴です。

母父サンデーサイレンス系

  • ライオンボス(母父ステイゴールド)
  • アッシェンプッテル(母父ダンスインザダーク)
  • サイドチェンジ(母父ジェニュイン)
  • マイネルシュバリエ(母父スペシャルウィーク)

母父ストームキャット系

  • ヒデノインペリアル(母父ヘネシー)
  • ブレーヴマン(母父タバスコキャット)

母父ロベルト系

  • ブレスジャーニー(母父タニノギムレット)

母父デピュティミニスター系

  • モジアナフレイバー(母父フレンチデピュティ)

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
1月はAJCC買い目含め他重賞の穴馬対策OK!2月はフェブラリーSや幕張Sお世話になりました!
ここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓

無料の【買い目情報】
2/27 中山11R 幕張S
ワイド計114.8倍×300円
→34,440円獲得/回収率765%
2/21 東京11R フェブラリーS
ワイド計73.1倍×300円
→21,930円獲得/回収率487%


【穴馬の法則】実績
◆フェブラリーS 9番人気2着エアスピネル
◆日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
◆フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
◆朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

バトルプラン産駒 特徴まとめ

芝コース

1800m以下中心、牝馬は2~3着狙いで
東京・新潟競馬場○、中山・京都競馬場△
芝の下級条件△
距離延長×、1400m以下への短縮なら

ダートコース

牡馬は短~中距離、牝馬は短距離
函館競馬場○、西開催が得意
新馬戦○、クラス関係なく回収値は高め
距離変更にはある程度対応可
重馬場は牡馬×、牝馬○

バトルプラン産駒の分析は以上です。

テキストのコピーはできません。