ドゥラメンテ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析

ドゥラメンテは2012年生まれの種牡馬です。
このページではドゥラメンテ産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

ドゥラメンテの成績

血統表

競走成績

  • 戦績:9戦5勝
  • 賞金:516,607,000円/1,200,000ドル

主な勝ち鞍

  • 東京優駿
  • 皐月賞
  • 中山記念

受賞

  • 2015年 JRA賞最優秀3歳牡馬

種牡馬成績

  • 2020年 44位

代表産駒

  • タイトルホルダー(弥生賞)
  • アスコルターレ(マーガレットS)
  • キングストンボーイ(ベゴニア賞)
  • レインフロムヘヴン(フリージア賞)
  • ルース(デイジー賞)
  • アヴェラーレ(春菜賞)
  • ドゥラモンド(アスター賞)
  • アドマイヤザーゲ(黄菊賞)
  • ジュンブルースカイ(東スポ杯2歳S3着)
  • ファルヴォーレ(1勝クラス)

ドゥラメンテは2020年デビュー世代が初年度産駒になります。データが不足している所も多いため抜粋した分析になりますが、徐々にデータを増やしていきますのでご了承下さい。

ドゥラメンテ産駒の得意距離は?

距離別

芝:牡馬は万能、牝馬は1600m以下

代表産駒のタイトルホルダーが弥生賞を勝ち、牡馬は1600m以下の9勝にし対して1800m以上で17勝と初年度産駒のクラシック前時点では中距離以上に適性がありそうです。

ただしアスコルターレがもみじS、マーガレットSを勝つなど短距離でも複勝率は30%前後をキープしており、父キングカメハメハ同様配合次第で距離適性に幅はありそうです。

牝馬は1800m以上で(1-0-5-52)と完全に短距離型。距離が短いほど複勝率が上がり、何とかマイルまでは持つというイメージ。こちらも配合次第では距離をこなす産駒も出てきそうですが、現状では軸にするなら1600m以下。

ダート:1600m以上

ダートは現状新馬戦・未勝利戦でしか1着が無く1勝クラスでは全滅ですが、ある程度馬券になっているのは1600~1800m。芝とは異なり牡馬・牝馬共に1800mで好走しています。

ドゥラメンテ産駒 芝コース成績

芝・競馬場別

東開催の東京・中山・新潟競馬場ではまずまず勝ち切っており、西開催では阪神競馬場の勝率が高め。中京・京都競馬場は連対率を大きく落としています。

性別で見ると牡馬は東京・中山・阪神競馬場の勝率が高く、牝馬は中山競馬場を得意としています。

得意なコース

  1. 連対率50.0% 東京・芝2000m
  2. 連対率37.5% 小倉・芝1200m
  3. 連対率33.3% 阪神・芝1400m
  4. 連対率28.0% 東京・芝1600m
  5. 連対率22.2% 中山・芝1600m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 中京・芝1600m
  2. 連対率9.5% 東京・芝1800m
  3. 連対率10.5% 中京・芝2000m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

芝・クラス別

1勝クラス○、多頭数△

産駒デビューが同じモーリス産駒と比べると1勝クラスの勝率の高さが目立ちます。2021年3月時点でモーリス産駒は1勝クラスで(1-1-6-23)に対して、ドゥラメンテ産駒は(8-4-5-11)と大きな差があります。

また4月末時点で重賞で3着以内に入った4回中3回が10頭立て。1勝クラスも9~11頭立てくらいの時の勝率が高く、逆にモーリス産駒の重賞3勝はいずれも15頭立て以上。

初年度産駒のため推論ですが、モーリス産駒は多頭数に強いため重賞の成績が良く、ドゥラメンテ産駒は小頭数に強く多頭数に弱いため1勝クラスの成績が良い可能性はありそうです。

芝・前走距離別

距離変更△、牝馬の距離延長×

距離変更はやや苦手としており、特に牝馬は短距離向きの産駒が多いため距離延長は買えません。牡馬だけを見ると距離延長では2000mになった時の成績が良く、短縮はどの距離でもそれなり。

ドゥラメンテ産駒 ダートコース成績

ダート・競馬場別

ダートは馬券に絡んでいるのは新馬戦・未勝利戦のみなので本質的には向いていません。中山ダート1800mでは(4-2-1-13)とまずまずの成績を残しており、ローカルも1800mでは比較的安定しています。

得意なコース

  1. 連対率30.0% 中山・ダ1800m
  2. 連対率21.4% 中京・ダ1800m
  3. 連対率20.0% 東京・ダ1600m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 阪神・ダ1200m
  2. 連対率8.3% 阪神・ダ1800m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。
※1勝クラス以上のレースを集計、出走数が少ないコースは省いています。

ダート・クラス別

前走左回りを使っていた馬の未勝利戦○

ダートは新馬戦では複勝率40%台、複回値100と馬券的には十分狙えます。

未勝利戦では勝率15%、単回値183とこちらも上々の成績ですが、前走ダートが(5-3-4-30)、前走芝が(7-3-0-26)と勝率が高いのは前走芝。また前走が芝でもダートでも、左回りを使ってきた馬の回収値が非常に高いのが特徴です。

ダート・前走距離別

距離変更時の単回値が高い

出走数の少なさによる上振れですが、距離変更時は延長・短縮共に複勝率は落ちますが単回値は非常に優秀。上でも書いた通り前走左回り+距離変更の未勝利戦が狙い目です。

ドゥラメンテ産駒 重馬場適性

重馬場適性

牝馬の道悪○

芝では牡馬は良~重馬場までは複勝率は変わりませんが、重馬場以上になると人気より着順を落としがちなので、基本的には良~稍重まで。

牝馬は出走数は少ないものの、良馬場よりも稍重~重馬場で複勝率が大きく上がります。

ドゥラメンテ産駒 血統相性

母父系統別成績

母父にサンデーサイレンスを持つため配合の幅は広くはありませんが、芝では母父ダンジグ系やロベルト系、ダートではデピュティミニスター系やミスプロ系など母系の特徴を引き出しています。

母父ダンジグ系

  • アスコルターレ(母父Danehill Dancer)
  • アドマイヤザーゲ(母父Cape Cross)

母父ロベルト系

  • ルース(母父グラスワンダー)
  • レインフロムヘヴン(母父Loup Solitaire)

母父サドラーズウェルズ系

  • タイトルホルダー(母父Motivator)

母父サンデーサイレンス系

  • ジュンブルースカイ(母父ゼンノロブロイ)
  • グランデフィオーレ(母父ネオユニヴァース)

ドゥラメンテ産駒 特徴まとめ

芝コース

牡馬は万能、牝馬は1600m以下
牡馬は東京・中山・阪神競馬場○、牝馬は中山競馬場○
中京・京都競馬場は苦手
1勝クラス○、多頭数は苦手
距離変更は苦手
牡馬は良~稍重○、牝馬は稍重~重馬場○

ダートコース

ダートは苦手、新馬戦か未勝利戦なら
中山、中京競馬場○
前走左回りの未勝利戦○
稍重~重馬場△

ドゥラメンテ産駒の分析は以上です。

テキストのコピーはできません。