ゴールドシップ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析

ゴールドシップは2009年生まれの種牡馬です。
このページではゴールドシップ産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

ゴールドシップの成績

血統表

競走成績

  • 戦績:28戦13勝
  • 賞金:1,397,767,000円

主な勝ち鞍

  • 皐月賞
  • 菊花賞
  • 有馬記念
  • 天皇賞・春
  • 宝塚記念2回
  • 阪神大賞典3回
  • 神戸新聞杯
  • 共同通信杯

受賞

  • 2012年 最優秀3歳牡馬

種牡馬成績

  • 2019年 88位
  • 2020年 27位

代表産駒

  • ユーバーレーベン(オークス)
  • ウインキートス(目黒記念)
  • ブラックホール(札幌2歳S)
  • ウインマイティー(オークス3着)
  • マリオマッハー(雅S)
  • クロノメーター(鷹巣山特別)
  • ジュニパーベリー(2勝クラス)
  • マイネルソラス(利尻特別)
  • サトノゴールド(札幌2歳S2着)

ゴールドシップは2019年デビュー世代が初年度産駒になります。データが不足している所も多いため抜粋した分析になりますが、徐々にデータを増やしていきますのでご了承下さい。

ゴールドシップ産駒の得意距離は?

距離別

芝:1800m~

牡馬、牝馬共に1800m以上を得意としており長距離適性の高い産駒が多いのが特徴。中距離以上での回収値も高く、馬券的にも魅力のある種牡馬です。

他の種牡馬は番組的に牡馬の方が長い距離を得意とするタイプが多いのですが、ゴールドシップ産駒はオークス3着のウインマイティーや2600mの土湯温泉特別を勝ったウインキートスなど、初年度産駒は牝馬の方が長距離を得意とする傾向があります。

ダート:1800m~

ダートを使われる産駒は多くありませんが、こちらも1800m以上ならある程度は狙えます。ただ人気より着順を落とすことが多く、ダートよりは芝向きです。

ゴールドシップ産駒 芝コース成績

芝・競馬場別

札幌競馬場の成績が抜群に良く、2019年の札幌2歳Sではブラックホール、サトノゴールドが1~2着、2020年も5番人気ユーバーレーベンが2着に入るなど特に札幌芝1800mを得意としています。

牡馬は北海道の他には福島や京都を得意としており、東京や新潟、阪神外回りなど直線が長いコースは苦手としています。牝馬は牡馬ほどコースの好き嫌いはなくどのコースでも安定していますが、回収値を含めると東京・新潟・福島と東開催を得意としています。

得意なコース

  1. 連対率41.7% 札幌・芝1800m
  2. 連対率27.3% 函館・芝1800m
  3. 連対率26.7% 京都・芝1800m
  4. 連対率21.4% 阪神・芝2000m
  5. 連対率20.0% 福島・芝2600m

苦手なコース

  1. 連対率0.0% 阪神・芝1600m
  2. 連対率5.6% 中山・芝2200m
  3. 連対率7.1% 阪神・芝1800m
  4. 連対率7.1% 東京・芝1800m
  5. 連対率7.7% 京都・芝2000m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

芝・クラス別

世代限定戦、牝馬限定戦○

長距離適性が高い種牡馬なので短距離が多い世代限定戦では目立ちませんが、札幌2歳Sのブラックホールや京都2歳Sのマカオンドール、オークスのウインマイティーなど1800m以上の距離では若いうちから走ります。

新馬戦や未勝利戦も1600m以下では割引き、1800m以上から買いととりあえず距離重視。1800~2000mの牝馬限定戦では複勝率が30%前後なので、古馬牝馬の重賞では今後期待できそうです。

芝・前走距離別

1800m以上への距離延長◎、距離短縮は2~3着まで

距離延長時は成績としては落ちますが回収値は抜群。1600m以下で惨敗し人気を落とし、1800m以上への距離延長で一変というパターンが目立ちます。

距離短縮時距離に関係なくは2~3着が多く、その中でも1800mへの距離短縮時は(1-1-8-25)と3着が非常に多いのが特徴。

ゴールドシップ産駒 ダートコース成績

ダート・競馬場別

ダートを使われる産駒は多くありませんが、東開催が(4-4-7-47)複勝率24.2%に対して西開催では(6-0-0-44)複勝率12.0%。西開催では勝つか負けるか極端なので、馬券的に狙えるのは東開催。

得意なコース

  1. 連対率27.3% 新潟・ダ1800m
  2. 連対率16.7% 中京・ダ1800m
  3. 連対率13.0% 中山・ダ1800m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

ダート・クラス別

ダートは基本的に軽視

ダートでは唯一マリオマッハーが3勝クラスの雅S勝ちまで出世していますが、他の産駒は1勝クラスで頭打ちです。未勝利戦でも回収値は単複共に50以下と積極的には買えません。

ダート・前走距離別

距離変更△

距離短縮時は4勝を挙げていますが複勝率や回収値、人気と比較しても距離変更時は買いづらいです。

ゴールドシップ産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

芝の重馬場○

芝では道悪になるほど複勝率が上がり、重い馬場を得意としていた自身と似た傾向を持つ産駒が目立ちます。特に芝1800~2000m+稍重~重馬場では単回値はいずれも100を大きく超えています。

季節適性・牡馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牡馬:7~8月○

ほぼ初年度産駒のみのデータで月要素というよりはコース適性ですが、やはり北海道シリーズがある7~8月はクラス関係なく成績が良く人気でも逆らいづらいです。

季節適性・牝馬

※1勝クラス以上のレースを集計

牝馬:10月×

牝馬はどの月でも安定していますが、10月はアルテミスSのユーバーレーベン、秋華賞のウインマイティーなどある程度人気に推されながら4着以下に敗れるレースが目立ちました。

ゴールドシップ産駒 血統相性

母父系統別成績

相性が良いのがボールドルーラー系で2勝クラス勝ちのウインキートスなど複勝率は50%台。他にはロベルト系やサドラーズウェルズ系、フェアリーキング系などスタミナ色の強い配合で走る産駒が多いのが特徴です。

ダートでは大系統で見ると母父ノーザンダンサー系が(9-4-5-45)、別系統が(2-0-2-49)と馬券になっているのは大半が母父ノーザンダンサー系です。

母父ネイティヴダンサー系

  • ウインマイティー(母父カコイーシーズ)

母父ヘイロー系

  • ユーバーレーベン(母父ロージズインメイ)
  • マイネルソラス(母父ロージズインメイ)

母父サドラーズウェルズ系

  • マリオマッハー(母父オペラハウス)

母父ロベルト系

  • クロノメーター(母父ブライアンズタイム)
  • エドノフェリーチェ(母父ブライアンズタイム)

ゴールドシップ産駒 特徴まとめ

1800m以上○
札幌・函館の芝1800m◎
牡馬は福島・京都○、牝馬は東京・新潟・福島○
世代限定戦、牝馬限定戦○
1800m以上への距離延長○
稍重~不良馬場◎

ダートコース

1800m以上
狙うとしたら新潟・中山など東開催
距離変更△
母父ノーザンダンサー系○

ゴールドシップ産駒の分析は以上です。

テキストのコピーはできません。