マジェスティックウォリアー産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析

マジェスティックウォリアーは2005年生まれの種牡馬です。
このページではマジェスティックウォリアー産駒の得意な競馬場、距離、重馬場適性などを分析しています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

マジェスティックウォリアーの成績

血統表

競走成績

  • 戦績:7戦2勝

主な勝ち鞍

  • ホープフルS

種牡馬成績

  • 2019年 76位
  • 2020年 32位

代表産駒

  • ベストウォーリア(マイルCS南部杯2回)
  • エアアルマス(東海S)
  • スマッシャー(ユニコーンS)
  • サンライズホープ(三宮S)
  • ライトウォーリア(加古川S)
  • ソングオブザハート(浜名湖特別)
  • シゲルタイタン(2勝クラス)

マジェスティックウォリアーは2016年から国内で供用されています。代表産駒に記載したエアアルマス、ベストウォーリアは外国産馬のためデータに含まれません。

またデータが不足している所も多いため抜粋した分析になりますが、徐々にデータを増やしていきますのでご了承下さい。

マジェスティックウォリアー産駒の得意距離は?

距離別

芝:1600~1800m

ダート適性の高い種牡馬というイメージがあるため芝では人気になることは少なく、現状では1勝クラス以下の1600~1800mでは穴の魅力があります。

また1400m以下で優勝した2頭は当日2番人気以内、2000m以上でも全く走らず買い時は絞られます。

ダート:1400~1800m

ダートではマイルCS南部杯を制したベストウォーリアやエアアルマスのイメージ通り1400~1800mを得意としています。スマッシャーがユニコーンSを制しましたが、クラスが上がっても買いやすいのは1700~1800mです。

マジェスティックウォリアー産駒 芝コース成績

芝・競馬場別

出走数が少ない割にはどのコースでも馬券に絡んでいます。キャリアを積むごとにダート路線に流れる馬が多く、芝で買いやすいのは2歳夏~3歳春まで。全7勝中5勝が2歳時、残り2勝は3歳の6月までに挙げています。

芝・クラス別

買えるのは1勝クラスまで

1勝クラスまでは穴馬が好走することもあり回収値は高めですが、2勝クラス以上では買えません。また7勝中5勝は16頭立てのレースですが、17~18頭立てだと(0-0-0-28)と多頭数に強いということもなく掴み所の無い印象。

また好走しているレースの殆どは4角4番手以内なので、狙いたいのは逃げ・先行馬。特に幸騎手はウエストンバート、サウンドウォリアーと人気薄で逃げて結果を残しています。

芝・前走距離別

1800mへの距離延長○

結果を残しているのがほぼ1600~1800mですが、1800mへの距離延長時の成績が目立ちます。その反面距離短縮は苦手としており、1600~1800mへの短縮でも結果を残していません。

マジェスティックウォリアー産駒 ダートコース成績

ダート・競馬場別

抜群に相性が良いのが札幌競馬場で複勝率は50%台。函館も1着こそありませんが複勝率60%台です。

牡馬は右回り・左回り関係なくどのコースでも安定していますが、牝馬は東京・中山・新潟・福島と東開催を苦手としています。また牝馬は京都ダート1400m、札幌ダート1700m、小倉ダート1700mを得意としています。

得意なコース

  1. 連対率33.3% 札幌・ダ1700m
  2. 連対率32.4% 京都・ダ1800m
  3. 連対率29.2% 阪神・ダ1800m
  4. 連対率25.0% 京都・ダ1200m
  5. 連対率24.4% 中京・ダ1800m

苦手なコース

  1. 連対率8.0% 阪神・ダ1200m
  2. 連対率8.3% 中京・ダ1200m
  3. 連対率9.1% 新潟・ダ1200m
  4. 連対率9.1% 中京・ダ1900m
  5. 連対率9.1% 福島・ダ1700m

※新馬戦、未勝利戦を含む全コースデータを集計。

ダート・クラス別

2勝クラス以上○

ダート種牡馬のため下級条件では過剰人気しがちな面もあり、1勝クラス以下ではそれほど回収値は高くありません。

むしろ2勝クラス以上の方が成績・回収値も高く、ユニコーンSを1.34.4で制したスマッシャーのように緩い流れよりもダートらしい厳しい流れになるレースの方が向いているかもしれません。

ダート・前走距離別

距離変更時は2~3着狙い

ダートでは距離変更は苦手としており、得意な1800mでも距離変更で挑む場合は勝率は大きく下がります。ただ複回値は下がらないので2~3着では十分狙えます。

また距離短縮で勝っているのは1600m以上で、2021年6月時点では1400m以下への距離短縮時は(0-9-7-58)という成績。

マジェスティックウォリアー産駒 重馬場・季節適性

重馬場適性

馬場状態不問

芝・ダート共に馬場状態は不問ですが、細かく見るとダート1700mで良馬場だと(4-7-8-23)複勝率45.2%に対して稍重以上では(2-1-3-24)複勝率20%と2倍以上の差があります。ただしダート1800mでは良馬場で複勝率32.3%、稍重以上だと複勝率39.7%。何故か1700mのみ馬場状態によって大きな差があります。

マジェスティックウォリアー産駒 血統相性

母父系統別成績

代表産駒のベストウォーリア、エアアルマスはいずれも母父ミスプロ系ですが、国内供用後はサンデーサイレンス系の牝馬と多く配合され、安定した成績を残しています。

その中でも相性が良さそうなのはサンライズホープの母父スペシャルウィーク、ライトウォーリアの母父ディープインパクトでいずれも複勝率は40%以上。ユニコーンSを制したスマッシャーも母系にサンデーサイレンスを持っており、血統的には配合の幅は広そうです。

母父サンデーサイレンス系

  • サンライズホープ(母父スペシャルウィーク)
  • シゲルタイタン(母父メジロベイリー)
  • テイエムマジック(母父スペシャルウィーク)

母父キングカメハメハ系

  • スマッシャー(母父キングカメハメハ)

母父ディープインパクト系

  • ライトウォーリア(母父ディープインパクト)

マジェスティックウォリアー産駒 特徴まとめ

芝コース

1勝クラス以下の1800m(特に距離延長時)
芝で買うなら2歳~3歳春まで
逃げ、先行馬
幸騎手との相性が良い

ダートコース

1400m以上、特に1800mの成績が良い
札幌競馬場の成績が抜群
牡馬はコース不問、牝馬は東開催は苦手
距離変更時は2~3着狙い
ダート1700mは良馬場◎、稍重以上△

マジェスティックウォリアー産駒の分析は以上です。

テキストのコピーはできません。