スプリングステークス予想|過去の傾向とデータ分析

スプリングステークス【GⅡ】
2020/3/22(日) 中山競馬場・芝1800m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

昨年はこのレース2番人気のロジャーバローズがダービー制覇。他にもステルヴィオ、エポカドーロ、ウインブライト、キタサンブラックなど皐月賞だけでなく後のGⅠ馬を多数輩出しているレースです。

それでは2020年スプリングSのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

スプリングS 登録馬

1番人気予想はホープフルS2着のヴェルトライゼンデ。前走ではワーケアに対して2馬身差をつけており、過去3走全て上がり最速をマークしています。

2番手にはジュニアC、アスター賞と外回りですが中山で2勝のサクセッション、3番手には同日の阪神大賞典に登録しているトーセンカンビーナの全弟ファルコニア。

以下きんもくせい特別優勝のココロノトウダイやセントポーリア賞2着のアオイクレアトール、つばき賞3着のシルバーエースなどが続きます。

スプリングS コース分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬や内枠の先行馬が有利なコースです。

スプリングS 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-6-44】
  • キングマンボ系【1-1-1-7】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-2】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-1】
  • ストームキャット系【0-1-0-1】

ディープ産駒は(1-2-1-10)で3着以内の4頭は当日4番人気以内。近年も1番人気サトノアレスや2番人気ロジャーバローズが4着以下に敗れるなど過信はできません。

スプリングS 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-2-19】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-4】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-2-9】
  • ボールドルーラー系【1-0-0-1】
  • プリンスリーギフト系【1-0-0-4】

母父ナスルーラ系の成績が全体的に良く、また血統表にボールドルーラーを持つ馬が強いレースですが今年は該当馬無し。

ちなみに母父ナスルーラ系以外のロゴタイプやマウントロブソン、グランデッツァ、エメラルファイトは5代目までにボールドルーラーを持っていました。

他には中山コースだけにロベルト持ちにも注意。有力馬ではサクセッションが5代目にロベルト持ちです。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

スプリングS 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-4-1-125.0%87.5%
2番人気0-1-1-60.0%25.0%
3番人気2-2-0-425.0%50.0%
4-6番人気3-1-3-1712.5%29.2%
7-9番人気0-0-1-220.0%4.3%
10-番人気1-0-2-332.8%8.3%

昨年は10番人気のエメラルファイトが優勝し波乱になりましたが、1番人気を軸に比較的固めに決まることが多いレースです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-0-620.0%40.0%
2枠1-0-0-109.1%9.1%
3枠1-1-1-98.3%25.0%
4枠0-2-0-110.0%15.4%
5枠1-1-1-117.1%21.4%
6枠1-1-3-116.3%31.3%
7枠0-1-0-150.0%6.3%
8枠2-0-3-1013.3%33.3%

近年は2~3枠の成績が悪く、1枠か4枠以降といった傾向です。

馬番データ

  • 偶数枠【4-5-6-36】
  • 奇数枠【4-3-2-47】

5番人気以内だと偶数枠が(4-5-3-6)複勝率66.7%に対して奇数枠は(3-3-0-16)複勝率27.3%。

ただ偶数枠の人気馬は2014年前後くらいに良績が集中しており、昨年のヒシイグアス、クリノガウディーが敗れるなど近年はそれほど信頼できません。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-80.0%11.1%
先行5-2-4-1916.7%36.7%
差し3-5-3-268.1%29.7%
追込0-0-1-290.0%3.3%

前半1000mが60秒を切ることは少なく、先行馬が優勢です。

前走4角位置

  • 4番手以内【5-5-5-42】
  • 5番手以下【3-3-3-41】

前走4角4番手以内+当日5番人気以内は(5-5-1-10)。逆に言えば前走4角4番手以内+6番人気以下は3着まで。また前走4角5番手以下+上がり4位以下は(0-0-0-14)。

サクセッション、ヴェルトライゼンデは前走4角4番手以内、ファルコニアは前走4角8番手です。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-4-3-26】
  • 3~5位【2-3-5-25】
  • 6位以下【2-1-0-30】

関東馬は前走上がり3位以内で(5-3-6-21)、上がり4位以下で(1-0-1-25)。前走上がり4位以下で優勝したのは2013年のロゴタイプで前走朝日杯1着・当日1番人気でした。

関東馬で上がり4位以下はココロノトウダイ、サクセッションの2頭。

スプリングS 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
-2戦1-1-0-117.7%15.4%
3戦0-3-2-170.0%22.7%
4戦4-3-2-2013.8%31.0%
5戦2-1-2-1013.3%33.3%
6戦1-0-1-108.3%16.7%
7戦-0-0-1-150.0%6.3%

近年はキャリア4~5戦が中心。

毛色データ

  • 鹿毛【2-4-4-37】
  • 黒鹿毛【1-2-1-17】
  • 栗毛【1-2-1-17】
  • 芦毛【3-0-1-0】
  • 青鹿毛【0-0-1-9】

芦毛は昨年10番人気で優勝したエメラルファイトなど、過去8年で出走した4頭全てが3着以内。今年はアオイクレアトール、サクセッション、シルバーエースの3頭が芦毛です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦6-3-7-479.5%25.4%
栗東2-5-1-354.7%18.6%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬優勢で、関西馬は4番人気以下で(1-0-1-30)。優勝したのは2015年のキタサンブラックです。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-7-4-39】
  • 乗り替わり【6-1-4-44】

乗り替わりの勝率が高く継続騎乗は関東騎手の場合(2-3-3-22)、関西騎手の場合は(0-4-1-16)。

生産者データ

  • ノーザンF【2-2-1-16】
  • 社台F【3-0-1-12】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-0-2-126.7%20.0%
460-4793-1-2-337.7%15.4%
480-4992-4-2-216.9%27.6%
500-5191-2-1-135.9%23.5%
520-1-1-1-316.7%50.0%

480kg未満で好走しているのは関東馬で、関西馬+480kg未満は(0-0-0-22)。ファルコニアが前走440kg台です。

前走との馬体重差

  • +体重【3-3-2-20】
  • 増減無【2-2-3-14】
  • -体重【3-3-3-49】

スプリングS 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-2-1-618.2%45.5%
GⅡ0-0-1-40.0%20.0%
GⅢ1-3-1-292.9%14.7%
オープン0-0-2-70.0%22.2%
1勝5-3-3-2713.2%28.3%
未勝利0-0-0-70.0%0.0%
新馬0-0-0-10.0%0.0%

前走GⅠ組が複勝率ではトップですが、それ以外のオープンクラス組よりは500万組の方が良く馬券に絡んでいます。

主な前走

  • 朝日杯FS【2-2-1-4】
  • あすなろ賞【1-1-0-1】
  • 若竹賞【1-0-0-3】
  • きさらぎ賞【0-1-1-1】

前走距離

  • 1600m【3-3-2-18】
  • 1800m【2-3-2-28】
  • 2000m【3-2-3-28】

前走場所

  • 東京【2-3-4-31】
  • 中山【2-2-2-26】
  • 京都【1-1-1-11】
  • 阪神【2-1-1-7】
  • 小倉【1-1-0-5】

京成杯組が大半ですが、前走中山芝2000m組は(0-0-1-18)と不振。

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-5-134.5%40.9%
2番人気3-0-0-1220.0%20.0%
3番人気2-3-1-1211.1%33.3%
4番人気0-1-2-30.0%50.0%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気2-1-0-266.9%10.3%
10-番人気0-0-0-100.0%0.0%

クラス関係なく前走上位人気だった馬が強く、前走5番人気以下で好走した3頭は前走朝日杯勝ちのロゴタイプ、きさらぎ賞勝ちのタマモベストプレイ、そしてもう1頭がキタサンブラック。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着6-6-3-3512.0%30.0%
2着1-1-4-115.9%35.3%
3着1-0-0-325.0%25.0%
4着0-1-1-70.0%22.2%
5着0-0-0-80.0%0.0%
6-9着0-0-0-110.0%0.0%
10-着0-0-0-80.0%0.0%

重賞組でも前走5着以下は全滅。

関東馬

  • 2着以内【6-3-7-22】
  • 3着以下【0-0-0-25】

関東馬で3着以下はガロアクリーク、ココロノトウダイ、ラグビーボーイの3頭。

前走1勝クラス

  • 1着【5-3-0-19】
  • 2着【0-0-3-2】
  • 3着以下着【0-0-0-6】

1勝クラスで1着だったのはファルコニア、2着はアオイクレアトール

スプリングS データまとめ

  • サンデー系が中心、ディープ産駒は過信禁物
  • 母父ナスルーラ系やボールドルーラー持ちが狙い目
  • 人気馬優勢、1番人気は堅実
  • 関西馬+4番人気以下は不振
  • 近年は2~3枠の成績がイマイチ
  • 先行馬優勢
  • 前走4角4番手以内+当日5番人気以内○
  • 関東馬+前走上がり3位以内○
  • 芦毛の成績が良い
  • 関西馬は馬格が必要、480kg未満は不振
  • 前走GⅠか1勝クラス組が中心
  • クラス関係なく前走4番人気以内・4着以内がほぼ必須
  • 関東馬+前走3着以下は割引き

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

スプリングS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ヴェルトライゼンデ
○サクセッション
▲アオイクレアトール
△ファルコニア

前走中山芝2000m組、またドリームジャーニー産駒のコース成績はイマイチですが、1番人気の安定感や馬格、前走内容などからはヴェルトライゼンデが1番手。ここで圧勝するようならドリームジャーニー産駒が得意とする2000mに伸びる皐月賞は改めて期待できます。

サクセッションは関東馬で前走上がり6位などマイナスデータもありますが、先行できる脚質やこのレースで何故か強い芦毛などのプラスデータもあり、今年のメンバーでは上位評価。

3番手には同じキングカメハメハ産駒のアオイクレアトール。決め手に欠けるタイプですが相手なりに走れておりこの馬も芦毛。中山替わりは楽しみです。

ファルコニアはエポカドーロやマウントロブソンと同じあすなろ賞からのローテですが、関西馬で馬格に欠ける点が割引きで、過去4戦が京都・小倉という点も気になります。

テキストのコピーはできません。