スプリングステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

スプリングステークス【GⅡ】
2021/3/21(日)
中山競馬場・芝1800m

過去8年分のスプリングSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

スプリングS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ランドオブリバティ
2番人気 ボーデン
3番人気 ヴィクティファルス
4番人気 ヴィゴーレ
5番人気 レインフロムヘヴン

参考:netkeiba.com

予想オッズ1番人気はランドオブリバティ。デムーロ騎手を予定していましたが騎乗停止のため、三浦騎手の継続騎乗想定となっています。

2番手には東京芝1800mの未勝利戦を1.45.2で圧勝したボーデン、3番手にはキャリア1戦ながら共同通信杯で2着に入ったヴィクティファルスが推されています。4番手以下はつばき賞1着のヴィゴーレ、フリージア賞1着のレインフロムヘヴン、ジュニアC1着のヴェイルネビュラなどが続きます。

スプリングS コース&血統分析

中山芝1800mの特徴

中山芝1800mは内回りコースを使用。スタート後すぐに急坂になりコーナーまでの距離も短いため、前半のペースが極端に速くなることはあまりありません。そのためスタート後のコーナーで好位を取った馬や内枠の先行馬が有利なコースです。

最後の直線は310mで残り200mからは急坂が待ち構えています。パワーや小回り適性が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

重賞ナビ

中山競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

スプリングS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-5-41】
  • キングマンボ系【1-1-2-10】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-3】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-1】
  • ストームキャット系【0-1-0-1】

昨年はキンシャサノキセキ産駒のガロアクリークが優勝しましたが、ロードカナロア産駒のステルヴィオやフジキセキ産駒のロサギガンティアなど短距離・特に1400mのイメージが強い種牡馬が活躍しています

スプリングS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-2-20】
  • グレイソヴリン系【1-1-0-2】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-8】
  • キングマンボ系【1-0-0-1】
  • デピュティミニスター系【0-1-1-4】

出走数は多くありませんが母父ナスルーラ系の成績が良く、母父としてだけではなく血統表にボールドルーラー系などナスルーラ系を持つ馬の好走が目立ちます。他には中山コースだけにロベルト持ちにも注意。

スプリングS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-0-620.0%40.0%
2枠1-0-0-109.1%9.1%
3枠1-2-0-89.1%27.3%
4枠0-2-0-100.0%16.7%
5枠1-1-1-107.7%23.1%
6枠1-0-3-116.7%26.7%
7枠1-1-0-146.3%12.5%
8枠1-0-4-106.7%33.3%

近年は小頭数になることも多く、馬番11番以降は(0-0-2-21)なので多頭数時の外枠は割引きです。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-5-5-36】
  • 奇数馬番【5-3-3-43】

馬番では10番が(1-0-3-4)、1番が(2-1-0-5)、8番が(1-1-1-5)。

6番人気以下

  • 1~4枠【0-0-0-27】
  • 5~8枠【1-0-4-30】

当日6番人気以下+内枠は全滅ですが、馬番で見ると成績が悪いのは1~6番。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-80.0%11.1%
先行4-2-4-2013.3%33.3%
差し3-5-2-229.4%31.3%
追込0-0-1-270.0%3.6%
マクリ1-0-1-225.0%50.0%

昨年は1000m通過が63.2秒の超スロー。前半が速くなる事は少なく前有利なレースです。

前走4角位置

  • 4番手以内【5-5-5-40】
  • 5番手以下【3-3-3-39】

当日5番人気以内+前走4角4番手以内は(4-5-2-10)。昨年は前走4角4番手以内だった3頭での決着でした。有力馬ではボーデン、レインフロムヘヴンが前走4角4番手以内。

前走上がり3F

  • 3位以内【6-8-5-37】
  • 4位以下【2-0-3-39】

前走上がり4位以下で優勝した2頭はロゴタイプとキタサンブラック。有力馬ではレインフロムヘヴン、ヴィクティファルスが前走上がり4位以下です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-0-2-145.9%17.6%
460-4793-1-2-318.1%16.2%
480-4992-5-1-187.7%30.8%
500-5191-1-2-116.7%26.7%
520-1-1-1-414.3%42.9%

480kg未満で好走しているのは関東馬で、関西馬+480kg未満は(0-0-0-21)。ファルコニア、ミッキーロケットなどの人気馬も4着以下に敗れています。ヴィゴーレが前走時468kgでした。

前走との馬体重差

  • +体重【3-3-1-23】
  • 増減無【2-2-3-12】
  • -体重【3-3-4-44】

スプリングS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-4-1-125.0%87.5%
2番人気0-1-2-50.0%37.5%
3番人気1-2-0-512.5%37.5%
4-6番人気4-1-3-1616.7%33.3%
7-9番人気0-0-1-220.0%4.3%
10番人気-1-0-1-303.1%6.3%

2019年は10番人気のエメラルファイトが優勝し波乱になりましたが、1番人気を軸に比較的固めに決まることが多いレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦7-3-7-4411.5%27.9%
栗東1-5-1-322.6%17.9%
地方0-0-0-30.0%0.0%

関東馬の成績が良く、関西馬は当日3番人気以内で(0-5-0-6)、4番人気以下で(1-0-1-26)。優勝したのは2015年のキタサンブラックです。予想オッズからはヴィクティファルスが現在3番人気です。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦0-0-0-10.0%0.0%
2戦1-1-0-810.0%20.0%
3戦1-3-1-164.8%23.8%
4戦3-3-3-239.4%28.1%
5戦2-1-2-815.4%38.5%
6戦-1-0-2-233.8%11.5%

キャリア3~5戦に好走馬が多く、キャリア6戦以上で優勝したのは朝日杯勝ちの実績を持つロゴタイプ。また当日4番人気以下+キャリア5戦が(2-1-2-6)と成績が良く、2019年10番人気1着のエメラルファイトなど回収値が高め。

セルジュ、タイフォン、ワールドリバイバルがキャリア5戦です。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-6-4-39】
  • 乗り替わり【6-2-4-40】

関東馬は継続騎乗が(1-2-3-23)、乗り替わりが(6-1-4-21)。関西馬は継続騎乗が(1-4-1-13)、乗り替わりが(0-1-0-19)なので、関東馬は乗り替わり・関西馬は継続騎乗狙い。

有力馬では殆ど当てはまらず、ヴィゴーレは想定では田辺騎手の継続騎乗ですが落馬負傷のため次週騎乗できるかは未定。

生産者データ

  • ノーザンF【2-3-2-16】

スプリングS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-3-1-518.2%54.5%
GⅡ0-0-1-30.0%25.0%
GⅢ0-2-1-290.0%9.4%
オープン0-0-3-50.0%37.5%
1勝6-3-2-2715.8%28.9%
未勝利0-0-0-60.0%0.0%
新馬0-0-0-10.0%0.0%

朝日杯組は堅実ですが、共同通信杯組は(0-1-0-14)、京成杯組は(0-0-0-11)とGⅢ組が不振。昨年のガロアクリークや一昨年のエメラルファイトなど1勝クラス組は人気しすぎることもなく回収値は優秀。

主な前走

  • 朝日杯FS【2-2-1-3】
  • あすなろ賞【1-1-0-1】
  • 若竹賞【1-0-0-2】
  • きさらぎ賞【0-1-1-1】
  • フリージア賞【0-1-1-1】

前走距離

  • 1400m【0-0-1-3】
  • 1600m【3-3-3-17】
  • 1800m【2-2-1-28】
  • 2000m【2-3-3-26】
  • 2200m【1-0-0-4】

前走場所

  • 東京【2-2-3-32】
  • 中山【3-3-3-22】
  • 京都【1-1-1-11】
  • 阪神【1-1-1-5】
  • 小倉【1-1-0-5】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-6-124.8%42.9%
2番人気2-0-0-1115.4%15.4%
3番人気2-4-1-1111.1%38.9%
4番人気0-1-1-20.0%50.0%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気3-1-0-279.7%12.9%
10番人気-0-0-0-90.0%0.0%

クラス関係なく前走4番人気以内だった馬の成績が良く、前走5番人気以下で好走した4頭中3頭は前走1着。例外は昨年のガロアクリークで前走2200mの水仙賞で4着でした。

アールバロン、セルジュ、タイフォン、ビゾンテノブファロ、ヴィクティファルスが前走5番人気以下+2着以下。前走5番人気以下+1着はオンザライン、ニシノオイカゼ、ワールドリバイバル

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着6-6-4-3013.0%34.8%
2着1-1-3-116.3%31.3%
3着0-0-0-40.0%0.0%
4着1-1-1-512.5%37.5%
5着-0-0-0-290.0%0.0%

前走1着馬が非常に強く、前走重賞であっても5着以下だった馬は過去8年で3着以内がありません。

また1勝クラスで1着だった馬は前走での着差が大きいほど複勝率が上がります。

関東馬

  • 2着以内【6-3-7-20】
  • 3着以下【1-0-0-24】

前走3着以下で優勝した関東馬は昨年のガロアクリーク。アサマノイタズラ、セルジュ、タイフォン、ビゾンテノブファロ、ランドオブリバティが前走3着以下の関東馬。

スプリングS データまとめ

買いデータ

ボールドルーラーなどナスルーラ系持ち
当日5番人気以内+前走4角4番手以内
前走上がり3位以内
乗り替わりの関東馬、継続騎乗の関西馬

消しデータ

馬番11番以降
当日6番人気以下+馬番1~6番
関西馬+480kg未満
当日4番人気以下の関西馬
前走5番人気以下+前走2着以下
前走3着以下の関東馬

スプリングS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ヴェイルネビュラ
○ロードトゥフェイム
▲ランドオブリバティ
△レインフロムヘヴン
△ボーデン
△イルーシヴパンサー

ヴェイルネビュラはロードカナロア産駒でボールドルーラー系持ちと血統はレース傾向に合っており、母父ハーツクライまでは中山記念2着のケイデンスコールと同じ。オープン特別組は過去8年で優勝がありませんが、ジュニアC組は昨年のサクセッション、一昨年のディキシーナイトと2年連続で馬券に絡んでいます。

ロードトゥフェイムも短距離種牡馬でレース実績のあるマツリダゴッホ産駒。こちらもボールドルーラー、グロースタークとスプリングS・また中山芝の適性が高い血統を持ちます。1週前時点では雨予報ですが、当日道悪の場合は前走不良馬場で勝っていることも強調できます。

ランドオブリバティは前走3着以下の関東馬・また前走GⅢが割引き。1番人気馬の成績が良いレースなので当日1番人気なら買いですが、前走はスタートの不利もありましたが後方からの競馬で制御の難しさは引き続き見受けられたので、今回も立ち回りには不安が残ります。

他には前走上がり4位が割引きですが血統は強調できるレインフロムヘヴン、前走未勝利戦ですが前走の内容は圧巻だったボーデン、マイル経験もあり休み明け2戦目となるイルーシヴパンサーあたりが抑え。

テキストのコピーはできません。