スプリンターズステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

スプリンターズステークス【GⅠ】
2021/10/3(日)
中山競馬場・芝1200m

過去8年分のスプリンターズSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。(新潟で行われた2014年は除きます)

2週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

スプリンターズS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 レシステンシア
2番人気 ダノンスマッシュ
3番人気 ピクシーナイト
4番人気 ジャンダルム
5番人気 モズスーパーフレア

参考:netkeiba.com

予想オッズでは高松宮記念で2着、セントウルS1着のレシステンシアが1番人気。2番人気には高松宮記念優勝馬で香港以来となるダノンスマッシュ、3番人気にはCBC賞・セントウルSと続けて2着のピクシーナイトが推されています。

4番手以下はセントウルSで出遅れるも僅差の4着に食い込んだジャンダルム、昨年の高松宮記念優勝馬モズスーパーフレア、セントウルS3着のクリノガウディーなどが続きます。(ヨカヨカは9/22に引退が発表されました)

スプリンターズS コース&血統分析

中山芝1200mの特徴

中山芝1200mは外回りコースを使用。三角形のようなコース形態になっており、スタートから4コーナーまではカーブしながらの下り坂になるためペースが速くなりがちです。

最後の直線は310mと短く、残り180mから70mにかけては中山名物の急坂が待ち構えています。急坂を上るパワーや小回り適性・持続力が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

重賞ナビ

中山競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

スプリンターズS 父系統別データ

  • エンドスウィープ系【3-1-2-10】
  • キングカメハメハ系【2-2-1-9】
  • サンデーサイレンス系【1-1-2-14】
  • ディープインパクト系【1-1-0-9】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-0-11】

エンドスウィープ系やキングカメハメハ系などミスプロ系の成績が良く、牡馬・セン馬はミスプロ系が(6-2-2-22)、他系統が(0-2-2-47)と大きな差があります。

牝馬は系統による偏りは無く、サンデー系かミスプロ系がやや優勢。

スプリンターズS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-0-28】
  • ネヴァーベンド系【2-0-0-2】
  • ストームキャット系【2-0-0-1】
  • ダンジグ系(米)【0-2-1-2】
  • ミスタープロスペクター系【0-1-3-14】
  • グレイソヴリン系【0-1-2-4】

母父ミスプロ系は3着までが多く、近年はネヴァーベンド系やグレイソヴリン系など母父ナスルーラ系が好調。血統表でもボールドルーラー系、ネヴァーベンド系を持つ馬の成績が良く、大穴狙いならニジンスキー持ち。ラブカンプー、ラインスピリットなど人気薄の好走が目立ちます。

スプリンターズS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-2-126.3%25.0%
2枠0-2-2-120.0%25.0%
3枠0-0-3-130.0%18.8%
4枠3-2-0-1118.8%31.3%
5枠2-1-0-1213.3%20.0%
6枠0-0-0-160.0%0.0%
7枠1-1-0-136.7%13.3%
8枠1-1-1-136.3%18.8%

2015年以降は1~5枠が(5-5-5-44)、6~8枠が(1-1-1-32)と外寄りの枠はやや割引き。好走した3頭中2頭は当日3番人気以内でした。近年は4枠の成績が良く2017~2019年は3年連続優勝、昨年も7番人気ミスターメロディが4着に健闘しています。

馬番データ

  • 偶数馬番【7-3-5-47】
  • 奇数馬番【1-5-3-55】

偶数馬番の複勝率が高く、当日3番人気以内+偶数馬番は(7-1-1-3)、奇数馬番は(1-4-0-7)。特に当日3番人気以内+偶数馬番に入った牡馬は(5-0-1-0)と複勝率100%です。

4番人気以下

  • 1~6番【0-2-6-32】
  • 7~16番【0-1-1-60】

当日4番人気以下は内の1~3枠(馬番1~6番)に好走馬が集中しており、7番以降で好走したのはラブカンプーとアウィルアウェイ。ラブカンプーの年は稍重、アウィルアウェイの年は良馬場でしたが時計のかかる馬場で勝ちタイムはいずれも1.08.3。

高速馬場なら内優勢、時計がかかる馬場になれば外枠にもチャンスがあるといったイメージです。

前走馬番(5番人気以内)

  • 1~5番【0-0-0-13】
  • 6~10番【4-2-0-7】
  • 11~16番【4-4-1-5】

当日5番人気以内に推された馬は、前走時の馬番が1~5番だと全て4着以下。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-3-1-40.0%50.0%
先行0-2-2-230.0%14.8%
差し7-3-3-3813.7%25.5%
追込1-0-2-372.5%7.5%

スタートから下り坂が続く前傾ラップ必至のコースで、4角4番手以内が(0-5-3-27)と逃げ・先行馬は勝ち切れません。ただし直線一気の追い込みも決まりづらく、4角10番手以下は牡馬が(1-0-0-32)、牝馬が(1-0-2-14)と牡馬はある程度の位置取りは必要になります。

前走4角位置(2015年以降)

  • 5番手以内【0-4-3-34】
  • 6番手以下【6-2-3-39】

改修後は前走4角好位組は2~3着までが続いています。また前走4角6番手以下+当日3番人気以内は(6-0-1-2)と高勝率。予想オッズだとピクシーナイト、ジャンダルムが有力候補。

前走上がり3F

  • 3位以内【7-0-2-28】
  • 4位以下【1-8-6-69】

前走上がり4位以下で優勝したのは今回の集計では最も古い2012年のロードカナロア。当日3番人気以内+前走上がり3位以内が(7-0-0-2)、4位以下が(1-5-1-8)です。こちらも有力馬ではジャンダルムが前走上がり1位。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-1-0-30.0%25.0%
440-4590-0-2-140.0%12.5%
460-4794-1-4-2412.1%27.3%
480-4992-5-1-236.5%25.8%
500-5192-1-0-247.4%11.1%
520-0-0-1-140.0%7.1%

人気馬は馬格による差はありませんが、人気薄+500kg以上は近年不振です。

前走との馬体重差

  • +体重【2-2-1-39】
  • 増減無【3-2-1-14】
  • -体重【3-4-6-48】

前走時の馬体重差(4番人気以下)

  • +体重【0-2-6-36】
  • 増減無【0-0-0-15】
  • -体重【0-1-1-38】

当日4番人気以下+前走時の馬体重が±0kg以下だった馬は成績が悪く、改修後に好走したのはレッツゴードンキ1頭。ただこの馬も前走ヴィクトリアマイルで3番人気11着、前々走は高松宮記念で2番人気2着とローテもやや特殊でした。

予想オッズからはジャンダルム、クリノガウディー、シヴァージ、ミッキーブリランテ、タイセイビジョン、ショウナンバビアナ、クーファウェヌス、ボンボヤージ、ラヴィングアンサーが前走時の馬体重が±0kg以下。

スプリンターズS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-1-1-162.5%87.5%
2番人気2-2-0-425.0%50.0%
3番人気1-2-0-512.5%37.5%
4-6番人気0-1-0-230.0%4.2%
7-9番人気0-0-4-190.0%17.4%
10番人気-0-2-3-500.0%9.1%

近年は3番人気以内に推された馬は安定しており、1番人気馬は堅実。近年はラブカンプーやアウィルアウェイなど紐荒れ狙いなら牝馬がお勧めです。

また牡馬は当日3番人気以内・または単勝オッズ10倍を切ると(6-3-1-3)と堅実ですが、4~8番人気だと(0-0-0-30)、単勝オッズ10.0~19.9倍だと(0-0-0-25)と振るわず、中穴を狙うくらいなら大穴狙いの方が良さそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-1-2-2213.8%24.1%
栗東4-7-6-754.3%18.5%
海外0-0-0-50.0%0.0%

改修前は関西馬の優勝が続いていましたが、近年はグランアレグリアやタワーオブロンドンなど関東馬の優勝が増えています。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-1-1-120.0%14.3%
4歳3-2-3-1215.0%40.0%
5歳3-4-2-327.3%22.0%
6歳2-0-1-237.7%11.5%
7歳-0-1-1-230.0%8.0%

若い馬の成績が良く、6歳で優勝した2頭はストレイトガール、ミッキーアイルで当日1番人気。

騎手データ

  • 継続騎乗【7-6-3-52】
  • 乗り替わり【1-2-5-50】

継続騎乗組が圧倒的に強く、当日3番人気以内だと(7-4-1-9)。昨年は乗り替わりになるグランアレグリアが1着、ダノンスマッシュが2着でしたがいずれも主戦に戻る形でした。

生産者データ

  • ケイアイF【2-1-1-0】
  • 社台F【2-1-0-8】
  • ダーレーJF【2-0-0-6】
  • ノーザンF【1-1-1-12】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
+斤量2-2-6-533.2%15.9%
増減無2-4-1-246.5%22.6%
-斤量4-2-1-2512.5%21.9%

当日5番人気以内だと斤量減か同斤量になる馬の複勝率が高く、斤量増だと(2-1-0-13)と苦戦しています。特に牝馬の斤量増は全体でも(0-1-3-21)、当日5番人気以内だと(0-0-0-7)と割引き。

ボンボヤージ、メイケイエール、レシステンシアが前走から斤量増の牝馬です。

スプリンターズS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-3-0-716.7%41.7%
GⅡ5-4-2-3610.6%23.4%
GⅢ1-1-5-511.7%12.1%
オープン0-0-1-30.0%25.0%
海外0-0-0-50.0%0.0%

前哨戦としてはセントウルS組が圧倒的に優勢ですが、近年は安田記念(レッドファルクス、グランアレグリア)、ヴィクトリアマイル(レッツゴードンキ)、高松宮記念(ミッキーアイル)など春のGⅠから休み明けで挑んだ馬が良く走っています。

主な前走

  • セントウルS【5-4-2-35】
  • 安田記念【2-1-0-5】
  • CBC賞【1-0-0-2】
  • 北九州記念【0-1-1-12】
  • ヴィクトリアマイル【0-1-0-1】
  • キーンランドC【0-0-4-30】

前走距離

  • 1000m【0-0-0-1】
  • 1200m【6-6-7-87】
  • 1400m【0-0-1-5】
  • 1600m【2-2-0-7】

前走場所

  • 東京【2-2-0-8】
  • 阪神【5-3-2-29】
  • 中京【1-2-0-9】
  • 札幌【0-0-4-27】
  • 函館【0-0-0-8】
  • 新潟【0-0-1-3】
  • 小倉【0-1-1-12】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-1-2-1617.4%30.4%
2番人気0-4-1-130.0%27.8%
3番人気4-2-0-1618.2%27.3%
4番人気0-0-1-100.0%9.1%
5番人気0-0-0-40.0%0.0%
6-9番人気0-0-3-250.0%10.7%
10番人気-0-1-1-130.0%13.3%

近年は前走でも人気に推されていた馬が優勢。前走4番人気以下で好走した6頭中4頭は同年にスプリント重賞を勝っていました。

前走セントウルS

  • 3番人気以内【5-4-0-14】
  • 4番人気以下【0-0-2-21】

セントウルSで3番人気以内+当日3番人気以内は(5-3-0-3)と堅実です。レシステンシア、ピクシーナイトが前走セントウルSで3番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-2-3-1814.8%33.3%
2着2-2-0-1510.5%21.1%
3着1-0-1-810.0%20.0%
4着1-2-1-511.1%44.4%
5着0-0-1-90.0%10.0%
6-9着0-0-2-240.0%7.7%
10着-0-2-0-230.0%8.0%

前走着順は4着以内だった馬の複勝率が高く、5着以下は割引き。また前走0.3秒差以上敗れている場合は2~3着止まりです。

前走セントウルS

  • 4着以内【5-4-0-15】
  • 5着以下【0-0-2-20】

レシステンシア、ピクシーナイト、クリノガウディー、ジャンダルムがセントウルSで4着以内。

前走キーンランドC

  • 4着以内【0-0-3-13】
  • 5着以下【0-0-1-17】

カイザーメランジェ、エイティーンガールがキーンランドCで4着以内。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.2秒差以内【4-3-0-23】
  • 0.3秒差以上【0-3-5-61】

スプリンターズS データまとめ

買いデータ

父ミスプロ系、母父ナスルーラ系
ボールドルーラー系、ニジンスキー持ち
当日3番人気以内+前走4角6番手以下(前走上がり3位以内)
当日3番人気以内または単勝オッズ10倍以内の牡馬
前走3番人気以内+4着以内

消しデータ

父ミスプロ系以外の牡馬・セン馬
高速馬場での当日4番人気以下+馬番7番以降
当日4番人気以下+馬体重500kg以上
当日4番人気以下+前走時馬体重が±0kg以下
当日4~8番人気または単勝オッズ10.0~19.9倍の牡馬
斤量増になる牝馬

スプリンターズS 予想

2週前の登録時点での予想です
◎ダノンスマッシュ
○レシステンシア
▲モズスーパーフレア
△ピクシーナイト
△ファストフォース
△エイティーンガール

ダノンスマッシュは前走海外なのでデータに当てはまらない部分はありますが、前走香港は高松宮記念から1カ月以内の間隔に長距離輸送とロードカナロア産駒の傾向からすると問題外。2年連続馬券圏内とレース適性は問題なく、6歳にはなりましたが過去2年と比較して前哨戦を挟まず直行になるのは大きなプラス。

レシステンシアはセントウルSを1番人気で1着と前走内容は文句無し。ただ前走が54kgで出れてしまった事で今回斤量増になるのは割引き。また前走4角好位組が勝ち切れないレースということもあり傾向的には2~3着狙い。ただ前走での仕上げ度合いを見ると上積みは十分ありそうです。

モズスーパーフレアはテンの速さとスピードが信条のタイプだけに近走はやや精彩を欠いているように見えますが、本来は高速中山がベストの舞台。高松宮記念でも先行馬が下位に沈む中5着に粘っており、自分の競馬ができればコース適性は上位。

ピクシーナイトは前走セントウルSで4角6番手からの2着や継続騎乗など当日3番人気以内だとデータ的には買いやすいものの、モーリス産駒の中山コース成績はあまり強調できず、福永騎手という点でもここより高松宮記念の方が合っています。

人気薄ではロードカナロア産駒で母系にニジンスキーを持つファストフォース、昨年は前が詰まり大敗しましたが時計がかかる馬場になればエイティーンガール。この2頭は前走GⅢなので3着付けが無難です。あとは馬場と枠順が重要なレースなのでそれ次第で。

テキストのコピーはできません。