高松宮記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

高松宮記念【GⅠ】
2021/3/28(日)
中京競馬場・芝1200m

過去8年分の高松宮記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

2週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

高松宮記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 レシステンシア
2番人気 ダノンスマッシュ
3番人気 インディチャンプ
4番人気 ラウダシオン
5番人気 ライトオンキュー

参考:netkeiba.com

2週前の予想オッズでは阪急杯をレコードで逃げ切ったレシステンシアがやや抜けた1番人気に推されています。2番手には昨年香港スプリントでGⅠ初制覇となったダノンスマッシュ、3番手には初の1200mとなるインディチャンプが続きます。

以下昨年のNHKマイルC優勝馬ラウダシオン、シルクロードS2着のライトオンキュー、昨年の阪神Cを快勝したダノンファンタジー、シルクロードSで重賞初制覇となったシヴァージなど。

高松宮記念 コース&血統分析

中京芝1200mの特徴

中京芝1200mは向こう正面の中間点半ばからのスタートになります。最初の100m程が上り坂でその後ラスト300mまではスパイラルカーブの下り坂になっています。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

重賞ナビ

中京競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

高松宮記念 父系統別データ

  • エンドスウィープ系【2-2-2-9】
  • サンデーサイレンス系【1-2-3-42】
  • キングマンボ系【1-2-1-10】
  • ストームキャット系【1-0-1-5】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-13】

エンドスウィープ系(ほぼアドマイヤムーン産駒)の成績が非常に良く、2019年も12番人気のセイウンコウセイが12番人気で2着。

ただし近年はコース出走数も少なく、代わりに成績を伸ばしているのがロードカナロア、ディープインパクトの2頭。重賞ではシヴァージやミスターメロディなどストームキャット系も好調。

高松宮記念 母父系統別データ

  • ボールドルーラー系【1-2-0-2】
  • ダンジグ系【1-1-1-13】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-5】
  • グレイソヴリン系【1-0-0-9】
  • サンデーサイレンス系【0-3-2-24】

母父ナスルーラ系の成績が非常に良く、昨年のグランアレグリアや一昨年のセイウンコウセイは母父ボールドルーラー系。

好走馬の多くはミスプロの血を持っており、加えて重要なのはボールドルーラー、ダンジグ、ストームキャット。次点でニジンスキーやヌレイエフ持ちも相性が良いレースです。

高松宮記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-160.0%0.0%
2枠3-2-1-1018.8%37.5%
3枠2-1-0-1312.5%18.8%
4枠0-2-4-100.0%37.5%
5枠1-0-1-146.3%12.5%
6枠1-1-0-146.3%12.5%
7枠0-1-1-210.0%8.7%
8枠1-1-1-214.2%12.5%

外枠からの好走はリニューアル当初が多く、近年は完全に内有利・外不利なコースで2~4枠の成績が抜群です。昨年は重馬場で8枠16番のモズスーパーフレアが優勝しましたが外枠からの好走はリニューアル当初が多く、余程特殊な馬場状態でなければ真ん中から内寄りが狙い目。

2019年は17番人気・単勝358倍のショウナンアンセムが4枠7番から3着に入ったので、手広く流す人はとにかく内枠に入った馬に注意。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-5-2-60】
  • 奇数馬番【4-3-6-59】

馬番では3~9番に好走馬が多く、関東馬は4~8番に入ると(1-2-4-9)、それ以外の馬番だと(0-1-0-29)と特にこの範囲に好走馬が固まっています。外寄りでも狙えるのは関西馬。

前走時の枠順

  • 1~2枠【4-2-3-29】
  • 3~6枠【0-2-2-68】
  • 7~8枠【3-4-2-18】

前走時に3~6枠だった馬の成績が極端に悪く、2019年のショウナンアンセム以外の3頭は当日2番人気以内でした。有力馬ではインディチャンプ、レシステンシアが該当します。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-1-612.5%25.0%
先行4-3-2-2312.5%28.1%
差し3-4-5-534.6%18.5%
追込0-1-0-370.0%2.6%
マクリ0-0-0-00.0%0.0%

良馬場だと差しも届きますが、道悪では逃げ・先行馬優勢。また前走4角4番手以内の馬が中心で、4角5番手以下だった馬は割引きデータが多めです。

前走4角位置

  • 4番手以内【5-4-4-45】
  • 5番手以下【2-4-3-70】

前走4角4番手以内+当日3番人気以内は(3-2-2-3)。

前走4角5番手以下

  • 当日4番人気以下【0-1-2-64】
  • 父サンデー系【0-1-1-25】
  • 前走6着以下【0-0-0-34】
  • 馬体重480kg未満【0-0-0-31】

当日人気は予想オッズ順、馬体重は前走時を参考にしていずれかに該当するのはアイラブテーラー、アウィルアウェイ、アストラエンブレム、インディチャンプ、エイティーンガール、カツジ、サウンドキアラ、シヴァージ、ダノンファンタジー、トゥラヴェスーラ、マルターズディオサ、メイショウグロッケ、レッドアンシェルの13頭。

前走上がり3F

  • 1~2位【0-3-2-17】
  • 3~5位【4-2-1-34】
  • 6位以下【3-3-4-64】

前走上がり2位以内は1着が無く、アイラブテーラー、アウィルアウェイ、インディチャンプ、シヴァージ、ミッキーブリランテ、レシステンシアが該当。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-40.0%0.0%
440-4590-0-1-140.0%6.7%
460-4790-1-3-290.0%12.1%
480-4995-3-2-3012.5%25.0%
500-5191-4-1-302.8%16.7%
520-2-0-1-1213.3%20.0%

スプリント戦らしく馬格がある馬の好走が多く、480kg未満は割引き。480kg未満で馬券に絡んだ4頭(5回)は全てそれ以前に1400m以下の重賞勝ちの実績がありました。

前走との馬体重差

  • +体重【0-4-5-28】
  • 増減無【2-0-1-16】
  • -体重【6-4-2-75】

牡馬は今回マイナス体重になる馬、牝馬は今回±0kg以上になる馬が狙い目です。

前走時の馬体重差

  • +体重【7-6-5-54】
  • 増減無【0-1-0-17】
  • -体重【1-1-3-48】

前走時にプラス体重だった馬の成績が良く、前走時プラス体重→今回マイナス体重で当日5番人気以内に絞ると(6-1-0-12)と勝率の高さが目立ちます。ただし前走時・今回共にプラス体重でも(0-3-2-0)とこちらも複勝率100%。人気薄は前回プラス体重→今回マイナス体重のパターンが狙い目です。

また前走時マイナス体重で好走しているのはミスプロ系が多め。

有力馬ではラウダシオン、ライトオンキュー、ダノンファンタジー、シヴァージが前走時±0kg以下。

前走との斤量差

  • +斤量【2-3-3-74】
  • 増減無【4-3-4-32】
  • -斤量【2-2-1-13】

高松宮記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-0-2-425.0%50.0%
2番人気1-4-0-312.5%62.5%
3番人気2-1-2-325.0%62.5%
4-6番人気2-1-1-208.3%16.7%
7-9番人気1-1-0-224.2%8.3%
10番人気-0-1-3-670.0%5.6%

2019年の3連単450万馬券のインパクトはありますが、基本的には人気馬が強いレースで当日4番人気以内から2頭は3着以内に入ることが多いのが特徴です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-3-4-382.2%17.4%
栗東6-5-4-806.3%15.8%
海外1-0-0-150.0%50.0%

人気馬・人気薄共に複勝率では差はありませんが、所属よりも騎手の差が大きいレースで関東騎手は(0-1-1-41)。関東騎手で3着以内に入った2頭の共通点は、前走重賞で3着以内+当日馬体重500kg以上(前走時プラス・今回マイナス体重)だった馬。

想定ではアウィルアウェイ、シヴァージ、マルターズディオサ、ライトオンキューが関東騎手となっています。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-3-259.4%21.9%
5歳4-2-3-2810.8%24.3%
6歳0-5-2-250.0%21.9%
7歳-1-0-0-412.4%2.4%

7歳で優勝したのは香港馬エアロヴェロシティ。1着は4~5歳優勢ですが6歳馬の2着が多いのが特徴です。

キャリアデータ

  • 10戦以下【2-1-1-9】
  • 11~15戦【3-0-3-22】
  • 16~20戦【2-2-2-18】
  • 21戦以上【1-5-2-70】

騎手データ

  • 継続騎乗【5-5-5-69】
  • 乗り替わり【3-3-3-50】

高松宮記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-1-0-50.0%16.7%
GⅡ0-1-0-40.0%20.0%
GⅢ7-6-7-1005.8%16.7%
オープン0-0-0-50.0%0.0%
海外1-0-1-416.7%33.3%

殆どの出走馬がシルクロードS、阪急杯、オーシャンSのいずれかのローテです。近年はシルクロードS組の成績が良く、特に今年は同じ中京芝1200mで行われています。

主な前走

  • シルクロードS【4-2-1-16】
  • 阪急杯【3-1-2-30】
  • オーシャンS【0-2-4-47】

前走距離

  • 1200m【5-4-6-69】
  • 1400m【3-3-2-39】
  • 1600m【0-1-0-10】

前走場所

  • 東京【0-1-0-6】
  • 中山【0-2-4-49】
  • 京都【4-3-1-23】
  • 阪神【3-2-2-36】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-4-2-1413.0%39.1%
2番人気2-1-2-1311.1%27.8%
3番人気0-0-1-90.0%10.0%
4番人気2-0-1-1015.4%23.1%
5番人気0-1-0-140.0%6.7%
6-9番人気0-0-0-330.0%0.0%
10番人気-0-2-1-220.0%12.0%

2019年は前走5番人気以下から2頭馬券に絡みましたが、基本的には前走上位人気馬が優勢です。

前走シルクロードS

  • 4番人気以内【4-1-1-7】
  • 5番人気以下【0-1-0-9】

シヴァージ、モズスーパーフレア、ライトオンキュー、ラウダシオンがシルクロードSで4番人気以内。

前走阪急杯

  • 2番人気以内【3-1-1-7】
  • 3番人気以下【0-0-1-23】

レシステンシア、ダノンファンタジーが阪急杯で2番人気以内。

前走オーシャンS

  • 3番人気以内【0-1-3-15】
  • 4番人気以下【0-1-1-32】

今年のオーシャンS組はいずれも前走4番人気以下です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-4-1-1911.1%29.6%
2着2-2-2-1410.0%30.0%
3着0-0-1-140.0%6.7%
4着1-0-0-910.0%10.0%
5着1-1-2-88.3%33.3%
6-9着1-0-1-263.6%7.1%
10着-0-1-1-290.0%6.5%

こちらも前走好走馬の成績が良く、前走5着以内が目安になります。

前走シルクロードS

  • 5着以内【4-1-1-11】
  • 6着以下【0-1-0-5】

シヴァージ、ライトオンキュー、ラウダシオン、セイウンコウセイがシルクロードSで5着以内。

前走阪急杯

  • 3着以内【2-1-2-12】
  • 4着以下【1-0-0-18】

2019年のミスターメロディが阪急杯7着から優勝していますが、昨年のクリノガウディーも同じく阪急杯7着から1位入線しています。

レシステンシア、ミッキーブリランテが阪急杯で3着以内。

前走オーシャンS

  • 2着以内【0-2-1-13】
  • 3~5着【0-0-2-10】
  • 6着以下【0-0-1-24】

今年のオーシャンS組はいずれも前走6着以下です。

高松宮記念 データまとめ

買いデータ

馬番3~9番
前走4角4番手以内+当日3番人気以内
前走時プラス体重
シルクロードSで4番人気+5着以内
阪急杯で2番人気+3着以内

消しデータ

前走時3~6枠
道悪時の差し・追い込み馬
前走4角5番手以下+前走6着以下
前走4角5番手以下+馬体重480kg未満
父ミスプロ系以外+前走時マイナス体重
関東騎手の騎乗馬

高松宮記念 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎ダノンスマッシュ
○レシステンシア
▲インディチャンプ
△モズスーパーフレア
△ライトオンキュー
△セイウンコウセイ

ロードカナロア産駒は重賞出走時、間隔が詰まると凡走しやすい特性を持ちますが、ダノンスマッシュは今年は香港スプリントからの直行ローテになるのは○。スプリンターとしては馬格に欠けますがミスプロ、ダンジグ、ストームキャットを持つ血統はレース傾向に合っており、休み明けのセントウルS勝ちの実績もあります。また騎手・調教師共にコース成績は上位。

レシステンシアは前走内容は抜群。前走時プラス体重や前走4角4番手以内+当日3番人気以内などの好データにも該当します。ただ不安要素もあり初の1200m・初の中京、何故か不振な前走時3~6枠、このコースでは2~3着が多いダイワメジャー産駒など。脚質的にモズと被ることからも頭で狙うにはやや危険かもしれません。

インディチャンプは近2走共に4角後方から届かずの内容で今回は割引きたくなりますが、過去5年ではコース勝率40%弱の福永騎手というだけで怖い存在。モズスーパーフレアは近走精彩を欠いていますが、前走は実質トップハンデの56.5kg。前走時7枠やプラス体重、今回斤量減などプラス要素はそれなりにあります。この2頭を管理する音無厩舎はコース成績は最上位。

他ではライトオンキューは関東の横山典騎手への乗り替わりが割引きですが、血統は悪くなく前走2着に馬体重500kg台とまだ拾えます。最後に8歳馬ですがコース巧者セイウンコウセイ。あとはとにかく内枠有利なレースなので枠順次第です。

テキストのコピーはできません。