宝塚記念予想|過去の傾向とデータ分析

宝塚記念【GⅠ】
2020/6/28(日) 阪神競馬場・芝2200m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※2週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

上半期を締めくくるGⅠで昨年はリスグラシューが3馬身差の圧勝。阪神内回りという条件に加え梅雨時ということもあり、スピードやキレよりもスタミナ・持続力勝負になることが多いのが特徴です。

それでは2020年宝塚記念のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週は土日重賞をダブル公開!
愛知杯・日経新春杯
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

宝塚記念 登録馬

予想オッズでは昨年の有馬記念2着で金鯱賞を楽勝したサートゥルナーリア、大阪杯でGⅠ3勝目を挙げたラッキーライラックの2頭が人気の中心。

3番手以下は大阪杯2着のクロノジェネシス、有馬記念馬ブラストワンピース、香港ヴァーズ1着以来となるグローリーヴェイズ、以下ワグネリアンやキセキあたりが続きます。

宝塚記念 コース分析

阪神芝2200mの特徴

阪神芝2200mは内回りコースを使用。2000mスタート地点のさらに後方からスタートします。

スタート直後が下り坂になっているため前半のペースが速くなりやすいのが特徴ですが、2コーナー辺りで一旦落ち着きます。直線が短いため3~4コーナーから徐々に進出でき直線も伸びる脚が必要になります。

宝塚記念 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-3-7-56】
  • キングマンボ系【2-3-0-17】
  • ノーザンダンサー系【1-0-0-2】
  • ロベルト系【0-1-0-4】

牡馬はステイゴールドとキングカメハメハ、牝馬はディープインパクトが好成績。特にディープ産駒は牡馬が(0-1-0-12)、牝馬が(1-1-4-6)と性別で極端な成績です。

宝塚記念 母父別系統別データ

  • ヘロド系【3-0-0-1】
  • サンデーサイレンス系【1-2-0-15】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-2-9】
  • キングマンボ系【1-1-0-2】
  • ヌレイエフ系【1-0-1-2】

母父ヘロド系はオルフェーヴルやゴールドシップの母父メジロマックイーン。それ以外ではミスプロ系やキングマンボ系、ヌレイエフ系あたりが好調です。

またミッキーロケットやノーブルマーズ、デニムアンドルビーなど人気薄で好走している馬はヌレイエフ持ちが目立ち、他にはリファール、ノーザンテースト、トニービンを持つ馬が狙い目。

コースデータ

重賞ナビ

阪神競馬場・芝2200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

宝塚記念 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-325.0%62.5%
2番人気1-1-1-512.5%37.5%
3番人気2-0-0-625.0%25.0%
4-6番人気1-2-3-184.2%25.0%
7-9番人気2-1-1-208.3%16.7%
10-番人気0-2-2-350.0%10.3%

1番人気は複勝率ではまずまずですが2014年のゴールドシップ以降優勝が無く、近年は人気順はあまり参考になりません。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-3-80.0%33.3%
2枠1-1-1-98.3%25.0%
3枠0-1-1-100.0%16.7%
4枠0-2-0-100.0%16.7%
5枠0-2-0-120.0%14.3%
6枠1-0-0-156.3%6.3%
7枠0-1-1-140.0%12.5%
8枠6-0-2-935.3%47.1%

8枠は人気馬が多かったものの過去8年で6勝、複勝率50%弱と抜群の成績。

馬番データ

  • 偶数枠【5-3-3-43】
  • 奇数枠【3-5-5-44】

馬番では11番が(3-0-2-3)で複勝率62.5%。小頭数になる年もありますが、過去8年では1~13番までは満遍なく馬券に絡んでいます。

6番人気以下

  • 1~3枠【1-1-4-17】
  • 4~7枠【0-2-0-38】
  • 8枠【2-0-1-5】

人気薄は1~3枠か8枠の成績が良く、4~7枠は割引き。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-2-50.0%37.5%
先行5-3-2-2215.6%31.3%
差し2-1-2-315.6%13.9%
追込1-3-2-292.9%17.1%

3~4コーナーからのロングスパートになることが多いため4角ではある程度の位置取りは必要です。

ただ内回りコースなので安定しているのは先行馬。当日3番人気以内+1角4番手以内で(3-1-2-4)、5番手以下が(2-2-0-10)と信頼できるのは人気の先行馬

前走4角位置

  • 4番手以内【1-2-3-25】
  • 5番手以下【6-3-3-50】

前走4角4番手以内で連対した3頭は前走2番人気以内でした。キセキ、クロノジェネシス、スティッフェリオ、ダンビュライト、トーセンスーリヤ、ブラストワンピース、モズベッロが前走4角4番手以内ですが全て前走3番人気以下。

また前走4角10番手以下で優勝したのはゴールドシップとオルフェーヴル。血統的な裏付けが無いと頭までは厳しそうです。こちらはアドマイヤアルバ、カデナ、ペルシアンナイト、レッドジェニアルが該当。

前走上がり3F

  • 1~2位【1-0-1-27】
  • 3~5位【6-2-0-22】
  • 6位以下【0-3-5-26】

前走上がり2位以内は不振。馬券に絡んだのは前走が鳴尾記念だったラブリーデイとショウナンマイティ。カデナ、サートゥルナーリア、スティッフェリオ、ラッキーライラック、レッドジェニアルが前走上がり2位以内です。

また前走上がり3~5位の勝率が高いのが特徴で、特に天皇賞・春で上がり3~5位だった馬が(4-1-0-6)。これに該当するのはトーセンカンビーナ。春天以外ではアドマイヤアルバ、クロノジェネシス、トーセンスーリヤ、ワグネリアンも上がり3~5位です。

宝塚記念 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-10.0%0.0%
4歳2-1-4-246.5%22.6%
5歳6-4-4-2615.0%35.0%
6歳0-2-0-170.0%10.5%
7歳-0-1-0-190.0%5.0%

4~5歳、特に5歳馬が強く6歳以上は紐まで。また5歳牝馬が(2-1-2-4)と成績が良く、ラッキーライラックが該当します。

4歳馬は3着に入った7頭中6頭がGⅠ馬で例外は2012年のショウナンマイティ。4歳馬ではサートゥルナーリア、クロノジェネシスがGⅠ勝ちの実績持ちです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-2-0-208.3%16.7%
栗東6-5-8-677.0%22.1%
海外0-1-0-00.0%100.0%

関西馬がやや優勢ですが2016年、2017年は関東馬のワンツーでした。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-5-5-44】
  • 乗り替わり【3-3-3-43】

生産者データ

  • ノーザンF【5-4-4-39】

ノーザンF生産馬は2番人気以内だと(0-2-1-5)と勝ち切れず、回収値が高いのが6~10番人気で(3-2-2-13)。アドマイヤアルバ、クロノジェネシス、サートゥルナーリア、ダンビュライト、ブラストワンピース、ラッキーライラック、ワグネリアンがノーザンF生産馬。

またノーザンFの4歳馬は(0-1-1-13)、5歳馬は(5-2-3-13)と5歳馬優勢ですが、4歳で好走した2頭は当日1番人気だったドゥラメンテとジェンティルドンナ。サートゥルナーリアは1番人気なら抑えられます。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-233.3%33.3%
440-4591-3-3-144.8%33.3%
460-4792-0-1-1511.1%16.7%
480-4992-4-2-325.0%20.0%
500-5192-1-0-1511.1%16.7%
520-0-0-2-90.0%22.2%

牝馬は小柄な馬でも問題なく、牡馬は480kg前後が安定しています。

前走との馬体重差

  • +体重【3-1-5-30】
  • 増減無【1-0-1-15】
  • -体重【4-6-0-33】

前走が天皇賞・春だった場合マイナス体重だと(4-1-0-8)、±0kg以上だと(0-1-1-15)。

前走時の馬体重差

  • +体重【0-3-2-28】
  • 増減無【3-0-1-15】
  • -体重【5-4-3-34】

また前走時にプラス体重だった馬は過去8年優勝がありません。カデナ、キセキ、ダンビュライト、トーセンカンビーナ、メイショウテンゲン、モズベッロ、ラッキーライラック、ワグネリアンが前走プラス体重。

前走との斤量差

  • +斤量【3-5-7-55】
  • 増減無【5-2-1-30】
  • -斤量【0-1-0-2】

春秋の天皇賞・安田記念・宝塚記念は負担重量が58kg(牝馬56kg)になります。牝馬はエリザベス女王杯や別定戦で56kgを背負う機会が比較的多いため、好走に繋がっている可能性も考えられます。

牝馬で優勝したリスグラシュー、マリアライトは前年のエリザベス女王杯を制しており、古くはスイープトウショウも安田記念で56kgを背負い、宝塚記念優勝→同年のエリザベス女王杯を制しています。

その意味ではエリザベス女王杯勝ちのラッキーライラックの戦績はこの3頭に非常に近いです。

宝塚記念 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ5-3-4-3810.0%24.0%
GⅡ1-0-1-165.6%11.1%
GⅢ1-2-1-174.8%19.0%
海外1-3-2-125.6%33.3%

前走GⅠの場合ローテは国内から海外まで幅広いものの、安定しているのは天皇賞・春。GⅡ以下は目黒記念か鳴尾記念が大半です。

コースは天皇賞・春が行われる京都芝3200mか大阪杯、鳴尾記念が行われる阪神芝2000mが中心。

主な前走

  • 天皇賞・春【4-2-1-23】
  • 鳴尾記念【1-2-1-13】
  • クイーンエリザベスⅡC【1-1-0-3】
  • 大阪杯【1-1-0-5】
  • 目黒記念【1-0-1-10】

前走距離

  • 1600m【0-1-3-8】
  • 1800m【0-0-0-7】
  • 2000m【3-4-1-28】
  • 2500m【1-0-1-12】
  • 3200m【4-2-1-23】

前走場所

  • 東京【1-0-4-20】
  • 京都【4-2-1-25】
  • 阪神【2-3-1-25】
  • 海外【1-3-2-12】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-0-2-823.1%35.7%
2番人気1-1-0-1214.3%35.7%
3番人気1-1-0-127.1%14.3%
4番人気0-0-0-100.0%0.0%
5番人気0-1-0-20.0%33.3%
6-9番人気1-1-1-117.1%21.4%
10-番人気0-0-2-230.0%8.0%

前走2番人気以内の成績が良く、今年はサートゥルナーリア、ラッキーライラックが該当。

前走GⅠ組は下位人気だった馬でも問題ありませんが、GⅡ以下は前走3番人気以内がほぼ必須。例外は2018年のノーブルマーズで前走目黒記念を10番人気2着。

前走GⅡ・GⅢ

  • 3番人気以内【2-2-1-13】
  • 4番人気以下【0-0-1-20】

今年の登録馬ではサートゥルナーリアのみが前走GⅡ以下で3番人気以内。

前走4番人気以下

  • 距離延長【0-0-2-23】
  • 距離短縮【1-2-1-22】

上に挙げたノーブルマーズ以外でも、前走4番人気以下だった馬は今回距離短縮になる方が期待できます。連対した3頭は全て前走天皇賞・春。

前走4番人気以下で距離延長になるのはカデナ、クロノジェネシス、トーセンスーリヤ、ペルシアンナイト、レッドジェニアル、ワグネリアンの6頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-1-2-184.5%18.2%
2着1-2-3-87.1%42.9%
3着1-1-1-89.1%27.3%
4着1-1-0-711.1%22.2%
5着1-0-0-910.0%10.0%
6-9着2-2-2-266.3%18.8%
10-着1-1-0-117.7%15.4%

前走人気と同じくGⅠ組は下位からの巻き返しもありますが、GⅡ以下は前走4着以内が必須になります。

前走GⅡ・GⅢ

  • 4着以内【2-2-2-15】
  • 5着以下【0-0-0-18】

サートゥルナーリア、トーセンスーリヤ、レッドジェニアルが前走GⅡ以下で4着以内。

前走天皇賞・春

  • 3着以内【0-0-1-12】
  • 4着以下【4-2-0-11】

天皇賞・春組は3着以内の成績が悪く、2年連続で天皇賞・春を制したキタサンブラックも4歳時は3着、5歳時は9着に敗れています。

宝塚記念 データまとめ

  • 牡馬はステイゴールド、キングカメハメハ産駒の成績が良い
  • ディープインパクト産駒は牡馬×、牝馬○
  • ヌレイエフ、リファール、ノーザンテースト持ちに注意
  • 1番人気以外は混戦
  • 8枠・または馬番11番が好枠
  • 6番人気以下は1~3枠か8枠○
  • 人気の先行馬は信頼度が高め
  • 前走4角5~9番手が安定、4番手以内は前走2番人気以内なら
  • 前走上がり2位以内は不振、春天で上がり3~5位が好成績
  • 5歳牝馬の成績が抜群、4歳馬はGⅠ馬優勢
  • ノーザンFの5歳馬は堅実、4歳馬は当日1番人気なら
  • 前走春天で当日マイナス体重になる馬の勝率が高い
  • 前走GⅠ組は前走人気・着順不問
  • 前走GⅡ以下は前走3番人気以内+4着以内が目安
  • 前走春天組は4着以下だった馬の成績が良い

◎フェアリーSドンピシャ!穴馬推奨の鬼

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます

的中難解なフェアリーSは
【穴馬の法則】8番人気ホウオウイクセル2着!

昨年の朝日杯FSでは
【穴馬の法則】7番人気グレナディアガーズ1着
【取材本命馬】2番人気ステラヴェローチェ2着
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

宝塚記念 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎クロノジェネシス
○ラッキーライラック
▲サートゥルナーリア
★グローリーヴェイズ
△キセキ
△トーセンカンビーナ

クロノジェネシスは前走4番人気以下の距離延長や前走4角4番手以内、初の56kgなど若干足りない部分はありますがバゴ産駒の牝馬は暑い時期が得意でヌレイエフを持つ点もプラス。道悪の京都記念を圧勝した実績はこの舞台では大きくプラス。

ラッキーライラックはエリザベス女王杯や大阪杯の内容から後半のロングスパート適性、内回り適性が高く、戦績も昨年のリスグラシューと似ています。ノーザンFの5歳牝馬など好データにも該当しますが、前走上がり上位馬が近年不振なのがネック。

サートゥルナーリアも前走上がり1位以外大きな減点はありません。敗れたダービーや天皇賞・秋、安田記念のアーモンドアイを見てもロードカナロア産駒は間隔を空けた方が良く、ローテ自体は変則ですがこの馬には合っています。

他では前走海外なのでデータに当てはまらない点はありますが、宝塚記念とリンクしやすい香港ヴァーズ優勝馬グローリーヴェイズ。あとは春天組から昨年はリスグラシューに敗れるも3着馬には2馬身差をつけているキセキ、穴で阪神大賞典で上がり最速のトーセンカンビーナ

テキストのコピーはできません。