天皇賞・春2021予想|過去の傾向とデータ分析

天皇賞・春【GⅠ】
2021/5/2(日)
阪神競馬場・芝3200m

過去8年分の天皇賞・春のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

2週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

※今年は京都競馬場改修の影響で阪神開催になるため、参考データとしてご覧頂ければ幸いです。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

天皇賞・春 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ディープボンド
2番人気 ワールドプレミア
3番人気 アリストテレス
4番人気 カレンブーケドール
5番人気 オーソリティ

参考:netkeiba.com

抜けた存在がおらず予想オッズは混戦模様ですが、前走阪神大賞典で5馬身差の圧勝・菊花賞でも4着のディープボンドが1番人気。2番手には一昨年の菊花賞馬ワールドプレミア、3番手には阪神大賞典は大敗したものの菊花賞ではコントレイルと僅差の2着だったアリストテレスが推されています。

4番手以下は昨年のジャパンC4着などGⅠでは全て掲示板に載っているカレンブーケドール、青葉賞・アルゼンチン共和国杯勝ちのオーソリティ、今年の登録馬では唯一松籟Sでコース経験があるディアスティマ、阪神大賞典2着のユーキャンスマイル、日経賞を制したウインマリリンと続きます。

天皇賞・春 コース&血統分析

阪神芝3000m以上のデータを集計

阪神芝3200mの特徴

阪神芝3200mは京都競馬場の改修に伴い、今年になって初めて使用されるコースです。1周目は外回り→2周目は内回りとなっており、後半の内回りは3コーナーから直線の坂まで下り坂になっています。

短い直線と下り坂のコーナーというコース形態からロングスパート戦になりやすいのが内回りの特徴です。

阪神芝3000m~ 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【9-8-7-43】
  • キングマンボ系【1-2-0-16】
  • ミスタープロスペクター系【0-0-1-1】
  • ダンジグ系【0-0-1-4】
  • サドラーズウェルズ系【0-0-1-1】

内訳は過去8年の阪神大賞典+今年の松籟Sになりますが、ステイゴールド産駒が(4-0-0-4)、ディープインパクト産駒が(2-2-2-7)、ハーツクライ産駒が(1-4-0-9)と実績ではこの3頭が抜けています。

阪神芝3000m~ 母父系統別データ

  • ヘロド系【3-0-0-3】
  • ミスタープロスペクター系【2-3-1-9】
  • サンデーサイレンス系【1-2-2-19】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-3】
  • ロベルト系【0-2-1-8】
  • グレイソヴリン系【0-1-2-5】

近年は母父ノーザンダンサー系の勝率が高く、阪神大賞典でも2017年~2020年まで4年連続優勝。また好走馬の多くはノーザンダンサーのクロスを持っており、今回対象にした10レースの勝ち馬8頭は全てノーザンダンサーのクロス持ちでした。

有力馬ではカレンブーケドールがノーザンダンサーのクロスを持ちません。

天皇賞・春 傾向データ①

阪神芝3000m以上のデータを集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-2-710.0%30.0%
2枠0-1-2-70.0%30.0%
3枠0-2-2-70.0%36.4%
4枠0-1-2-90.0%25.0%
5枠1-0-0-118.3%8.3%
6枠1-4-1-96.7%40.0%
7枠2-1-1-1411.1%22.2%
8枠5-1-0-1326.3%31.6%

阪神大賞典では外枠の好走が多いものの、小頭数になることも多いレースで馬番では6~10番あたりが好成績。

また今年の松籟Sで優勝したディアスティマは8枠13番でしたが、2~3着には3枠(馬番3~4番)の人気薄2頭。阪神大賞典でも人気より着順が上になりやすいのは内寄りの枠です。馬場状態にも寄りますが、長距離戦ということで距離ロスを減らしやすい内枠の方がやや有利な印象です。

6番人気以下

  • 1~4枠【0-2-2-25】
  • 5~8枠【0-1-0-27】

人気薄は内枠からの好走が多く、今年の阪神大賞典でも4枠のナムラドノヴァンが9番人気3着。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-2-710.0%30.0%
先行4-5-3-2610.5%31.6%
差し0-3-1-180.0%18.2%
追込0-1-4-260.0%16.1%
マクリ5-1-0-083.3%100.0%

レースの4角4番手以内が(10-6-5-32)なので、直線に向いた時点で大勢は決していることが多いのが特徴。直線坂のない京都に比べスタミナ勝負になりやすく、宝塚記念のように適性の無い馬は直線までにふるい落とされるイメージ。脚質はそれほど気にしなくても良いかと思います。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-30.0%0.0%
440-4591-3-1-97.1%35.7%
460-4791-2-1-126.3%25.0%
480-4991-3-8-252.7%32.4%
500-5197-1-0-1826.9%30.8%
520-0-1-0-100.0%9.1%

小柄な馬でも複勝率は落ちませんが、500kg台の馬格がある馬が勝ち切ることが多いのが特徴です。

天皇賞・春 傾向データ②

東京芝2000m 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-0-437.5%50.0%
2番人気4-0-1-350.0%62.5%
3番人気0-2-1-50.0%37.5%
4-6番人気1-2-3-184.2%25.0%
7-9番人気0-1-1-220.0%8.3%
10番人気-0-2-2-550.0%6.8%

1~2番人気のいずれかが優勝することが多く、過去8年で唯一4番人気で優勝したのは2014年のフェノーメノで前年の優勝馬。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-2-2-2312.9%25.8%
栗東4-6-5-834.1%15.3%
海外0-0-1-10.0%50.0%

フェノーメノ、フィエールマンが連覇するなど関東馬の方が複勝率が高いのが特徴。特に関東馬は4~5歳の成績が良く、6歳以上で連対しているのは関西馬です。

有力馬ではカレンブーケドール、オーソリティ、ウインマリリンが4~5歳の関東馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-3-2310.0%23.3%
5歳4-3-0-3210.3%17.9%
6歳1-3-2-233.4%20.7%
7歳-0-1-3-290.0%12.1%

4~5歳の成績が良く、6歳で優勝したのはゴールドシップ。また4歳馬で3着以内に入った7頭はいずれも菊花賞連対か年明け以降のGⅡ勝ちの実績がありました。

4歳馬でこれに該当するのはアリストテレス、ウインマリリン、ディープボンドの3頭。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-3-5-57】
  • 乗り替わり【2-5-3-50】

長距離だけあって関西では武豊騎手やルメール騎手、関東では蛯名騎手や横山典騎手などベテランが上位に並びます。

生産者データ

  • ノーザンF【3-5-5-35】

ノーザンF生産馬+当日1番人気だと(2-1-0-0)、2~4番人気でも(1-2-3-6)と人気に推された馬は安定しています。予想オッズ上位ではワールドプレミア、アリストテレス、オーソリティがノーザンF生産馬。

前走斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-55.00-1-1-290.0%6.5%
55.5~57.05-6-7-715.6%20.2%
57.5~3-1-0-727.3%36.4%

春秋の天皇賞、宝塚記念、安田記念は4歳以上58kg(牝馬2kg減)になります。牝馬限定ではエリザベス女王杯が56kgになり、この5レースが国内平地GⅠでは最も重い負担重量。

他のGⅠではあまり気にする必要はありませんが、天皇賞・春では前走で55kg以下を背負っていた馬は苦戦しており、3着以内に入った2頭はグローリーヴェイズ(日経新春杯1番人気1着)、シュヴァルグラン(阪神大賞典1番人気1着)。

メロディーレーンは昨年出走していますがカレンブーケドール、ウインマリリンは初めて56kgを背負う点は不安材料。

天皇賞・春 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-1-0-333.3%50.0%
GⅡ6-6-7-806.1%19.2%
GⅢ0-1-0-170.0%5.6%
オープン0-0-0-50.0%0.0%
3勝0-0-0-10.0%0.0%

前走の格が重要で大阪杯か年明け以降のGⅡからの好走馬が多く、年明け一度使って2戦目となる馬が中心です。

主な前走

  • 阪神大賞典【2-2-4-35】
  • 日経賞【2-2-2-36】
  • 大阪杯【2-1-0-6】※GⅡ時含む
  • 有馬記念【1-0-0-0】
  • AJCC【1-0-0-0】
  • 京都記念【0-1-1-4】
  • ダイヤモンドS【0-1-0-13】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-3-4-1416.0%44.0%
2番人気1-1-0-136.7%13.3%
3番人気1-0-0-118.3%8.3%
4番人気0-1-1-130.0%13.3%
5番人気1-1-0-108.3%16.7%
6-9番人気1-2-1-263.3%13.3%
10番人気-0-0-1-190.0%0.0%

前走で1番人気だった馬は複勝率40%台と安定しています。前走3番人気以下だった馬は西開催組が優勢。

前走東開催

  • 2番人気以内【3-2-1-14】
  • 3番人気以下【1-1-1-39】

前走東開催+3番人気以下で好走したのは前年優勝で当日1番人気のフィエールマン、日経賞で3着に入っていたスティッフェリオ、ホッコーブレーヴの3頭。

ワールドプレミア、カレンブーケドールが前走東開催で3番人気以内。

前走西開催

  • 2番人気以内【2-2-3-13】
  • 3~5番人気【2-2-1-17】
  • 6番人気以下【0-1-1-23】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-4-3-2012.9%35.5%
2着2-1-2-188.7%21.7%
3着0-1-1-130.0%13.3%
4着1-0-2-710.0%30.0%
5着1-0-0-118.3%8.3%
6-9着0-1-0-260.0%3.7%
10着-0-1-0-120.0%7.7%

前走5着以下は割引きで、5着以下から巻き返した3頭はフェノーメノ、カレンミロティック、シュヴァルグランでいずれも前年の天皇賞・春で3着以内に入っていました。

また阪神大賞典の1着馬は(2-0-2-3)、日経賞の1着馬は(1-1-1-5)。

天皇賞・春 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト、ハーツクライ、ステイゴールド産駒
ノーザンダンサーのクロス持ち
4~5歳の関東馬
4歳馬+菊花賞連対か年明け以降GⅡ勝ち
当日4番人気以内+ノーザンF生産馬

消しデータ

当日6番人気以下+5~8枠
前走斤量55kg以下
前走オープン特別以下
前走東開催で3番人気以下
前走5着以下

天皇賞・春 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎ディープボンド
○ユーキャンスマイル
▲ワールドプレミア
★オセアグレイト
△アリストテレス
△ウインマリリン

ディープボンドは阪神大賞典を5馬身差の優勝とコース適性は問題なし。これまでの戦績から不動の軸というタイプではありませんが、年明け以降GⅡ勝ちのある4歳馬、ノーザンダンサーのクロス持ち、500kg前後の馬体と阪神開催でも推せるデータは持っています。連続開催最終週の阪神ということで、多少時計がかかり持久力が問われる馬場の方が歓迎。

ユーキャンスマイルは2年連続春天で掲示板、秋天でも4着の実績があります。今年は4歳馬や牝馬が目立ちますが、58kgを背負っての好走実績という点ではこの馬が最も強調できます。阪神大賞典勝ちの実績もあり、代替開催と言えど数少ない長距離レースでのリピーターという点でも買い目には入れたいです。

ワールドプレミアは昨年は1年近い休養を挟みましたがジャパンC、有馬記念の内容から地力は上位。武豊騎手が恐らく騎乗できそうにないことは残念ですが、ノーザンF生産馬で長距離に強い友道厩舎、松籟Sで同じディープ産駒ディアスティマが快勝している事などはプラス材料。

オセアグレイトは前走内容は足りませんが父ステイゴールド系×母ネヴァーベンド系とゴリゴリの長距離血統。京都よりも阪神の今年は穴狙いで面白そうです。他では前走は大敗するも菊花賞2着の実績を持つアリストテレス、牝馬ならノーザンダンサーのクロスを持ちエリザベス女王杯4着など好位のインでロスが少ない競馬ができそうなウインマリリン

テキストのコピーはできません。