チューリップ賞2020予想|過去の傾向とデータ分析

チューリップ賞【GⅡ】
2020/3/7(土) 阪神競馬場・芝1600m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

桜花賞に向けて最も重要な前哨戦のチューリップ賞。レシステンシアやマルターズディオサをはじめ阪神JFの1~4着馬が揃って登録。フェアリーSを快勝したスマイルカナや同レース2着のチェーンオブラブなど桜花賞を目指す有力馬が揃いました。

それでは2020年チューリップ賞のデータ分析を行なっていきます。

◎無料買い目で春のGⅠ7戦5勝!

ダービー的中!頼りになる3連複!
前日夜に公開された無料買い目はコチラ↓


春のGⅠは7戦中5戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円

実際に配信された無料買い目がコチラです。



いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料開放買い目は絶対チェックするべきです。

今週は安田記念の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。

チューリップ賞 登録馬

1番人気は阪神JFを5馬身差で圧勝したレシステンシア。前走は逃げて上がり最速という圧倒的な勝ち方だったため、ここでも抜けた人気が予想されます。

2番人気以下は阪神JF上位のマルターズディオサ、クラヴァシュドール、ウーマンズハートが続きますが、ディープ産駒が強いレースということでスマイルカナがここに食い込んでくると思われます。

チューリップ賞 コース分析

阪神芝1600mの特徴

阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

速い上がりを使える馬が強いためディープインパクトなどのサンデーサイレンス系種牡馬が得意としています。

チューリップ賞 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-8-6-48】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-3】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-4】
  • キングマンボ系【0-0-2-11】

ディープインパクト産駒が(3-2-4-21)。キングカメハメハ産駒は2010年は1~3着を独占しましたがそれ以降はサンデー系に押され気味です。スマイルカナがディープ産駒。

チューリップ賞 母父別系統別データ

  • グレイソヴリン系【2-1-0-3】
  • サドラーズウェルズ系【1-1-1-4】
  • フォーティナイナー系【1-1-0-0】
  • ダンジグ系【1-0-1-2】
  • ストームキャット系【0-1-1-4】

ノーザンダンサー系の成績が全体的に良く、フォーティナイナー系以外のミスプロ系は(1-0-0-17)と不振。有力馬ではマルターズディオサ、チェーンオブラブが母父ミスプロ系です。

コースデータ

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

チューリップ賞 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-1-1-2 50.0% 75.0%
2番人気 1-0-3-4 12.5% 50.0%
3番人気 1-2-0-5 12.5% 37.5%
4-6番人気 2-2-2-18 8.3% 25.0%
7-9番人気 0-3-1-20 0.0% 16.7%
10-番人気 0-0-1-37 0.0% 2.6%

人気馬優勢で1番人気+阪神JF連対馬は(4-0-1-0)。1番人気で4着以下に敗れたクルミナル、レッドオーヴァルは重賞初出走でした。レシステンシアはやはり堅実か。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-1-0-8 10.0% 20.0%
2枠 0-0-0-11 0.0% 0.0%
3枠 1-0-1-10 8.3% 16.7%
4枠 1-1-3-9 7.1% 35.7%
5枠 1-1-1-12 6.7% 20.0%
6枠 1-1-0-13 6.7% 13.3%
7枠 3-1-0-12 18.8% 25.0%
8枠 0-3-3-11 0.0% 35.3%

年によって頭数のバラつきはありますが真ん中から外寄りの成績がやや良く、1~3枠から優勝した2頭はどちらも当日1番人気。

馬番データ

  • 偶数枠【3-2-2-46】
  • 奇数枠【5-6-6-40】

4番人気以下

  • 1~3枠【0-1-0-25】
  • 4~6枠【0-1-3-30】
  • 7~8枠【2-4-1-32】

昨年2着のシゲルピンクダイヤなど、4番人気以下で連を狙うなら7~8枠。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-0-2-5 12.5% 37.5%
先行 2-2-3-21 7.1% 25.0%
差し 3-2-2-31 7.9% 18.4%
追込 2-4-1-29 5.6% 19.4%

上がりの速さが着順に直結するレースで、レースの上がり2位以内が(7-6-1-3)。

前走4角位置(前走特別レース)

  • 4番手以内【2-3-2-18】
  • 5番手以下【5-3-6-38】

平場を含めると前走4角5番手以下が優勢ですが、特別レースのみだと差はありません。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-3-4-25】
  • 3~5位【2-3-2-34】
  • 6位以下【0-2-2-24】

前走重賞で上がり1位だった馬は(2-1-2-0)、3位以内まで広げても(5-2-4-6)と安定しています。前走上がり1位はチェーンオブラブレシステンシア。2~3位はクラヴァシュドール

また前走が平場だった馬は上がり1位で(1-2-0-8)、2位以下は(0-0-0-19)。

チューリップ賞 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
1戦 0-1-0-4 0.0% 20.0%
2戦 1-2-2-11 6.3% 31.3%
3戦 3-2-2-16 13.0% 30.4%
4戦 3-2-3-26 8.8% 23.5%
5戦 1-1-1-13 6.3% 18.8%
6戦- 0-0-0-16 0.0% 0.0%

近年はキャリア4戦以下の好走馬が殆どです。キャリア3戦以下で優勝した4頭はノーザンF生産馬か社台F生産馬。

生月データ

  • 1月【1-1-3-8】
  • 2月【2-5-1-24】
  • 3月【0-0-2-24】
  • 4月【5-1-1-21】
  • 5月【0-1-1-8】

3月生まれの成績が悪く有力馬ではスマイルカナ、レシステンシアが該当。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 3-2-1-5 27.3% 54.5%
栗東 5-6-7-79 5.2% 18.6%
地方 0-0-0-2 0.0% 0.0%

関東馬は桜花賞の有力候補が出走することが多く、複勝率が高いのが特徴。スマイルカナ、チェーンオブラブ、ピーエムピンコ、マルターズディオサの4頭が関東馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-5-4-37】
  • 乗り替わり【3-3-4-49】

直近5年では継続騎乗が(4-4-2-26)、乗り替わりが(1-1-3-27)と継続騎乗優勢。ただ人気馬なら乗り替わりの影響はほぼありません。

生産者データ

  • ノーザンF【4-1-6-25】
  • 社台F【1-2-0-10】

ノーザンF生産馬は父サンデー系だと(4-1-5-12)、非サンデー系だと(0-0-1-13)という成績。また父サンデー系の中で前走GⅠだと(3-1-2-1)と堅実です。

ノーザンF生産の父サンデー系はギルデッドミラー、ショウリュウハル、ピーエムピンコ、レシステンシア

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-419 1-0-0-11 8.3% 8.3%
420-439 1-4-5-22 3.1% 31.3%
440-459 0-1-0-23 0.0% 4.2%
460-479 5-1-1-20 18.5% 25.9%
480-499 1-2-2-8 7.7% 38.5%
500- 0-0-0-2 0.0% 0.0%

440~459kgは昨年シゲルピンクダイヤが2着に入りましたが、それ以外は全て4着以下。またディープ産駒+420~439kgは(1-2-3-10)。

前走との馬体重差

  • +体重【3-2-5-19】
  • 増減無【3-0-2-8】
  • -体重【2-6-1-59】

チューリップ賞 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 6-1-5-9 28.6% 57.1%
GⅢ 0-3-1-7 0.0% 36.4%
オープン 1-1-1-29 3.1% 9.4%
1勝 1-1-1-27 3.8% 11.5%
未勝利 0-1-0-11 0.0% 8.3%
新馬 0-1-0-4 0.0% 20.0%

阪神JF組が非常に強くクイーンCやシンザン記念、フェアリーSなど1月以降のマイル重賞組が次点。

主な前走

  • 阪神JF【6-1-5-9】
  • 紅梅S【1-0-0-8】
  • クイーンC【0-2-0-1】
  • エルフィンS【0-1-0-16】

前走距離

  • 1200m【0-0-0-4】
  • 1400m【2-0-0-24】
  • 1600m【6-7-8-47】
  • 1800m【0-0-0-8】
  • 2000m【0-0-0-3】

前走場所

  • 東京【1-2-1-6】
  • 京都【1-3-1-58】
  • 阪神【6-1-5-12】

前走京都

  • 1~4枠【0-0-0-28】
  • 5~8枠【1-3-1-30】

前走京都組は出走数の割に複勝率が低いものの、昨年は2着シゲルピンクダイヤ、3着ノーブルスコアが前走京都。

前走京都組は当日5~8枠に入った馬しか馬券に絡んでおらず、またこの5頭は全て奇数枠でした。

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-2-0-17 17.4% 26.1%
2番人気 1-4-4-11 5.0% 45.0%
3番人気 0-1-1-10 0.0% 16.7%
4番人気 1-0-3-12 6.3% 25.0%
5番人気 1-0-0-6 14.3% 14.3%
6-9番人気 0-0-0-18 0.0% 0.0%
10-番人気 1-1-0-12 7.1% 14.3%

前走6番人気以下で馬券に絡んだ2頭は前走重賞。近年は特に前走2番人気以内が中心です。

前走重賞

  • 4番人気以内【5-3-6-5】
  • 5番人気以下【1-1-0-11】

ウーマンズハート、クラヴァシュドール、スマイルカナ、レシステンシアの4頭が前走4番人気以内。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 5-3-1-29 13.2% 23.7%
2着 2-2-3-6 15.4% 53.8%
3着 1-0-2-12 6.7% 20.0%
4着 0-1-0-8 0.0% 11.1%
5着 0-1-1-5 0.0% 28.6%
6-9着 0-1-1-19 0.0% 9.5%
10-着 0-0-0-7 0.0% 0.0%

前走0.3秒差以上敗れていると1着はありませんが、阪神JFでレシステンシアが0.8秒差をつけているので阪神JF組の取捨が難しい所です。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.2秒差以内【3-3-4-13】
  • 0.3~0.9秒差【0-2-3-28】
  • 1.0秒差以上【0-0-0-16】

チューリップ賞 データまとめ

  • 父サンデー系、ディープ産駒が強い
  • 母父ノーザンダンサー系の成績が良くミスプロ系は不振
  • 阪神JF連対の1番人気馬は堅実
  • 4番人気以下は真ん中から外寄りから
  • 前走重賞で上がり3位以内だった馬が優勢
  • 近年はキャリア4戦以下が中心
  • ノーザンF生産馬+父サンデー系○
  • 440~459kgの成績が悪い
  • 前走阪神JF組が中心、次点で年明けのマイル重賞組
  • 前走京都組+当日1~4枠は消し
  • 前走重賞は4番人気以内が優勢
  • 前走0.3秒差以上敗れていると2~3着まで
◎2年連続無料買い目でダービー的中!

▼直近の的中実績
早苗賞/3連単1,340,640円(16点)
京都8R/3連単1,297,740円(9点)
東京4R/3連単1,386,840円(12点)
様々なキャンペーン情報で実績を残しています。
このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続きダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
「負けない買い方」がこのサイトの魅力です。

◆直近の無料予想も絶好調!

フローラSは3連複124.6倍×500円→62,300円◎
他にも青葉賞10,950円、ヴィクトリアマイル14,800円などをに的中させています。

現在鳴尾記念の無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

チューリップ賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎レシステンシア
○スマイルカナ
▲クラヴァシュドール
△ウーマンズハート
△チェーンオブラブ
△マルターズディオサ

レシステンシアは前走内容から断然の1番人気が予想されますが好走データにほぼほぼ当てはまり、北村友騎手もチューリップ賞週までは騎乗できます。

スマイルカナはディープ産駒なので小柄な馬体でも問題なく、母父フォーティナイナー系もラッキーライラックやウインプリメーラでの好走実績があります。

阪神JF組はレシステンシアから差をつけられている分は割引きですが、上がり2位や血統からクラヴァシュドールが若干上位評価で血統からウーマンズハートが次点。チェーンオブラブ、マルターズディオサは母父ミスプロ系が割引き。

テキストのコピーはできません。