ヴィクトリアマイル2021予想|過去の傾向とデータ分析

ヴィクトリアマイル【GⅠ】
2021/5/16(日)
東京競馬場・芝1600m

過去8年分のヴィクトリアマイルのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

ヴィクトリアマイル 登録馬

登録馬

予想人気(2週前)

1番人気 グランアレグリア
2番人気 レシステンシア
3番人気 デゼル
4番人気 マジックキャッスル
5番人気 テルツェット

参考:netkeiba.com

予想オッズでは昨年の安田記念ではアーモンドアイを破り、最優秀短距離馬に選ばれたグランアレグリアが1番人気。2番手には阪神JF、阪急杯をレコード勝ちと高速馬場巧者のレシステンシアが続きこの2頭に人気が集中しています。

3番手以下は阪神牝馬Sで初重賞制覇のデゼル、阪神牝馬Sで2着のマジックキャッスル、4連勝でダービー卿CTを制したテルツェットが並んでおり、やや離れてディアンドルやスマイルカナ、ダノンファンタジーあたりが続きます。

ヴィクトリアマイル コース&血統分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。GⅠでもロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

ヴィクトリアマイル 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-5-6-73】
  • キングマンボ系【1-1-0-14】
  • ダンジグ系【1-0-1-0】
  • デピュティミニスター系【0-1-0-6】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-0-7】

ディープインパクト産駒は(3-3-3-31)。ジュールポレールやヴィルシーナなど下位人気でも問題ありません。人気馬は多くありませんでしたがキングカメハメハ、ダイワメジャーはやや苦戦しています。

また昨年、一昨年は勝ちタイムが1分30秒台の超高速決着でしたが、高速馬場になるとサンデーの血に加えダンジグ、ヌレイエフ、デピュティミニスター、ストームキャットあたりを持つ馬が狙い目。

ヴィクトリアマイル 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【3-1-0-11】
  • ヘイロー系【2-0-1-2】
  • サンデーサイレンス系【1-1-1-24】
  • デピュティミニスター系【1-0-2-7】
  • フェアリーキング系【1-0-1-4】
  • ボールドルーラー系【0-1-1-5】
  • カーリアン系【0-1-0-9】

母系は様々ですが近年はノーザンダンサー系、ミスプロ系が安定。また6番人気以下+ディープ産駒以外で3着以内に入った馬はデンコウアンジュやケイアイエレガント、ミナレットなど5代目までにニジンスキーを持つ馬が目立ちます。

ヴィクトリアマイル 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-2-140.0%12.5%
2枠2-1-2-1112.5%31.3%
3枠2-0-1-1312.5%18.8%
4枠0-2-0-130.0%13.3%
5枠0-3-0-120.0%20.0%
6枠2-0-0-1412.5%12.5%
7枠2-0-1-199.1%13.6%
8枠0-2-2-200.0%16.7%

2枠は唯一複勝率30%超えで人気より好走しやすく、逆に1枠は人気より着順を落としやすいのが特徴。それ以外の枠はまずまず人気通り。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-6-3-57】
  • 奇数馬番【4-2-5-59】

馬番では4~5番が過去8年で2勝ずつ、11~14番がそれぞれ1勝ずつを挙げています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-1-612.5%25.0%
先行2-2-2-246.7%20.0%
差し5-5-4-497.9%22.2%
追込0-1-1-370.0%5.1%

速い上がりを使える差し馬は届きますが、前に行った馬がなかなか止まらないのも東京マイルの特徴。ヴィルシーナやミナレットのように穴なら逃げ・先行馬です。

前走4角位置

  • 4番手以内【4-3-4-38】
  • 5番手以下【4-5-5-49】

前走4角5番手以下+当日6番人気以下の関東馬は(0-0-0-23)。予想オッズからはマルターズディオサ、レッドベルディエス、アフランシール、シャドウディーヴァが該当。

前走上がり3F

  • 1~2位【1-3-1-31】
  • 3~5位【1-2-2-33】
  • 6位以下【6-3-5-49】

前走上がり6位以下だった馬の好走が多く、前走上がり2位以内で連対した4頭は全て阪神牝馬Sで3番人気+3着以内でした。デゼル、マジックキャッスルはこのデータからは問題無し。

また当日6番人気以下は前走上がり5位以内で(1-0-1-46)、6位以下で(3-3-4-41)。前走上がり5位以内で好走した2頭はアドマイヤリード(阪神牝馬S3番人気2着)とジュールポレール(阪神牝馬S4番人気3着)。

予想オッズからはシゲルピンクダイヤ、プールヴィル、ランブリングアレー、リアアメリア、レッドベルディエスが6番人気以下+前走上がり5位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-1-0-165.6%11.1%
440-4592-2-5-414.0%18.0%
460-4794-2-2-339.8%19.5%
480-4991-2-1-165.0%20.0%
500-0-1-0-100.0%9.1%

牝馬同士なのでそれほど馬格の影響はありませんが、460kg未満の関東馬は(0-0-0-17)。前走時馬体重ではテルツェット、マジックキャッスル、スマイルカナ、マルターズディオサが該当します。

前走との馬体重差

  • +体重【2-4-3-35】
  • 増減無【2-3-0-21】
  • -体重【4-1-5-58】

ヴィクトリアマイル 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-425.0%50.0%
2番人気0-0-1-70.0%12.5%
3番人気0-1-0-70.0%12.5%
4-6番人気3-2-3-1612.5%33.3%
7-9番人気2-0-2-208.3%16.7%
10番人気-1-3-2-621.5%8.8%

1番人気の成績はまずまずですが2~3番人気馬は不振。2~3番人気で好走した2頭はショウナンパンドラ、メイショウマンボの2頭でいずれも前走はGⅡ時代の産経大阪杯でした。

4~7番人気くらいの中穴馬がよく走っており、単勝オッズ10.0~19.9倍が(4-1-5-16)複勝率38.4%と好調。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-3-3-424.0%16.0%
栗東6-5-5-746.7%17.8%

関東馬は2020年、2019年と3着以内に2頭入っていますが当日6番人気以下で(0-2-1-31)。対して関西馬は当日6番人気以下でも(4-1-4-57)と人気薄を狙うなら関西馬から。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-5-1-515.0%15.0%
5歳3-2-6-415.8%21.2%
6歳1-1-1-204.3%13.0%
7歳-1-0-0-420.0%20.0%

当日5番人気以内だと4歳馬が(2-4-0-15)、5歳馬が(1-1-3-10)とやや4歳馬優勢。

生月データ

  • 1月【0-1-0-10】
  • 2月【1-3-1-34】
  • 3月【6-2-2-24】
  • 4月【0-2-3-33】
  • 5月【1-0-2-15】

3月生まれの勝率が高く、当日6番人気以下+1~2月生まれは(0-1-0-33)。有力馬ではサウンドキアラ、スマイルカナ、マジックキャッスル、レシステンシアが3月生まれ。

1~2月生まれで人気薄が予想されるのはシゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァ、ダノンファンタジー、ディアンドル、マルターズディオサ、リアアメリアあたり。

毛色データ

  • 鹿毛【4-3-5-45】
  • 青鹿毛・青毛【3-1-0-8】
  • 黒鹿毛【0-3-2-24】
  • 芦毛【1-1-1-13】
  • 栗毛【0-0-0-26】

栗毛が全く走らないレースで2019年1番人気のラッキーライラック、2015年1番人気のヌーヴォレコルトなどの人気馬も敗れています。今年はエーポスが栗毛。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-5-5-72】
  • 乗り替わり【2-3-3-44】

当日5番人気以内は乗り替わりの影響はそれほどありませんが、6番人気以下+継続騎乗は(4-1-3-51)、乗り替わりは(0-2-2-37)と人気薄を頭で狙うなら継続騎乗組。

生産者データ

  • ノーザンF【5-3-2-30】
  • 社台F【0-1-0-19】

ノーザンF生産馬の成績の良さと社台F生産馬の成績の悪さが目立ちます。ノーザンF生産馬は継続騎乗が(4-2-2-15)、乗り替わりが(1-1-0-15)。有力馬ではレシステンシアが武豊騎手に乗り替わり想定。

ヴィクトリアマイル 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-0-2-1311.8%23.5%
GⅡ5-5-4-577.0%19.7%
GⅢ1-3-2-340.0%0.0%
オープン0-0-0-10.0%0.0%
3勝0-0-0-70.0%0.0%
2勝0-0-0-10.0%0.0%
海外0-0-0-20.0%0.0%

2016年に阪神牝馬Sが1600mに距離変更となってからは大半が阪神牝馬S組。過去5年の3着以内15頭中9頭が阪神牝馬S組です。

主な前走

  • 阪神牝馬S【4-4-3-47】
  • 産経大阪杯【1-1-1-1】
  • 高松宮記念【1-0-2-11】
  • 中山牝馬S【1-0-0-8】
  • 福島牝馬S【0-1-2-15】
  • ダービー卿CT【0-1-0-3】

前走距離

  • 1200m【1-0-2-12】
  • 1400m【1-1-0-18】
  • 1600m【3-5-3-49】
  • 1800m【1-1-2-28】
  • 2000m【1-1-1-5】
  • 2200m【0-0-0-2】

前走場所

  • 東京【0-0-0-4】
  • 中山【2-1-0-15】
  • 京都【0-1-0-11】
  • 阪神【5-5-4-54】
  • 中京【1-0-2-14
  • 福島【0-1-2-15】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-1-1812.5%25.0%
2番人気0-1-0-120.0%7.7%
3番人気2-2-1-188.7%21.7%
4番人気1-0-2-136.3%18.8%
5番人気2-0-0-1115.4%15.4%
6-9番人気0-3-2-260.0%16.1%
10番人気-0-0-2-160.0%11.1%

関東馬は前走人気による偏りはそれほどありませんが、関西馬は前走5番人気以内が優勢。また阪神牝馬S組も5番人気以内だった馬が好成績。

前走阪神牝馬S(過去5年)

  • 5番人気以内【3-3-1-15】
  • 6番人気以下【0-0-2-18】

イベリス、デゼル、マジックキャッスル、リアアメリアの4頭が阪神牝馬Sで5番人気以内。

関西馬

  • 5番人気以内【6-4-3-42】
  • 6番人気以下【0-1-2-31】

エーポス、サウンドキアラ、ダノンファンタジー、ディアンドル、プールヴィル、ランブリングアレーが前走6番人気以下の関西馬。

4歳馬

  • 4番人気以内【3-4-1-31】
  • 5番人気以下【0-1-0-19】

エーポス、マルターズディオサが前走5番人気以下の4歳馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着0-2-0-300.0%6.3%
2着1-2-2-174.5%22.7%
3着0-1-3-50.0%44.4%
4着0-1-0-60.0%14.3%
5着1-0-2-316.7%50.0%
6-9着4-1-0-2911.8%14.7%
10着-2-1-1-266.7%13.3%

過去8年で見ると前走1着馬の成績が非常に悪く、2着に入ったサウンドキアラ、ケイアイエレガントは前年の出走経験+当年重賞勝ちの実績がありました。

また阪神牝馬Sを含め前走マイル組は好走馬中心、6着以下からの巻き返しを狙うなら距離変更組です。

前走阪神牝馬S

  • 1着【0-1-0-4】
  • 2~5着【2-2-3-8】
  • 6着以下【1-0-0-21】

エーポス、プールヴィル、マジックキャッスルが阪神牝馬Sで2~5着。

前走1400m以下

  • 5着以内【0-0-1-14】
  • 6~9着【0-0-0-8】
  • 10着以下【2-1-1-8】

ダノンファンタジーが前走1400m以下で10着以下。

前走1600m

  • 5着以内【2-5-3-22】
  • 6着以下【1-0-0-27】

イベリス、スマイルカナ、リアアメリアが前走1600mで6着以下。

前走1800m以上

  • 5着以内【0-1-3-25】
  • 6~9着【3-1-0-8】
  • 10着以下【0-0-0-4】

アフランシール、シゲルピンクダイヤが前走1800mで6~9着。

ヴィクトリアマイル データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒
母父ミスプロ系、ノーザンダンサー系
ニジンスキー、ダンジグ、ヌレイエフ持ち
当日4~7番人気(単勝10.0~19.9倍)
ノーザンF生産馬+継続騎乗
阪神牝馬Sで5番人気以内+2~5着

消しデータ

前走4角5番手以下+当日6番人気以下の関東馬
当日6番人気以下+前走上がり5位以内
460kg未満の関東馬
当日6番人気以下+1~2月生まれ
栗毛
前走1600mで6着以下

ヴィクトリアマイル 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎グランアレグリア
○レシステンシア
▲サウンドキアラ
△テルツェット
△マジックキャッスル
△デゼル

グランアレグリアは昨年の安田記念などマイルGⅠで3勝を挙げており実績は断トツ。大阪杯は4着に敗れましたが元々産経大阪杯時代は相性の良いローテで、ノーザンF生産馬のディープ産駒でルメール騎手の継続騎乗になるのは好材料。

レシステンシアはダイワメジャー産駒、母父ダンジグ系がこのレースで好走馬が少ない点や乗り替わりになる点は割引きですが、ニジンスキーを持つ点や勝率の高い3月生まれや人気の4歳馬という点が強調できます。

サウンドキアラは昨年、一昨年と1.31.2~3で走破しており適性は問題無し。6歳馬で近走の内容から昨年よりは人気を落としそうですが、リピーターが多いレースでもあり牝馬戦なら十分抑えられます。

テルツェット、マジックキャッスルは馬格に欠ける点は割引きですが共にディープ産駒。テルツェットはダービー卿CTの速い流れを差し切った点、マジックキャッスルはレース成績の良い戸崎騎手に戻る点は好材料。

デゼルは前走初マイルで走破時計は1.32.0ですが前半800mは47.1秒のスロー。レシステンシアが作る速い流れの中で脚が貯められるか、また位置取りも有力馬の中では後ろになりそうな点が気になります。

テキストのコピーはできません。