ヴィクトリアマイル2020予想|過去の傾向とデータ分析

ヴィクトリアマイル【GⅠ】
2020/5/17(日) 東京競馬場・芝1600m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※2週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

グランアレグリアの回避は残念ですが、GⅠ7勝目を狙うアーモンドアイ、重賞3連勝中のサウンドキアラ、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーなど実力馬が揃いました。

ただ2017年は3連単92万、2015年には3連単2070万馬券が飛び出しており大荒れも十分期待できるレースです。

それでは2020年ヴィクトリアマイルのデータ分析を行なっていきます。

◎無料買い目で春のGⅠ8戦6勝!

春のGⅠは8戦中6戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円
安田記念:3連複5点8.4倍→6,720円

さらに七夕賞では3連単66万馬券的中!
実際公開された買い目の証拠画像がコチラ↓

1番人気ジナンボーは無料情報でも完全切り!相手に入れた馬もほぼ上位に食い込んでいます。
ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。

推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。

ヴィクトリアマイル 登録馬

有馬記念では大敗しましたが得意な東京コースに戻り、アーモンドアイが断然の支持を集めそうです。2番手には重賞3連勝で阪神牝馬Sを制したサウンドキアラ、3番手にはエリザベス女王杯以来となるラヴズオンリーユーが推されています。

以下昨年の優勝馬ノームコア、阪神牝馬S2着のスカーレットカラー、昨年2着のプリモシーン、阪神牝馬S5着のダノンファンタジーなどが続きます。

ヴィクトリアマイル コース分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。

ヴィクトリアマイル 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-5-7-70】
  • デピュティミニスター系【1-1-0-6】
  • ダンジグ系【1-0-0-0】
  • キングマンボ系【0-1-0-14】

ディープインパクト産駒は(3-3-4-24)。ジュールポレールやヴィルシーナなど下位人気でも問題無し。

また昨年は日本レコードでの決着でしたが1、2着馬はダンジグ持ちでした。高速馬場になるとサンデーの血に加えダンジグ、ヌレイエフ、デピュティミニスターなどを持つ馬が狙い目。

ヴィクトリアマイル 母父別系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【3-0-0-9】
  • ヘイロー系【2-0-1-2】
  • サンデーサイレンス系【1-1-1-23】
  • フェアリーキング系【1-0-1-2】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-9】

母系は様々ですが近年はノーザンダンサー系が安定。また6番人気以下+ディープ産駒以外で3着以内に入った馬は7頭(8回)いますが、デンコウアンジュやケイアイエレガント、ミナレットなど5頭が5代目までにニジンスキー持ちでした。

アルーシャ、コントラチェック、セラピア、トーセンブレス、プリモシーン、メジェールスーがニジンスキー持ちです。

コースデータ

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

ヴィクトリアマイル 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 1-2-0-5 12.5% 37.5%
2番人気 0-0-1-7 0.0% 12.5%
3番人気 0-1-1-6 0.0% 25.0%
4-6番人気 4-1-2-17 16.7% 29.2%
7-9番人気 2-1-2-19 8.3% 20.8%
10-番人気 1-3-2-64 1.4% 8.6%

1番人気の優勝は2013年のヴィルシーナまで遡ります。2~3番人気の優勝も過去8年なく4~7番人気くらいの好走が多いのが特徴

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-0-3-13 0.0% 18.8%
2枠 2-1-2-11 12.5% 31.3%
3枠 2-0-1-13 12.5% 18.8%
4枠 0-2-0-14 0.0% 12.5%
5枠 0-3-0-13 0.0% 18.8%
6枠 2-0-0-14 12.5% 12.5%
7枠 2-0-1-19 9.1% 13.6%
8枠 0-2-1-21 0.0% 12.5%

2015年以降は2~3枠(馬番で4~5番)が4勝を挙げています。また馬番で9~10番が過去8年で2着3回と近年は真ん中から内寄りに入った馬が優勢。

馬番データ

  • 偶数枠【4-6-6-59】
  • 奇数枠【4-2-6-59】

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-0-1-6 12.5% 25.0%
先行 2-2-2-23 6.9% 20.7%
差し 5-5-3-51 7.8% 20.3%
追込 0-1-2-38 0.0% 7.3%

速い上がりを使える差し馬は届きますが、前に行った馬がなかなか止まらないのも東京マイルの特徴。ヴィルシーナやミナレットのように穴なら逃げ・先行馬です。

前走4角位置

  • 4番手以内【4-3-4-39】
  • 5番手以下【4-5-4-77】

前走4角5番手以下+前走1着馬は(0-0-0-17)。2~3着だと(1-3-4-10)とまずまず安定しています。サウンドキアラ、トーセンブレスが前走4角5番手以下+前走1着でした。

前走上がり3F

  • 1~3位【1-2-4-43】
  • 4~5位【1-2-0-21】
  • 6位以下【6-4-4-51】

前走上がり6位以下だった馬の好走が多く、前走上がり2位以内で連対した3頭は全て阪神牝馬Sで3着以内でした。サウンドキアラ、スカーレットカラーが阪神牝馬Sで上がり2位以内です。

ヴィクトリアマイル 傾向データ②

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 4-6-2-50 6.5% 19.4%
5歳 2-1-5-41 4.1% 16.3%
6歳 1-1-1-23 3.8% 11.5%
7歳- 1-0-0-4 20.0% 20.0%

4歳馬の連対率が高く、5番人気以内だと4歳馬が(3-4-1-15)に対して5歳馬は(0-0-2-10)アーモンドアイ、サウンドキアラは5歳+5番人気以内は確実かと思われます。

生月データ

  • 1月【0-1-0-10】
  • 2月【2-4-1-32】
  • 3月【5-1-2-25】
  • 4月【0-2-3-35】
  • 5月【1-0-2-16】

毛色データ

  • 鹿毛【3-3-6-46】
  • 黒鹿毛【0-3-2-21】
  • 青鹿毛【1-1-0-4】
  • 栗毛【0-0-0-30】
  • 芦毛【2-1-0-13】
  • 青毛【2-0-0-3】

オカルト系のデータですが栗毛が全く走らないレース。今年は栗毛馬は登録無しです。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 2-3-2-42 4.1% 14.3%
栗東 6-5-6-76 6.5% 18.3%

昨年は関東馬のワンツーでしたが関東馬は6番人気以下で(0-2-1-31)。また騎手は関西より関東の騎手の方が成績が良いレースです。

騎手データ(6番人気以下)

  • 継続騎乗【4-1-3-54】
  • 乗り替わり【0-3-2-35】

5番人気以内だと乗り替わりの方がやや優勢、6番人気以下+継続騎乗は阪神牝馬S組が(4-1-2-22)と大半を占めます。

また乗り替わりで3着以内に入った5頭中4頭は前走5着以内でした。

生産者データ

  • ノーザンF【4-4-1-26】
  • 社台F【0-0-1-18】

ノーザンF生産馬の成績の良さと社台F生産馬の成績の悪さが目立ちます。サウンドキアラ、セラピア、トーセンブレス、トロワゼトワルが社台F生産馬。

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 1-2-0-15 5.6% 16.7%
440-459 2-2-6-46 3.6% 17.9%
460-479 5-1-1-32 12.8% 17.9%
480-499 0-2-1-15 0.0% 16.7%
500- 0-1-0-10 0.0% 9.1%

複勝率はほぼ横並びですが過去8年の優勝馬は全て480kg未満。

前走との馬体重差

  • +体重【2-4-4-38】
  • 増減無【2-3-0-21】
  • -体重【4-1-4-57】

ヴィクトリアマイル 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 1-0-1-13 6.7% 13.3%
GⅡ 5-4-5-57 7.0% 19.7%
GⅢ 2-4-2-36 4.5% 18.2%
オープン 0-0-0-1 0.0% 0.0%
3勝 0-0-0-7 0.0% 0.0%

2016年に阪神牝馬Sが1600mに距離変更となってからは大半が阪神牝馬S組。過去4年の3着以内12頭中8頭が阪神牝馬S組です。

主な前走

  • 阪神牝馬S【4-3-4-47】
  • 中山牝馬S【2-1-0-7】
  • 高松宮記念【1-0-1-12】
  • 福島牝馬S【0-1-2-19】

前走距離

  • 1200m【1-0-1-13】
  • 1400m【1-1-1-25】
  • 1600m【3-4-3-40】
  • 1800m【2-2-2-31】
  • 2000m【1-1-1-6】

前走場所

  • 東京【0-0-0-5】
  • 中山【2-2-0-14】
  • 京都【0-1-0-9】
  • 阪神【5-4-5-53】
  • 福島【0-1-2-19】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-2-1-17 9.1% 22.7%
2番人気 1-0-1-12 7.1% 14.3%
3番人気 2-2-1-20 8.0% 20.0%
4番人気 1-1-2-12 6.3% 25.0%
5番人気 2-0-0-10 16.7% 16.7%
6-9番人気 0-3-1-29 0.0% 12.1%
10-番人気 0-0-2-16 0.0% 11.1%

過去8年の優勝馬は前走5番人気以内。6番人気以下だった馬は前走で5着以内だった馬が優勢。

前走阪神牝馬S(過去4年)

  • 5番人気以内【3-2-1-11】
  • 6番人気以下【0-0-2-14】

前走6番人気以下

  • 5着以内【0-2-3-10】
  • 6着以下【0-1-0-35】

唯一6着以下から巻き返したのは2013年のホエールキャプチャで前年の優勝馬でした。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 0-1-0-31 0.0% 3.1%
2着 1-2-3-16 4.5% 27.3%
3着 0-1-3-5 0.0% 44.4%
4着 0-1-0-6 0.0% 14.3%
5着 2-0-2-4 25.0% 50.0%
6-9着 3-1-0-34 7.9% 10.5%
10-着 2-2-0-22 7.7% 15.4%

過去8年で見ると前走1着馬が全く走らないレースで、相性の良い阪神牝馬S組の1着馬も8年連続で4着以下。唯一2着に入ったのも前走が京都牝馬Sだった2015年のケイアイエレガント。

前走阪神牝馬S(過去4年)

  • 1着【0-0-0-4】
  • 2~5着【2-2-3-5】
  • 6着以下【1-0-0-16】

サウンドキアラが前走1着、スカーレットカラー、ディメンシオン、ビーチサンバ、ダノンファンタジーが2~5着です。

ヴィクトリアマイル データまとめ

  • ディープ産駒は人気薄でも買える
  • 人気薄のニジンスキー持ち、高速馬場のダンジグ持ちに注意
  • 4番人気以下の優勝が多く波乱傾向
  • 近年は真ん中より内枠が優勢、馬番4~5番や9~10番が狙い目
  • 前走上がり6位以下の好走が多い
  • 5番人気以内+4歳馬○、5歳馬△
  • 栗毛馬の成績が非常に悪い
  • 関東馬は人気馬優勢、穴狙いなら関西馬
  • 6番人気以下の継続騎乗組はほぼ阪神牝馬S組
  • 6番人気以下の乗り替わり組は前走5着以内
  • ノーザンF生産馬◎、社台F生産馬×
  • 460~479kgの勝率が高く、480kg以上は2着まで
  • 近年は阪神牝馬S組が大半
  • 前走5番人気以内○、6番人気以下は前走5着以内なら
  • 前走1着馬が不振、2~5着馬が狙い目
◎検証済!無料予想の精度抜群

1か月の検証完了しました!
前日夜無料公開【軸馬速報】集計↓
───────────────
7月12鞍公開6鞍的中!
7/19福島05R 5300円◎
7/19福島01R 7850円◎
7/11阪神05R 14900円◎
7/11阪神01R 24000円◎
7/05阪神01R 16100円◎
7/04阪神09R 4900円◎
───────────────
無料予想ー6月度戦績
6/28阪神06R 32150円◎
6/28阪神09R 11600円◎
6/27東京02R 55250円◎
6/21阪神04R 22550円◎
6/21東京08R 30550円◎
6/20東京02R 56200円◎
6/13阪神06R 42200円◎
6/13阪神01R 30600円◎
6/07東京04R 25700円◎
6/06阪神01R 14500円◎
6/06東京12R 22950円◎
───────────────
1日2鞍週末4鞍→6月は16鞍中11鞍的中!

色々見た中で無料予想の精度は抜群です。
無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!

ヴィクトリアマイル 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎ビーチサンバ
○アーモンドアイ
▲プリモシーン
△ラヴズオンリーユー
△ノームコア
△スカーレットカラー
△ダノンファンタジー

実績は他馬に大きく劣りますが、阪神牝馬Sからのローテ重視で行くとビーチサンバが1番手。470kg前後の馬体もレース傾向に合っており、6番人気以下の場合福永騎手の継続騎乗は○。血統的にも高速東京のクロフネ産駒は十分狙えます。

アーモンドアイはドバイ中止の影響や人気の5歳馬など若干不安要素もあります。ただ能力的には断トツで牝馬限定戦では負け無し。昨年の安田記念も不利がありながら上がり32.4秒の鬼脚で3着まで食い込んでおり、複軸としてはやはりこの馬です。

プリモシーンは父ディープにダンジグ、ヌレイエフ、ニジンスキーを持つ高速東京ベストの血統。ダービー卿CTは人気を裏切りましたがローテ的には昨年と同じで今年も期待。アーモンドアイとプリモシーンの馬主シルクRは東京マイル重賞で抜群の成績。

ラヴズオンリーユーはアーモンドアイ同様ローテの狂いや前走2200mからの距離短縮など課題も多いものの、配合や兄弟を見ても東京がベスト。あとは昨年の優勝馬ノームコア、阪神牝馬S組からスカーレットカラーダノンファンタジー

テキストのコピーはできません。