安田記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

安田記念【GⅠ】
2021/6/6(日)
東京競馬場・芝1600m

過去8年分の安田記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

安田記念 登録馬

登録馬

予想人気(2週前)

1番人気 グランアレグリア
2番人気 サリオス
3番人気 インディチャンプ
4番人気 シュネルマイスター
5番人気 ラウダシオン

参考:netkeiba.com

ヴィクトリアマイルを危なげなく快勝したグランアレグリアが予想人気では断トツの支持を集めています。2番手には大阪杯では5着に敗れましたが東京では(3-1-0-0)のサリオス。

3番手以下は2年前の優勝馬で昨年も3着に入っているインディチャンプ、NHKマイルCを制しマイルでは無敗の3歳馬シュネルマイスター、昨年のNHKマイルC優勝馬で前哨戦の京王杯SCを勝ったラウダシオン、今年に入って復活したケイデンスコールなどが続きます。

安田記念 コース&血統分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。GⅠでもロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

安田記念 父系統別データ

  • ディープインパクト系【2-1-2-32】
  • サドラーズウェルズ系【2-1-0-2】
  • キングマンボ系【1-1-1-7】
  • ロベルト系【1-1-0-5】
  • ハーツクライ系【1-0-1-2】
  • ステイゴールド系【1-0-1-2】

ディープインパクト産駒の出走数が圧倒的ですが率としてはイマイチです。ディープ産駒は1~6枠が(0-0-0-22)、7枠が(2-1-1-2)、8枠が(0-0-1-8)と内寄りは不振で、馬番では10番以降に好走馬が偏っています。また連対した3頭はグランアレグリア、サトノアラジン、ヴァンセンヌでいずれも距離延長組でした。

ディープ産駒以外ではスクリーンヒーロー、ハーツクライ、ステイゴールド、ロードカナロア、ローエングリンあたりが好調です。

安田記念 母父系統別データ

  • ストームキャット系【3-1-1-7】
  • サンデーサイレンス系【1-5-2-15】
  • サドラーズウェルズ系【1-1-0-1】
  • キングマンボ系【1-0-1-2】
  • ボールドルーラー系【1-0-0-3】

母父ストームキャット、サンデーサイレンスは安定しています。

また2019年は1分30秒台の高速決着でしたが1~3着馬は母系にヌレイエフ持ち。NHKマイルCやヴィクトリアマイルと同じく高速なら他にダンジグ、ストームキャット、ニジンスキー、サドラーズウェルズあたりを持つ馬の好走が目立ちます。

安田記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-2-1-110.0%21.4%
2枠0-1-0-130.0%7.1%
3枠2-0-1-1213.3%20.0%
4枠0-1-1-130.0%13.3%
5枠4-0-0-1225.0%25.0%
6枠0-2-2-120.0%25.0%
7枠2-1-2-1311.1%27.8%
8枠0-1-1-180.0%10.0%

真ん中から外寄りにかけての5~7枠が複勝率では安定しており、人気と比較しても5~6枠は好調。人気馬ならそれほど枠は関係ありませんが、人気薄を狙うなら外枠。

馬番データ

  • 偶数馬番【6-6-6-45】
  • 奇数馬番【2-2-2-59】

馬番では10番(3-0-1-4)、6番(2-0-2-4)が過去8年では複勝率50%。偶数馬番の成績が良く、当日4番人気以下は偶数馬番が(3-3-3-42)、奇数馬番が(1-0-1-51)。好走した2頭は東京新聞杯勝ちのインディチャンプ、前年の安田記念2着だったショウナンマイティ。

6番人気以下

  • 1~4枠【0-0-0-35】
  • 5~8枠【3-2-4-44】

2012年にグランプリボス、コスモセンサーが好走していますが2013年以降の8年間では6番人気以下+1~4枠は全滅

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-2-0-512.5%37.5%
先行1-2-1-243.6%14.3%
差し4-2-4-437.5%18.9%
追込2-2-3-325.1%17.9%

前に行って結果を残しているのは非サンデー系の馬が多く、近年で言えばアエロリットやロゴタイプなど。

前走4角位置(前走左回り)

  • 6番手以内【0-3-0-27】
  • 7番手以下【3-1-1-18】

前走左回り+4角6番手以内から2着に入ったのはアーモンドアイ、アエロリット(2回)でいずれも前走ヴィクトリアマイル。

今年はカラテ、ダノンキングリー、ラウダシオンが該当します。また京王杯SC組は前走上がり3位以下で(0-0-0-15)。

前走上がり3F(前走左回り)

  • 2位以内【3-2-1-13】
  • 3位以下【0-2-0-28】

前走左回りだと上がり2位以内の成績が良く、3位以下で好走したのはこちらもアエロリットの2回。

前走上がり3F(父サンデー系)

  • 2位以内【3-2-1-21】
  • 3位以下【0-0-5-39】

父サンデー系は前走上がり2位以内なら連対候補、3位以下なら3着まで。前走上がり2位以内はカテドラル、グランアレグリアの2頭。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4590-0-1-70.0%12.5%
460-4791-0-1-224.2%8.3%
480-4994-2-3-349.3%20.9%
500-5192-6-3-265.4%29.7%
520-1-0-0-137.1%7.1%

480kg未満は人気サイドでも割引き。好走した3頭はスプリンターズS勝ちの実績があったレッドファルクス、このレース以降にマイルCSを制したインディチャンプ、ダノンシャーク。

前走時の馬体重ではインディチャンプ、ケイデンスコール、ダノンキングリー、トーラスジェミニが480kg未満。

前走との馬体重差

  • +体重【4-3-1-35】
  • 増減無【1-0-2-20】
  • -体重【2-5-4-45】

安田記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-137.5%87.5%
2番人気0-0-1-70.0%12.5%
3番人気1-3-1-312.5%62.5%
4-6番人気1-1-1-214.2%12.5%
7-9番人気3-1-0-2012.5%16.7%
10番人気-0-1-3-520.0%7.1%

1番人気の成績が良く3番人気も好調ですが、それ以外は横並び。単勝オッズ2.9倍以内は(1-2-2-0)複勝率100%です。

また関東馬は3番人気以内で(2-3-2-1)と堅実ですが9番人気以下は3着以内が無く、大穴狙いなら関西馬。予想オッズからはグランアレグリア、サリオスが3番人気以内の関東馬に該当します。

また2番人気で3着に入ったのは昨年のインディチャンプ。それ以外の2番人気馬は3~4歳馬や相性が悪かったマイラーズC組が多いのが特徴。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-5-2-327.1%23.8%
栗東5-3-6-656.3%17.7%

当日5番人気以内は関東馬が(2-4-2-6)複勝率57.1%に対して関西馬は(3-2-2-19)複勝率26.9%。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-20.0%0.0%
4歳4-1-2-1915.4%26.9%
5歳2-4-2-305.3%21.1%
6歳2-2-3-325.1%17.9%
7歳-0-1-1-210.0%8.7%

若い馬の方がやや複勝率が高いものの、4~6歳は大きな差はありません。ただし5歳以上は偶数馬番が(4-5-5-37)、奇数馬番が(0-2-1-46)と偶数馬番優勢。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-5-5-55】
  • 乗り替わり【3-3-3-49】

人気サイドは継続騎乗優勢です。前走GⅠからの継続騎乗は(2-2-1-12)、乗り替わりは(0-2-0-10)。有力馬ではシュネルマイスターが前走ルメール騎手だったので乗り替わり想定になります。

生産者データ

  • ノーザンF【3-4-3-25】
  • 社台F【1-1-2-16】

安田記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-4-1-226.9%24.1%
GⅡ2-3-6-563.0%16.4%
GⅢ2-0-0-918.2%18.2%
オープン1-0-0-420.0%20.0%
海外1-1-1-126.7%20.0%

前走は様々ですが距離短縮組は(1-2-3-23)、優勝したのは前走ドバイ圧勝のジャスタウェイのみと近年は2~3着まで。またマイラーズCは京都開催時は本番に直結しづらいレースでしたが、今年は阪神開催だったので注意。

主な前走

  • 高松宮記念【2-0-0-4】
  • ダービー卿CT【2-0-0-5】
  • 京王杯SC【1-1-1-23】
  • マイラーズC【1-0-4-25】
  • ヴィクトリアマイル【0-3-0-8】
  • 大阪杯【0-1-2-11】

前走距離

  • 1200m【2-0-0-4】
  • 1400m【2-1-1-26】
  • 1600m【3-5-4-51】
  • 1800m【1-1-1-6】
  • 2000m【0-1-2-14】

前走場所

  • 東京【1-4-1-34】
  • 中山【2-1-0-10】
  • 京都【2-1-4-27】
  • 阪神【0-1-2-13】
  • 中京【2-0-0-4】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-1-3-1815.4%30.8%
2番人気2-3-1-1111.8%35.3%
3番人気0-1-1-90.0%18.2%
4番人気1-0-1-711.1%22.2%
5番人気0-0-0-140.0%0.0%
6-9番人気0-2-1-230.0%11.5%
10番人気-0-0-0-100.0%0.0%

クラス関係なく前走4番人気以内だった馬の成績が良く、5番人気以下は割引き。

前走5番人気以下で好走したのはロゴタイプ(前年優勝)、グランプリボス(2年前2着)、クラレント(母エリモピクシー)と大きく強調できるポイントがありました。カデナ、カラテ、ギベオン、ダイワキャグニー、トーラスジェミニ、ビッククインバイオが前走5番人気以下。

前走1400m以下

  • 2番人気以内【4-1-1-10】
  • 3番人気以下【0-0-0-20】

今年の距離延長組ではラウダシオンのみが前走2番人気以内。

4歳馬

  • 2番人気以内【4-0-1-9】
  • 3番人気以下【0-1-0-8】

こちらもラウダシオンのみが前走2番人気以内の4歳馬に該当します。

前走左回り

  • 3番人気以内【3-4-1-19】
  • 4番人気以下【0-0-0-23】

ビッククインバイオが前走左回りで4番人気以下。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-4-249.1%27.3%
2着3-2-0-1813.0%21.7%
3着0-1-1-160.0%11.1%
4着1-1-1-89.1%27.3%
5着0-1-1-90.0%18.2%
6-9着1-1-0-165.6%11.1%
10着-0-0-1-130.0%7.1%

前走2着以内だった馬の成績がやや良いものの、9着以内かつ0.5秒差以内であれば巻き返し可能。

前走1400m以下

  • 2着以内【3-1-1-8】
  • 3着以下【1-0-0-22】

3着以下から巻き返したのは2017年のサトノアラジンで、前走は重馬場の京王杯SCで1番人気9着。インディチャンプ、ラウダシオンが前走2着以内です。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【5-5-2-52】
  • 0.6秒差以上【0-1-2-25】

サリオス、トーラスジェミニ、カデナ、ビッククインバイオが前走0.6秒差以上敗れています。

安田記念 データまとめ

買いデータ

前走左回り+上がり2位以内
当日1番人気または単勝2.9倍以内
関東馬+当日3番人気以内
前走1400m以下で2番人気+2着以内

消しデータ

ディープインパクト産駒+1~6枠または前走1400m以下
当日6番人気以下+1~4枠
VMを除く前走左回り+4角6番手以内
父サンデー系+前走上がり3位以下(3着狙い)
馬体重480kg未満
5歳以上+奇数馬番
前走左回りで4番人気以下

安田記念 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎グランアレグリア
○インディチャンプ
▲カテドラル
△シュネルマイスター
△ケイデンスコール
△サリオス

グランアレグリアは昨年の優勝馬で適性は文句無し。当日人気が予想される関東馬や前走上がり1位、馬格などは強調でき普通に走れば断トツですが、昨年に比べ前走と同距離になるディープ産駒となる点、間隔が詰まる点が若干の不安要素。ディープ産駒の傾向からは外枠・また当日良馬場が望ましいです。

インディチャンプは適性外のスプリント路線を歩んでいた分前走データ的に割引き要素はあるものの、リピーターなので問題ありません。さすがに2年前に比べると能力は落ちるかもしれませんが、東京マイルに強いシルク馬、また福永騎手とのコンビ歴も長く能力は出し切ってくれるはず。

カテドラルはNHKマイルC好走馬で一時期低迷からの復活という点ではケイデンスコールと似ていますが、年明け3戦目となるローテーション、前走時480kg台の馬格、58kgを背負った時のハーツクライ産駒の成績の良さなどが強調できます。ただ重賞未勝利馬なので紐までか。

シュネルマイスターは乗り替わりになる点は割引き。3歳馬なので過去の傾向が当てはまらない部分は多いものの、馬格や前走内容からは大きな割引き要素はなく斤量54kgは魅力。非サンデー系なので前で競馬が出来れば。

ケイデンスコールは近走の内容は良いものの年明け4戦目になる点や馬格などは割引き。ただ母父サンデー系は5年連続で3着以内に入っており、今年のメンバーでは相対的に上位評価。

サリオスは前走が2000mの大阪杯など勝ち切るまでのデータには欠けますが、東京では(3-1-0-0)でインディチャンプと同じシルク馬。松山騎手の継続騎乗や当日3番人気以内に推された場合は関東馬であることなどが強調できます。

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。