弥生賞ディープインパクト記念予想|過去の傾向とデータ分析

弥生賞ディープインパクト記念【GⅡ】
2020/3/8(日) 中山競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

今年からレース名が変わり「弥生賞ディープインパクト記念」となりました。近年は皐月賞との結びつきはやや薄れていますが、2018年のワグネリアンや2016年のマカヒキなど近年はこのレースの好走馬からダービー馬が生まれることが多いレースです。

それでは2020年弥生賞のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

弥生賞 登録馬

1番人気が予想されるのはホープフルS3着のワーケア。前走同コースの1勝クラスを3馬身差で快勝したサトノフラッグ、芙蓉Sの勝ち馬でホープフルS5着のオーソリティとコース実績のある馬が人気を集めています。

4番手以下は札幌2歳Sの勝ち馬ブラックホール、芙蓉S2着のウインカーネリアン、ホープフルS6着のパンサラッサが続きますが、メンバーは手薄な印象。

弥生賞 コース分析

中山芝2000mの特徴

中山芝2000mは内回りコースを使用し、直線入り口あたりからのスタート。コーナーまでの距離が十分にあることから1800mよりも位置争いが激しくなりますが、道中のペースは落ち着く傾向にあります。

弥生賞 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-4-39】
  • キングマンボ系【1-1-3-9】

ディープインパクト産駒が(5-1-2-12)と断トツの成績で昨年も8番人気のメイショウテンゲンが優勝。キングカメハメハ産駒も相性が良く、ハーツクライやネオユニヴァース産駒は2着が多いのが特徴。

弥生賞 母父別系統別データ

  • デピュティミニスター系【4-0-0-3】
  • サンデーサイレンス系【1-2-4-19】
  • ミスタープロスペクター系【1-2-0-14】
  • リファール系【1-0-1-1】
  • キングマンボ系【0-1-1-4】

母父デピュティミニスター系の4勝は全て父ディープ×母父フレンチデピュティ。また父キングカメハメハで好走した4頭中3頭が母父サンデーサイレンス。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

弥生賞 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-0-450.0%50.0%
2番人気2-1-2-325.0%62.5%
3番人気0-1-1-60.0%25.0%
4-6番人気1-3-4-164.2%33.3%
7-9番人気2-1-0-218.3%12.5%
10-番人気0-1-1-210.0%8.7%

1~2番人気はまずまず安定していますが鉄板とまでは言えず、昨年は⑧-⑥-④番人気の決着で3連単は45万馬券。

過去8年で6番人気以下は7頭馬券に絡んでいますが、全て父ヘイロー系。また2013年2着のミヤジタイガ以外の6頭は4代目までにリファールを持っていました。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-80.0%0.0%
2枠0-1-1-70.0%22.2%
3枠1-0-4-411.1%55.6%
4枠1-1-2-610.0%40.0%
5枠0-2-0-110.0%15.4%
6枠1-0-0-137.1%7.1%
7枠1-4-1-106.3%31.3%
8枠4-0-0-1225.0%25.0%

近年は10~12頭立てになることが多く内寄りの3~4枠、外の7~8枠の成績が好成績。8枠は4年連続で優勝しており、また4頭全てがディープ産駒です。

馬番データ

  • 偶数枠【4-5-5-32】
  • 奇数枠【4-3-3-39】

8枠にあたることが多い10番(2-2-0-4)、11番(2-1-0-3)あたりの勝率が高く、内寄りでは4番も(1-1-3-3)と好成績。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-70.0%12.5%
先行4-4-3-2112.5%34.4%
差し4-1-4-1715.4%34.6%
追込0-2-1-250.0%10.7%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

昨年のシュヴァルツリーゼ、ブレイキングドーンや2015年のブライトエンブレムなど、後方から届いているのは稍重以上の年。

前走4角位置

  • 3番手以内【1-2-1-26】
  • 4~9番手以内【6-5-5-36】
  • 10番手以下【1-1-2-8】

有力馬ではオーソリティ、ブラックホール、ワーケアが前走4角4~9番手。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-4-2-24】
  • 3~5位【1-2-3-21】
  • 6位以下【1-2-3-22】

良馬場だと前走上がり3位以内が(5-4-5-20)に対して4位以下は(0-1-0-21)。稍重以上なら前走上がり下位だった馬も妙味アリ。

アラタ、サトノフラッグ、メイショウボサツが前走上がり1位、2~3位はオーロアドーネ、ワーケア

弥生賞 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦0-1-0-50.0%16.7%
2戦2-1-1-1014.3%28.6%
3戦2-3-2-159.1%31.8%
4戦2-1-4-1111.1%38.9%
5戦2-0-1-1114.3%21.4%
6戦-0-2-0-180.0%5.0%

キャリア3戦以下で好走したのは殆どがノーザンF、白老Fなど社台系の生産馬。

生月データ

  • 1月【1-1-1-4】
  • 2月【2-3-4-12】
  • 3月【3-0-1-18】
  • 4月【2-3-2-26】
  • 5月【0-1-0-9】

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-2-3-347.1%19.0%
栗東5-6-5-3410.0%32.0%
地方0-0-0-30.0%0.0%

昨年はシュヴァルツリーゼが2着に入りましたが、近年は関西馬優勢です。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-4-6-33】
  • 乗り替わり【2-4-2-37】

こちらも近年は継続騎乗が優勢。騎手別では福永騎手が(2-1-1-0)、川田騎手が(2-0-0-2)、横山典騎手が(0-2-1-2)。

生産者データ

  • ノーザンF【4-4-2-14】

オーソリティ、サトノフラッグ、ワーケアがノーザンF生産馬です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4591-2-1-116.7%26.7%
460-4792-0-2-208.3%16.7%
480-4993-5-4-258.1%32.4%
500-5192-1-0-1015.4%23.1%
520-0-0-1-30.0%25.0%

やや小柄な馬でも走っていますが、皐月賞やダービーに繋がりやすいのは馬格がある馬。

前走との馬体重差

  • +体重【2-4-2-19】
  • 増減無【3-0-1-10】
  • -体重【3-4-5-41】

弥生賞 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-2-5-48.3%66.7%
GⅡ0-0-0-30.0%0.0%
GⅢ4-3-3-2013.3%33.3%
オープン2-1-0-525.0%37.5%
1勝1-1-0-263.6%7.1%
未勝利0-0-0-40.0%0.0%
新馬0-1-0-50.0%16.7%

基本的には前走の格を信頼。朝日杯組は複勝率が高いものの勝ち切れず、東スポ杯やきさらぎ賞など1800mの重賞からのローテが好相性。オープン特別組はほぼ若駒S一択です。

同コースのホープフルSや京成杯は3着が多いのが特徴ですが、今年は1800mの重賞組が不在と珍しい年。

主な前走

  • 若駒S【2-1-0-0】
  • 朝日杯FS【1-2-3-2】
  • 東スポ杯2歳S【1-1-0-0】
  • きさらぎ賞【1-0-1-3】

前走距離

  • 1600m【1-3-3-14】
  • 1800m【4-2-1-23】
  • 2000m【3-3-4-28】

前走場所

  • 東京【3-2-0-21】
  • 中山【0-0-5-24】
  • 京都【4-2-1-12】
  • 阪神【1-4-2-7】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-2-2-1319.0%38.1%
2番人気0-4-1-150.0%25.0%
3番人気1-1-0-514.3%28.6%
4番人気1-0-4-78.3%41.7%
5番人気1-0-0-614.3%14.3%
6-9番人気1-1-1-184.8%14.3%
10-番人気0-0-0-60.0%0.0%

前走重賞組は下位人気でも問題ありませんが、基本的には前走で人気だった馬が中心。

前走1勝クラス以下

  • 2番人気以内【1-2-0-16】
  • 3番人気以下【0-0-0-19】

1勝クラス以下で3番人気以下だったのはアラタ、ウインカーネリアン、ディヴァナシオン、メイショウボサツ、ヴィズサクセス

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着6-5-0-3313.6%25.0%
2着0-0-3-50.0%37.5%
3着0-0-2-70.0%22.2%
4着0-2-1-40.0%42.9%
5着2-0-1-150.0%75.0%
6-9着0-1-1-140.0%12.5%
10-着0-0-0-60.0%0.0%

前走重賞以外はほぼ1着必須。例外は2013年2着のミヤジタイガで前走若駒S4着。

弥生賞 データまとめ

  • ディープインパクト産駒が強い
  • 1~2番人気は安定、人気薄はリファール持ちが多い
  • 8枠が4年連続で優勝、3~4枠か7~8枠の複勝率が高い
  • 先行・差し優勢。重馬場なら追い込みも届く
  • 良馬場なら前走上がり上位馬が中心
  • 近年は関西馬・継続騎乗組が優勢
  • ノーザンF生産馬が強い
  • 前走オープンクラス組が中心
  • 前走1勝クラス以下は前走2番人気以内

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

弥生賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ワーケア
○オーソリティ
▲ブラックホール
★オーロアドーネ
△サトノフラッグ

弥生賞としては寂しいメンバーになりましたが、今年は血統的に推せる馬も少なくオープンクラスの実績を重視するとやはりワーケア。週末は天気が悪い可能性もあるため重馬場実績があるのもプラス。

他にオープン実績があるオーソリティ、ブラックホールの2頭は道悪でも問題なさそうですが、サトノフラッグはオープン実績が無く重馬場の新馬戦で6着に敗れているのが気がかり。

一発あるならオーロアドーネ。エピファネイア産駒は中山芝2000mの成績は(4-3-1-9)で複勝率50%近く、母父アグネスタキオンも良馬場ならこの時期の3歳馬でのコース実績もあります。

テキストのコピーはできません。